映画時光 eigajikou

劇場鑑賞にこだわり年間300本以上観てきました。
世界中の映画を観るのがライフワーク。
映画、演劇、音楽、アートなどを書いています。
映画感想記事は基本ネタバレなし。
告知から2年経ったがんサバイバーです。

世界中の映画を観ることをライフワークにしています。
劇場鑑賞にこだわり、年間300本以上を映画館で鑑賞してきました。
映画、アート、演劇、ロックなどを書いています。
35年以上のポール・ウェラーファン。
がん告知から2年経ったがんサバイバーです。

にゃー記事の最後に猫、犬と有名人の写真を載せていますわんわん

鑑賞した映画の短評は↓

ツィッター eigajikou←クリック

アメーバ映画時光の「なう」←クリック

に鑑賞後随時投稿しています。
ぜひ読んで下さいビックリマーク

eigajikouインスタグラムビックリマーク←クリック


大好きなヴィゴ・モーテンセンとネコ
NEW !
テーマ:

イスラーム映画祭2で観た映画の感想

 

私たちはどこに行くの?

ナディーン・ラバキ監督

2011年製作

フランス=レバノン=エジプト=イタリア

舞台はレバノン

 

ミスター&ミセス・アイヤル

アパルナ・セン監督

2002年製作

インド

 

改宗

監督 : パーヌ・アーリー、コン・リッディー

2008年製作
タイ

 

以下4本は②に書きます。

 

敷物と掛布

アフマド・アブダッラー監督

2013年製作

エジプト

 

泥の鳥

タレク・マスゥド監督

2002年製作

バングラデシュ=フランス

舞台はバングラディシュ

 

蝶と花

ユッタナー・ムクダーサニット監督

1985年製作

タイ

 

マリアの息子

ハミド・ジェベリ監督

1999年製作

イラン

 

 

image

 

image

 

image

 

image

 

1月14日(日)〜20日(金)に

ユーロスペースで開催された「イスラーム映画祭2」←クリックで公式サイト

では

9本の映画が上映されました。

2015年12月に開催された「イスラーム映画祭」←クリックで公式サイト

でも9本上映されて私は全部観ました。

今回の2もコンプしたかったけど事情により7本の鑑賞になりました。

トークセッションも1回だけの参加で残念でしたが、

あまり観る機会がなさそうな作品を鑑賞できました。

手作りの映画祭でこのような貴重なラインナップを観ることができて

イスラーム映画祭実行委員会の皆様に感謝いたします。

「イスラーム映画祭2」

名古屋 シネマテーク 1月21日(土)〜 1月27日(金) 

神戸 元町映画館 3月25日(土)〜 3月31日(金)

でも開催されます。

 

本来は観てすぐにツイッターに感想を投稿した方が良いのだけれど、

3ヶ月程ツイッターとなうへの感想投稿をサボっているのであんぐりうさぎ

ブログに作品紹介と感想をまとめておきます。

 

 

 

 

 

 

「イスラーム映画祭2」で私の一番印象に残った作品は

『私たちはどこに行くの?』

ナディーン・ラバキ監督

2011年製作

フランス=レバノン=エジプト=イタリア合作

 

戦争で荒廃した、ムスリムとクリスチャンが

半数ずつ暮らすレバノンの小村。 
女たちは共に仲良くしていたが、

男たちは事あるごとに争いを始め手に負えない。 
平穏な生活を守ろうと、女たちはあの手この手と策を練る…。 

『キャラメル』の監督が贈る、

男たちの争いを止めようと女性たちが共闘する

歌や音楽満載の悲喜劇です。

中東=イスラーム一色というイメージと異なる

レバノンならではの作品で、他のアラブ諸国でも大ヒット。

(公式サイトより)

 

