おとなの大学 江戸スタ(東京ビジネス勉強会)

江戸スタでは、これから起業する人、独立したばかりの人、開業したけどなかなかうまくいっていない人が、ソーシャルメディアを活用して求心力や影響力を高め、販売力や集客力の向上、ブランディング、マーケティング、ファン作り、売上アップなどのスキルが学べます。


テーマ:

ソーシャルメディアを連携させることで、格段にソーシャルメディアの運営が楽になります。
これは、紛れもない事実。

しかし、だからといって、むやみやたらと連携させるのは、やめておいた方がいいでしょう。

それぞれのソーシャルメディアの特徴を踏まえ、目的と用途を考えるようにしてください。
そして、その上で、入口と出口をしっかりと考えるようにしましょう。

個人的には、リアルタイムな情報はフローメディアへ、コンテンツになりうる情報はストックメディアへ投稿させて、その上で、ストックメディアをフローメディアで拡散し、フローメディアに投稿したものはストックメディアへ格納すのがいいと考えます。

リアルタイムな情報には、写真、テキスト、位置情報、リンクなどがあります。
それぞれを別のソーシャルメディアから投稿することで、それぞれのソーシャルメディアを動かし、検索にもヒットするようにさせて上で、一番、アクティブユーザーが多く、反応を得られやすいFacebookに集約させていきます。

具体的には、写真はInstagram、テキスト(+写真)はnote、位置情報はSwarm、リンクはTumblrを利用し、リアルタイム性の高い情報を投稿し、Facebookと連携させて集約していきます。
そして、Facebookに集約させた情報を無駄にならないようにFBログでバックアップを取りつつ、写真はflicker、テキストはWordpress.comに連携させます。
この時のWordpress.comは、バックアップ専用に開設しておきます。

コンテンツになりうる情報は、しっかりと文章で書いて、ストックメディアである独自ドメインのWordpressやアメブロに投稿します。
ストックメディアの場合、検索エンジンからのアクセス誘導を主体として考えますので、何年後かにアクセスした場合に価値ある情報なのかということが判断基準です。
もちろん、WordpressにはSEO対策を施すようにしましょう。

ただ、Wordpress単体だけで運営しても、アクセスを誘導するのは難しいので、各種ソーシャルメディアにRSSなどを利用して、拡散していきます。
具体的には、Twitter、LinkedIn、mixi、Google+、Facebookなどを使います。

結局、一番反応を得られやすいFacebookに、フローメディアとストックメディアの両方で投稿したものを集約させていくイメージです。

ソーシャルメディアを連携させる場合、注意していただきたいのは、連携した先で誰かがリアクションした場合に、しっかりとレスポンスよくレスができるかどうかです。
もし、誰かがリアクションをしてくれたのに、スルーしてしまったら、逆ブランディングになりかねません。
日常的にチェックしていないソーシャルメディアへは連携しない方がいいでしょう。

あとは、これだけソーシャルメディアが乱立し、連携が可能になると、投稿がループしてしまったり、二重投稿される場合もありますので、連携の流れはその都度、確認しながら設定するようにしてください。
また、同じ投稿をいろいろなメディアに連携させると、ミラーコンテンツになる可能性もあります。

ソーシャルメディアの連携は、運営を格段に楽にしてはくれますが、しっかり考えないと逆効果になりますから注意してくださいね。

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソーシャルメディアに限らず、メディアには、“能動的なメディア”と“受動的なメディア”があります。

“能動的なメディア”とは、ユーザーが自ら探し、求めて、目にするメディア。
ユーザーが探しているということは、それなりの想像の範囲があり、その範囲内の情報しか得られません。
しかし、求めた答えが見つかった時、探していた答えであったならば、すぐに信頼を得られやすいため、成約にはつながりやすい傾向にあります。

“受動的なメディア”とは、ユーザーが意図せず、勝手に目に入ってくるメディア。
ユーザーが何気なく目にするため、自分の想像を越える発見や気づきが得られやすいです。
しかし、望んで目にするため、気づきは得られますが、そこか成約させるためには、潜在ニーズと合致している必要があり、なかなか成約にはつながらない傾向があります。

この“能動的なメディア”と“受動的なメディア”ですが、どういったものがあるのでしょうか?

