時の流れを楽しむ術(すべ)?

テーマ:

もともと私はどちらかというとアジア派なのですが、ここ数年はよくヨーロッパへ行きます。

特別な理由がなくてもけっこう行ってしまいます。

まわりから「用もないのにいったい何のために?」と問われることも・・・。

私自身もふと、なぜ来てしまったのだろうと自問することもしばしばです。


絶景や絶品料理に惹かれるのももちろんですが、それだけで理由のすべてを説明しきれません。

便利さ、安全さなどは、むしろ圧倒的に日本に軍配です。


ただそこには日本にはない時の流れを私は感じます。

そこに惹かれているのかもしれません。


一言で表現するのは難しいのですが、とにかくそこへ行くとなぜか楽しくなり元気がもらえる気がするのです。時の流れにカラフルな色がついているような気さえするのです。


彼らも普通に生活をしているだけなのに、でも、いつもそれなりに楽しそうなのです。

彼らが楽しそうだと、行き会う私たちもついついつられて楽しくなってしまいます

なぜ彼らはそんなに明るくて楽しくふるまえるのか?

ところが訊いてみても私が納得できる理由はなにもないんです。

EUの危機が叫ばれている昨今、彼らは決して金銭的に恵まれているわけではありませんし、先行きが明るいわけでも決してありません。

私たち日本人のほうが、よほど恵まれているくらいです。


よくよく彼らの生活をのぞいてみると、どうやら彼らは日常の生活そのものを楽しんでいるようなのです

なにげない、人とのつながり、できごと、仕事、街の風景、四季の移ろい・・・すべてに何か楽しさを見出しているようなのです。


それはまるで時の流れそのものを楽しんでいるかのようです。

彼らにとって時の流れそのものがイベントでありエピソードなのかもしれません。

いっぽう合理的な私たちにとって、日々の時の流れは、イベントとイベント、あるいはエピソードとエピソードをつなぐ単なる退屈な待ち時間でしかないのかもしれません。


たまたまクロアチアで、宅配便の話になりました。

日本全国津々浦々、12日で届く宅配便があるだけでも信じられない様子ですが、彼らは時間指定の宅配便などこの世にありえないと言い張ります。


ただ、彼らはこうも言います。

「もしも時間指定の宅配便が可能になったとしても、あまり羨ましいとは思わない・・・かも。」

「なぜなら、時を早回ししてもさほど意味がないと思うから・・・。」


もしかしたら幸せは何気ない時の流れの中にもたくさん潜んでいるのかもしれません。

そして彼らはちゃんとそれを上手にキャッチしているのでしょう。


私たち(日本人)はきっと、その多くの幸せを見逃してしまっているのかもしれません。


もしも私たちも時の流れを楽しむ術(すべ)を身に着ける術(すべ)があれば、日本人ももう少し楽しく元気になれるかも・・・とそんなふうに夢想しながら足繁くヨーロッパに通うのかもしれません?!


さまよう医者の独り言-クロアチア1

さまよう医者の独り言-クリアチア2

AD

「栄養とカロリーのジレンマ」の続きになるのかもしれませんが・・・、



理論的には、糖質だけを減らせば(『糖質制限』)、栄養をさほど減らすことなく、カロリーはしっかりと減らすことができるでしょう。したがって減量には格好の手段になると思います。しかも即効性も大いに期待できるでしょう。



その実、この『糖質制限』はちまたではたいへん人気があるようで、ハマル人もけっこう多いと聞きます。その中には意外に医者も多く、私のまわりにもちらりほらりと・・・いたりします。



ただ、まともな(あまのじゃく?)私は、ちょっと違和感を覚えてしまいます。


糖質を制限するのはまぁ許せるとしましょう。

しかし、糖質を制限しすぎるとどうなるでしょうか?

(けっこう糖質ゼロを目指している人も多いとか)。

結局のところ、ゆくゆくは脂肪やタンパク質を多く摂ることになってしまいます。


と、どうなるか・・?



長い目で見ると、あまり体にいいことはないと思うのが自然というか理屈というか常識だと、私にはそう思えてなりません。



で、いろいろと調べてみましたが・・・、やっぱり勘は的中!


挙げれば枚挙にいとまがありませんが・・・、


糖尿病になりやすくなる、

心臓病になりやすくなる、

骨粗鬆症になりやすくなる、

がんになりやすくなる、

・・・



つまりは

さまざまな病気になりやすくなる!

という文献がすでに数多く報告されています。



結論は・・・、一時的に体重が減ったり、血糖値が下がったりはするでしょうが、長い目でみると、健康寿命を縮めてしまうことになるのでは?

そんな懸念をしてしまう私が考えすぎなのでしょうか。



100歩譲って、もしも私が『糖質制限』をやるなら、


・過激にはやらない

・長期にはやらない

・ベースサプリメントはしっかりと摂っておく

・運動もしっかりやっておく


でしょうね・・・・



少なくとも『糖質制限』にハマルことはないでしょう!

















AD

タイム WITH マネー

テーマ:

さまよう医者の独り言-襟裳灯台


とどのつまり、人生は物見遊山?!

人生を、私は、そう総括している




いろんなところ寄り道をしながら、いろんな人たちと出会い、

いろんな体験をし、いろんな感動をし、堪能させてもらう

そして、そろそろもう飽きてきたかなと思う潮時がくれば

ああよかったと満足しながら静かにこの世から退場していく




人生に目標やゴールがある?

単なる思い過ごしではなかろうか?

あるのはただただ“途中”だけ?

その“途中”を、いかに楽しむか?

あえて言えば、それが人生のテーマでは?




ただ、“途中”を大いに楽しむには、ちと工夫がいる

時間がふんだんにあっても、お金がなければ楽しめまい

お金がふんだんにあっても、時間がなければこれまた楽しめない

そのバランスがとても大事であることを意外に多くの人は気づいてない




時間切れの人生 資金切れの人生

それはよく目にする光景




せめて、そうはならないようにと言い訳をしながら

仕事よりも遊びを優先させてしまう今日この頃である







AD