長男が通ってた通級施設の親の会の方が、中心になって、新しい親の会ができるみたいです。

現役の中学生を抱えている親御さん達が、集まって今の市内の中学校の特別支援の実情を、

語ってもらうみたいです。


私たちが、現役の時に中学校にて特別支援学級を作ってもらいました。

でも、時間が過ぎてようやく関係者の方が、不満と不安を感じてきたみたいで、今回の行動に、

繋がったみたいです。


小学校でさえ生徒と先生の数のバランスが悪いのが実情で、家から近いから、友達が行くからなど、

安易な感情で中学へ進学させることは、当事者が一番きつい事かもしれません。

健常者の子供達でさえ、、小学校と中学校とのギャップが大きく、不登校が多くなっていると、

聞いています。中学は、期間でいえば、わずか3年間です。でも、一番大事な時期なんですけど・・


我が家には、現役の中学生がいますので、次男が進学予定の中学校のことが、よくわかります。

長男の意見としては、次男をそこに進学させることには、可愛そうと言います。

その言葉が、中学での全てを言っているとは思いませんが、子供からの目線から見た本音だと思います。


前回、次男にようやく療育手帳がおりました。私たちにとっては、近年なかった慶事なのです。

その時アドバイスをくれた方が、こう私たちに言ってくれました。養護学校では、子供達に生きる術を、

最後まで教えます。ぜひ学校へ来てくださいと・・

何と心強い言葉でした。利用できるものは、全て利用しなさいとも・・


日本人は、自分の周りの目や世間の目を気にします。

でも、私たち親よりも子供達が長生きをすると思います。私は、子供達に残せるものは、ゼロに等しい

かもしれません。

親ですから、子供のことを思わないことはありません。本当にこれでいいのか・・とも思ってしまいます。


小学校の情緒のクラスの親御さん達も、自分の子供の進路については、たとえば、貝のように口を

閉ざしてしまいます。みんな苦しんでいるんです。

毎日、毎日が大変で、先のことには、余裕がないのです。

でも、残された時間は少ないです。真剣に進路のことを考える時になったかもしれません。


まだ、親の会に出席するかわかりません。どうしよう・・・迷ってしまいますね。


私たち現役の世代では、中学の実情は変わらないと思いますが、何世代の後の子供達の時には、

何かが変わるかもしれません。

また、あの時のように、活動をしなくては、ならないのでしょうか?・・・



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


AD

久しぶりに書きました。

テーマ:

7月になり、後もう少しで、夏休みになります。次男の小学校は、今年度から2学期制になり、

本当に学校行事が集中し、大変でした。夏休みの期間が短くなり、今まで、秋に行っていた、

野外活動が(お泊り有り)、夏休み期間中に予定され終わり次第、恒例の三者懇談があります。

これが終れば、とりあえず小学校は、楽になります。(長かったし、大変でした)


長男のほうは、3年生になってからは、学校を休まず(今までの苦労は何だったのかな?)普通に、

学校に行っています。今年度は、高校受験なので、もうすぐ進路を決める三者懇談が、行われますが、

本人は余裕です。(何故か学力的には、問題がないので・・)どうなるのか親は、不安です。


私の方は、去年から勉強してた特別支援の講習のテストに間に合わず、資格の取得も、

お流れになってしまいました。(悔しいです。)

期間中に2度も体調不良で倒れたこともあり、レポートの提出ができなかったのが、敗因です。

これからのことは、関係者の方と相談しようと思います。


次男は、今年初めて小学校のプールで泳ぐ事ができました。(水が冷たいのが・・ダメで・・)

学校の友達は、次男の事をカナヅチだと思ってたらしく、びっくりしたみたいで・・・友達から、

すごいと言われました。先生達も褒めてくれたみたいです。

水泳教室では、泳いでいるのですがこちらは温水なので、普通に泳いでいるみたいです。

(全ての種目を泳げるみたいです。)


次男の進学を考えるようになりました。(本人も・・)本人が最後に決めることですが、多分・・

養護学校になると思います。

養護学校の先生が、療育手帳の取得を強く薦めてくれたので、以前トラブルになった児童相談所に、

本人を連れて行き、約6年をかけて療育手帳を頂くことになりました。(うれしかったです。・・)

