2009-06-04 23:46:48
テーマ:耳コピ

大西ライオン「心配ないさ」フレーズ解析

 今更ながら、大西ライオンの「心配ないさ~」フレーズをギターでコピー。


作詞作曲:劇団四季の関係者の先生
編曲:大西ライオン

  4/4              
   C                 Dm
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-8-------8---108-|-10--------------|
B:-8-------8---8-8-|-8---------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   shi     pai nai   sa---


 大西ライオンは、どの番組を見てもキーがCから外れることがあまりなく、絶対音感が優れていると思える。


 だが、音楽力って、皆さんもわかってると思うけど、音程でも絶対音感のほか、相対音感も必要だし、加えてリズム感、それから「人を不快に思わせない美しい音色を出すスキル」とか心理学的な要素や、感動を引き起こすための演出力とか、自分で自分の音を客観的にコントロールするエンジニア的な視点とかも必要になると考えている。


 大西ライオンは、絶対音感以外のスキルは全部ないな。


■関連記事:


ヤードバーズ「幻の十年」
Cream "Crossroads"
Brian Eno "Sombre Reptiles"
木南晴夏嬢をめぐる音楽街道をゆく
草なぎ剛 in 檜町公園「シンゴー、シンゴー」フレーズ解析


このコンテンツは批評目的による大西ライオンの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-28 21:53:34
テーマ:耳コピ

Brian Eno "Sombre Reptiles"


 ブログを書いていなかった2007年夏、僕は当時在籍していた会社の軽音楽同好会のようなものに在籍していた。その同好会は定期的にライブ活動を行っており、何度かベーシストとして、参加することになった。


 「何らかのネタを持ち寄って」という話になり、「何の曲をやろかなぁ?」と考えたすえ、ブライアン・イーノ(Brian Eno)の「アナザ・グリーン・ワールド(Another Green World)」に収録されている(アナログ盤ではB面一曲目だったなぁ…)「Sombre Reptiles」をやりたくなった。


 そのライブは夏だったし。なんとなく、「Sombre Reptiles」って、盆踊り Music っぽいし。


 バンドは、ギター×2、ベース(わし)、ドラムスの4人編成。だが、原曲のレコーディング音源は、リズム隊は打ち込みっぽいし、ギターも無い。メロはシンセっぽいし、細かいリズムを刻んでいるのは、パーカッションっぽい。ちょっと構成はちがう。いや、かなり違う。


 で、ギターのカッティングで、パーカッションの細かい裏打ちなどを代替するように、アレンジしてみた。キーは、Dマイナー。



作曲:ブライアン・イーノ
編曲:dukkiedukkie

  4/4              
   Dm9
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----10--101010--|-1010--1010------|
B:-----10--101010--|-1010--1010------|
G:-----10--101010--|-1010--1010------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

   Dm9               Am7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----10--101010--|-12--10------8---|
B:-----10--101010--|-10--10------8---|
G:-----10--101010--|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

 と、まぁ、Funkっぽいカッティングで、パーカッションを代替する。ベースは16ビートでワンコードファンクっぽく弾きまくると、なぁんとなく和製盆踊りFunkみたいな曲調になり、非常に気持ちよかった。


 ま、ブライアン・イーノ、日本好きで、お寺でもLiveやってるからね。



■関連記事:
Cream "Cross Roads"
Van Morrison "Wild Night"


このコンテンツは批評目的によるブライアン・イーノの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-10 23:53:28
テーマ:耳コピ

宮崎あおい as 銭形愛 in 「ケータイ刑事 銭形愛」


 なんかTBSchばかり観ているようであるが、2002年10月6日から2003年3月30日までBS-iで放送されたテレビドラマ「ケータイ刑事 銭形愛」の再放送があり、見直した。リアルタイムでも観ていたが、その後の「篤姫」や「東京メリケンサック」などでの宮崎あおい嬢の成長と活躍を観てきたことを踏まえて時代を遡っても、若い頃からあおい嬢は天才だったのだなぁと再確認するばかりであるが。


