映画時光 eigajikou

劇場鑑賞にこだわり年間300本以上観てきました。
世界中の映画を観るのがライフワーク。
映画、演劇、音楽、アートなどを書いています。
映画感想記事は基本ネタバレなし。
告知から2年経ったがんサバイバーです。

世界中の映画を観ることをライフワークにしています。
劇場鑑賞にこだわり、年間300本以上を映画館で鑑賞してきました。
映画、アート、演劇、ロックなどを書いています。
35年以上のポール・ウェラーファン。
がん告知から2年経ったがんサバイバーです。

にゃー記事の最後に猫、犬と有名人の写真を載せていますわんわん

鑑賞した映画の短評は↓

ツィッター eigajikou←クリック

アメーバ映画時光の「なう」←クリック

に鑑賞後随時投稿しています。
ぜひ読んで下さいビックリマーク

eigajikouインスタグラムビックリマーク←クリック


大好きなヴィゴ・モーテンセンとネコ

テーマ:
『ありがとう、トニ・エルドマン』『家族はつらいよ2』『LOGAN/ローガン』
父と子、孤独、介護、家族
{08FF4DFC-4027-4F11-8D55-E978BB722151}

{EA5A6B47-E07F-4FB0-8E97-816DD16A50DC}

{15617874-A262-4446-9ADA-6E377F079457}

前回のようなテキトーに書いた
映画のことをあまり書いていない記事の方が
アクセス多いからガーン
また観た映画をネタに
サクッと書きます。口笛

一昨日『LOGAN/ローガン』をやっと観て、
昨日『ありがとう、トニ・エルドマン』と
『家族はつらいよ2』観ました。
期せずして3本とも
父と子の関係性が描かれている作品でした。
まぁ、一番つらくなさそうなお父さんが
「つらい」が付く題の映画なワケです。
「家族はつらい」と言ってたのは三男の妻夫木くんだけど。
『家族はつらいよ2』
あの絵に描いたような三世代同居の家族は
もはや少数派のではないのか?
昨日の毎日新聞の夕刊、
厚労省発表の2016年「国民生活基礎調査」の記事に
『65歳以上の高齢者が65歳以上を介護する
「老老介護」世帯は54.7%、
75歳以上同士の介護は30.2%と
初めて3割を超えた。』
とありました。
『家族はつらいよ2』には
昔の家族のノスタルジーを求めて
年配のお客が来ているのかもしれない。
私が観ていた時は観客の笑い声が
たくさん出ていました。
特に年配の女性の笑い声が目立ちました。
始めのうちは男性の笑い声も出てたけど
男性にはイタイ描写が多かったからか、
少なくなって行った感じ。
年配女性の皆さんは、
もうこの家族の状況は、
笑いのめすしかない心境なのかもと思ったり。
私は殆ど笑えませんでしたけどね。
まだまだ笑いのめすしかない心境には
なっていないからかなぁ。
自分の親と同年代の設定で
私にとっても現実的な問題を描いていました。
私の母親が最近自動車免許返納したんですよ。
自主的にしたのですが、
1人で自由に車で出掛けられないと、
寂しがっています。
一番胸が痛んだのが蒼井優ちゃんのお母さんが
シングルで働きながら田舎から呼び寄せた
認知症で寝たきりの母親の介護を
狭いアパートでもう10年もしているというシーン。
話しの流れは夫の妻夫木くんが
自分たちと同居をしたらいいと言いいます。
でも、現実はそんなに上手く行かないのでは。
こんな記事もありました。↓
「社団法人「認知症の人と家族の会」(京都市)が過去3年間に受けた認知症患者や家族からの約1万件の電話相談のうち、45%が実母の介護を巡る相談だったとの結果を同会がまとめた。こうした相談者の8割以上を女性が占め、実母の介護で娘が悩むケースが多い実態が浮き彫りとなった。同会は「『実の娘が母親を介護するのは当然』との風潮があり、周囲のサポートを得にくくなっているのではないか」と分析している。」
(毎日新聞 
私の実家も両親が二人暮らしをしています。
目の前にある切実な問題です。
『LOGAN』
では体調悪いウルヴァリンが
90歳のプロフェッサーの介護をしていました。ぐすん
現実のパトリック・スチュアートは
私の父と同年の1940年生まれ。
38歳年下の奥さん歌手のサニー・オゼルさんがいて、
プロフェッサーとは全然違う人生ですが。