女たちは宗教の違いを越えて

日頃から仲良くしているが

男たちには諍いが絶えない。

ある悲劇が起こり大きな争いが起きそうになるのを

女たちが知恵を絞って

旅の踊り子一座のセクシーなお姉さん達も雇い、

男たちの戦意を失わせる計画を実行。

『キャラメル』に続き

ナディーン・ラバキ監督が主演もしています。

今回はインド映画風の歌と踊りが入るシーンがあります。

シリアスな状況設定で悲劇も起こります。

作品は悲しみを湛えながらも、

ユーモアと女たちのパワーがドラマを輝かせます。

 

職業俳優でない人たちにもとても味があり、

男性にも茶目っ気があります。

力強くて優しい女性たちの共同する力が

融和をもたらす。

分断が広がっているこの世界で

憎しみを越えて相手を受け入れる寛容さを。

この映画が多くの人に見られたら良いのに。

とても心に響く素敵な作品で

早くも今年のマイベスト上位の予感。

 

IndieWireのナディーン・ラバキ監督

「Where Do We Go Now?」インタビュー←クリック

 

撮影中のラバキ監督

 

 

 

 

 

 

ナディーン・ラバキ監督・主演・脚本

『キャラメル』2007年製作、2009年日本公開)

オススメです。

ナディーン・ラバキ監督は主人公ベイルートの

ヘアサロンオーナー・ラヤールを演じます。

サロンの店員、お客、ご近所さん

20代から60代の5人の女性たちは

それぞれに秘密や問題を抱えています。

彼女たちのそれぞれの生き様を強く暖かく繊細に

ユーモアを込めて描いた作品。

LBGT映画でもあります。

砂糖、レモン汁を煮詰めた脱毛に使う「キャラメル」が題名。

 

 

 

 

 

 

キャラメル [DVD] キャラメル [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

 

 

 

『ミスター&ミセス・アイヤル』シーン動画

 

『ミスター&ミセス・アイヤル』

アパルナ・セン監督

2002年製作

インド

 

タミルのヒンドゥー女性ミーヌは、

夫の元に帰るバスの旅でベンガル出身のラジャと出逢う。 
ところが道中、ヒンドゥー対イスラームの暴動に遭い、

暴徒を前に彼女は、ムスリムと知ったラジャのことを夫だと嘘をつく…。 


宗教も出自も異なる男女が束の間の夫婦を装う物語です。 
危険な道行きの中で、いつしか惹かれあう2人の姿に

宗教融和への祈りが込められています。 

深刻な題材を描きつつも胸をしめつける、

切ないラブストーリー。

(公式サイトより)

 

こちらもインドの女優、監督、脚本家の

アパルナ・セン監督作品。

ベンガル映画で活躍する大ベテランです。

 

主人公のヒンドゥー教徒の

物理学修士生で1歳の息子を連れたミナクシは

里帰りから戻る途中のバスで

野生動物写真家でムスリムのラジャと合席。

イスラームとヒンドゥーの対立による暴動が起こりバスは立ち往生。

ムスリムを探しに乗り込んできたヒンドゥーの暴徒に

ミナクシはラジャのことを自分の夫だと嘘をつく。

暴動下の状況がスリリングかつリアルに描かれます。

その中での慎ましさのあるメロドラマ。

リケジョのミナクシが持っていたムスリムへの偏見が

ラジャとの道行きの中で解かれていきます。

多宗教、多言語のインド。

映画の中では英語、ヒンディー語、

タミル語、ベンガル語が話され、

ムスリム、ヒンドゥー教徒、ユダヤ教徒が登場します。

宗教の違いで人を見る目にフィルターがかかっていた

ミナクシはラジャの人柄に惹かれて偏見も捨てていきます。

この作品でも主人公が現実世界で

しっかりと生きている女性として描かれていて

女性ならではの強さとしなやかさを感じました。

『◯◯の橋』とは違うのょ。

若い頃のアパルナ・セン監督(1945年生まれ)

批評家・映画製作者であった父親の友人

サタジット・レイ監督の映画

「Teen Kanya」でデビュー。

 

