4日午後2時半ごろ、東京都港区元麻布の中国大使館前の路上で、男が警備用の鉄パイプ製のさくを乗り越えて敷地内に数メートル侵入した。警視庁麻布署は建造物侵入の現行犯で男を逮捕。男は1989年の天安門事件で反革命宣伝活動をしたとして、中国公安当局に指名手配された民主化運動リーダーの1人、ウアルカイシ氏を名乗っており、同署で確認を急いでいる。

 同署によると、男は「弁護士が来るまで何も話さない」と話しているという。

 同署などの調べでは、ウアルカイシ氏とみられる男は同日午後1時半過ぎから中国大使館前で、5人くらいで抗議活動を行っていた。デモ終了後に突然敷地内に侵入したという。この日は、天安門事件から丸21年だった。

 ウアルカイシ氏はフランスや米国を経て現在は台湾に亡命していた。

【関連記事】
上海万博 市井のNGワード
李鵬氏の「回顧録」、香港で発売へ 天安門事件当時の日記収録
北京の惨劇、中心人物の「証言」初の邦訳 「天安門のパンドラ」
天安門事件の評価変えず 中国外務省
香港で天安門21年デモ 2500人参加

直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
自民「痛い。鳩山首相のままの方がよかった」(読売新聞)
障害者自立支援法の一部廃止などを要望―全腎協(医療介護CBニュース)
インフル定点が4週ぶりに増加(医療介護CBニュース)
AD