{C2878594-A27B-4E90-82AD-675DF988E27E}

あぁ、羨ましいですね〜
ピカード艦長の時と一緒で
プロフェッサーも本当はまだ
引退したくないんじゃないかな。
また前日譚なら出て来るかも。ウインク

ローガンとローラの親子の関係性も
フィーチャーされてました。
なかなかしっくり行かない
父娘の関係が描かれているのが
『ありがとう、トニ・エルドマン』
映画自体に毒もクセもあるコメディ。
簡単に感動系ではなく
一筋縄じゃいかない展開が面白い。
グローバリズムに対する批評性の
盛り込み方もさりげなくて上手い。
こちらも介護問題が出て来ました。
そして父親ヴィンフリート(トニ・エルドマン)は、
側にいたら迷惑な引っ掻き回し系の
寅さんみたいな人。
でも山田洋次監督映画の人たちみたいに
いかにもなカリカチュアライズはされていなくて、
観ていて映画の登場人物たちの生活空間に
一緒に居るような感覚になってくる撮り方。
ドキュメンタリータッチと言えるのだろうけど、
『ヴィクトリア』の洗礼後の
ドイツ映画なんだと感じる。


家族、親子を描くのは
良くあるテーマだけれども、
続けて観た3本がかなりシンクロして、
面白い映画体験だった。

ローガンのラストは
やっぱり来ましたジョニー・キャッシュ。



{84E3F944-A1FD-43F6-9B75-0281307A06F2}

{11CAB7F9-11D4-4E5B-95AC-4223E1E35F71}

{B8C8BFCE-AE38-48D3-9383-4D78C849018A}

{BACDD766-659D-4AF8-9E92-7E584AD5181A}


ジェームズ・マンゴールド監督
『ウォーク・ザ・ライン』
ホアキンのジョニー・キャッシュカッコいいの。



{47925C34-147F-4505-87F7-2AFDF6964D04}

{F28AB4C7-094E-4C11-85A2-D6E7DA7D3A8A}

{9AF5E0D6-6EA8-4B83-BEFF-64950031027E}

{4A22136C-9531-48CF-BE9F-F65A2E2015B6}
今年のカンヌ映画祭
リン・ラムジー監督
『You Were Never Really Here』
男優賞受賞のホアキンが着てるのは
ステラマッカートニー!
(Stella McCartney)
{11E9106F-A8BD-482D-9455-29D9CEBA8EB9}
でも靴は
黒のコンバース!
(ホアキンはヴィーガンだから
本皮靴履きません。)


{C8CCFE37-CED3-4174-AABC-AF43A1B0F483}
上映前のレッドカーペットの時は
コンバースじゃなかったけど。

{5C5E8EDB-D3A4-486C-B0E3-6BAFF569FC2A}
結婚式したという
ホアキンと
ルーニー・マーラさん。
黒コンバースに注目(笑)
ホアキンはヒッピーの子ども。
ルーニー・マーラさんは
お嬢様だから
勝手な後見人としては
チョット心配ではあるけど
ヴィーガン(厳格な菜食主義)
チャリティーに熱心だという
共通点がある2人。
幸せなカップルでいて欲しいです。

{5C79BB24-F3D7-4FEC-A46D-A857F2451C1F}

{6073E49B-5E81-4910-811B-D80999E808E1}
『LION ライオン 25年目のただいま』の
ガース・デイヴィス監督
「マグダラのマリア」で
キリストとマグダラのマリア演じる
ホアキンとルーニーさん