現在も女優、監督、脚本家として活躍

 

 

 

 

 

 

『改宗」

監督 : パーヌ・アーリー、コン・リッディー

2008年製作
タイ

 

バンコクで働く仏教徒のジューンは、

タイ南部出身のムスリム、エイクとの結婚を機に

イスラームに改宗する。
生活に根づくイスラームの教えと慣習を学びながら、

ジューンはやがてエイクと共に南部の島へ移住するが…。 


結婚と改宗という二つの決断を果たした女性の、

新たな人生を描くロード・ドキュメンタリーです。 
彼女の迷いや歓びから結婚とは何かについても考えさせられ、

やがてぎこちなくも素朴な夫婦の愛の旅路が見えてきます。

(公式サイト)

 

以下多少ネタバレ気味です。

 

バンコクで雑誌記者、編集者として働き、

古着屋も経営しているジューンは、

現代的なやりての女性です。

彼女に結婚して欲しいとプロポーズし、

4年間待っていたミュージシャンのエイクと

ついに結婚する決意をします。

仏教徒であるジューンがイスラームに改宗しないと結婚できません。

故郷に行って自分の両親にも相談します。

そしてエイクの故郷へ行って改宗。

仏教徒としての人生を捨て

イスラーム教徒として生きることになりました。

そしてバンコクの都会生活をやめて、

エイクの故郷の南部の島へ移住し2人で店を始めます。

しかし商売は結局上手く行かず1年後にバンコクへ。

妊娠した大きなお腹でジューンは出版社に復帰。

エイクもミュージシャンの仕事に戻ります。

 

エイクは結婚した時、自分が大切にする順序は

1に神、2に預言者、3に家庭だとジューンに語りました。

家庭生活を大切にすると言ったのに、

不便な島での生活を送る中、

演奏の仕事を頼まれることを口実に

店や家のことはジューンに任せきりになり

ジューンに不満が溜まります。

こんな様子は宗教や国も関係なく

ありそうな夫婦の問題。

改宗という一大決心をして結婚、

イスラームの教えを守るジューンには

育った環境が違いすぎる夫婦の

カルチャーギャップに苦しむ姿として

普遍性を感じました。

しかし、改宗はタイでも特別なことだそうで

彼女の苦労は無宗教の私などには計り知れません。

バンコクで子どもが生まれて夫婦はそれでも

また南の島へ移住する夢は捨てていない

というところで終わりましたが、

その後あの家族はどうしたのだろう。

 

この作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭の

アジアのドキュメンタリー作家を応援し、

発表の場を生み出すことを目的としたコンペ部門のアジア千波万波部門

(河瀬直美、ヤン・ヨンヒ、アピチャッポン・ウィーラセタクン

が世界に出るきっかけとなった)

で2009年に上映されています。

佐藤真監督(傑作ドキュメンタリー『阿賀に生きる』

『阿賀の記憶』など)

に捧げられていました。

 

山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイトの

パーヌ・アーリー監督インタビュー←クリック

 

阿賀に生きる [DVD] 阿賀に生きる [DVD]
3,990円
Amazon

 

この映画『改宗』

原題 : Muallaf 
英題 : The Convert

です。

1回目のイスラーム映画祭で上映されて観た、

マレーシアのヤスミン・アフマド監督

『ムアラフ 改心』2007年製作)と

同じ原題、英題です。

こちらは辛い経験をしたムスリムの姉妹と

カトリック信者の青年との交流を描いた作品です。

 

 

 

 

長くなってしまったので2回に分けることにしました。

あと4本は②に書きます。

 

 

 

image

「ウーマンズマーチ」に参加のイアン・マッケラン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


ブログ更新!『高嶺剛特集イメージフォーラム『ウンタマギルー』/ドゥニ・ヴィルヌーヴ『静かなる叫び』ヒューマントラスト渋谷未体験ゾーンの映画たち2017/横尾忠則ポップ・アップストア』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12238512680.html
1/16 3:23

