イタリアバカンス その4

テーマ:

イタリア旅行記 最終回は古都ベローナです。

 

ここは22年前にひとりで訪れたことがある町。

イギリス留学中のハロウイン休暇を利用してバックパッカー旅行をしたのです。なつかしいな~

そのときはネット情報もないし、ガイドブックで下調べして選んだのがロミオとジュリエットの家とか墓とか。。。ぜんぜん感動もないような場所ばかり回っていました。

 

今回は暑くなる予報がでていたので朝7時半に出発して9時半から観光スタート。でもすでにパワフルな太陽の威力が・・・

この門をくぐって中心地です。

 

今も使われている古代劇場

7-8月はオペラ会場になっているようでした。

古いまま残っている建物ってすごく惹かれる~

 

旧市街入口

 

 

広場についたときにはもう暑くて暑くて。。

マルシェがどどーんと並んでいて興味そそられたけど、見て回るほどの熱意もなく・・・

 

娘だけはお友達のプレゼント選びを楽しんでいました。

 

おしゃれな外装、緑が素敵です。

 

めずらしい建築の教会。ピンクと水色が使われているからかわいらしい感じでした。建てられた時代が違うのかな?

 

フランスにもよくあるトロンプドイユ(目くらましの壁)。普通は窓やドアを壁にかいてあるんですが、コンクリートの壁を木造にみせかけるっていうのははじめて見ました。おもしろーい!

 

 

さて、暑くて歩いていられなかったので、用もないのに冷房のお店に入りながら身体を冷やして仕切り直し。そうやって綱渡りをしながらレストランをみつけ、食べたらまた冷房のお店をはしごしながら駐車場にもどりました。このときは38℃でしたが、車に乗って走っていたら41℃を指していました。ひえーこんがり焼ける前に帰ってきてよかった!暑い暑い思い出と共に楽しいイタリア旅行でした。長いシリーズお付き合いありがとうございました~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

イタリアバカンス その3

テーマ:

 

 

水路で行く湖畔の町は周遊している船にのって行くんですが、その行先は数パターンあってそれから選ぶという形です。自由に行き来するには船の発着町と時間を把握していなければならず、行ったはいいけど戻ってこれないという事態になりかねません。観光のみが目的らしく、単純に往復っていう路線がないのです。

 

最初の到着町ガルダ

 

2番目の町バルドリノ

水の上で噴水はなんのため?

ピサの斜塔を真似したのか、斜めってる塔

娘が撮ったアイスクリーム禁止の標識(バッグ店)

こういう標識をかかげたくなるのもわかるほどアイスクリーム食べながら歩いている人が多いかも~

 

 

3番目で最後の町シルミオーネ

ここへ来るまでの船が15分遅れて、日陰のない船つき場で36℃の炎天下で待ち続け、船に乗っても1時間炎天下だし、風もぬるくて涼めなくほとんど熱中症っぽく具合悪かったですね~

 

この町は湖の中心にむかって突き出たほそーい半島みたいになっていて大人気。あまりの人の多さにもう倒れそうになりました。冷房のはいった場所とかもなくって、汗だくになりながらみんなアイスクリーム食べてるし・・・もうそれしかないの?ってくらいにアイスクリームやさんとそれを食べてる観光客。

 

帰りの船時間まで3時間もあったので、避暑を求めて半島反対側の海岸まで出ました。足を水につけてるだけでしあわせ~

娘さんは貝殻採集に夢中。暑くても元気なのがこどもの利点?

 

帰りがてらぶらぶらって歩いていたらお城を発見。

お堀が湖に続いている構造でした。

こんなせまい場所をボートが行きかうのも至難の技ですね

 

童話にでてくるようなお城で気分あがります(単純・・・

 

ここからさらに暑く燃え上がるイタリアの天気。

湿度が高くないのでなんとか過ごせてました。

 

つづく

 

 

 

 

 

AD

イタリアバカンス その2

テーマ:

イタリアバカンス続きです

 

ガルダ湖畔の町は陸路と水路で行く方法があります。

 

まずは陸路でガルダ湖の一番北側RIVAという町に行ってきました。その途中の町々にも寄ってきましたが、このRIVAが一番美しかった。

 

どことなくアヌシーを思い出す雰囲気の町です。

 

 

船をとめるチェーンに鴨が巣をつくってひなを育てている図

カヌトン(鴨のひな)かわいい・・・

こちらは人間用の水飲み場を鳩が占拠する図

 

 

この町のレストランで娘が注文したハンバーガー。。。

こんなんでてきましたが、でかすぎやしませんか!?

特大パニーニのパンでできたハンバーガーらしい。

中身はハムとチーズで美味しかったようですが、半分残しましたね。

 

デザートはかならずジェラート!

ふだんは食べさせてない市販のアイスクリームですが、バカンス中は特別に解禁。このジェラートをモチベーションにしないと観光もさくさく進めませんしね(苦笑

 

 

旧市街にはこんなカラフルなパスタがお決まりで売ってますし

こんなたくさんの種類のジェラートが売っているのもお決まりです。

 

 

イタリア旅行記まだまだ続きます。どうぞお付き合いください。

 

 

 

AD