今日は、冒頭の説明部分で入るBGMのベースラインをコピーしてみる。

  4/4              
   E7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-0-2-2-2-0-2-2-2---2-2-2/2\------|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|


 の繰り返し。今日は疲れているので以上。すみません。



■関連リンク: 銭形愛 公式サイト

■関連記事: 宮崎あおい 味の素「クノール カップスープ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-04 16:19:59
テーマ:耳コピ

草刈麻有「東京少女」






 牧歌組合blog休止時の古いネタ。2007年10月11日から2008年3月20日まで放映された、「3年B組金八先生 第8シリーズ」のヒロインといえば、草刈正雄氏の愛娘、草刈麻有嬢。



 金八シリーズでは、時宜に則して最も旬な教育テーマを採り上げる小山内シノプシスに、いつも大変感心させられる。第8シリーズは脚本を清水有生氏が担当したようであるが、モンスターペアレント、学校選択制、学校裏サイト、ネットカフェ等がテーマとして採り上げられていて、最後まで見逃せない展開であった。草刈麻有嬢の演じた森月美香は、


・私服登校による制服への反発
・茨木のり子の詩(自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ)への共感
・私立高校への進学を義務付ける父親への反発
・「大将」への淡い想い、


など数々の見せ場が用意されており、彼女のどことなく物悲しいクールな目線と相俟って素晴らしいシーケンスを構成していたように想う。



 2008年10月、彼女は、BS-TBS(旧 BS-i)「東京少女」に出演しておりこれも彼女の「こわれもの」のような感受性が大々的にフィーチャーされている。さて今日はそのオープニングで流れる爽やかなギターフレーズを引用/コピーしてみよう。残念ながら公式サイト等でも作曲者のクレジットが無いため、記述していない。キーはGメジャー




作曲&編曲:不明

  4/4              
   C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
G:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
D:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
A:-3---3-3-3---3-------3---3-------|
E:---------------------------------|

   D7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
G:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
D:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
A:-5---5-5-5---5---5-5-5---5---5---|
E:---------------------------------|

   C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
G:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
D:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
A:-3---3-3-3---3---3-3-3-3-3-3-3-3-|
E:---------------------------------|

   D7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-7---7-------7---7-------7-------|
G:-7---7-------7---7-------7-------|
D:-7---7-------7---7-------7-------|
A:-5---5-------5---5-------5-------|
E:---------------------------------|

   D7              C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-7-------7-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|

   G               C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-4-------4-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|

   D7              C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-7-------7-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|


   G
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-4-------------------------------|
D:-5-------------------------------|
A:-5-------------------------------|
E:-3-------------------------------|


 簡単なので是非try。シャープでクリアなエレクトリック・ギターの音色が東京少女のイメージにぴったりである。



 麻有嬢が出演した第1話「もうひとりの私」の脚本は元女優の中江有里さんが担当している。中江有里といえば、大林映画の女優でもあり、少女のナイーブな琴線を描く脚本家として成長されたことが本当に喜ばしい。そういえば、宮部みゆき原作の大林宣彦映画「理由」 において、中江さんはライターとして出演していたが、大林監督の、演じ手の現在のステータスをも考慮した、こういった”にくいキャスティング”って本当に素晴らしいですね。金八先生第8シリーズは、山田麗、高畑充希、忽那汐里も良かった。



■関連リンク: 東京少女 公式サイト

■関連記事: 「音楽美学」を読む【6】大林宣彦監督「理由」


このコンテンツは批評目的による「東京少女」の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-19 11:49:33
テーマ:耳コピ