ブログ更新!『ネオン・デーモン 感想 チネチッタLIVE ZOUND(ライブザウンド)(上質音響の爆音上映な感じ)で観て正解のレフン節炸裂作品。もっとグロいのかと予想してたけど…。』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12239105319.html
1/18 3:48

ブログ更新!『1月公開鑑賞予定新作映画③沈黙/ざ・鬼太鼓座/島々清しゃ/ショコラ/0円キッチン/太陽の下で/東京ウィンドオーケストラ/パリ恋人たちの影/マギーズ・プラン 他』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12239391175.html
1/19 3:43

ブログ更新!『フェデラーと錦織対戦!全豪オープン男子シングルス4回戦で フェデラー似で勝手に後見人してるホアキン・フェニックスの新作映画情報も!来年のアカデミー賞候補かも!?』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12239995441.html
1/21 0:18

ブログ更新!『2016年第90回キネマ旬報ベスト・テン第1位映画鑑賞会と表彰式 劇場キャンペーンに当選したので今年も行けます。アカデミー賞ノミネート予想も少しだけ書きました。』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12240311870.html
1/22 0:13

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全豪オープンテニス2017男子シングルス4回戦

 

 

 

 

フルセットのすごい熱戦でした!

両選手に素晴らしい試合を見せてもらいました。

6ー7、6―4、6―1、4―6、6―3

で、フェデラーが勝利!

とても嬉しそうでした

あんな嬉しそうな顔を見るのは初めてかも!?

 

「あ〜、もう」と最後のミスショットのときの

錦織選手の声が忘れられない。

 

彼も応援したいのですが、

今回はごめんなさい。

 

image

 

imageimageimageimageimage

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

カナヘイハートカナヘイうさぎカナヘイハート

image

 

image

 

image

 

image

 

書きかけの記事がたまってしまっているのですが、

米アカデミー賞のノミネート発表も24日に迫ってきて、

予想記事はなんとか23日中にはUPしたいです。

上の画像は W Magazine US 2月号の

6種類の表紙の中から私の大好きなヴィゴ・モーテンセンと

アダム・ドライバー、

ケイシー・アフレックとエマ・ストーンの表紙

と写真。

これは他の表紙、写真と一緒に

アカデミー賞ノミネート予想の記事で

使おうと思っていたのだけど、

とりあえず先に今回これだけ出しちゃうカナヘイうさぎ

主演男優賞受賞が当確のケイシー・アフレック。

そして、ヴィゴはノミネート有力になっているので

私の予想はいつも私情を入れずにするのだけど、

今回は願望も込みでノミニーに入れます!

主演男優賞ノミニーは

カナヘイきらきら受賞当確:ケイシー・アフレック

アンドリュー・ガーフィールド「ハクソー・リッジ」Hacksaw Ridge

デンゼル・ワシントン「Fences」

ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』

ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』カナヘイハート

この予想の俳優は好きなひとばかり。

 

主演女優賞ノミニー予想は

エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

エイミー・アダムス『メッセージ』

イザベル・ユペール「エル」Elle

メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

です。

エマが現時点では受賞最有力。

 

私のこだわりは24部門全予想。

今年もやります。

 

imageimage

 

首都圏のミニシアターや映画館、名画座で

鑑賞した半券を貼ってキネ旬授賞式に行ける

キャンペーンをやっていたので

娘の分も合わせて20枚以上応募しました。

無事当選しました。(笑)

 

第89回キネマ旬報ベスト・テン 
第1位映画鑑賞会と表彰式に行ってきた!

