1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-30 22:20:50

猫の後ろ姿 1738 ますとみやまART2016

テーマ:ブログ

 

 

 「ますとみやまART2016」を今日、拝見した。山梨県の北方、標高1000mの増冨村の山中に現存する旧増富中学校の校舎を会場にした展覧会。本校舎、体育館、理科室、和室など29の部屋に作品が展示されている。9月11日まで、
 上の写真はその廊下。昔の学校はこんな感じでした。

 

 

 


 
 体育館には工藤耀日さんの巨大な水墨画。この学校を借り切って、十年以上。制作を続けておられるとの事。

 

 

 

     深沢修さんの和紙を用いた作品。静かな雰囲気が漂っています。

 

 

 

 

 

  高橋辰雄・裕の二人のユニット「トラブロス」。理科室に今もあるものを用いたコンセプチュアルな作品。少年の解剖模型がなまめかしいですね。

 

  中学校の校舎の存在自体が、その存在を静かに主張しているように感じました。昔はこんな山のなかの中学校に、沢山の生徒が学び、遊んでいた。その声が聞こえてくるような気がしました。

 


 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-28 21:16:24

猫の後ろ姿 1737 宮沢賢治 保阪嘉内宛書簡 特設展

テーマ:ブログ

 山梨県立文学館で、「宮沢賢治 保阪嘉内宛書簡 特設展」を最終日の今日、やっと見る事が出来た。
 盛岡高等農林学校の寮で共に暮らした二人。宮沢賢治から保阪嘉内宛の書簡73通が保阪家から文学館に寄託されている。
 1920年6から7月と推定される書簡の欄外にこんな言葉が記されている。

 

 <かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智慧にみちびかるべし>

 

 仏教典の一節なのか、賢治自身の言葉なのか、いずれにしろいい言葉だと思う。
73通すべてが写真で掲載されている図録で、ゆっくりと読みたいと考えている。

 


 

 

AD
コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-08-26 09:39:47

猫の後ろ姿 1736 伊方原発再稼働 原発問題は原爆問題

テーマ:ブログ

 

 伊方原発3号機(愛媛県)が定期検査で止まった2011年4月以来、約5年3カ月ぶりに再稼働した。

 朝日新聞記事によれば、四国電力は2016年8月12日午前、伊方原発(愛媛県、出力89万キロワット)を再稼働させた。これで国内で運転中の原発は九州電力川内1、2号機(鹿児島県)に続き、計3基となる。

 東日本大震災後の新たな原発の規制基準のもとで稼働した原発はこれで3カ所5基目。このうち関西電力高浜3、4号機(福井県)は大津地裁の運転差し止め仮処分決定を受けて停止中だ。川内の2基は秋から定期検査に入るため、年内にも国内で動く原発は伊方3号機だけになる可能性が高い。
 伊方原発は、13日には原子炉内で核分裂反応が連続して起きる「臨界」の状態になる見通し。15日に発電と送電を始め、9月上旬には原子力規制委員会による検査を全て終えて営業運転に入る予定だ。今年5月に1700億円をかけた耐震工事が終わった。

 伊方3号機は稼働中の3基の中で唯一、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再び燃料として使う「プルサーマル発電」だ。使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」にこだわる政府も、早期の再稼働に期待を寄せてきた。
 伊方原発は佐田岬半島の付け根部分にあり、30キロ圏内に愛媛・山口両県の12万人以上が暮らす。北側の伊予灘には、国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」がある。原発事故を起こすような地震が起きて避難道路や港湾が崩れれば、原発の西側に住む5千人規模の住民が孤立するおそれがある。

 中央構造線断層帯の近くにある伊方原発に事故があれば、対処しようのない事態となる。「伊方臨界」は「日本臨界」になりかねない。
 原発問題は、すなわち原爆問題だと以前このブログの944回「日本臨界」でも述べた。今回の伊方原発再稼働は、核武装しようという権力側の堅い意志の表れだとしか思えない。

        http://ameblo.jp/e-no4765/entry-11293013221.html
 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。