2005-11-13 22:00:56
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

伊東美咲「マツダ デミオ」


伊東美咲 2006年度 カレンダー

Brilliant―伊東美咲写真集

 伊東美咲嬢が出演するマツダ「デミオ(DEMIO)」のCMが新しくなった(コチラで視聴 )。曲はいつもの「ズーム・ズーム・ズーム(Zoom-Zoom-Zoom)」。キーはBbメジャー。


zoom zoom zoom 走る歓び  zoom zoom zoom *******
|4/4 Bb |Bb |Bb |Bb|


 80年代テイストのディスコ風サウンドが心地よい。作曲者のニック・ウッド(Nick Wood)は、英国出身で日本を拠点に音楽活動を行っている。過去、600曲以上のCMソング/ヴィム・ヴェンダーズ監督作品をはじめとする映画のサウンドトラックを担当していたりする。



■関連リンク:マツダCMギャラリー

■関連情報:マキアージュ  電車男

■関連商品


Nick Wood
Sound Virus

ニック・ウッド
パッション

サウンズ・ウィールス

[ このコンテンツは批評目的によるニック・ウッド氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もあります。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-13 18:00:21
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

日産「ティーダ」&ゾンビーズ「ふたりのシーズン」


The Zombies Odessey & Oracle

The Zombies
Greatest Hits

The Zombies
Zombie Heaven

The Zombies
The Singles A's & B's

 一時期庵野秀明氏が出演していた(参照 )日産ティーダ(TIIDA) のTV-CM。現在は音楽として、ゾンビーズ(the Zombies)の「ふたりのシーズン(Time of the Seaon)」が使用されている。リズム、ベースリフ一発で決まっているような楽曲で、

        Em
  +     +   +   +   +
G:----|-----------------|
D:--0-|-2-----2-------0-|
A:2---|-------------2---|
E:----|-----------------|


 というベースリフに、2拍目の裏で「アッー」という溜息のようなヴォイスが入る曲と言えば、もうこの曲しかない、というような曲。何を言っているのか解らないかもしれないが、それだけで「この曲しかない」というほどのスタイルを持っている曲なのだ。そこがすごい。


 キーはEマイナーで


It's the time of the sea -son When the love runs high
|4/4 Em |Em |C |Em|

 とⅠm-♭Ⅵ、マイナー版循環コード(参照 )から♭Ⅶ7、Ⅴ7を省略したバンプと考えればいい。


 ゾンビーズは、ロッド・アージェント(Rod Argent、キーボード)、コリン・ブランストーン(Colin Blunstone、ヴォーカル)らによって1963年結成されたイギリスのバンド。リヴァプール・グループが労働者階級で肉体労働をしながら汚らしい格好でR&Bを演奏していたのに比して、ゾンピーズは中流階級の「お坊ちゃん」的イメージで優等生的人気をえた。1967年12月に解散。


 「ふたりのシーズン」は”いわく付”のヒット曲。なぜなら、この曲がヒットしたのは1968年。もうグループが解散した後の話なのだ。解散前に録音していた「オデッセイ&オラクル」からレコード会社が「ふたりのシーズン」をシングル・リリースしたところ、いきなりミリオン・ヒット。その後も、グループは存在しないのに、レコード会社はシングルを何枚かリリースし続けた。


 だが、ロッド・アージェントとコリン・ブランストーンはその後も自分自身のバンドを結成し、素晴らしい音楽を創造している。素晴らしい個性が集っていたのだ、ゾンビーズには。



■関連記事:庵野秀明氏版CMの音楽  黄桜酒造「かっぱの歌」


[ このコンテンツは批評目的によるゾンビーズ、ロッド・アージェント氏、コリン・ブランストーン氏のの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もあります。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-06 16:00:04
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

吹石一恵&本間絹子「パッソ プチトヨタの唄」


月刊吹石一恵

FUKIISHI―吹石一恵写真集

 元近鉄バッファローズ、吹石内野手の愛娘であり、ウルトラマンに変身したり、様々なドラマに出演してもその素朴な魅力を展開させている、吹石一恵嬢。


 今日は彼女の出演する、トヨタ・パッソ「プチトヨタの唄」を。キーはFメジャー。


パッソ プチプチ  プチトヨタ  パッソ できた  パッソ 
|4/4 F |Dm7-C7 |Gm7-F |F add9|

 「アミノ式」CMソングなどの作詞・作曲も手がけた、コピーライター、本間絹子さんによる作詞・作曲のようだ。


■関連記事:新選組! メインテーマ


【このコンテンツは批評目的による本間絹子氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-30 17:00:25
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

