着物作家の笑える日々

着物の制作、着物の組み合わせ、染色の話、歌舞伎や食べ物、、、助手BOOのお笑いエピソードetc.
相互読者登録はお断りいたしますm(__)m

NEW !
テーマ:



以前、、あらとんがあった場所に、、他のラーメン屋が出来、、すぐに閉店になり、、今度は博多ラーメンの店になっていた影の着物作家のブログ





昨日、、アトリエBOO教室の日で、、kayooさんとBOOの3人で、、その博多ラーメンを食べに行った影の着物作家のブログ 影の着物作家のブログ 影の着物作家のブログ




一瑞亭







メニューはいっぱいあるように見えるけれど、、基本は博多ラーメンだから味は同じ







ようは、、博多ラーメンに、、何をトッピングするかの違いだけだし影の着物作家のブログ



驚いたのは、、ニンニク影の着物作家のブログ


フツー、、ラーメン屋ではすりおろしたものが置いてあるのに、、この店は、、まるごとタッパーに入れてあった








自分で潰して入れるンだ影の着物作家のブログ


タッパーを開けた瞬間、、ニンニクの臭いが広がった影の着物作家のブログ



あまりに臭いので、、写真を撮って、、サッサと蓋をしましたわょ影の着物作家のブログ




置いてあった生姜の千切りと、、高菜漬けをトッピングして影の着物作家のブログ







博多ラーメンは、、めったに食べないけれど、、この店は今まで食べた中では、、一番美味しいと思ったパー



ただ、、この場所、、駅には近いのだが、、とても立地が悪くてお客さんが入らない店なのよねぇ影の着物作家のブログ



いつまでこのお店、、続けられるでしょうかねぇ影の着物作家のブログ





影の着物作家のブログ




いいね!した人  |  コメント(1)
NEW !
テーマ:



ワタクシ、、歯のメンテナンスに、、電車を2回も乗り継ぎ、、かなり遠出しています。。



その駅前商店街には、、とても安い八百屋があるのですが、、あまりに遠いので買っては帰れません













奥に置いてあるものは、、そんなに安くは無いけれど。。


表に出してある野菜は、、とても安い、、この日、、画像では見えないが、、キャベツは80円だった影の着物作家のブログ




そのままアトリエ入りするので、、買い出しが出来ず、、いつも悔しい思いをしている影の着物作家のブログ


なんたって、、ワタクシ、、日本一物価の高い場所に住んでいるので、、ほうれん草が350円もするンだょ影の着物作家のブログ


買わないけど





影の着物作家のブログ



いいね!した人  |  コメント(1)
NEW !
テーマ:



影の着物作家のブログ



七十六番 法性寺入道前関白太政大臣







香蝶楼豊国




わたの原 漕ぎ出でて見れば 久かたの 雲ゐにまがふ 沖つ白波




法性寺入道前関白太政大臣(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)=藤原忠通のことだそうです影の着物作家のブログ



このような心がのびやかになる歌、、私は好き影の着物作家のブログ





影の着物作家のブログ




いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:



躑躅 と 髑髏が似ていると、、いつも思ってしまうワタクシ、、大きく違うから影の着物作家のブログ










思い込みだから、、何度見ても似ていると、、これからも思うのでしょうねぇ影の着物作家のブログ








いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:



何十年かぶりの日光東照宮。。


今の私たちは華やかな建物をいっぱい見ているので、、驚かないけれど、、昔の人はこの絢爛豪華な建物に、、さぞ驚いたことでしょう





世間では夏休みはまだだと思うのに、、多くの観光客でイッパイの参道、、見えているのは重文の石鳥居目










東照宮にいらしたことが無い方のために、、公式サイトからお借りした地図をUP影の着物作家のブログ










石鳥居をくぐって、、すぐ左には、、やはり重文の五重塔が見える目










そして次に見えるのが、、表門、、ここからは拝観料がかかります影の着物作家のブログ










表門をくぐると、、校倉造の三神庫があり影の着物作家のブログ










中神庫と下神庫の間に、、何も書かれていない庫が見えたが、、これは神様の厠だと案内さんは言ったのだったろーか影の着物作家のブログ  覚えていない。。










陽明門を写していないと思ったら、、修復で覆いが掛けられていたためだったンだ影の着物作家のブログ  下の画像左側










三神庫の左には御水舎(おみずや)があり、、これも重文なンだって影の着物作家のブログ







確かに、、こんな派手な御水舎は、、他では見たことが無い影の着物作家のブログ





御水舎のすぐ脇には、、重文でも国宝でもない輪蔵がある、、なんで重文にもなっていないのか、、解らない影の着物作家のブログ











今回は写さなかった陽明門のすぐ前に、、各大名が寄進した灯籠が並んでいるが。。



一番有名なのは、、伊達正宗が奉納した、、ポルトガルから鉄を取り寄せたと言う、、南蛮鉄灯籠が、、、これだ影の着物作家のブログ 影の着物作家のブログ 影の着物作家のブログ










