自民党の谷垣禎一総裁は8日、和歌山市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)への移設案に反対する名護市議会の決議について、「鳩山由紀夫首相が県外を強調して選挙を戦い、期待をあおってきた面がある。そういう反応が出てくるのは流れとしては自然」と述べた。
 また、「(5月末までに移設計画を)どうまとめるのか、鳩山首相も相当な覚悟をもって臨まなければならない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
沖縄県名護市議会の決議全文
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官
名護市議会、シュワブ陸上案に反対決議=普天間、官房長官は地元理解求める

「これも行政刷新の仕事の一つ」 枝野大臣記者会見をオープン化(J-CASTニュース)
朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相(時事通信)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
COP10名誉大使にMISIAさん=国連(時事通信)
AD