2005-09-28 02:30:06
テーマ:ヘビメタさん

今日のマーティ・フリードマン(ヘビメタさん26)


北島三郎
北島三郎 ~ファンが選んだベストヒット16~


Guns N' Roses
Appetite for Destruction
スクウェア・エニックス
ヘビーメタルサンダー

【税込・新品】ヘビーメタルサンダ- PS2



Bo Diddley
Bo's Blues

 あー。ついに最終回。終わってしまった。純粋に寂しい。今日のヘビメタさん、マーティの”さよなら”「メタル魂 in Japan」は北島三郎「まつり」。マーティは「日本の音楽とメタルを融合しようと思ったら難しいと思います」と本当の心情を吐露。これまで時折見られた、数々の(半ば)強引な解釈を自認するが如き発言を見せていた。確かにネタ作りには苦労したんだろうなぁ。だが、そういうところも素晴らしいなぁと感心したり。


 そして今回の演奏。まず「まつり」サビ部分をギターソロ。

   Dm
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:/7------/7-9-7---|/7-9-7--/7-9-7---|
D:---------------10|-------10------10|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-7---7---7-107-7-|-5-------\-------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

 マーティは、「まつり」のビート、
   Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-0-00-00--0-00-0-|-000-00-00-000-0-|

 が1950年代アメリカで開発された ボ・ディドリー・ビートに等しいことを看破。ボ・ディドリー・ビートに立て続けに

   Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-9---9---9-119-7-|-9-119-7-9-------|
A:-7---7---7-9-7-5-|-7-9-7-5-7-------|
E:-7---------------|-----------------|


 とサブちゃんフレーズを弾き、周囲を納得させ、畳み掛けてボ・ディドリー・ビート曲であるガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N Roses)「ミスター・ブラウンストーン(Mr Brownstone)」 のリフを放つ!

   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|---320-----------|
G:---------------2-|------20-------2-|
D:---------------2-|--------20-----2-|
A:-----20--------0-|----------20---0-|
E:-0-34--0-340-34--|-------------34--|

 以上の構成部品を用いて、ローリーと一緒に演奏。素晴らしかった! 永久保存版だ。久武頼正氏(本当に彼は良かったなぁ)は「最後になって大和魂とメタル魂が融合」と絶賛。本当にそうだった。


 認めたくはないが、終わってしまった。「昔、こういう素晴らしい番組があってさ」と、語り継ぐことくらいしかできないかもしれないけど、それだけはやっていこう。本当にいい番組だった。なんか、泣けてきた。



■関連ブログ:あだちんさん「Blog 'Em All」

 文車に燃ゆ恋文

 SQUARE-ENIX FREAKS

 おこづかい帳

 DAEMON DRIVER

 Capri~ce♪

 撃墜王への道

(↑皆様色々ありがとうございました

 今後とも何らかのお付き合いをば)


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧

いいね!した人  |  コメント(111)  |  リブログ(0)
2005-09-21 10:00:07
テーマ:ヘビメタさん

今日のマーティ・フリードマン(ヘビメタさん25)


青春歌年鑑 1984


KISS
グレイテスト KISS~リマスター・グレイテスト・ヒッツ


メガデス
Hidden Treasures


Megadeth
Risk

 今日のヘビメタさん、マーティ・フリードマンのギターは永久保存版ものだったなぁ。「メタル魂 in Japan」で採り上げた曲は小柳ルミ子「お久しぶりね」。 マーティは


 1) この曲の旋律がペンタトニック音階(メジャーで言うとドレミソラ、マイナーで言うとラドレミソ)に依存していること


 2) ペンタトニック音階はヘヴィ・メタルの”素”であり、レッド・ツェッペリン「ハウ・メニ・モア・タイムス」、キッス「ガール・フレンド」などのリフに用いられていること、


 以上から、ヘヴィメタ曲と容易に融合できることを啓発、それを証明する演奏を行った。ちょっと頑張って、フル演奏を夢中でコピー。細かいニュアンス(スライドアップ、ダウン、ヴィブラートなど)は不備の点が多いかもしれないがご了承。キーはEマイナー。

[A]
   Em      B7        Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-7-7-7-5-2---9-7-|-7---7-7---7-7---|
E:-0-0-0-0---------|-0---0-0---0-0---|
   C       D7        G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:---------0-------|-0---0-0---0-0---|
A:-7-7-7-107-7-7-5-|-2---2-2---2-2---|
E:-8---------------|-3---3-3---3-3---|