相沢紗世&山下達郎「ホンダ LIFE DIVA」


山下達郎, RYO, 松本隆, 竹内まりや
SONORITE(初回限定盤)

はるか17 DVD-BOX

【このコンテンツは批評目的による山下達郎氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】


 「果実きわだつチューハイ」 の鮮烈な印象に引き続いて、相沢紗世嬢はホンダ「LIFE DIVA」のCM「フィッテイングルーム篇」にも出演している。

 

 CMソングは、 山下達郎氏の「ラッキー・ガールに花束を」。キーは、Cメジャーで、


***
|4/4 C7 11|
*** *** *** ***
|F |F |C |C|
*** *** ***
|F |F |Am7-G7 |Dm7|


 (冒頭C7 11は除き)1~4小節はⅣ-Ⅰのヴァンプ、5~8小節はⅣ-Ⅵm7-Ⅴ7-Ⅱm7という進行。同曲は2005年9月14日発売のアルバム「Sonorite」に収録されている。


 しかし、相沢紗世嬢、見るたびに綺麗に、可愛らしくなっていくような。これからますます大活躍しそうだ。



■関連リンク:ホンダCM情報

■関連記事: 明治ぷぷるん  果実きわだつチューハイ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-23 12:00:13
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

ホンダ シビック「好きにならずにいられない」


Elvis Presley
Can't Help Falling in Love: The Hollywood Hits

UB40
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・UB40 1980-2000

 ホンダ、ニューシビックのCM音楽は、プレスリー・ナンバー、「好きにならずにいられない(Can't Help Falling in Love)」。女性ヴォーカリスト、レア(Leah)がオーケストラをバックに歌っている。キーはGメジャー。


Wise men say only fools rush in. But I
|4/4 G-Gsus4 |G |C-C#dim |D7b5-Bm7|
can’t help falling in love with you.
|C-D7 |G |G-D7 |G|


 G-G-C-D7

 C-G-D7-G


だけ、つまり、Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ7-Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ7-Ⅰだけでいいと思うのだが、コードアレンジがなされていて、Ⅰの中にⅠsus4を挿入(1小節)、Ⅳ-Ⅴ7の間に経過コード#Ⅳdimを挿入(3小節)、Ⅴ7をb5化(4小節)、Ⅰへの経過コードとしてⅢm7を挿入(4小節)などが施されている。オーケストラの醍醐味だ。


 「好きにならずにいられない」、1980年代MTV世代にとってはプレスリーよりUB40のレゲエバージョンのほうが馴染み深い。



■関連リンク:シビックCM情報

■関連記事:ラヴ・ミー・テンダー  ミンストレルショー


【このコンテンツは批評目的によるエルヴィス・プレスリー氏の音楽からの引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-16 18:00:16
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

ジャーニー「日産 ELGRAND: Don't stop Believin' 」


Journey
Escape

Journey
Journey - Greatest Hits
E50系エルグランド・テールランプ/コンビ

 「Driving 1st class」がキャッチフレーズの日産エルグランド(Elgrand)のCM「OVER THE RAIN」篇の音楽は、アメリカン・ロックの大御所、ジャーニー(Journey)の「ドント・ストップ・ビリービン(Don't stop Believin')」(1981年)。CMで聴ける部分のコード進行をチェックしてみよう。キーはEメジャー。


 作詞作曲:Steve Perry、Jonathan Cain、Neal Schon


【A】

A singer in a smokey room. A smell of wine and cheap perfume
|4/4 E |B7 |C#m7 |A|
For a smile they can share the night. it goes on and on and on and on
|E |B7 |G#m7 |A|

 グレッグ・ロウリー(Gregg Rolie)のピアノ伴奏だけのバース。コード進行、1~4小節は

 Ⅰ-Ⅴ7-Ⅵm7-Ⅳ

Ⅵm7はⅠのトニック代理だから、抽象化するとⅠ-Ⅴ7-Ⅰ-Ⅳになる。アーメン終止系(参照 )だ。あくまでも仮説だが、アメリカンロックとブリティッシュロックのコード進行的特徴として、


