1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-24 11:49:41

猫の後ろ姿 1704 子安宣邦『昭和とは何であったか』

テーマ:ブログ



 永久とは七十年なるかぐらつきし憲法九条祈るごと読む (長野県)沓掛喜久男

 ともかくも戦後70年の間、日本本土に住む我々は「平和」のうちに生きることが出来た。しかし、この同じ70年を沖縄に生きる人々はアメリカ軍の軍事基地とともに生きてきた。沖縄の苦しみの上に我々本土の人間は「平和」を享受し得たのである。 沖縄は復帰後いまもなお軍事基地と共に生き、苦しんでいる。
 我々が享受する「平和」は沖縄の人々の忍従の上に成り立つものであること。この本を読んで、こんな明らかなことに気づかされた。私の視線は、自分の身の回りにしか届いていないと云う事。そのことを思い知らされた。
 
 しかし、本土においてもアメリカの軍事基地はいまもなお厳存し、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東地域における戦争と日本は深く関与してきた。70年をまったく「平和」のうちに生きてきたわけではないのだ。沖縄は日本の現状が最も濃密に現れる場所である。だから、沖縄は「他人事」ではない。「我が事」として沖縄を見つめたいと思う。

 子安宣邦さんのこの本、今後、何かあるたびに読み返す本になるだろうということを予感する。
 「本は遠くからくる。」 遠くから来て、自分の狭い世界に自足しようとする我々を目覚めさせる本との出会い。「ほんとうの出会いとは異(い)なる書と出会うことである。」
 このような本との出会いは、甘美な経験ではなく、むしろそれまでの自分の否定を含む苦しい体験となるはずだ。それでもこの「出会い」を大切にしたいと思う。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 20:31:42

猫の後ろ姿 1703 清水昭三『文学と天皇制』

テーマ:ブログ


  昭和天皇は平和を愛し、国民の暮らしを大切にしたと、耳にし、眼にする。しかし私はそれを信じない。
 もしその通りならば、「何故天皇は宣戦の布告をしたのか? 戦争をどうして許したのか? 平和愛好の天皇が一体どんな訳があって、開戦を、挑戦を、殺人を、幸福の破壊を許したのか?」。
 私も氏のこの言葉の通りに、「この一点にこだわるのである」。最高権力者として開戦を命じた事の責任を取るべきでありながら、戦後、アメリカの世界戦略に巧妙に同調する事で天皇と天皇制支配権力は安泰を得た。それは今も尚生き続けている。
 だからこそ、今、天皇制を問うことは自らの思想と生きる姿勢を問うことなのだと僕は思う。
 
 「天皇の地位は、主権の存する国民の総意にもとづく、という規定の裏には八千万の総意の不可能性が潜むことを意味している。」
 この言葉はわが「日本国憲法」内部に仕掛けられた爆弾にも等しいものを明らかにしている。国民の総意などというものは本来判定不能なものであり、「象徴」である事を越えて、国家の「元首」たることが国民の総意という名のもとに決定される日が来るかもしれない。「国民の総意」という不可能性が爆発する日を僕は恐れる。

 この本には、最終章に、甲州が産んだ特異な思想の実践者たち、渡辺政太郎・金子文子・宮下太吉に関する文が収められている。私もかねて彼らの事績に関心を持ってきた。
 なかでも渡辺政太郎は私にとって最も慕わしい人物として今も心に在る。「雨の中を、前かがみになった、みすぼらしい男のうしろ姿」。
 「わたしは、渡辺政太郎の一生が、なににも増して、美しく見えてならないのである。」 この一行は私の渡辺政太郎に対する思いとそのまま重なっている。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 12:43:58

猫の後ろ姿 1702 For once in my life.

テーマ:ブログ


 スティービー・ワンダーの作った歌 FOR ONCE IN MY LIFE をスティービーとトニー・ベネットの二人が歌ったものが、古いテープの中にあった。
 
  二人が歌うのもいいけれど、トニー・ベネットがひとりで歌っているのが、とてもいいです。胸に沁みます。youtubeで聴いて見てください。
       https://youtu.be/w2tyGFYgcpM

  グリとミケコさん、Tsuさん、そして我が相方・初美さんに捧げます。

For once in my life
I have someone who needs me
Someone I've needed so long
So once I'm afraid
I can go where life leads me
Somehow I know I'll be strong
For once I can touch
what my heart used to dream of
Long before I knew
Someone warm like you
Would make my dream come true

For once in my life
I won't let sorrow hurt me
Not like it's hurt me before
For once I have someone
I know won't desert me
I'm not alone anymore
For once I can say
This is mine you can't take it
As long as I know I have love
I can make it
For once in my life
I have someone who needs me
AD
コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。