 「お久しぶ~り~ね」の【A】パート。3小節目、それぞれはっきりとC、Dのルート音が鳴っているのだが、マーティが鳴らしているのか、セカンド・ギタリスト、司会の鮎貝健氏が鳴らしていたのかちょっとハッキリしないが、一応一人で鳴らす方向でコピー。


【A】を繰り返した2回目、鮎貝氏がKISS 「ラヴィン・ユー・ベイビー(I was Made for Lovin' You)」のリフを被せる。

   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-9---11--12--1416|---1614--12--11--|
A:-7---9---10--1214|---1412--10--9---|
E:-0---------------|-----------------|

 無理の無い見事な融合だ。ありがちなコジツケ感が全く無い。そして、「お茶だけのつもりが~」の【B】パートへ。

[B]
   Am                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:---------------12|-----------------|
G:-13----1214--14--|-12--------------|
D:-cho-------------|---14141214----14|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   Am                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:---------------12|-----------------|
G:-13----1214--14--|-12--------------|
D:-cho-------------|---14141213------|
A:-----------------|---------cho-----|
E:-----------------|-----------------|
   G                 Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-1212------------|
D:-----121212121214|-----141214------|
A:-/-14------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   C                 B7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-121212--1214--15|-----------------|
D:-------14--------|cho--------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|


 チョーキングを連発した泣きのギター!  こういう「泣き」の音を出しているときのマーティ・フリードマンは、とてもカッコいい。鮎貝氏はここではコードカッティング頭打ちに回る。「それじゃぁさよなら、元気でと~」の【C】パート。

[C]
   Em                Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-7-5-------------|-------7-5-------|
B:-----8-7-8-7-5---|-----------------|
G:---------------4-|---4-5-----------|
D:-----------------|-7---------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   B7                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-5---------------|-----------------|
B:---8-7-5-4-------|-----------------|
G:-----------5-4---|-------108-------|
D:---------------7-|-5-7-9---vib-----|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   Em                Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-7-5-------------|-------7-5-------|
B:-----8-7-8-7-5---|-----------------|
G:---------------4-|---4-5-----------|
D:-----------------|-7---------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   C                 B7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:---8-8-5-8-101012|-1616161616161616|
G:-----------------|-1616161616161616|
D:-----------------|-1616161616161616|
A:-----------------|-1414141414141414|
E:-----------------|-----------------|

 非常に美しいプレイの後、メガデス(Megadeth)「ゴー・トゥ・ヘル(Go to Hell)」が挿入される。


   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----4-5---4-2---|-----4-5---4-2---|
A:---2-----3-----3-|---4-----5-----3-|
E:-0---------------|-0---------------|
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----4-5---4-2---|-----4-5---5-4-3-|
A:---2-----3-----3-|---4-------5-4-3-|
E:-0---------------|-0---------3-2-1-|


 「この人って、メガデスのギタリストだったんだ…」

 失礼な話だが、忘れていた。そうだ、彼は、この番組の1出演者として音楽を語り、演奏してきた。経歴なんて全く忘れてしまっていた。それだけ、彼のプレイは、何の先入観無くても楽しめるものだったのだ。いつも。そんな当然なことを思い出させるマーティの真摯なプレイ。今日は何かが違った。

[D]
   Em                Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-------12--------|
G:-------12--------|---1214--14------|
D:---1214--14------|-14--------------|
A:-14--------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   B7                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-1212------------|-----------------|
G:-----141214--12--|-----------------|
D:-----------------|-14--------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   Em                Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-------12--------|
G:-------12--------|---1214--14------|
D:---1214--14------|-14--------------|
A:-14--------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   B7                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----12--14--12--|-10--8---10--8---|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|


 「もう一度、もう一度」のサビ。マーティが伝えたかった「ペンタトニックスケールだけからなるメロディ」。是非ギターを持っている人はココだけでも弾いてみて欲しい。ペンタトニック・ボックス(ポジション)のシンプルな魔力の虜になってしまうだろう。そして終章と思いきや、

   Em                G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-2-2-2-2---2-2---|-0-0-0-0---0-0---|
A:-2-2-2-2---2-2---|-2-2-2-2---2-2---|
E:-0-0-0-0---0-0---|-3-3-3-3---3-3---|
   A                 Bb
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-2-2-2-2---2-2---|-3---3-----------|
D:-2-2-2-2---2-2---|-3---3-----------|
A:-0-0-0-0---0-0---|-1---1---0-1-2---|
E:-----------------|---------------3-|