タモリ in 笑っていいともスペシャル 尺八フレーズ解析









 季節。毎シーズンの定番として楽しみなのが、笑っていいともスペシャルでのタモリの尺八(の物まね)だ。そうだ、ラスト近辺で芸能人がアーチェリーを行う場面で、本業である司会者としての立場よりも優先度の高いプロセス(nice値が高い)として、タモリが景気付けに行うナイスなBGMである。先週のスペシャルでは、堀北真希嬢のアーチェリー・プレイのBGMとして一回のみ流れ、厳粛な風景を形成していたように思う。今をときめく女優と日本伝統音楽がコラージュされる荘厳な空間。


 今回はこのタモリ氏の尺八フレーズをギターでコピーしてみよう。



作曲&編曲:(著作権情報は公開されていないがおそらく演じ手の)タモリ

  4/4              
   F#m  F#dim              F#m7
  +     +   +   +   +     +   +   +   + 
e:--2-|-----------------|-----------------|
B:----|-1---------------|-2---------------|
G:----|-2---------------|-2---------------|
D:----|-1---------------|-2---------------|
A:4---|-----------------|-----------------|
E:----|-----------------|-----------------|
  ふい う~       う~


 キーはF#マイナーとしてコピった。歌詞「ふいう~」は勝手に筆者(dukkiedukkie)が定義したものであり、著作権を侵害していた場合、修正予定。いや、口承芸能としての尺八の”うたい”(雅楽の「トラロ」のようなもの)を私は学習すべきなのだろう。演奏はフォルテッシモで情熱的に。1小節目の音値は、激しいビブラート、トレモロを加えて演奏を行うべきである。コード進行は、



|F#dim |F#m(7)|


 ディミニッシュコード(F#dim)はマイナートニック(F#m)の補助コードとして用いられており、ディミニッシュ特有の”不安定で不気味な響き”とトニックの安定感を往き来することで音楽が成り立っている。だが、これでは一歩足りない。タモリのフリーキーな演奏に合わせるためには、以下のようなコードアレンジも可能だ。



作曲&編曲:(著作権情報は公開されていないがおそらく演じ手の)タモリ

  4/4              
   F#m  F#dim         Bm  F#m7
  +     +   +   +   +     +   +   +   + 
e:--2-|-----------------|-----------------|
B:----|-1-------------3-|-2---------------|
G:----|-2-------------2-|-2---------------|
D:----|-1-------------4-|-2---------------|
A:4---|-----------------|-----------------|
E:----|-----------------|-----------------|
  ふい う~       う~

 1小節目の4拍目の裏に、ローリングストーンズのキース・リチャーズが得意とするフレーズを入れてみる。コード進行的には、

|I#dim-IVm |I#m(7)|


 と、トニック(Im)に対するサブドミナント(IVm)の挿入であり、ダンス音楽の定番I-IVヴァンプが形成される。

 この「タモリの尺八」フレーズをギターリフとして応用し、何らかの音楽に昇華・活用しようとするならば、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「移民の歌(Immigrant Song)」との類似性が発見できよう。1971年9月に初来日した際、オープニングナンバーとして演じた超強力なナンバー。『レッド・ツェッペリン III 』のA面1曲目に収められている。そのメインリフ、


作詞作曲:Jimmy Page, Robert Plant
  4/4              
   F#
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:---------4---------------4-------|
A:---------------------------------|
E:-2---2-2---2---2-2---2-2---2---2-|


 と、驚くべきことにキーも同じであるし、かなりシックリと調和する。弾きまくってみると、ジミ-・ペイジ、タモリ、ひいては堀北真希嬢が競演するコンサート会場があなたの目の前に現れるはずだ! in 妄想。



■関連リンク: 笑っていいとも 公式サイト
移民の歌 試聴

■関連記事: いつからタモリは「ウキウキWatching」を歌わなくなったか?
タモリ倶楽部のテーマ曲



このコンテンツは批評目的によるタモリ氏、ジミー・ペイジ氏、ロバート・プラント氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-18 13:27:27
テーマ:耳コピ

