言葉使い

テーマ:



私も言葉使いは綺麗な方ではないですが、最低限ビジネスではビジネスに相応しい言葉使いというものがありますよね。

先日新幹線に乗っていたら、サラリー3人組みが前の座席で会話をしていました。すると内1人が後輩のようで、一応敬語?で話しています。

一応というのはその言葉使い。

「ホントっスか?」「オレそ~ゆ~のダメなんスよね!」「あとひと駅っスよ!」「それって超凄くないスか?」などなど。

親しみを込めているのか分かりませんが、そもそも文字で起こせば明らかに敬語ではないし、目上や年上の方に使う用語ではないですよね?

どこの大学生サークル、いや、会社なのか分かりませんが、どんなに素敵な仕事をされたとしても、私だったら無理かな~。

胸に輝く会社のバッジはお飾りのご様子。


あと、先々日は山手線車輌内で電話をしている20歳代の男性がおりました。

話し相手はお友達のようで、大きな声で「おれの友達は金持ちばっかだから、医者もいるし、スーパーゼネコン(なんだスーパーって?)の社長息子、あとヤクザも金持ち」ですって。

仮にそうだとしても、少し小声で話せないものか。

まぁ放っておく程度の事象なんでしょうけどね。

まず医者は処方箋をサラサラ書いてドンドン患者さんを回すか、バッサバサ外科的に切らない限りは、そんなに金持ちにはなれません。日々寝ずに救急救命で体を酷使されている医師だって、それほど高給取りではないです。

そしてヤクザ?そんなに景気のいいヤクザ屋さんってどこの人?本当だったらあまり大きな声で言えた話しではないですが。

いや、昔はそれこそ證券会社から芸能界までベタベタな関係はあったでしょうけど・・・・。


いずれにしても、私が一番無能な人間だと思うのは「お金があって賢くない人」です。

経済的な障壁が人よりも少ないというアドバンテージがあって賢くない・・・・。それすなわち凡人以下だと思いませんか?

要するに「賢さ」とは、見た目や学歴、地位、財力のことではありません。

自分の経験して得た知識を、独創的な創造力へ転用できる洞察力を兼ね備えた人。

1を知って10を知り、10を知って1000を得る。


「金持ち」と「金だけ持ち」は全く別物だと思いますね。

表現方法の差でしょうけど、まさか無能人間自慢の会話ではないだろうな?と思いながら山手線車内で話を聞いていました。










AD

戻りました

テーマ:




みなさんご迷惑をお掛け致しました。

ようやく戻りました。


表参道に登山ザックを背負って、着信があった方々に電話。

何だか連絡がつかないのが珍しいと心配されてしまいました。電話がいつもなら転送で鳴るのに一度もコールされないって、死んでしまったのではないか?と・・・(-_-;)

たった1.5日ですよ~!


まぁ、有り難いということで。。。







2700m付近は、まだほんの少し残雪があります。

とはいっても、普通に歩ける位ですし、今年はかなり雪解けが早かったとか。

先月の尾瀬も同じこと言っていましたから、どこも同じだったんですね。









夕方(19時近い)には少しだけ夕日が見れました。

綺麗に晴れていたら綺麗だっただろうな~っと、独り言ブツブツ・・・。


この日の登山道は、梅雨空ということもあって、殆ど人が居ませんでした。

その分クマさんに出会わないように気を付けないと。


もちろんそんな感じなので、山小屋も私を入れて6名しか宿泊していませんでした。





翌朝は、5時30分に朝ご飯。

激しい雨になっていました。







雨脚が一向に弱くならないので、諦めて7時過ぎに出発。

ほんの少し寄り道して帰ることに。


と、歩き始めて15分。。。

稜線は下からアッパーで雨が来るんですよね。

もちろんレインギア装備ですが、それでも首元や袖口から雨水が侵入してきます。


そんな感じですから、だ~れもいません。







感心してしまうのは、こんなに激しい雨風が吹き付ける場所であるにもかかわらず、高山植物はしっかり咲いているし、野鳥の鳴き声は聞こえる。

流石です。

適応生物。


と、そんなことを考えていた瞬間、後ろの方からカエルのような変な鳴き声が!!

ふと振り向くと、何やらうごめく物体!