 メガデス「プリンス・オブ・ダークネス(Prince of Darkness)」を挿入、2回繰り返した後、
   Em
e:----12--1210------101210-------------------|
B:------------121012------12101210-8-7-------|
G:-----------------------------------vib-----|
D:-2---------------------------------------2-|
A:-2---------------------------------------2-|
E:-0---------------------------------------0-|

 って感じで終了。「カッコイイ!」と熊田曜子が歓声を挙げたほど。


 本当に良いプレイだった。サイドギタリストとして鮎川氏を起用するようになってから、一応簡単なアレンジをマーティは試み始めていると思う。素晴らしい演奏だったからこそ、「番組終了」がヒシヒシと寂しく思えた。まだ、わからないが。

 

■関連リンク: ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:KISS「I’was Make for Loving You」  ヘビメタさん過去記事一覧

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-17 01:00:27
テーマ:ヘビメタさん

今週のマーティ・フリードマン(ヘビメタさん24):銭形平次

オムニバス ちょんまげ天国~TV時代劇音楽集~-CD-〔送料無料キャンペーン中〕



北大路欣也
銭形平次


舟木一夫
高原のお嬢さん/銭形平次




メガデス
キリング・イズ・マイ・ビジネス

 ちょっと色々疲れてて遅くなりました。また、真矢氏をゲストに迎えた今週のヘビメタさん。今回のマーティの「メタル魂 in Japan」はかなり勉強になった。ヘビメタとの類似性サンプルとして採り上げられた曲は、「銭形平次」のテーマ曲。 では早速弾いてみましょう。

   Am
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|----5-42-----|
D:-2-----2-----|-2-----------|
A:------------3|-------------|
E:-------------|-------------|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-5-55-3---3--|-4-----------|
G:-------5-----|-cho---------|
D:-------------|-------------|
A:-------------|-------------|
E:-------------|-------------|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-5-----5----4|-5-99-95--4--|
D:-------------|-------------|
A:-------------|-------------|
E:-------------|-------------|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-2--2-2------|-------------|
D:-------3--3--|-2-----------|
A:-------------|-------------|
E:-------------|-------------|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-2--2-24--4-4|-5--5-52--2-2|
A:-0--0-02--2-2|-3--3-30--0-0|
E:-0--0-0------|-------------|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:----------2--|-4--/--\-----|
D:---2---2-3---|-------------|
A:------3------|-------------|
E:-------------|-------------|


 と、旋律を演奏後、ピックを銭形平次の如く投げるマーティ。この後の解説が圧巻。マーティは3連シャッフルのリズムとヘビメタのブルース・ロック的リズムの共通点を以下の3段論法で展開した。


【1】銭形平次のリズム in Aマイナー

   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-------------|-------------|
A:-0-00-00-00-0|-0-00-00-00-0|
E:-------------|-------------|

【2】銭形平次のリズム +1 in Aマイナー

  一音加えるとヘビメタっぽくなる。

   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-------------|-------------|
A:-0-00000-0000|-0-00000-0000|
E:-------------|-------------|

【3】銭形平次のリズム +1 in Eマイナー

  キーを完全五度下げると、更にヘビメタっぽくなる。

   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-------------|-------------|
A:-------------|-------------|
E:-0-00000-0000|-0-00000-0000|

【4】早く弾くとメタリカorメガデスの「メカニックス」になる

   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-------------|-------7--7--|
A:-------------|-------7--7--|
E:-0-00000-0000|-0-00000--0--|
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------------|
G:-------------|-------------|
D:-------------|-------8--8--|
A:-------------|-------8--8--|
E:-0-00000-0000|-0-00000--0--|


 とまあ実に理論的な説明。熊田曜子も「すごくわかりやすかった」とコメント。真矢は「金髪のチョンマゲを思い浮かべる」(笑)とコメント。 この番組の存続を願ってやまない。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-10 15:00:06
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【10】エアロスミス「ママ・キン」


Aerosmith
Aerosmith

 貴重な番組を終わらせてはならない!