{9CC493F3-DEC1-4EF7-BD32-650B6271A4C3}

{62D073F1-0B0A-455F-B5F0-13C5B6A058C1}
ホアキンはファッションセンス
なんなんで、
オシャレなルーニーさんに
期待してるのだけど。
{9F5CD55E-7997-4972-910A-064B1D8991B5}

{A04402D2-461C-4C3E-BDA6-5E1D6241EBC2}
ルーニーさん
カジュアルダウン
し過ぎ!?びっくり


{9B89A556-D77A-493E-9082-17D23EC917E2}

{A2B0C62C-8FC3-4335-8327-C3A45E861615}

{6F721F45-908D-4456-8821-56615D9C8911}
リヴァーとホアキン


{C97B04F8-F1E3-458B-AC4F-9524E48F1FC3}
ジョニー・キャッシュと猫

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

応募してみるものですね。

ノー・エスケープ 自由への国境 感想

ガエル・ガルシア・ベルナル主演の砂漠サバイバルアクション!

クリックで私の記事へ

 

 

imageimage

『ノー・エスケープ自由への国境』は

試写会が当たって観たので、

珍しく早めに記事を書きました。

投稿の締切がありましたし。(苦笑)

締切がないとないと書けないなんて

ダメなブロガーキョロキョロ

『ノー・エスケープ』

公式サイトで期待&感想大募集!

というキャンペーンをやっていたので

ツイッターに投稿しました。

24人にしか当たらないしまあダメ元でと思い。

そしたら当たりました。

拡散数78337

となっているから

(ダブり投稿やリツイートもカウントされてるのかな?)

かなりの確率で当選したことになります。

事務局から連絡がきてビックリでした。

商品は選べませんとなっているから、

旅行券3万円だったらめっちゃ嬉しいけど

そういう欲張りな期待をしていると

私は苦手な、アルファ米が来るかも。

などと予想していました。

届いたのは。。。

 

 

image

image

image

image

メキシコ雑貨の

レザーマリア型押しテキーラグラスセットでした。

 

テキーラは飲まないからイヒ

一輪挿しにでも使おうかな。

この手の映画作品公式サイトの

ツイッター投稿キャンペーンは

今まで4〜5回の応募しかしていません。

昨年『めぐりあう日』のキャンペーンで

フランス製オーガニックシャンプー&リンスのサンプルセットが

当たったことあります。

これは応募したことすら忘れていて

当選メールが来て思い出しました。キョロキョロ

 

フランス映画祭2017が25日で終わりました。

そうそう、『めぐりあう日』は

昨年のフランス映画祭で観たのでした。

ウニー・ルコント監督にサインもらいました。

image

 

 

フランス映画祭2017で観た作品

 

image

image

image

 

image

 

image

 

『エルELLE』

『セザンヌと過ごした時間』

『愛を綴る女』

『エタニティ 永遠の花たちへ』

『ポリーナ、私を踊る』

↑この5本。

次回にまとめ記事書く予定です。

全部一般公開決まっています。

とにかく嬉しかったのは

『エルELLE』

を、ポール・ヴァーホーヴェン監督

イザベル・ユペール様のQ&A付きで観られたこと、

偶然奇跡的にユペール様に出会えて

サインをもらえたことですラブ

私はただのいち映画ファンすが

ツイてる経験あるほうかな?