■能動的なメディア

  • 書籍
  • テレビ番組
  • ネットニュース
  • ブログ
  • Facebookグループ

 

■受動的なメディア

 

  • 雑誌
  • テレビのCM
  • 新聞
  • Facebook、Twitter
  • Facebook広告

 

では、この“能動的なメディア”と“受動的なメディア”のソーシャルメディアを使って、集客しようと思ったとき、どうすれば効果的かというと、“受動的なメディア”で気づいてもらい、“能動的なメディア”へ誘導し、“能動的なメディア”で成約するという流れになります。

通常であれば、多くのユーザーがネットで能動的に情報を探す場合、検索エンジンを利用します。
なので、SEO対策をして、検索結果で上位表示されれば、ブログへ誘導され、記事を読んで信頼し、成約という流れを簡単に作ることが可能です。

この検索エンジンからブログへの流れ、これがネット集客での基本になります。
ブログではなく、ホームページやランディングページでも構いませんが、入り口をいっぱい作れるという利点と、メディアという観点から、ここではブログとしています。

ただ、せっかく書いたブログなわけですから、検索エンジンからの誘導を待っているだけではもったいないです。

そこで、“受動的なメディア”を活用して拡散し、多くのユーザーに気づいてもらい、そこからもブログでのアクセスを誘導する流れを作りましょう。

つまり、ソーシャルメディアを運営する場合、そのメディアが“能動的なメディア”なのか、“受動的なメディア”なのかを見極めて、信頼を得るために使うのか、拡散させるために使うのかを考えて使うようにしてください。
これを見極めずに、人気のメディアというだけで活用しようと思うと、大変な思いをすることになりますからね。

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は、自分のお客様をインターネット上で集客する場合、ブログを中心とした戦略を立てています。
理由は簡単、ブログは能動的なメディアだからです。
 
能動的なメディアということは、ユーザーが自らの顕在的なニーズから自分のサービスを探して求めてアクセスしてくれます。
あとは、ブログを読んでいただき、信頼され、条件面で折り合えば、集客が可能です。

検索結果で安定的に上位表示できれば、24時間365日、自動で集客してくれる自動販売機にもなりえます。
 
これを、Facebookで集客しようと思うと、どうすればいいのか?

Facebookの個人のタイムラインは、一方的に自分の投稿を友達に見せる場所です。
たくさんの人に見せるためには、エッヂランクを高める必要があります。
そのため、ビジネス的な投稿をする前に共感される投稿をして、いいね!を増やしておかなければなりません。

でも、そもそも“共感される投稿”って何? と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

その前に、Facebookの個人のタイムラインは受動的なメディアなのです。
この受動的なメディアを使ってビジネスを加速させようと思ったら、ユーザーの潜在的なニーズを刺激して、顕在化し、その上で集客するということになります。
しかも、友達の全てが見込み客というわけではありませんので、他の友達への見え方も意識しながら…。

 Facebookに投稿するのに、そんなに考えてなんてやってられません!
それこそ、ソーシャルメディア疲れになってしまいます。

だったら、Facebook内にある能動的なメディアを使えばいいんです。
それは何かというと、Facebookグループです。
Facebookグループは、ユーザーが同じ趣味嗜好、志、境遇、目的などを共有するユーザー同士で交流する場です。
そして、ユーザーはそういう場を求めて、自らFacebookグループを探し、能動的に参加をします。
能動的に参加したということは、そのFacebookグループの名前や説明に共感しているということですから、そこにユーザーのニーズをしっかりと書いてあれば、それは顕在化しているといっても問題はないはずです。

つまり、そこではビジネスの話をしても、嫌がられないということになります。

もちろん、あまりに売り売りだと退会されてしまうと思いますが、それはメンバーの増減を見ながら加減をすればいいのではないでしょうか?

しかも、Facebookグループの投稿を非公開にしておけば、その中のやり取りは見えませんし、個人のページにアクセスされても、グループ内の投稿は表示されないので、いっさいの売り売り感は払拭できます。

あとは、関連のFacebookページも立ち上げて、そこにグループへの誘導投稿をトップに固定して、その投稿を広告で出稿すれば、さらにFacebookグループの存在をアピールできるでしょう。

Facebookの個人のタイムラインは、潜在的なニーズを持っている人、今は必要ないけどいつか必要になりそうな人、知り合いに必要な人がいそうな人、あとは、全く関係ない同級生や同僚などを対象に、ビジネスの活動報告や実績紹介、ビジネスへの姿勢、考え方、こだわりなどを投稿しておくとよいでしょう。
プライベートな情報は、自分の友達の属性を考えながら、ほどほどにという感じでしょうか。

 いずれにしても、インターネットで集客する場合でも、Facebookで集客する場合でも、基本的な考え方は一緒です。
能動的に見つけてもらう導線を作るということです。

インターネットなら「検索エンジン→ブログ→申し込み」だし、Facebookなら「Facebookページ→Facebookグループ→申し込み」という流れがスマートなんじゃないかと考えます。

今まで、Facebookでビジネスを加速させるという話を何度も聞いてきましたが、個人的にこの方法が一番腑に落ちていますので、よかったら試してみてください。
 

コメント(0)  |  リブログ(0)