1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-01-31 18:48:21

霜の朝

テーマ:ジムニーとわたし

夜、晴れていて星がきれいに見える冬の夜が好きだ。容赦なく冷え込んで、静かに霜が降ってくる。


霜の朝。


何もかもが凍って、真っ白になっている。空気は透き通って、空は高く硬い青色。明るい太陽の光も冷たくて、気持ちがいい。深呼吸をすると冷たい酸素が指の先まで一気に体温を奪う。思わずくしゃみをする。


ジムニーももちろん、真っ白に霜で凍り付いている。ゴムのへらで窓をこすると、カリカリ、と気持ちのいい音をたてて霜がはがれて落ちてゆく。


窓の周りに少し残った霜が太陽の光を反射して光っている。それがなんとなくおいしそう。家も山も垣根も木も霜で真っ白に凍てついている。


工房の石の家まで行くルートで北斜面の下りは凍り付いているだろう。もちろん、路面の凍結を避けるために岩塩がまかれているとは思うけれど。でも、念のため、北斜面に入る直前で四輪走行に切り替える。軽い衝撃とともに路面のグリップが安定するのがわかる。クラッチの感じ、ギアの切り替え。木漏れ日。羊の声。


もう少し遠くまで行きたい、霜の朝。



********************

とにかく、霜の朝が好きです。冷たい空気に喝を入れられた気分。小さくうずくまってないで、しゃきっと背筋を伸ばしていこう。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-30 03:06:19

チリメンジャコが食べたい

テーマ:日々雑感

日本にいると簡単に手に入るけれど、海外に住んでいると手に入らないものは多い。


まあ、日本食材のお店もインターネットなどで結構増えていて、ほとんどのものは買えるけど。


高い。


おコメとか、そういう原料的なものはしょうがないとあきらめがつく。まあ、コメに限って言えば、それほど高くない。日本と同じくらいかな。


でも、漬物とか干物とか、そういう、なんとなく自分で作れそうなものに関しては、高くて買うのがバカらしい。たいしておいしくないしね。


それで、自分で作ってしまうことが多い。


最高のヒット作は、アプリコットと赤バゼルで作った梅干もどき。これが、なかなかおいしいのです。毎年作ってます。自分で作ると、蜂蜜とかだしとか入ってないから、きりっとすっぱい梅干ができるし。


塩鯖を作ったときも、かなりウケた。


が、本日は、ちりめんじゃこが食べたい。しかし、もちろん手にはいらないから、ちりめんじゃこもどきを作ることにする。


というわけで、エイのひれを買ってきました。ちょっと、共食いの気分(笑・こちらの記事 みてください)。



ei

まず、フライパンでよく焼きます。皮ははいであります。肉がピンク色しててつやつやしてるのが新鮮でおいしい。このときに、バターで焼いてもいいし、サラダ油でも大丈夫。わたしはオリーブオイルを使います。


jaco

よく火が通ったら身をはがします。フライ返しなどを真ん中の軟骨に沿ってすっと走らせると簡単に身が取れます。真ん中には軟骨がこんな感じではいっています。これは、猫にあげてもいいけど、からっと油で揚げて、骨煎餅にして食べるとおいしい。



cat

「ちょうだいー。エイのひれー、ちょうだいー」

と、猫がねだってもあげずに調理を続けます。


オカメ、あいかわらず変な顔です。



jaco

身を軟骨からはずした直後はこんな感じ。このときに、塩、七味唐辛子、だしの素、などいれて味をつけます。わたしは、ちりめんじゃこのかわりにふりかけ風に使うので、かなりしっかり塩味を付けます。


jaco

これをそのまま乾煎りし続けます。


jaco

だんだん、ほぐれて細かくなってきます。このときに、無理にほぐそうとしなくても、乾煎りをしているうちに自然にほぐれてきます。


jaco

こんな感じで、全体がなんとなく透明になるくらいまで炒ります。ここで、しっかり水分を飛ばすと日持ちがします。でも、水分をここまで飛ばさなくて、しっとりしているのもおいしいけど・・・。わたしは、ちりめんじゃこでも干してあるほうが好きなので、かなりしっかり水分を飛ばします。充分に水分を飛ばすと、フライパンに引っ付かなくなります。


jaco

そのくらいまで水分が飛んだら、青海苔とゴマをたっぷり足して、さっと全体を混ぜ合わせて出来上がり。


おにぎりに入れても、ご飯に混ぜ込んでも、豆腐に乗せてもおいしい、ちりめんじゃこもどきです。


ま、ちりめんじゃこが手に入るんだったらこんなの作らなくてもいいんだけど。


水分を飛ばせば飛ばすほど日持ちがするし、塩分が多ければやはり日持ちをします。わたしが作ったものだと冷蔵庫に保存して2週間は持ちます。たくさん作ったので、今日は半分は冷凍しました。


さー、おコメをたくさん食べるぞー。

↑コメ好き(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-29 02:19:26

障害はかっこ悪いのか?