今年はアピチャッポン・ウィーラセタクン監督特集上映の

監督トーク付き上映のとき

観客2名に当たるプレゼントで

監督から直接サインポスターもらえました。ニコニコ

私はミーハーだからこういうことがとても嬉しいけど

アホちゃうかと思われていそうガーン

キャンペーンの応募などはマメにしてないです。

気まぐれにたまたましたのが当たりました。

物は増やしたくないので

旅行券とか金券の商品が良いなあと思うけど、

そういうのは当たらないんだよね(^o^;)

 


image

 

image

image

イザベル・ユペール様のサイン

 

image

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


ブログ更新!『EUフィルムデーズ 男として死ぬ、フィフスシーズン春が来ない村/劇団サンプル「ブリッジ」古舘寛治主演/横尾忠則HANGA JUNGLE展 町田市立国際版画美術館 他』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12284945959.html
6/19 1:55

『フィフスシーズン 春が来ない村』EUフィルムデーズ、ベルギー映画。突然四季がなくなり酪農も農業も出来なくなった村では集団ヒステリー状態になった村人たちが村外から来た人のせいだと思い込み襲う。ブリューゲルの絵のような美しい構図の映像の中で、排他的な恐ろしい世界が描かれていた。
6/19 2:05

ブログ更新!『観劇、映画鑑賞の時お団子ヘアは視界を遮るのでやめてもらえないかなぁというお願い。ベリーショートの宮崎あおい、大竹しのぶ、樋口可南子、のん。男はつらいよ、仏像 他』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12285539729.html
6/21 4:01

ブログ更新!『『エル ELLE』マスターピース!ポール・ヴァーホーヴェン監督 フランス映画祭2017で鑑賞。サイン会外れたけど奇跡的にイザベル・ユペール様に出会えてサインゲット!』http://ameblo.jp/eigajikou/entry-12286391534.html
6/24 3:23

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『エル ELLE』
ポール・ヴァーホーヴェン監督
イザベル・ユペール主演
フランス映画祭2017で鑑賞
ご安心下さい。
ネタバレはしてません。
写真は自分で撮影しました。
 
{F66D4460-BB94-4F87-BD3F-4E849EB3E348}
 
{A58DEF9D-9F7C-4B26-A3E2-5233177877DB}
 
{C035D4BB-F3B4-4523-9100-6941A4256DA4}
 
{2053E30E-ED19-4347-8D91-0D58ABCA94F8}
 
{7D072D59-56CB-4050-935B-47CC2291AEE0}
 
{E39B8ED6-FDB0-41E5-A0FD-A7B2CBD5FA5F}
 
{01ECA115-CFEF-4BE1-AC15-833A8308E4CF}
 
{C1652939-C127-4CCE-BC8A-D487E622C7E2}
 
{1D4B6EC7-B0D1-41AF-8F91-B124E95C03FE}
 
{9A3246E6-6114-4E82-AEF2-0E2628DEA84F}
 
22日から始まったフランス映画祭2017
私はまず、昨日23日(金)に
ポール・ヴァーホーヴェン監督と
主演のイザベル・ユペール様登壇トーク付きで
『エル ELLE』
観ました。
はい、
これはもう本当に
凄い映画だ!
♪───O(≧∇≦)O────♪
ヴァーホーヴェン節炸裂!
スリリング
サスペンスフル
スキャンダラス
ユーモア
エロチック
男はみんなダメンズ
世界は女で回ってる
宗教ってなんだ
暴力
陵辱
性欲
過剰
馬鹿
残虐
変態
復習
残酷
復讐
赦し
とんでもなくパワフル!
そして、
愛だよ、愛!
じんわり沁みてくる。
ショッキングなだけでは決してない
マスターピース
私、多分変態じゃないと思うけど
涙がこぼれた。
今年の新作マイベスト1候補。
(生涯ベスト3更新のヤスミン・アフマド監督
『タレンタイム』 2009)除いてということ)

 

 

『ブラックブック』
『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』
の実験的な試みを経ての本作だ。
ヴァーホーヴェン監督は想像通りパワフルで
茶目っ気のあるサービス精神旺盛な人でした。
ユペール様は知的でエレガント、
一つ一つの質問にとても真摯に答えてくれる。
昨年に続いての来日は本当に嬉しいです。
監督はイザベル・ユペールとは、
こうして欲しいという
打ち合わせも、演出もしなかったそうだ。
レイプ、暴力など
かなりハードなシーンもあるけど、
ユペール様が一番大変だったのは、
スズメが死にそうなところだったそう。
 