 ・アメリカンロック→アーメン終止

 ・ブリティッシュロック→お辞儀終止


という法則があるのではないか、と思う。5~8小節も同パターンだが、7小節がⅢm7のトニックに代理されている。


【B】

Strangers waiting, up and down the boulevard
|A |A |E |E|
Their shadows searching in the night
|A |A |E |E|

 サビ。Ⅳ-Ⅰヴァンプのシンプルな構成。こういうところもアメリカン・ロックっぽい。


 ジャーニーはサンタナのメンバー、ニール・ショーン(ギター)、グレッグ・ロウリー(キーボード)が1970年代後半結成したバンドで、スティーヴ・ペリー(Steve Perry、ヴォーカル)、元ジェフ・ベック・グループ、デヴィッド・ボウイ・バンドのエインズレー・ダンバー(Aynsley Dumbar、ドラム。ただし一時期)らが参加した。彼らは勿論、サンタナ時代ジャズの理論などもマスターしていたわけで、高度な技術&音楽理論に裏打ちされたハイ・クオリティーなサウンド作りを成功させた。このCMもクリアーな画質と、クリアーな音楽がマッチしたいいCMだ。80年代はどこへ遊びに行ってもジャーニーを聴いたような気がする。


■関連リンク:日産CM情報

■関連記事:お辞儀終止とアーメン終止  ジェフ・ベック  デヴィッド・ボウイ「すべての若き野郎ども」


【このコンテンツは批評目的によるジャーニーの音楽からの引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】

☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(112)  |  リブログ(0)
2005-10-16 16:00:15
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

中村獅童&シンプリー・レッド「スバル IMPREZA」


Simply Red
Stars

 様々な洋楽が使われる自動車のCM。中村獅童が登場するスバル「 IMPREZA」のCM(コチラで視聴 )は、シンプリー・レッド(Simply Red)の「スターズ(Stars)」だ。

 作詞、作曲:Mick Hucknall


I wanna fall from the stars. Straight into your arms I, I feel you I hope you comprehend
|4/4 G |D7/F# |Em7 |Bm7-Am7-D7|

 キーはGメジャーで、

 Ⅰ-Ⅴ7-Ⅵm7-Ⅲm7-Ⅱm7-Ⅴ7


 いつ聴いても素晴らしいブルー・アイド・ソウルだなぁ、シンプリー・レッドは。


■関連リンク:IMPREZA CM情報

■関連記事:中島美嘉「接吻」


【このコンテンツは批評目的によるシンプリー・レッドの音楽からの引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-18 16:00:41
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

日産「モコ」


Shanice
Inner Child


あぶない刑事リターンズ


スミノフアイス・プレゼンツ・エクスクルーシブ・ジャズ・グルーヴ

 洋楽の名曲を着々と採り上げている自動車のCM。日産のモコ(moco)CM音楽は、シャニース(Shanice)の1991年、ヒット曲「アイ・ラヴ・ユア・スマイル(I Love Your Smile)」のカヴァーだ。アルバム、「インナー・チャイルド(Inner Child)」に収録されている。キーはFメジャー。


Doo doo doo doo, doo doo doo doo. Doo doo doo doo, doo doo doo.
|4/4 F |Bb-Dm7|
Doo doo doo , doo doo, doo doo. Doo.
|Ab7 |Gm7-C7|


 Ⅰ-Ⅳ-Ⅵm7-♭Ⅲ7-Ⅱm7-Ⅴ7


♭Ⅲ7の挿入が特徴的な美しいコード進行だ。


 ♭ⅢはⅥ7b9の裏コードであり(参照 )、Ⅵm7からドッペルドミナント化されたⅥ7に代理されたものと考えよう。つまり、Ⅵm7→Ⅱm7の完全四度上昇を装飾するかたちとして挿入され、♭Ⅲ7→Ⅱm7と短二度下降を行う、という滑らかさ。このコード進行だけでも芸術品級。


 カヴァーするドーン・マリー・ムーア(Dawn Marie Moore)は、日本で活躍する黒人セッション・シンガーのようだ。「あぶない刑事」のサントラや、数々のジャズ・セッションで名前がクレジットされている。彼女の活躍にも期待。