仲村トオル in おっぱいバレー「ナイスおっぱい」フレーズ解析






 本日(2009年4月18日)公開映画「おっぱいバレー」の音楽といえば1970~80年代周辺のジャパニーズ・ポップス満載のようであるが、今回は仲村トオルの決めゼリフ「ないすオッパイ」フレーズをギターでコピーしてみよう。公式サイト で見れる予告編をコピー元とする。とても印象的かつ記憶に残るフレーズであり、何かの映画の予告編としてこの映像を初春みたとき、客席からも笑いが毀れていたようだ。



作詞:(おそらく原作者&脚本家の)水野宗徳、岡田惠和
作曲&編曲:(おそらく演じ手の)仲村トオル

  4/4              
   E
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-------2-----0-------------------|
A:-0-1-2---------------------------|
E:---------------------------------|
   n-i-ceo-----ppai
 ないす おっ ぱい


 キーは確定しづらいのであるが、敢えて和声的輪郭を識別すると、Eメジャーであると思われる。第4の音値E(第4弦2フレット)は、フラットして、Ebとして捉えることも可能であり、


作詞:(おそらく原作者&脚本家の)水野宗徳、岡田惠和
作曲&編曲:(おそらく演じ手の)仲村トオル

  4/4              
   E
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-------1-----0-------------------|
A:-0-1-2---------------------------|
E:---------------------------------|
   n-i-ceo-----ppai
 ないす おっ ぱい

 と弾いてみることも可能だ、ブルージーさが増しナイス。

 この「ナイスおっぱい」フレーズをギターリフとして応用し、何らかの音楽に昇華・活用しようとするならば、「ナイスおっぱい」フレーズと、エアロスミス「Walk This Way」のギターリフ↓の類似性が発見できよう。


リフ考案者:Joe Perry

  4/4              
   E
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-------2-------2-----------------|
A:-0-1-2---0-1-2-------------------|
E:-----------------0---------------|


 驚くべきことにキーも同じであるし、かなりシックリと調和する。試しに「ナイスおっぱい」リフと、「Walk This Way」リフをブレンドさせて、あわせて弾いてみよう。

  4/4              
   E
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-------2-------2-----------------|
A:-0-1-2---0-1-2-------------------|
E:-----------------0---------------|
   E           E7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-------2-----0-------------------|
A:-0-1-2-------2-------------------|
E:-------------0-------------------|
   n-i-ceo-----ppai
 ないす おっ ぱい

 弾きまくってみると、Steven Tyler、Joe Perry、仲村トオル、ひいては綾瀬はるか、大後寿々花嬢が競演するコンサート会場があなたの目の前に現れるはずだ! in 妄想。

 大後寿々花嬢と北九州のレトロな風景の調和を見たい。絶対観に行きたい。



■関連リンク: おっぱいバレー 公式サイト

■関連記事: 木南晴夏 as マナミ in 「セクシーボイス・アンド・ロボ Voice 5」&大後寿々花
綾瀬はるか+ミスチル「未来」



このコンテンツは批評目的によるJoe Perry氏、仲村トオル氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-15 23:00:15
テーマ:耳コピ

スピードワゴン井戸田潤「あま~い」解析


スピードワゴンのスピチャン!

スピードワゴン
あま~い!

 見事、安達祐実嬢とのスピード(できちゃった)結婚を成し遂げた、スピードワゴン井戸田潤の定番フレーズ「あま~い」を、音楽的に解析してみよう。まず、音程。



 あ(A)ま~(A)い(E)


 「あ」は若干小さめ(メゾフォルテ)で入り、「ま~」をフォルテッシモで強調。「い」を静かに、切れよく出す。


 井戸田潤は、非常に倍音を多く含んむ通る良い声を持っているため、ギターのフレーズとして弾くならば、

        A
  +     +   +   +   +
e:--5-|-5---------------|
B:----|-5-------5-------|
G:----|-----------------|
D:----|-----------------|
A:----|-----------------|
E:----|-----------------|
    a   ma      i