テーマ:世界の事情

青バラ先生のこちらの記事 を読んで、怒髪天をつく、という言葉の意味がよくわかった気がします。


詳しくは、青バラ先生の記事を読んでいただけると幸いです。


しかし、障害者がかっこ悪いって、いったいどういう事なんでしょうね。この、東インの社長様は謝罪したそうですけど。そんなの、言われたから、企業イメージのためにした謝罪であることが明々白々。


かっこ悪いのは、あなたです(写真みて 判断して見てください。わたしの判断は正しい)。ものを考えずに自分が偉いと思ってそれに胡坐をかき、自分の都合のいいごまかしをして、それがばれたら適当に謝ればいいという態度で、差別発言をし、それを指摘されたら、おたおたと謝罪文を書いてみたりする、そういう底の浅さと想像力のなさが、かっこ悪いです。しかも、その謝罪。


動揺していたから、不適当な発言があった?


動揺しているときって、人間って意外と本性が出ますよね。想像力というものが働かなくなりますからね。そして、あなたの発言は、不適当、というような評価は当てはまらないと思います。


失礼、とか、品性を欠く、とか、人格を疑う、とか、そういう評価じゃないですか。


お詫びを言うと言ってるけど、口先だけのお詫びなんて、誰も欲していないと思います。行動で示してください。つまり、


辞めてください。



*************************************

ちなみにー。


不注意な読み手であるわたしは、これ、東急インだと思ってしまいました。違うんだー。


東横インです。


わたしと同じまちがいをする人がたくさんいると見えて、東急インのHPには、


東急インおよび東急グループは、「東横イン」とは一切関連がございません。


と注意が出ていました。


みんな、間違えないでね♪


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-01-27 04:51:56

この道はいつか来た道

テーマ:日々雑感

最近どこにいくにもジムニーにハープを積んで出かけているんだけれど、ちょっと前に不注意でハープを落としてしまった。それで、大事な共鳴板などには影響がなかったんだけど、鼻先が欠けてしまった。


先生は、自分のハープを修理に持っていくのでそのときに一緒に行きましょう、と親切に言ってくださった。


ハープ職人はわたしの住んでいる海の町から車で約1時間、南に下がっていった山間部にある町に住んでいる。渓谷の両側に町が広がり、その川はカヌーのメッカとして知られている、とか。


行ったことがある?と先生に聞かれて、一度だけ行ったことがあると答えた。


道中、風景を見ていて、ものすごくきれいなので感動した。


hills


こんな感じ。


この道はいつか来た道・・・


しかし、ああ、そうだよ~って感じがしない。


理由を思い出した。


その町には、車を買い替えに行くときにいったのでした。去年の頭。盲腸の手術の直後で、まだおなかの傷が痛かったころ。しかも、歯肉炎を患い、大量の痛み止めをとったら、それがまったく体質に合わなくて、痛みは止まらない上に、ものすごい吐き気に襲われていたとき。


だんなには一人で行ってもらいたかったんだけど、彼はものすごい方向音痴。地図が読めない。それで、どうしてもどうしても一緒に来てくれないと、迷子になって帰ってこれない、と、迷子の子猫ちゃん(にしてはおっさんででかくてかわいくないんだが)のようにすがられて。


ただでさえ、効かない痛み止めの副作用でめまいと吐き気がしているところに、車の中で地図をみて。


吐き気ががんがんこみ上げてきます。


「あー、だめだめ。車は引き取ってもらうんだから、この車の中では吐いちゃだめー」


と、いうわけで、吐き気がこみ上げてくるたびに、


「車を止めろー」


道端で、げろー。ハラの傷が、いててててー。


めまいがして、くらくらするたびに、


「車を寄せろー」


道端で、げろー。はらがいてー。


(食事時に読まれた方、スミマセン)