この映画は命についての映画なのよ。
と、ユペール様。
 
公開は8月25日なので
多くは書きません。
解釈好きな人が色々書くと思うけど、
とにかく気にせず観た方がいいです。
自分で感じて考えることが一番です!
お前に言われなくとも観る!って腹立てないでネ。
Q&Aで質問していた人の解釈と
私の考えは違ったけど、
ユペール様の答えには納得だった。
解釈にその人の嗜好性が透けて見えるよ。
と、思わせぶりに書いておこう。(・∀・)
 
最後まで気が抜けません。
 
公開されたらまた観る。
ユペール様にオスカーだったよう!
 
{4C727753-DA9B-42AC-BCF6-69BB4756AE45}
 
{80211F74-9C6C-412A-A923-B2BBEFEA3A87}
 
{0EB10085-9E73-4155-9C1B-2CDCAD9863EB}
 
{5A84054D-E445-46C6-9CB1-11232DCBA0A1}
 
フランス映画祭のサイン会は
前売り券で応募します。
昨年は『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの 理由』マイウェン監督、
『めぐりあう日』ウニー・ルコント監督、
『エヴォリューション』ルシール・アザリロヴィック監督
のサイン会に参加出来たのだけど、
今年は1つも当たらなくてすごくガッカリでした。
ユペール様は昨年も外れたので、
今年は当たらないかなぁと思っだけど
ダメでしたショボーン
 
{CE34011D-41EA-4323-B731-6663758D7387}
サイン会では
参加者以外は離れたところから見るしかなく。
 
{76FB06F4-7A8A-4475-9C43-600E650A66AF}
 
{95646B01-6892-47D6-AD50-340F0FE856E6}
全く枯れない人びっくり
ヴァーホーヴェン監督は少し撮れたけど、
ユペール様は私のいた位置からは
なかなか上手く撮れませんでした。
 
 
しかし、何ということでしょう。
トイレに行ったり、
今回は一眼カメラとスマホと両方で撮ったので
レンズをケースにしまったり、
写真の確認をしていたら、
ユペール様が通り過ぎて行くではないですか。
気付いた人たちがサインを貰っています。
 
お付きの係の人は早くその場を
離れたそうでしたが、
ユペール様は気さくにサインに応じてくれています。
 
{8E1FF2FA-3E3E-47AE-9AE3-108AB14DD46E}
 
image
 
{56F9C7C2-B987-4138-9475-19362AC0E3C5}
ピンクのスーツ近くで
見れて感激!
とても素敵でした。
 
 
{761C15F2-E4CB-4D4B-A1ED-F563D2592E43}
やった〜爆笑
サイン貰った〜ラブ
 
私はいつもサインペンを持っているのですが、
とっさのことですぐに出すことが出来た
手帳にボールペンでしてもらいました。
「シ、シルブプレ」と声が震えちゃいましたよキョロキョロ
本当にエレガントだけど
飾り気がなくて、
でも、キラキラしてる〜ラブ
何言ってるかわかりますかね?照れ
奇跡的にサイン貰えてホントにラッキー爆笑
サインペンじゃないのが残念ではあるけど
もう、この偶然の奇跡、
映画の神様に感謝です。ウインク
その後ユペール様は
エレベーターを撮影されながら
降りて行ったのでした。
{8CE592A8-4ED3-48CE-9D15-1BE0EF3ABCC5}
 
{81F7A132-5E04-48DB-83AD-677397EB3737}
 
{5D28C82D-1F20-4C08-9772-DC87286C8CBD}
 
本当に久しぶりに
一眼カメラを使ったので、
思うように操作できなくて
あまり良い写真が撮れなかったです。
スマホで撮ったものは
やはり画像が荒いので区別がつきますよね?
 