 と「ま~」部分を音を重ねて弾くべきだろう。

■関連記事:安田大サーカス タイゾー  細木数子  レイザーラモンHG  まいっちんぐマチコ先生  マイケル  位置について  ハーバルエッセンス


[ このコンテンツは批評目的によるスピードワゴン井戸田潤氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もあります。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-07 09:00:45
テーマ:耳コピ

全日本大学駅伝、日大が14年ぶり2度目の優勝


誰でも成功するフルマラソン100のポイント―シティランナー特別編集

天国のダイスケへ―箱根駅伝が結んだ絆

 昨日(2005年10月6日)、愛知県→三重県で行われた全日本大学駅伝対校選手権は、日大が5時間18分34秒のタイムで14年ぶり2度目の優勝。2区のサイモン(2年)が区間新の快走でトップに立ったあとは独走だった(参照 )。


 さて、スタート前。選手がわらわらとスタートラインに集まり、いよいよレースが始まる時のあのフレーズを、昨日のレースからコピーしてみた。


 10(G)秒(G-F)前(Eb)

 位(Eb)置(G)に(F)つ(Eb)い(Eb)てー(Eb)


 キーはEbメジャー。ギターでフレーズ化すると、

   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-3---3-1---------|-----3-1---------|
B:---------4-------|---4-----4-4-4---|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   10  byoumae         i chinitsuite


 という感じ。「位置について~」の「位置」の箇所で音程のⅠ→Ⅲという跳躍があるとは、気付かなかった。日常でここは平坦な音程で私たちは使用しているかもしれない。だが、今回初めての試みなので、他の試合ごとにサンプリングすると差異が出てくるかもしれないし、意外と「キーはEbで! 」「この音程で! 」というルールがあったりしたら面白いな。


 競技ルールとして定式化されているらしいが(参照 )、この成立にも勿論歴史があるのだろう。調べてみたい(調査課題、すべて時間がかかって申し訳ないが)。


■関連リンク:Yahooニュース  競技ルール

■関連記事:タイゾー  細木数子  レイザーラモンHG  まいっちんぐマチコ先生  マイケル



【このコンテンツは批評目的による駅伝スターター氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-03 12:00:32
テーマ:耳コピ

ナベプロ芸人マイケルのフレーズ解析


NHK うたっておどろんぱ! おもうぞんぶんうたってちょうだいおどってちょうだい

NHK うたっておどろんぱ!みんなもいっしょにうたってちょうだいおどってちょうだい!

NHK うたっておどろんぱ ! あしたにむかってダンス

 タイゾー細木数子レイザーラモンHGまいっちんぐマチコ先生 と時代を象徴する個性を研究しつつある我々だが、今日はあまり最近みかけなくなった、ワタナベエンターテインメント所属のピン芸人、マイケル(本名 立花秀樹)のフレーズを解析しよう。ナベプロ公式ページの動画(コチラで視聴 )(以下【甲】とする)及び、今週の深夜の通販番組で彼が出演していたシーン(以下【乙】とする)を参考にした。


 さて、最も有名な「マイ・ケル」のフレーズであるが、【甲】では、

   * * m i chael
   +   +   +   +
e:---------7-------|
B:-----------------|
G:-4-4-4-4---------|
D:-----------------|
A:-----------------|
E:-----------------|


 と、Bの音でのオクターヴ跳躍。コードはBメジャーでいいだろう。マイケルは割といい声をしており、倍音要素を多分に含んでいるので、最後の7フレットのBの音は、第5間の7フレット(F#)の音も鳴らしていいだろう。


 だが、【乙】のヴァージョンでは、

   * * m i chael
   +   +   +   +
e:---------6-------|
B:-4-4-4-4---------|
G:-----------------|
D:-----------------|
A:-----------------|
E:-----------------|