何とか、車屋について、新車をもらい。古い車を引渡し。しかし、まだまだ、気分は最悪。めまい、吐き気、ハラも痛けりゃ、歯茎もいたい。


「あー、だめだめー。新車なんだから、この中で吐かないでー」


と、いうわけで、吐き気がこみ上げてくるたびに、

「車を止めろー」

道端で、げろー。ハラの傷が、いててててー。

めまいがして、くらくらするたびに、

「車を寄せろー」

道端で、げろー。はらがいてー。

(食事時に読まれた方、スミマセン)

(↑同じことの繰り返しだもんで、コピペだよ・笑)


というわけで、道中の風景など覚えていなかった・・・らしい。


でも、不思議なことに、ゲロスポットは覚えてるんだよね(笑)。



*********************************


というわけで、ハープは修理に行ってしまいました。来週の末まで帰ってこない・・・。鼻先を削るだけなんだけど、職人さんはちょうど新しいハープの制作の注文を受けたところでちょっと忙しいそうです・・・。


ちょっと、寂しいです。


ハープやー、早く帰っておいでー。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-01-25 04:37:58

ご心配をおかけしました。

テーマ:日々雑感

原因不明の熱も何とか下がり始めました。


遅くなりましたが、コメレスなどさせていただきました。御笑覧ください。


しかし、熱はあるんだけど、のども痛くないし、鼻水も出ないし、せきも出ない。何の症状もなく、ただ、熱がでるだけ。それで、ものすごく眠い。とにかく眠かったです。


何をする気力もないので、天窓の下に転がって、うとうと・・・ぼーっとしていました。


それで、去年の今頃、やっぱり盲腸で療養をしていたときにだんながくれたこんなものを窓につけてみました。


glass


「虹製造機」


クリスタルがモーターに引っ付いていて、ゆっくりと回ります。それで、部屋中に小さな虹が散らばってそれが動くんです。屈折率などの関係だろうと思うんですが、虹がみんな同じ方向に動くわけではないんです。いろんな方向に動く。


しかも、これ、動力は太陽電池なんです。そこも気に入っています。


そうやって虹を見ながらごろごろと過ごしていました。


こんな風に、虹を見て生きていけるといいな・・・。たくさんの虹を生めるといいな。


多様性の共存のシンボルになっている虹を見ながら、ぼんやりとそんなことを考えていました。何ができるわけでもないんだけど。



************

虹はセクシュアル・マイノリティーの人たちの連帯と共存のシンボルなんですよね。詳しくは、こちら をどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-01-20 18:47:33

ありがとうございます

テーマ:日々雑感

下の記事にとっても暖かなコメントを有難うございました。


うれしさのあまり、熱がでました(爆)。38度。


ごめんなさい。コメレスなど熱が下がり次第、させていただきたいと思います。


とりあえず、今日は、自分の部屋で、嵐の海の音を聞きつつ、転がっています。


sea


sea


sea


日本は大寒波と聞いています。皆様も、お風邪などお召しにならないよう、どうぞどうぞ、ご自愛ください。



いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2006-01-19 05:30:12

ふ く ざ つ

テーマ:質問です

kuchibashi

    ↑わかる人だけわかってください・・・



わたしは写真を撮るのは好きだけど、撮られるのは嫌い。


だから、家族のアルバムを見ても、わたしはほとんど写っていない。まるで父子家庭みたいなアルバムになっている。


ところが、込み入った事情で、友人某はわたしの写真を所有している。この事情は込み入りすぎていて、話し出すと、まあ、5年はかかるかな。その途中で、はじめのころのことを忘れたりするので、話し終わっても、話された相手はその事情がまるでわかっていないことに変わりがない。そういう込み入った事情。


とにかく、某はわたしの写真、しかも顔の大写しを所有している。


あるとき、某が所有している写真を、某の知り合いが見た。この知り合いとわたしは無関係。彼が写真をみて言った、はじめの一言。


「複雑そうな人だね」


言われたわたしはとっても複雑


さて、これは、いったいいかなる評価なのか。


侵食によりできた複雑な海岸線

複雑な図形


これはわかる。まあ、ニュートラルな評価よね。よくもなく、悪くもない。


家族関係が複雑

複雑な事情がある

複雑な精神構造


・・・かなり、ネガティブかも・・・。


複雑な人。


これは、たとえば、二重人格者とか、やたらと屁理屈をこねるとか、月夜になると狼男になるとか、そういうことなのだろうか?