『エルELLE』←クリックで公式サイト
 映画は興奮、大満足でした。ニコニコ
そして、偶然にも
ユペール様にサイン貰えて
とても嬉しかったです爆笑
映画についてもう少し詳しく
また、書くかもしれません。
 
{1FF78E11-A718-46A5-B1EA-CE3236D39A1A}
 
{775EA950-6446-43DD-941F-297E107847DB}
 
{53564A34-C060-47E1-B5DE-6BF527B4CD32}
 
{6D9558E2-ECCF-4572-9C32-8D75874EC11A}
 
{02681002-5398-4AF8-985D-08FCC8948578}
 
{9637DC46-E5A8-4630-A06E-43CC36B607B3}

 

「ELLE」オフィシャルトレーラー

 

 
{C489D362-933D-4FDA-9BC4-8417E2DFFC86}
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
劇場サンプル「ブリッジ」
観たとき、
お団子ヘアで視界を遮られ困った話。
{CB0A6D5C-2846-4E37-BE41-AB41D4BB569C}

{5FE46A98-3F7A-4A60-8FFD-BBA5554B0C7E}

{796D6F8D-58C3-4392-A1BE-EDEEF5284F3D}

{ABE5855B-48EF-422F-A7A1-7499EABE5DC8}
お団子ヘアの
宮崎あおいちゃん


先週、KATT神奈川芸術劇場で
劇団サンプルの公演「ブリッジ」
見た時のこと。
芝居は
古舘寛治さんが演じるジョージが教祖の
コスモ・オルガン教会
というカルト宗教の
ピグマリオ様(ジョージの別人格の神⁉︎)
顕現10周年セミナーに
「ブリッジ」を見に来たお客が参加している
という設定。
役者たちが客席に話しかけます。
ジョージ様のモツ宇宙(コスモ)
(大腸菌)が世界のはじまりで、
人類はお尻の穴から裏返るのです。
なんのこっちゃですね。爆笑
まぁ、とにかく刺激的で面白い芝居でしたよ。
妙にエロかったしキョロキョロ
30年くらい前に見ていた
アングラテント芝居以来の刺激だった。
あの頃のアングラ劇の破茶滅茶さと
とんでもない熱量とは違った、
現代的なスマートな雰囲気があるし、
評価されている劇団だから
公立の劇場で上演出来るのだろうけど
かなり過激で挑戦的な芝居でした。
今日本では、
面白いこと色々出来てるのは
映画より演劇だと思う。
本当はもっと芝居も観たいけど
ハマるとコワイからアセアセ
映画で我慢な感じです。

【作・演出】
松井 周

【出演】
古舘寛治、奥田洋平、
野津あおい、羽場睦子、
武谷公雄、伊東沙保、
鶴巻 紬、山田百次

{CE10FADF-68C5-4661-83DE-31D5D3997AC5}
古舘寛治さん出演
深田晃司監督
『淵に立つ』のDVD会場で売っていました。

劇団サンプルとは
松井周(劇作家・演出家・俳優)の主宰する劇団。
青年団若手自主企画公演を経て、2007年に劇団として旗揚げ。松井周が描く猥雑かつ神秘的な世界の断片を、俳優とスタッフが継ぎ目なく奇妙にドライブさせていく作風は、世代を超えて広く支持を得ている。
作品が翻訳される機会も増え『シフト』『カロリーの消費』はフランス語に、『地下室』はイタリア語に翻訳されている。
『家族の肖像』(08年)と『あの人の世界』(09年)で第53、54回岸田國士戯曲賞最終候補にノミネート。
『自慢の息子』(2010年)で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。(公式サイトより)