これで全ての手続きがおわりました。《長かったです。・・)


関係者の方に報告すると、優しい声をかけてくれて、涙がこぼれそうになりました。

その方も言ってくれたのは、利用出来るものは全て利用する事、だそうです。(私もそう思います。)


次男にとってこれから先、どうなるか解りませんが、何か区切りが付いたような気がします。

(親ばかですかね・・・)


このブログもこれからも書こうと思いますが、毎日はきついので、不定期になるとおもいます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ




AD

子供達の新学期が始まりました。先生達の多少の移動はあったものの、

次男の方は、配慮されており支援教室は、クラスが増え先生も充実され

普通教室は少人数になりました。

今学期から二学期制に移行したので、これからは、大変です。

長男の方は、少し心配で全てが変わりました。でも、来年は受験なので、

余裕はありません。

多少の補助はしますが、本人次第なので、信じるだけです。

本人曰く、クラスは、勉強のできる人ばかりだと・・言っています。

早くも、今週から実力テストだそうです。・・本人は余裕です?・・

両人とも今週は、学校でいろいろあるみたいで、来週から、本格的に

始動ですが、今月中は、学校関係で親が振り回されそうです。


桜も満開で、もう少しでつつじが咲きそうですが、

私はまだ、レポートを完成させることができてません。いつ終るのか

まだ、わかりません。・・つらいなあ・・



AD

私が、このブログを書かなくなって、約4ヶ月になりました。本当は、もう少し、期間をおいてから、再開するつもりでした。


私が、特別支援教育のコーディネーターの講習に出始めて、一年が経ち講習会が終って、約1ヶ月経ちましたが、最終関門のアセスメントレポートが終って、面接も終ってからと思ってましたが、思いのほか、予定通りに進まず、レポートさえも、終ってません。


本当に難しいです。(苦しいです)


いつ終るのか、わからない状態で、何度もやめようと思いました。(今も、思ってますけど・・)何とか、意地だけで、やっている状態です。


先週末、私が受けた講習が、私の住んでいる地域で、行われました。(うれしかったです・・)

最初は、人さえも集まらず、開催は無理だと思いましたが、最終的には、約50名の方が、集まってくれ、来月から行われる基礎セミナーの参加者の数が30名になりそうです。

その中から、何人実践セミナーに、残ってくれるかは、解りませんが、私も、講習者の皆さんを応援する側になりました。(私が、体験した事を今度の講習者の皆さんに、味わって欲しくないから)

もう少し、開かれた講習会にするために、参加する事にしました。


実践セミナーにおいては、全てが苦しくなるので、何とか無事にセミナーが、今年度中に渡って行われますように・・・来年度といわず、毎年行われるようにしていきたいと思います。



私の家の子供達は、明日で修了式です。

次男は春から5年生、長男は中学3年生、小学校に至っては、来年度からは、2学期制に移行し、先生も多数移動になり、環境も変わります。(心配です・・)

長男も3年生です。受験のことを考えなくては・・と思うと大変ですが、今更言ってもしょうがないので、今まで通りの何とかなるかも?・・です。


私も変わりましたが、(多分・・)周りが激変しそうなくらい変化しそうです。(大変です)

以前みたいに、毎日は書けそうもないですが、時々はブログを書こうと思っています。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

大晦日です。

テーマ:

今年も今日で、最後になりました。

とても、寒い大晦日になりました。

雪こそ、積もってませんが、北風が、

非常に強い為、雪を降らせる雲が、

何処かに行ってしまいましたが、

もしかしたら、大晦日の夜から、

元日の夜まで、雪かもしれません。

今年は、我が家にとっては、非常に、

厳しい一年でした。

来年こそは、と、普通ならば、言いいたい

ですけど、来年も試練の日になりそうです。

発達障害に関係している全ての人に、

来年は、(来年も)良い日でありますように。

お正月は、ゆっくり過ごしたいので、

しばらく、ブログは、お休みです。

あしからず。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