雨も強くて、目もしっかり開けられないので、「あれ・・・何だろう・・。」程度でした。


目を細めて気が付きました!

絶滅危惧種のライチョウです。


やった~!

実は予てからライチョウを見たかったんです!

感動のご対面で突進してしまいました!


少し近づくと奥に逃げてゆく・・・お・おく?崖じゃん!








と思ったら、結構慣れっこのようで、とてもグリップの良い爪を持っているようです。

意外と急斜面でも行けるみたい。









なんて言うかな~この危機感の無さ!

人間社会では絶滅危惧種ですよ!






ちなみに、その20分後位に再び折り返して通ったのですが、定位置みたいにまだいました。

二度目はアッサリと通過・・・・・。


この後、下山しますが、雨は変わらず降り続けました。

途中で登山者とすれ違い、「今日は晴れると良いですね!」という言葉が、本当に社交辞令なく言えるのが登山。

自分も同じ思いで登ったしと考えると、ズルができない登山は、みなさん同じ思い。

だから、皆礼儀がいいし、歳も性別も関係なく気軽に話せる。

素晴らしい。


下山後、登山口でこれから登ろうとするオジサンに出会いました。

一人のようです。


「上は天気ダメかい?」と聞かれ、「ダメでしたね~、ただ昼から分からないですよ~」と。

オジサン「お疲れさま!」

私「お気をつけて、晴れる事を祈っています!」

横にいた登山口のスタッフは、このやり取りを聞いていて笑顔。


余計な事ですが、参院選で各党が景気対策を語らっていますが、この登山のような人間社会の心のやり取りこそが、何よりもの景気対策の真髄だと思えてなりません。



しかし、しばらく登山らしいことをしていなかったので、結構バテました。

膝が少しやられてしまった。

高山植物や動物のように、日ごろのなまけ癖に適応してしまったということですね。


もっと人生チャレンジして行こうと思いました!!










AD

たまに繋がる電波

テーマ:





いや~、雨降り&曇なので、山小屋生活がいがいと暇なんですよね。イメージ的には、星空を撮ったりとかしている自分を描いていたんですけど。。。

たまにアンテナが虫の息で繋がります。

潔く繋がらないならその方が良いように思いますが、天気予報とか調べようとして電源を入れると、ドドっと着信履歴が。

20件くらい把握しております。

大変申し訳ありません。

会話出来るほどのアンテナがないもので、23日(木)本日15:00までには下山すると思います。

誠に勝手ではありますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。







AD

北アルプス

テーマ:





北アルプスの峰です。極たまに太陽が出て、写真を撮ろうとすると、すぐに隠れたりします。

2700m程度ですが、北アルプス3大急登があって、一気に高度&息を上げたので、若干頭がクラクラしています。

しゃがんで立ったときの立ちくらみが酷い。

それにしても、皆さん若い人ばかり。

いいですね~、大学生。

若い時は登山に興味がなかったからなぁ~。

学生時代に北アルプスを縦走とか、ホント思い出に残りそう。








山にこもります

テーマ:






梅雨空ですが、北アルプスにこもります。

アンテナは殆ど無いようですので、自分の世界に入り込めそうです。

ソロ登山なので、天候や時間管理をしっかりせねば。

ク・クマと結構出会している方が多いようですので、たわむれないようにしないと。







何かしないとダメですか?

テーマ:



ちょっと難しかったらごめんなさいね。


理解度や熟練度が増して来れば来るほど、肉体と精神の密接な連動性に驚かされるものだ。


そして、肉体を治す事を治療というらしいが、治療は行為であって、物理的に何かを体に行ったりし、数値的な変化をさせること。

医療というのはそういうもの。

しかし、精神の深いところ、つまり、肉体の深いところから効果をあげようとすると、それが全く解決策になっていない事に気が付かされる。

緊急性がある場合や、病気を除いて、何かを施してはいけない。


では何をすれば良いのか?と聞きたくなるだろう。

何かをしなくては何かが起こらないという常識に生きている人には、こういう考え方は不満で物足りないらしい。

そもそも何かをする必要なんてない。


ただ、体に触れて、そ~っと身体の深部からやってくる動きに合わせ、後は邪魔だけしないこと。

そうすれば、相手が勝手に気付きとともに停止する。

過去でもない、未来でもない、今にとどまる反応をしめす。

これをスティルネス(静けさ、静止、沈黙、平静)の状態という。


人が人に介入するということは絶対にできない。

上っ面の教育で、教えた側が満足をしているだけ。

体も同じ。


河川護岸工事やダム、自然の無いところを無理やり緑化したりと、現代の思考は、「何かをすることを善」とする傾向がある。

それに価値を感じているわけだ。


今日もいつものセリフを言われた。

「しかしこれは人にどうやって紹介したら良いのか、どう伝えたら良いのか、どう言ったら信じてくれるのか。私も信頼する○○さんから紹介して頂かなかったら絶対に来なかった」と。

いや、いいんですよ、説得してまで来て頂きたい方なんて私にはおりませんので。。。

「何もしない」でお金を取ったら世の中でいう価値観では「詐欺師」らしいですからね。

詐欺師でも結構。気が付くまで何もしないでお付合いする仕事なもので。

大きな気付きは精神を変え、肉体を変化させる。

その大きな気付きなしに、体の症状の根本は変化しない。

治る方法は、治すという隠蔽工作でもたらされるのではなくて、ただ全ては自分への気付きによってもたらされる。


必要な材料は、ほら、全て自分の近く・・・すぐ目の前に。










全てはそこに

テーマ:

※槍ヶ岳山頂の日の出


なんか難しいことわからないけど、必要なものは全てソコにあって、探す必要もなかったり・・・。

山の頂きに立つと、いつも素直にそんな心境になれる。


大変申し訳ありませんが、来週は2日程留守にします。

やっぱり山に行かないと調子が狂ってしまって。

一人でまた修行に入ります。

電話も通じない所が殆どだと思います。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いします。


困ったなぁ~、いつまでたっても未熟者で。。。。












週末

テーマ:



今日は土曜日、朝の出勤も電車が空いていて楽々。

しかも朝の表参道は人が少ないし。


今日の音楽は何で行こうかな?

ってことで、ラフマニノフに決定。


私の好きな演奏はこの2枚。


特に左にある
アレクシス・ワイセンベルグ(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

私のイメージするラフマニノフ様に近い感じ。







ただね~、カラヤン様の指揮は、自分の精神状態によってはどうも受け付けない場合がある。


っで、そんなときには右にあるエレーナ・グリモーを持ってくるとまぁいいかな・・・・。

男性に多い、ネチネチ情緒てんこ盛りの感じがない、性格で言ったらキッパリした付き合いやすい感じの音。


残念なのはこのCDの録音。

もやもやな感じがとても残念。


録音にケチをつける前に、自分のオーディオなんとかしたら?って言われそうですけどね。


最近私が感動したスピーカーがあります。

イギリスのワーフデール社が作っているダイヤモンドシリーズのスピーカー。



私にとってはコストパフォーマンスがめちゃくちゃ高いと思えるスピーカー。

私みたいに耳が悪くてもすぐにわかる。

音の好みは人それぞれですが、しっかり再現性があるというのは重要な条件です。

20万円のスピーカーでも、聞くに堪えないのは沢山ありますけどね。


これは度肝を抜かれましたね。

値段を見てからだと、自分の耳を疑ってしまうくらい。

気が付けばニヤニヤして・・・・はい、即買いです。

今までのタンノイ(これもイギリス)のスピーカーは下取りへ・・・・。


日本のメーカーも頑張ってほしいものです。


他人様の動画ですが、Youtubeに私の買ったやつの一つ下のスピーカーがありました。傾向は同じ。

ただ、Youtubeだけあって、音域は狭いです。



















高いか安いか

テーマ:



さて、今日は日経平均が大幅に下落し、ドル円もついに103円台に突入。

あ~、完全に逝ってしまった感が・・・。

確実に下方トレンドの形成を継続しています。

デフレならまだしも、最悪のスタグフレーションって感じでしょうか?

もうどうにもこうにもなりませんね。

物価の価値、紙幣の価値は今後は特にあってないようなもの。


時々気が向いた時に、私はブログで写真を載せていますが、たまに「お高いカメラなんでしょ?」と言われることがあります。

とんでもない!