お気の毒なのは島津家


南蛮鉄灯籠の反対側にあるのだが、、あまりに伊達正宗の奉納した灯籠のほうが有名になり、、島津家久奉納の唐灯籠に言及する人はほとんどいない







伊達者には勝てないってことでしょうかねぇ影の着物作家のブログ  ちなみに、、ワタクシ伊達藩の出身です影の着物作家のブログ




影の着物作家のブログ




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



シジミの出汁が入ったクラマトカクテルを使って、、時短の手抜きカレーを作ったょ影の着物作家のブログ






野菜は先にみじん切りにして煮込み、、ミキサーでドロドロにしたから、、ひき肉の姿しか見えないけれど、、たっぷりの野菜入り影の着物作家のブログ









オリーブオイルにちょっぴりバターを足して、、ニンニクみじん・しょうがみじんとひき肉の色が変わるまで炒めたら影の着物作家のブログ



ドロドロにした野菜にクラマトカクテルを加えて、、ひき肉を炒めたお鍋に全部入れて、、お好きなカレーを砕いて入れて煮込むだけ影の着物作家のブログ







分量は適当です、、悪しからず影の着物作家のブログ




影の着物作家のブログ



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



総絵羽の光琳波を作り始めたが、、地紋に見える波の部分まで、、全て糸目を引くので下絵用の青花も、、かなり用意する必要がある影の着物作家のブログ





波の部分も確認しやすいように加工したので、、多少画質が粗くなったが、、線は見やすくなっている目








このすべてを青花で、、まず描くのだから、、青花は5皿くらい非必要な気がする影の着物作家のブログ









化学青花を使っているが、、液体そのままでは滲んでしまうため、、皿に出した青花液を一度乾燥させる必要があるン影の着物作家のブログ




杜若の部分だけで、、すでに一皿使ってしまったから、、もしかしたら、、7皿は必要になるのか影の着物作家のブログ



今日は、、花の部分が全部終わるはずだから、、影の着物作家のブログ  夏期講習前には、、下絵のすべてが終わるだろー。。



8月中に糸目が終わるように頑張るょ





影の着物作家のブログ



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



花の名前以前に、、今日の表題の  が読めない







ま、、検索してわかったから良いけど、、情けない話だ




影の着物作家のブログ



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



雑用が多く、、スタートが遅れていた光琳波総絵羽の訪問着、、ついにスタートしました





もっとも、、以前に作った時には時間が無くて、、1か月で仕上げた記憶があるので、、始めれば速いことは解っている影の着物作家のブログ



影の着物作家のブログ  、、以前の時より雑用が増えているので、、ベースは光琳波の総絵羽だが、、慌てずじっくり染めようと思うパー









ベースを描く前に、、本体の光琳杜若や光琳菊を描かねばならぬ影の着物作家のブログ







原画を描いた時には、、葉っぱなどのつじつまは合わせたつもりだったが、、合っていなかった影の着物作家のブログ


と言うことで、、原画の不備を手なりで修正し、、一番面倒な杜若から始めた影の着物作家のブログ



8月中に、、糸目が終われば良いので、、じっくり丁寧に染めることにします影の着物作家のブログ







いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



前のブログの続きで、、金谷ホテル内探検第2弾です




先のブログでも書いた、、かつては地下だった部分から、、上を見上げると、、当時のフロントが見える。。










その2階では、、現在のメインダイニングを見ることが出来る影の着物作家のブログ







階段の手すりに・・・擬宝珠・・・まで取り付けられていて、、なんともエグイ建物だねぇ影の着物作家のブログ





この同じ場所から、、右のドアを入ると、、かつてのメインダイニングがあり、、今は結婚式などに使われているらしい影の着物作家のブログ









天井は、、絵が描かれた格天井目










また、、現在の1階に下りて、、まだ人の入っていないBARを覗いてみた影の着物作家のブログ











見ると、、今でもLP盤レコードのジャズがかけられているらしい影の着物作家のブログ









酒をたしなまない同居人との旅は、、BARに入ることも出来ず、、つまらないょぉ




来年は、、また呑んべい仲間で、、女性だけのツアーを企画することにしよう~っと・・・同居人抜きで影の着物作家のブログ




影の着物作家のブログ




いいね!した人  |  コメント(0)