 と短二度下のコードBbの5度→ルートという進行であった。マイケルはキーが不安定なのだ。

 

 レイザーラモンHGのフレーズと比較した場合(参照 )、HGは比較的どんな場所でも安定したキーで「フー」を放てている。これは彼の芸が、水面下の努力・練習に裏打ちされていることを物語っているといえよう。これに対して、マイケルはあまり、あのフレーズの完成度を高めるための陰の努力を行っているとは思えないという仮説が成り立つ。失礼だが。まあ、オモロイのだが。残念ながら。


 あとは、【甲】の「マイケル、マイケル、トークは水に流して」フレーズ。音程が撮りにくいが、原型は、

   B                 E       B
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-7-4-----7-4-----|-------4-7777744-|
B:-----7-4-----7-4-|-7---7-----------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   mai kerumai keru  tal k hamizuni..


 というⅠ-Ⅳヴァンプ(参照 )コード進行に、B(1)-G#(6th)-F#(5th)-D#(3rd)の、ド、ミ、ソ、ラ、ペンタトニックスケールを乗せた、まあ音楽的な構造であることがわかる。コードEの部分はF#7=お辞儀終止と定義することも可能だが、マイケルもともとは、振り付け師KABA.ちゃんの弟子。ダンス音楽的な解釈のほうがよいだろう。


 音楽的ではあるが、今一芸人としての鍛錬がたりないから、いつまでも中途半端なんだろうなぁ、と視聴者としての無責任な意見を。

 


 またマイケルは2001年4月より2年間、NHK教育テレビの「うたっておどろんぱ」にレギュラー出演していた。



■関連リンク:ワタナベエンターテインメント マイケル公式ページ

■関連記事:タイゾー細木数子レイザーラモンHG  まいっちんぐマチコ先生



【このコンテンツは批評目的によるマイケル氏(ガンバレー)の芸の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-29 16:00:09
テーマ:耳コピ

クイーン+ポール・ロジャース その2


Queen
Made in Heaven

Freddie Mercury
Solo Collection

クイーン
クイーン・ジュエルズ(CCCD)

プライド DVD-BOX




Peter Freestone, David Evans, 田中 雅子, ピーター フリーストーン, デヴィッド エヴァンス
フレディ・マーキュリー―華麗なるボヘミアン・ラプソディ


リック スカイ, Rick Sky, 中村 美夏
フレディー・マーキュリー 華やかな孤独

【このコンテンツは批評目的によるフレディ・マーキュリー氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】


 一昨日観に行ったクイーン+ポール・ロジャース。 自分はクイーンのアルバムを全部きちんと聴いていない。ライブを観るのも初めてだ。レコーディングの「ボヘミアン・ラプソディー」や「バイシクル・レース」の印象がかなり強く、クイーンの”編曲力”、そして、複雑に構成された変拍子、転調を見事にこなす、技術の卓越したバンド、という偏見を持っていた。そう、イエスの曲を演奏するような能力を持ち合わせたミュージシャン達と思っていたのだ。


 友人OMによれば、「クイーンはそういうバンドとちゃうで。下手やで。それを判ってないと、楽しめへんで」。ロジャー・テイラー(Roger Taylor)のドラミングは常に”ワタワタ”しているし、ブライアン・メイ(Brian May)のギターも、音色はキレイだが常に速いパッサージが遅れる。生演奏で勝負するというより、どちらかといと、スコアに綺麗な絵を描くことが持ち味のバンドだったのか。判っていなくて損をした。


 ロジャー・テイラーのヴォーカル曲というのを意識して聴いたことがなかったが、フィル・コリンズ、ピーター・ゲイブリエルに通ずる所謂”ブリティッシュ声”が魅力的だ。アンコールで、ブライアン・メイのアコースティックギターをバックに、ロジャー・テイラーが歌った、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(I Was Born To Love You)」。キーはGメジャーだったと思う(レコーディング版はAb)。構成はライブどおりでないかもしれない。あしからず。


