2005-05-26 10:06:40

すべての猫の飼い主に

テーマ:ねこねこねこ

なるべくたくさんの人に猫にとってのユリの花の危険性を知っていただきたいと思っています。リンクびしばししてくださって結構です。また、知り合いに猫を飼っている人がいたら教えてあげてください。お願いします。


追記(2006年4月9日)

悪質なスパムコメントが大量にされるため、この記事へのコメントができないようにしました。

いただいたコメントはこちらこちら にうつしました。


コメントはこちら からお願いします。

******************************



ユリの花を買わないでください。


ユリの花は猫にとって猛毒だそうです。


英デイリー・テレグラフの5月6日の記事を参考にしています。


イギリスのケントでジョン・ハートネット氏が、自分の妻のためにユリを買ったそうです。彼らの飼っている13歳のシャムネコのカタリーナはそのユリに自分の毛皮が触れ、ユリの花粉がついたため、それを舐め取ったらしいです。カタリーナは一時間もしないうちに、激しい嘔吐をし始め、目が見えなくなり、全身が麻痺して、腎臓の機能不全で死にました。


アメリカではすべてのユリ科の植物が猫にとって腎臓の機能不全を起こす猛毒であることは良く知られているらしいです。しかも毒なのは、花粉だけではなく、ユリのすべての部分らしいです。葉っぱを一枚食べても死んでしまうそうです。しかも、このときに出る症状は劇症で、ユリを何らかの形で体内に取り入れてから6時間で猫を救うことが不可能になるのだそうです。6時間以前でも、量によっては猫を救うことができないそうです。だいたい18時間で腎臓が機能不全を起こすのだそうです。


ユリの毒による症状は


長期間にわたる嘔吐

拒食症的症状、または鬱症状

腎臓機能不全


が主なものだそうです。


そんなことは今まで知らなかったので、わたしも気楽にいろんなユリの花を買っては飾っていました。今まで、自分の猫が死ななかったのはほんとに幸運でした。


このことは日本では知られているのでしょうか? どうぞ、皆様、お気をつけください。そして、できれば多くの人にお知らせください。


もし、すでにご存知であれば、大変に幸いです。



*****11月4日追記*****


nyanyamooさんから以下の情報をいただきました。ありがとうございます。


■危ない百合、和名はこちらです

猫にとって特に危険な百合の和名はこちらです。(このブログで参考になさっているASPCAのページから訳しました)
テッポウユリ(lilium longiflorum)、オニユリ(lilium lancifolium)、コオニユリ(lilium tigrinum)、鹿の子百合(lilium speciosum)、キスゲ各種(hemerocallis species)

これらの5種は特に猛毒らしいです。
私の大好きなカサブランカ・リリーなど、オリエンタルリリーのハイブリッドも危ないそうです。基本的に花弁が6弁のものが危険だとか。この他、百合よりは致死性がすくないようですが、アボカド(皮、種、実)や各種ナッツ、林檎の種、アロエ、ツタ、ウルシなども猫には有毒だそうです。詳しくは、英語ですが以下のページをご覧ください。英語から和名を調べたい場合はgoogleでその単語を入れ、次に「花」「の」などを1字あけて入れてクリックすると、英語名と和名が両方出てくるサイトに行き当たる可能性が強いです。みなさんも猫ちゃんのためにお気をつけて!


ちょっと長すぎるので、翻訳は控えます。同リンクに、猫にとって安全な(non-toxic)リストもあります。



*********************

以下、Daily Telegraphの記事です。Daily Telegraphはメンバー登録をしないと記事をネット上で見ることができません。ですので、全文を掲載させていただきます。ご参考までに。


Cat owners warned over killer flowers
By David Sapsted
(Filed: 06/05/2005)


A national alert has been issued to pet owners after pollen from a bunch of supermarket flowers killed a cat.

When John Hartnett bought his wife oriental stargazer lilies, he was unaware that he was passing a death sentence on the family's 13-year-old Siamese, Catalina.


The cat brushed against the flowers then licked the pollen from its fur. Within minutes she started being sick and, within hours, had died after going blind, suffering renal failure and becoming virtually paralysed.

The RSPCA, which is reporting an increase in such cases, is to launch a campaign to alert people to the dangers and lobby for warnings on the flowers.


The RSPCA said: "The problem of lilies isn't widely known and we are seeing an increase in the number of cases we come across. This is because the flowers are becoming more readily available in Britain.


"All lilies are poisonous to cats, with just one leaf eaten possibly leading to death. We will now be urging both manufacturers and producers to issue warnings on their goods so that consumers have an informed choice.


"We also hope to work with the Royal College for Veterinary Surgeons' poison department to produce information fact sheets and figures on this awful matter."


Mr Hartnett, 51, a computer engineer from Folkestone, Kent, said: "Catalina was a curious, fastidious animal and would have investigated the new flowers. But this proved absolutely fatal.


"She endured a vile death. She was suffering terribly. I blame myself but the vet we rushed her to said there was just no chance to save her.


"We have seen the flowers in many places, all with no warnings at all. In America, I have discovered that there is immense coverage on this subject warning people of the dangers but, here, there is nothing.


"I can't believe something so simple as a flower can kill pets in such a terrible, terrible way, and there is absolutely no way of knowing about it."


The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals singles out the Easter lily (Lilium longiflorum), tiger lily (Lilium tigrinum), rubrum lily (Lilium speciosum), Japanese show lily (Lilium lancifolium) and some species of the day lily (Hemerocallis) as liable to cause kidney failure in cats.


The Feline Advisory Bureau, a charity based in Tisbury, Wilts, said: "Symptoms of poisoning from these plants include protracted vomiting, anorexia and depression and ingestion can cause severe, possibly fatal, kidney damage."


Cats can survive if taken to a vet within six hours but the chances of survival decrease rapidly after that. After 18 hours, the kidneys stop working.


Alex Campbell, a toxicologist and managing director of the Poison Advisory Service for vets, said: "When we recieve a call about cats coming into contact with any of the lilium flower family we treat it very seriously indeed. It is one of the worst reactions an animal can come across and it needs highly aggressive management. All parts of a lily are extremely toxic.


"A cat that comes into contact with a lily deteriorates very rapidly. I have even heard of a cat being given human dialysis in an attempt to overcome the effects of toxins in the kidneys."


The danger to cats only began to emerge in 1990 when the first incident was reported in America. Last year, the poison control centre at the ASPCA handled 275 cases.


John Cushnie, a panellist on Gardeners' Question Time, advised gardeners who wanted to avoid harm to cats to select tall lilies and stake those that need support.


コメント記入欄はこちらです。

AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。