正確には、プロカメラマンからすれば安物カメラです。

一応社交辞令ととらえて「いえいえ」なんて言っておきますが、世の中にはカメラが3万円で高いという価値観の人から、50万円超えると高いという価値観の人までそれぞれです。

何に価値を感じるのかというのが、高いか安いかでしょうかね?

自分の価値を他人と共有する必要はありません。


ちなみに余談ですが、写りに関しては、カメラボディーの問題ではなく、レンズ側が重要なんです。

好きな人は、レンズ一本80万円でも買います。

写真の差が分からない人にはこの80万円が「高い!」と反応するでしょうし、分かる人には「それくらいはするんじゃないの?」という反応。

これもひとえに価値観の問題です。


日本ではこういう価値観が、ある程度一緒な方が好まれるようです。

ですので、カメラのやらない人には「貧乏人なのに買いました」的な言い方をしなくてはならないですが、写真や映像を仕事にされておられる方には「○○万円で買えました!」という言い方でいいわけです。

まぁ面倒。


私には高くて手が出せませんって人も大勢おられますが、意外と簡単な話しで、お金を貰えるようなエネルギーの使い方をすれば入って来ますよね?

そっちの努力はしないけど、買えてしまう人を羨むのは、何か矛盾しているような感じがします。

いたって簡単。100万円するものが買いたければ、100万円分喜んでもらえることをすれば良いだけですよね?

コツコツか、一気にかの差はありますが、これも最後は価値の和です。


あと、「仕事をしないでお金が稼げるようになりたい」という人がたまにおられますが、あれって真意が分かっていないと全く違うものになってしまいます。

仕事をしないでお金が入ってくるって、仕事をしている人以上にエネルギーを消費します。それと同時に、現場の実務ではない違う部分の仕事をしなくてはならないってことです。

まぁ余談が過ぎました。






「ねこはい」という本です。

なんとも、ブサイクな感じの猫がステキ。

著者のご友人がお見えになられておりますが、秘密?なのかも知れませんけど、「先週一緒に飲んだけど、ねこはい2が出るらしいですよ~」との情報。

また買っちゃおうかな?








尾長

テーマ:












今日は東京都知事が辞意を表明されました。

それはそれでけっこうなんですが、世論の風潮がどうも気に入りません。

「マスコミが騒げば世論が動く」というまさに分かりやすい縮図でした。

さて、ここからが注目なんですが、まさかこれで一安心ヤレヤレで終わりじゃないですよね?

辞めれと騒いだ人たちには、大事な仕事が残っていますよ?

「政治資金規正法の改定」です。

法ではなく、マスコミや世論、並びに都議会の裁量で裁いたわけですから、裁いた側も筋を通す必要がありますね。

更に言えば、それを選んだ都民にも責任が発生しますから、今後同じようなことが起きたときのために、具体的解決策と、予防策を取り決めて置くのが、事象から学ぶ賢さです。

まさか、それをやらないってことはないでしょうね?


先日も書きましたが、私はそれが法に抵触しないなら、民意でおかしいと思ったのと同じように、その民意に反している「法」がおかしいと思っている人間です。

都知事が最大悪ではなく、おかしな法になっているのが最大悪。

そこには矛先は向かない。


やはりというべきか、私の意見に比較的賛同して下さる方は弁護士さんでした。

多民族国家ではない分、日本はいまだに少数が蔑視され、その蔑視することこそが社会秩序を保つと信じているんでしょうか?



さて、写真ですが、北青山の一角で出会えるオナガという鳥です。

都心で暮らしているのも不思議です。

仲良く二羽で行動しているようです。


私がず~っと木の上の眺めているので、それを見た住民、並びに通行人は、もれなく同じように上を見上げる。

人間の心理ってやつです。

途中でオナガが激しく鳴く場面があったので、何んだろう?と思ったら、猫が木によじ登って、鳥をハントしようとしていました。

野生ですね。


ただ一言、猫に忠告をしてきました。「本気で上まで登ったら、おまえは降りれなくなるよ?」と。

その後、すぐにあきらめた様子。かれこれ時計を見てビックリ!30分も木の周辺をうろうろしていたんです。


私は猫にも鳥にも、住民や通行人にも、ちょっぴり不審者になっていたかも知れません。

反省。

ただ、あの鳥のおなかの毛が触ってみたいと思う今日この頃でした。