『女王と呼ばれた女』

テーマ:

LondonPANDA『生きてるくせに』無事終演しました。

たくさんのご来場ありがとうございました!

若手演出家コンクール2016の最終審査として選出され臨んだ作品でして、残念ながら1位は取れませんでしたが、久々のロンドンパンダ参加を楽しみました。コメディーと銘打った芝居をやるのはもう何年ぶりになるのだろう、下手したら8、9年ぶりだったのかも。初手合わせの共演者ばかりでなかなか楽しい創作でありました。

 

2月はよく考えたら、非公表のも合わせると4本の戯曲に臨んだ1ヶ月でした。まあいろんな経験をしました、というかしています。実に様々なタイプの戯曲、芝居が世界にはあるんだなあと、ある意味今までと違う角度の視点や読み方、見方、やり方に変わり始めてきている最近です。

 

そのうちの1本は今月本番があります。

 

_______________________________________

 

○『女王と呼ばれた女』

 

3/23(木)〜26(日)

@新宿村LIVE

 

演出:棚澤孝義(ドリマックス・テレビジョン)

脚本:谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇中歌:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)

主演:鳥居みゆき 

 

○タイムテーブル

3/23 19:00〜

3/24 14:00〜/19:00〜

3/25 13:00〜/18:00〜

3/26 12:00〜/16:00〜

 

 

○チケット(前売り)

バルコニー席7000円

S席6500円

A席5500円

 

当日券は各500円UP

 

○取り扱い

カンフェティ

 

または、東谷まで直接ご連絡いただけたら、ご観劇当日、受付にて当日精算でご予約を承ります。

 

公演の詳細はこちら

 

ダルカラからはぼくと大原研二が出ます。

谷の新作、がんばります。

お待ちしております。

 

 

AD