 6月28日、マーティ・フリードマンが久しぶりに戻ってきた回(ゲストはモト冬木)(参照 )から、エアロ・スミス(Aerosmith)「ママ・キン(Mama Kin)」 を。

   E                 B
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-9-9-----9-------|-4-4-----4-------|
D:-9-9-7---9-------|-4-4-2---4-----0-|
A:-7-7-7---7-------|-2-2-2---2-----0-|
E:-----------------|-----------------|
   A                 E
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-2-2-----2-0-----|-----------------|
G:-2-2-X---X-------|-----------------|
D:-2-2-2---X-------|-----------------|
A:-----0-----------|-2-2-4-2-5-2-4-2/|
E:-----------------|-0-0-0-0-0-0-0-0/|


 ジョー・ペリー(Joe Perry)の卓越したロック・ン・ロールスピリットが伝わってくるリフだ。いつでも遊べる、シンプルなリフレイン。本当に、こういうことを教えてくれる番組って、少なすぎる。本当に、本当に素晴らしい番組だ。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧  ユー・リアリー・ガット・ミー ヘビメタさん13

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-09 17:00:27
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【9】ヴァン・ヘイレン「エイント・トーキング・アバウト・ラヴ」



Van Halen
The Best of Van Halen, Vol. 1

 貴重な番組を終わらせてはならない!


 何回目かになるが、7月12日放映、野口五郎氏ゲストの回(参照 )から、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)「エイント・トーキング・アバウト・ラヴ(Ain't Talkin' 'bout Love)」 を。

   Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:---------1---3---|-----------------|
B:-----1-------3---|-----------------|
G:-------2-----0---|-----------------|
D:---2-------------|-----------------|
A:-0---------------|-------3-----2-3-|
E:-----------------|-----3-----------|
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-1-----1-----0---|-----------------|
G:-2-----2-----0---|-----------------|
D:-2-----2-----0---|-----------------|
A:-0-----0---------|-------3-----2-3-|


 思えば、「ヘビメタさん」は、僕みたいなオッサン・アマチュア・ギタリストが、ギターのフレーズを勉強する上で最良の教科書であるのだ。マーティ・フリードマンのような大ギタリストがギターを弾く様子を、常時ズームインした状態で見ることができるのだから。マーティが解説した数々のリフ作家にも敬意を!

■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧  ユー・リアリー・ガット・ミー

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-08 22:00:58
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【8】レッド・ツェッペリン「ブラック・ドッグ」



Led Zeppelin
Led Zeppelin IV
LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン) - U.S.A. 1977 (ユー・エス・エー1977) Tシャツ
レッド・ツェッペリン/Logo Swan キャップ

 貴重な番組を終わらせてはならない!


 偉大なロック番組ではロック史に残るギター・リフの多くが紹介され、マーティとゲスト・ギタリストの手で生演奏されていた。またまた、8月31日放映、佐野史郎氏ゲストの回(参照 )から、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「ブラック・ドッグ(Black Dog)」を。

          A
    +     +   +   +   +     +   +   +   +
e:------|-----------------|-----------------|
B:------|---------------5-|-----------------|
G:------|-----5-------7---|-575-----5-------|
D:--5-6-|-7-------7-------|-----7-7-----7---|
A:7-----|---7-------------|-----------------|
E:------|-----------------|-----------------|

   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-5-7-7-----------|-----7-----------|
A:-------5-7---5---|-----7-----------|
E:-----------8---5-|-----5-----------|


 コレ、一度も聴いたことが無いって人、いるんだろうか? 

ジミー・ペイジが優秀なリフレイン作家であったことを証明するような逸品だ。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:サンディ・デニー「フォザリンゲイ」  ヘビメタさん過去記事一覧  ヘビメタさん22

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-07 19:00:42
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【7】イエス「ラウンドアバウト」


Yes
Fragile

 貴重な番組を終わらせてはならない!


 パッパラー河合がゲストの回はプログレの夜だった(参照 )。のっけからプログレフレーズを連発して、熊田曜子に「何か、乗れない」(大意)と言われる始末(爆笑)。そんな河合氏が弾いたフレーズのなかから、イエス(Yes)「ラウンドアバウト(Roudabout)」を。

   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----12----------|-7---575-3---5---|
B:-----12----------|-----------7---7-|
G:-----12----------|-----------------|
D:-----H-----------|-----------------|
A:-H---------------|-----------------|
E:-12--------------|-----------------|
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-2-3-320-0-------|-----------------|
B:--------3--3-1-0-|-3-0-1---0-------|
G:-----------------|-------2---0-2---|
D:-0---------------|-----------------|
A:---------3-------|-2---0-----------|
E:-----------------|---------3---3---|


 ちょっとリズム自体が捉えづらい曲であるが、一応4拍子に押し込めた。しかし、よくぞここまでゲストにマニアックな話をさせていたな、この番組。所謂、商業音楽にこびることなく。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-07 02:07:17
テーマ:ヘビメタさん