某に言わせれば


「複雑そうだね、といわれて、いいえ単純ですって答えられないでしょ!」


こたえろー。

ばかー。


「変な人なんです、とも言えないでしょ」


・・・某よ・・・君のわたしへの評価は、変、なんかい・・・。


あー、なんかすごーく、複雑だよなー。ふくざつー。ふ く ざ つ・・・。


そして、急に気がつく。


もしかして、ふくざつそうなひとって、


複雑そうな人


じゃなくて、
























服、雑そうな人だね。


だったのかも・・・。


ええ、ええ、どうせ服装に気を使ったことなんてありませんとも。どうせ、いつでも寝癖ですよ。ええ、ええ、どうせ、洋服にアイロンかけたこともありませんよ(こちらの記事参照 )。


すごく、複雑な気持ちでいます。


これって、いったい・・・どういう評価だったのかなあ???


誰か、優しく解釈して・・・。


すごい、ふくざつ・・・。


*********************************************

もうね、できることなら、某の知り合いをとっ捕まえてきて、椅子に縛り付けて、5時間くらい問い詰めてやりたいです。


「てめー、このやろー、どういう意味だ、言ってみろ!」

「あ、いえ、あの、その・・・」

「複雑かよ、ふくざつぅ?」

「あ、いえ・・・その・・・」

「それともあれかよ、お前は句読点もまともに打てねえのかよ!」

「あ・・・あ・・・ゆ、許してください・・・」

「ゆるさーん! 小学校の国語の教科書を勉強しなおしだー」


おらー、句読点打ってみろ。


ここではきものをぬいでください。


いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-01-17 22:05:49

そっと ふれる

テーマ:こい・いろごと

ハツミさんよりも美しい女はいくらでもいるだろう、そして永沢さんならそういう女をいくらでも手に入れることができただろう。

                  村上春樹 「ノルウェーの森」


村上春樹が比較的好きで、日本に帰るたびに彼の新しい本のうちの何冊かを買っている。でも、熱狂的ファンとかそういうのではない。まあ、何につけ、マニアックになったり、コレクションをしたり、ということができない。狭く深くではなく、広く浅く。いい学生になるタイプではない。


現在、日本語と英語の本が手に入りにくいので(現地語ができぬ)、手持ちの本を何度も読み返すことが多い。まあ、昔から、大量に読むことは読むけれど、気に入った何冊かはしつこくしつこく読み返す人なのでいいんだけど。


それで、気がつくと村上春樹の本を拾い読みしていることが多い。そうやって何度も細部を読み返していると、実は彼の描く女性というのがものすごく魅力的であることに気がついた。


なんだろう。描かれている女性に成熟を感じる。不思議なことに、村上春樹の書く男性にはどうも、いまいち、魅力を感じない。


「海辺のカフカ」の佐伯さんは素敵だ。彼女の持つ、影の薄さ、その諦めの悲しさ。わたしだって、きっと彼女にあっていたら恋をしていただろう。


でも、なんといっても、わたしが一番魅力を感じるのは「ノルウェーの森」のハツミさんだ。


初めて読んだのは1989年。発表されたのは1987年だった。なんとなく話題作は読まない・・・というねじくれた根性の結果。


はじめた読んだときには、主人公の直子に魅力を感じた。繊細な心と、現実との葛藤と、性の無さにあこがれた。体力むんむんで、殺しても死なないと友人たちからは言われ、おっさんくさいとボーイフレンドからふられていたわたしは、劣等感と敗北感とともに、直子にあこがれた。


それは、確かに、こんな女の子がいたら、わたしはぽいだよね、と自嘲した。


でも、今読み返しても、直子には魅力を感じない。単なる不安定な若い女じゃん、なんて失礼にも思ってしまう。


そして、そのころは気にもかけなかった周りの女性が素敵だと思う。レイコさんもミドリも、それぞれに素敵だけれど。


なんといっても、ハツミさんだ。


たいして美しくもないけれど、穏やかで理知的でユーモアがあって思いやりがあって。向かい合っていると好意を持たずにはいられない。彼女はこんな風に描写される。冒頭の引用文の続き。


しかしハツミさんという女性の中には何かしら人の心を強く揺さぶるものがあった。そしてそれは決して彼女が強い力を出して相手を揺さぶるというのではない。彼女の発する力はささやかなものなのだが、それが相手の心の共震を呼ぶのだ。