 作詞、作曲:フレディ・マーキュリー(Freddy Mercury)


【A-1】

I was b******* love you Wi**
|4/4 G |Bm7 |C |Em/B-C-Em/B|
every single beat *** heart.
|Am7 |Am7 |D7 |D7|

 Ⅰ-Ⅲm7-Ⅳ-Ⅰ-Ⅱm7-Ⅴ7


が骨格となるコード進行。4小節、トニック内転換Ⅵm→Ⅰ→Ⅵmを八分音符3、3、2の符割でニュアンスとして行う。7~8小節、ベースラインはD→C→B→Aと下降。



【A-2】

I was born +*+\ care of you
|G |Bm7 |C |Em/B-C-Em/B|
Every **** day of my life. You ****
|Am7 |D7 |G |G|

 【A-1】と同じ構造だが、6小節でトニックに解決する。


【B】

one for me, **** man for you. You were }}}} you're ****
|G |G |Bm7 |Bm7|
given every opportunity I'd kill for your love. So take a
|C |C |Am7 |Am7|


 【A】がサビだから、ここがバースだろう。


 Ⅰ-Ⅲm7-Ⅳ-Ⅱm7


【A】の1~4小節のコード進行にサブドミナント代理Ⅱm7を挿入して倍テン(=倍のテンポ)にしたものだ。ベースは「♪×3、♪×5」という基本リズムを描く。

【C】

chance with me. Let me romance with you. I'm caught in a dream, And my dream's come true. It's so
|D7 |D7 |Bm7 |Bm7|
hard to believe This is happening to me. An amazing feeling
|Em7 |Em7 |A7 |A7|
Comin' through -
|D7 |D7|

 ブリッジ。【B】のリズム(3-3-2系)から8ビートを強調したリズムに変わる。コード進行は


 Ⅴ7-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱ7-Ⅴ7


 この後【A-1】【A-2】を繰り返す。


【D】

I wanna love you I love
|G |C |C|
every little thing about you. I wanna love you, love you, love you
|G |G |C |C#dim|
Born to love you Born to love you Yes I was born to love you Born to love you
|G |D7/F# |Em7 |Em7|
Every single day - of my life,
|A7 |A7 |D7 |D7|
|D7 |D7|

 再ブリッジとも言うべき、【D】パート。このように、単純な構成で終わらないのが、フレディ・マーキュリーらしいところ。1~7小節はⅠ-Ⅳヴァンプ。7小節目は経過ディミニッシュコード挿入。8~17小節は、


 Ⅰ-Ⅴ7-Ⅵm7-Ⅱ7-Ⅴ7


と、ベーライン下降のパッヘルベルのカノンタイプ(参照 )進行で、また【A】に戻り、ギターソロをフィーチャー。


【C'】

An a-
|Bm7 |Bm7 |Em7 |Em7|
mazing feeling Comin' through.
|A7 |A7 |D7 |D7|

 Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱ7-Ⅴ7


 【C】パートの変型パターン。フレディらしい複雑な構成が曲を盛り上げて、この後また【A-1】【A-2】繰り返し。



【E】

I was born to love you
|Am7 |D7 |G |G|
Every single day of my life,
|Am7 |D7 |G |G|


 サビの歌詞を


 Ⅱm7-Ⅴ7-Ⅰ


ツーファイブに乗せて繰り返す。そしてGメジャー一発のコーダへ。コーダはノリでやっているというか構成が複雑なので、解析は省略。

 元はフレディのソロ作品。木村拓哉&竹内結子のドラマ「プライド」でリバイバルしたのが記憶に新しい。ブライアン・メイとロジャー・テイラーの弾き語りバージョンは、本当にしっとりしていて、寂しげで、感動的だった。


■関連記事:クイーン+ポール・ロジャース その1


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。