ニノは話上手。クリックで昨年の私の記事へ

 

W Magazineの写真で

この人老けちゃったなあと…

いや、自分の顔もよく見ろやなんですけどネあんぐりうさぎ

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

結果全豪オープンテニス2017男子シングルス

 

image

 

テニス中継を見ているとハマってしまうので

準決勝くらいからにしておきたいのだけど

フェデラーが半年ぶりに復帰した全豪オープン

気になってしまいつい見てしまいました。てへぺろうさぎ

トマーシュ・ベルディハに

6-2、6-4、6-4のストレート勝ち。

すごく嬉しそうな表情を見せ

こちらまで笑顔になりましたカナヘイうさぎ

4回戦はルカシュ・ラツコを6-4、6-4、6-4

で下した錦織圭と対戦です。

2人とも応援したいのだけど

ごめんなさい、今回はフェデラーファンとして

フェデラー応援です。あんぐりうさぎ

 

image

 

image

 

image

 

image

 

 

 

何度も書いていることですが

フェデラーが好きなのは

彼のプレースタイルとか

鍛錬し続ける姿勢を尊敬しているとか

あるのですが、

永遠のリヴァー・フェニックスファンとして

勝手に後見人をしているホアキン・フェニックスに

ルックスが似ているということもありますてへぺろうさぎ

 

ホアキンは2017年は2本

2018年は3本の待機作があります。

今年公開(アメリカ)されるのは

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

ガース・デイビス監督作品

「Mary Magdalene」(マグダラのマリア)

でキリスト!を演じます。

マグダラのマリアはルーニー・マーラ。

もう1本は主演で

『 少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジー監督

「You Were Never Really Here」

少女を買春組織から救おうとする退役軍人の役。

 

 

 

 

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

公開は4月7日

チラシにはまた「アカデミー賞最有力」の

文字が躍っておりますが、

作品賞、主演女優賞(ニコール・キッドマン)

助演男優賞(デヴ・パテル←主演のはずなんだけどネ)

脚色賞にノミネートはされるけど

受賞はないです。

 

24日にアカデミー賞ノミネートの発表だし、

なんとかその前に予想記事も書きたいです。

 

 

今週劇場鑑賞した映画

『ネオン・デーモン』←クリックで私の記事へ

 

イスラーム映画祭2

『ミスター&ミセス・アイヤル』

『泥の鳥』

『蝶と花』

『マリアの息子』

『改宗』

2008年製作タイ映画

バンコクで働く仏教徒のジューンは、

タイ南部出身のムスリム、エイクとの結婚を機にイスラームに改宗する。

生活に根づくイスラームの教えと慣習を学びながら、

ジューンはやがてエイクと共に南部の島へ移住するが…。

結婚と改宗という二つの決断を果たした女性の、

新たな人生を描くロード・ドキュメンタリー

イスラーム映画祭公式サイトより)

生活に宗教が大きな意味を持つ環境で

改宗することの大変さは勿論なんだけど、

異文化をお互いに受け入れなければならない結婚については

問題の深さのレベルはあるにしても

どこのどんな夫婦も持つ問題で

普遍性のあるテーマだから興味深く観た。

 

『私たちはどこに行くの?』

2011年製作

フランス=レバノン=エジプト=イタリア

戦争で荒廃した、ムスリムとクリスチャンが半数ずつ暮らすレバノンの小村。

女たちは共に仲良くしていたが、

男たちは事あるごとに争いを始め手に負えない。

平穏な生活を守ろうと、女たちはあの手この手と策を練る。

歌や音楽も満載の悲喜劇。

イスラーム映画祭公式サイトより)

『キャラメル』のナディーン・ラバキ監督。

『キャラメル』良かったのでこれは観たかった。

素晴らしかった。

今の世界情勢において、また見られるべき映画。

一般公開されるといいのに。

今年のマイベスト上位に入る。

 

 

『スラッカー』

リチャード・リンクレーター監督の1991年の作品。

変な人たちが次々出てくる実験性のあるインディー映画。

リンクレーターがその後やってきたことの原型が詰まってた。

 

 

 

image

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。