■関連リンク:日産CM情報

■関連記事:情報セキュリティとデカレンジャー

■関連ブログ:OCCULT HOUSE  今日という日の音楽  Storm Bringer  

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-09-18 12:00:31
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

ホンダ エディックス:パワーステーション「ゲット・イット・オン」


The Power Station
The Power Station


T. Rex
Electric Warrior

 ホンダ、エディックスのCM音楽はパワー・ステーション(the Power Station)による「ゲット・イット・オン(Get It On/Bang a Gong)」。勿論、マーク・ボラン(Marc Bolan)T.レックス(T.Rex)のカヴァーだ。

  E   
  +     +   +   +   +     +   +   +   +
e:----|-----------------|-----------------|
B:----|-----------------|-----------------|
G:----|-----------------|-----------------|
D:--2-|---2-----2-------|-2-----2---------|
A:--2-|---2-4-2-2-------|-2-----2---------|
E:--0-|---0-0-0-0-------|-0-----0---------|


 キーE、パワーコードからなる、歴史に残る名リフ中の、名リフ!  素晴らしいギターリフは、簡単で、シンプルで、カッコよくて、誰でも楽しめるオモチャ(参照 )なのだ。リズム・カッティングの名手、アンディ・テイラー(Andy Taylor)は、以下のようなヴァリエーションを使っている。
  E   
  +     +   +   +   +     +   +   +   +
e:----|-----------------|-----------------|
B:----|-----------------|-----------------|
G:----|---2-1---2-1-----|-----------------|
D:--2-|---2-2---2-2-----|-2-----2---------|
A:--2-|-----------------|-2-----2---------|
E:--0-|-----------------|-0-----0---------|

 これもカッコいい!

■関連リンク:ホンダCM情報

■関連記事:デュラン・デュラン「グラビアの美少女」  T.REX「チルドレン・オブ・レヴォリューション」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-18 10:00:35
テーマ:CM音楽(自動車・自転車)

スズキ「エヴリー・ワゴン」:チキ・チキ・バン・バン

[スズキ純正部品]エブリィ EVERY ( DA62 )シートカバー(エスニックブルー) エブリイワゴン フ...


チキ・チキ・バン・バン コレクターズ・エディション


ロバート・B・シャーマン&リチャード・M・シャーマン
オリジナル・サウンドトラック「チキ・チキ・バン・バン」

 スズキの軽ワゴン車「エヴリー・ワゴン(Every Wagon)」のCM音楽を(コチラで視聴 )。音楽は、イアン・フレミング原作童話をケン・ヒューズ監督が1968年映画(イギリス)した冒険ファンタジー、「チキ・チキ・バン・バン(Chitty Chitty Bang Bang)」の同名テーマ曲の替え歌。キーはFメジャー。


軽ミニバン軽ミニバンバン、 軽ミニバンエヴリーワゴン、 軽ミニバン軽ミニバンバン、 軽ミニバンバン、軽ミニバンバン、
|4/4 F |F |F |F|
ポ、ポ、軽ミニバンバン、 軽ミニバンバン、ホッホッホ。 ポ、ポ、軽ミニバンバン、 軽ミニバンバン、ホッホッホ。
|F |F-C7 |C7 |C7-F|


 作詞・作曲は、リチャード・M・シャーマン(Richard M. Sherman)とロバート・B・シャーマン(Robert B. Sherman)で、Mはプロデューサー、Bは「メリー・ポピンズ」、「プーさんの贈りもの」、「シンデレラ」などディズニー映画音楽を作った映画音楽の超巨人。シンプルながら必ず耳に残るメロディを作成する才能は、やはりただならぬもの。MとBは兄弟説もあるが、否定説もある。どっちだろう? シャーマン(Sherman)兄弟というと、プログレバンド、ジェントル・ジャイアント(Geltle Giant)を思い出してしまうが。


 メロディラインはペンタトニックスケール(ど、れ、み、そ、ら)に「M7=し」を加えたもの。イギリスらしさを感じる楽曲だ。


 私の家も軽ミニワゴン。もう5年も乗っている。子供が小さいうちはなかなか便利。楽しい空間だ。


■関連リンク:EVERY WAGON CM

■関連記事:透け透け玉玉プカプカ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。