劇団サンプルは10周年で
今回の公演で活動を休止します。

前置きが相当長くなりました。
会場はKATTの大スタジオ。
スタジアム形式の座席で
私は2列目でした。
私の前に座っていた女性がお団子ヘアでした。
頭の上にニョキッとお団子が生えてるような
ヘアスタイルでした。
段差があるから頭で完全に遮られたわけではないですが、
常にステージを見ている視界の真ん中辺りに
お団子がある状態でした。
私が背が低いことも原因ではあるのですが。
スタジアム形式の劇場ばかりではないです。
映画館もシネコンはスタジアム形式だけど、
特に私が良く行くミニシアターなどは、
フラットだったり、
緩い傾斜の劇場も結構あります。

「ブリッジ」の上演始まる前に、
帽子を被って座っていた人は
会場係の人に
「すみませんが上演始まりましたら、
帽子を取って下さい。」
と声をかけられていました。
でも「お団子ヘアの髪を下ろして下さい。」
とは言わないですね。
団子を頭頂部に角のように結うのでなく、
ポニーテールの位置くらいの
平たいお団子にしてくれたら
まだましなのですけど…
観劇、映画鑑賞の時には
頭頂部お団子ヘアはやめてくれないかなぁ
という、ボヤきでした。


宮崎あおいちゃんがベリーショートの
午後の紅茶のCM。
ウィッグのようですが、
大竹しのぶさんみたいで似合ってない。
とか、いや似合ってるよ。などと、
話題になったようですね。
{0905E96E-7C4D-460D-9089-721837345EA9}

ちなみに大竹しのぶさんは
あおいちゃん(もう31歳なんですね、
もう、あおいさんにすべきかな?)
と同じ30歳頃はこんな感じでした。
{175EBEC6-4F98-44F3-B836-E01267320A41}

私はあおいちゃんのショート姿は
大竹しのぶさんより
樋口可南子さんに似てると思いますが、
いかがでしょう。
{97BF5E32-86AD-4E70-AA15-2D39DF2D6870}

若い頃の
樋口可南子さんの
ショートヘア↓
{7B16F1DA-6C12-43D4-9E40-076B56D729A1}

{142FBC82-C366-4D59-A0DF-FAE0655FCDF5}
あおいちゃん

{58F8F496-577F-4737-8BAC-B06762D69F8F}
『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』1985年
当時樋口可南子さんは26歳。
大人っぽいですね。


(YouTubeに移動して見て下さいね)


ところで
お団子ヘアのルーツは、
{BE4DE62C-C689-48E6-AE15-1B3404BEB09D}

{FF3CE81F-DBD6-4F44-A193-EAC70445F98A}
ではないすよね爆笑!?

{39B67760-F3D7-4274-AEA5-DC2FD7AD8E7D}

{86DC5338-0341-4979-BD2E-850562B9A4FC}

{5D533439-2923-4F3E-BE7D-AE83DCA96690}

{0AAD49FF-4F0E-4179-AEF2-B124474D752C}
これは、先日見た
三井記念美術館
奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」
チラシです。
近年は美術館、博物館での
大規模な仏像展が増えました。
時々会場で拝んでいる人もいます。
しかし、仏像はお寺から
美術展などに貸し出す場合、
ちゃんとお坊さんが
読経して魂抜きするから
残念ながら拝んても御利益はない
ことになっています。
拝むなら現地のお寺でしてね、
ってことで。
でも、
「病は気から。」
違った、
「鰯の頭も信心から。」
いや、
これも違うよ、
「信じる者は救われる。」かな?
だから、拝んでる人に、
「その仏像、魂抜いてありますよ。」
なんて言うのは余計なお世話ですねキョロキョロ

これこそどうでもいい話ですが、
私はもう20年以上
ショートヘアばかりです。
抗がん剤治療で
髪の毛全部抜けた後は
超ベリーショートデビューもしたなぁ。

{B2B2E4BC-419F-43B5-9E23-99006B3A9973}
のんちゃんは
ショートヘアが似合って可愛いね照れ



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。