「前政権は関係ない」。20日の事業仕分けで、経済産業省所管の電気工事技術講習センターが行う第1種電気工事士の資格講習業務をめぐり、説明者の増子輝彦経産副大臣と仕分け人が激しい応酬を繰り広げた。
 同センターには4人の天下り役員がいることが明らかにされると、増子副大臣は「前政権のことで、しっかり見直したい」と弁明。講習業務の受注形態をめぐる質問にも「長い間、前政権が…」と切り出したところ、仕分け人からは「前政権は関係ない」ととがめる声が飛んだ。
 高電圧の電気設備を扱う同資格の講習時間は計6時間。「民間でもできる」との指摘に、増子副大臣は「たかが6時間と言うが、それで国民生活の安全が守られている」と顔を紅潮させて猛反発。事業に対する自信をにじませた。
 しかし判定は「事業主体見直し」。増子副大臣は「細か過ぎる。木を見て森を見ていない。被告人席に座ったみたいだった」と不満を漏らした。 

【関連ニュース】
「圧倒的ベストセラー」と皮肉=講習教本発行の交通安全協会
公益法人の内部留保にメス=国庫返納には障害も
仕分け人「妻より甘い」が1位=サラリーマン川柳ベストテン
空港駐車場など8事業「廃止」=公益法人仕分け1日目
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート

<民主党>俳優・原田大二郎氏ら公認 参院選(毎日新聞)
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討(産経新聞)
一定地域内の全頭処分を検討、口蹄疫で官房長官表明 首相、政府対応の問題認める(産経新聞)
<板橋・資産家夫婦殺害>妻のかばん未発見 強盗容疑が浮上(毎日新聞)
AD