それで、後になってから、ハツミさんの揺さぶっていたものは、自分の中に眠っていた「僕自身の一部」、自分がそんなものを持っていたとは自分自身ですら忘れてしまっていた「焼け付かんばかりの無垢な憧れ」だと、語り手は気がつく。そして、彼女は本当に本当に特別な女性だった・・・と。


残念ながら、村上春樹の多くの登場人物と同じで、ハツミさんも自らの命を断っている。


でも、今読み返すと本当にハツミさんは魅力的だ。


そっとふれる女性。


力強く前向きで、太陽のようにいろいろな人を照らし出すのも素敵だけど。


自分の生み出すものがハツミさんのように誰かの心にそっと触れることができるといいな、と、駄文をつづりつつ、石を削りつつ、思うのです。


************************

ノルウェーの森
何だ、画像無しか。
緑と赤の上下二巻がかっこよかった。帯は金色だったな。
発表された直後、周りで同棲するカップルが急増。「僕が君を守るから」といわれてる女の子たちを横目で見ながら、「お前は一人で大丈夫だよな」と言われ、け、と思いつつ暮らしていた。うわー、こう書くと、わたしの青春って、かなり暗い?(笑)

村上 春樹
海辺のカフカ〈上〉
不可解きわまるけど、なんか好き。
でてくる猫がなんともいえない。
佐伯さんよりもいいかも(笑)。
やっぱり、どうしようもなく猫が好き♪
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-16 03:14:58

午後の砂丘

テーマ:ジムニーとわたし

moon


いろいろな思いが頭の中を去来し、朝早く目が覚めた。見事な有明の月。


満月・・・なのかな。ということは、今日は大潮だと気がついた。

そこで、午後、思い立って、ジムニーに乗って砂丘へ出かけた。


砂丘の入り口にジムニーを駐車して、歩いてみた。大潮の引き潮時。


砂丘は気水湖の砂州に当たる部分になっている。海側は遠浅で、引き潮の時間には波打ち際がはるかに遠い。気水湖はやはり浅いので、大潮の今日は底がほとんど顔を出している。


潮が引いた後、気水湖の底には複雑な川や島ができている。流砂になっているところもあり危険だと聞いている。また、その複雑な地形につかまり、出口がみつからないまま潮が入ってくると、地形的に潮の入ってくる速さは人間の歩く速さよりもかなり早いので、潮につかまる。


そうなると、終わり。


自然の力の前に、人間はただ、自分の命が海に戻るのを見ていることしかできない。


とりあえず、潮の入ってくる時間を調べておいたので、気水湖の底に下りてみた。大潮のときにしか立つことができない地面。


風が強く、気水湖の底に砂はさまざまなパターンを作る。


dune

dune

dune

dune


風が砂を巻き上げ、地上20cmの砂嵐ができる。そこをふみながら歩くと巨人の気分。のしのし、と歩いてみる。


dune


砂州の先端にまで行くと、深い川になっていた。その岸辺に等高線みたいな模様ができているのが可笑しい。


dune

そのあたりで引き返そうとしたら、いつの間にか柔らかい砂につかまってしまった。一歩踏み出すたびにあしが5cmくらい砂に沈む。足の裏で砂が流れている・・・ような気がする。


あんまり必死になって安全地帯に向って歩いたので、足跡の写真を撮るのを忘れてしまった。残念。写真を撮りに引き返そうかな・・・。


そう思いながら振り向くと。



dune


雲の間から光が降りて来ていた。


いろいろと考えることもあるけれど。


ただ、こうして砂丘を風に吹かれて一人で歩くのはなかなかいいもんだ。ちょっとした午後の冒険。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-01-15 02:38:55

わたしは木だった

テーマ:こい・いろごと

占いを信じていないのと同じで、前世もあるとは思わない。


でも、わたしは、かつて、木だった。


できれは、よく根を張り、たくさんの鳥たちが枝で歌い、虫たちがそこに住み、愛しい人が木陰で憩う、そんな大木だったらいいな、と思う。


心がささくれて、小さく小さくうずくまるように一日を過ごすと、かつてのわたしも、根を張れず、細く、ねじくれた木になってしまう。森の片隅で立ち枯れていく。それはそれで、枯れたあとに、キノコや虫たちによって地面に還され新たな木として成長をはじめるからいいんだけれど。


できれば。


森の主のように堂々と枝を張り、高く緑の天蓋を掲げた木になりたい。


何度も枯れては、もう一度、芽吹きなおし、心に描き続けている。


わたしは木だった。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。