今日のマーティ・フリードマン(ヘビメタさん23)


前川清
東京砂漠/抱きしめて



ゼブラーマン


グループ魂, 宮藤官九郎
Run魂Run

 今日のヘビメタさん、ゲストは劇団大人計画出身、映画「ゼブラ―マン」の脚本も担当した宮藤官九郎氏。音楽的ルーツはパンクということで、マーティの「メタル魂 in Japan」でもパンク風楽曲をチョイス。その曲は前川清「東京砂漠」


 マーティは「僕も砂漠に住んでいたことがあるので、そのテーマで」と語り、この曲がスリー・コードだけで作られていることからパンクとの親近性を指摘。「パンク・ミュージシャンはスリー・コードしか知らない。いい意味で」と発言した(笑)。では、今日のマーティのギター・ソロを振り返ってみよう。


   Bm                Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-777776-4----4-67|-999997-6----6\-/|
D:-------------4---|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   F7                Bm
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|------5-7--------|
G:-666664-3------46|-7-7-7-----------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|

 と、サビのメロディを弾いたのち、
   B                 E
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-7-777-777-777-77|-9-999-999-999-99|
G:-8-888-888-888-88|-9-999-999-999-99|
D:-9-999-999-999-99|-9-999-999-999-99|
A:-9-999-999-999-99|-7-777-777-777-77|
E:-7-777-777-777-77|-7-777-777-777-77|
   F#                B
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-1011101110111011|-6-7-6-7-6-7-6-7-|
G:-1011101110111011|-7-8-7-8-7-8-7-8-|
D:-1011101110111011|-8-9-8-9-8-9-8-9-|
A:-8-9-8-9-8-9-8-9-|-8-9-8-9-8-9-8-9-|
E:-8-9-8-9-8-9-8-9-|-6-7-6-7-6-7-6-7-|


 と、パンク風の速いテンポでのスリー・コードカッティングを行い、 宮藤氏に「テレテレテレテレ(筆者注:4小節目の部分)が入るとパンクっぽいですね」と言わしめた。マーティのパンクっぽいプレイが珍しかったですね。


■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧 平岩紙(大人計画)と仮面ライダーアギト

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-06 19:00:23
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【6】T. REX「チルドレン・オブ・レヴォリューション」


T. Rex
Tanx

 貴重な番組を終わらせてはならない!


 偉大なロック番組、「ヘビメタさん」ではグラム・ロックが何度かフィーチャーされた。8月31日放映、佐野史郎氏ゲストの回(参照 )から、T.レックス(T.Rex)「チルドレン・オブ・レヴォリューション」を。

   Em
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-14------14------|-1214--1214------|
E:-12------12------|-1012--1012------|
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|---------14--12--|
A:-1214--1214--1214|---1214--12--10--|
E:-1012--1012--1012|---1012----------|


 マーティが楽しそうに弾いていた姿が良かった。この曲、日本では決して有名な曲と思えない。マーティは子供の頃テレビでアイドルとしてのマーク・ボランに触れていた口なのだろう。日本の僕らが思っている「メタル」という範疇と、アメリカで思われている「メタル」という範疇は決して同一ではない。そういった文化の違いも勉強になる番組だ。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧  ヘビメタさん22

いいね!した人  |  コメント(120)  |  リブログ(0)
2005-09-05 17:00:40
テーマ:ヘビメタさん

ヘビメタさん存続祈願【5】ボン・ジョビ「ランナウェイ」

Bon Jovi
Cross Road


 貴重な番組を終わらせてはならない!


 偉大なロック番組「ヘビメタさん」。八代亜紀をゲストに迎えた8月22日放映回(参照 )では、八代亜紀がコンサートでボン・ジョヴィ(Bon Jovi)「ランナウェイ(Runnaway)」をレパートリーとしたことがある体験談などを披露。すかさずサビ部分のコードカッティングを行うマーティ・フリードマン!

   Am    
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-7---7---7-7-----|-7---7---7-7-----|
E:-5---5---5-5-----|-5---5---5-5-----|
   G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-3---------------|-3---------------|
B:-3---------------|-3---------------|
G:-4---------------|-4---------------|
D:-5---------------|-5---------------|
A:-5---5---5-5-----|-5---5---5-5-----|
E:-3---3---5-3-----|-3---3---3-3-----|
   Em                F       G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-2-----------2---|-3-------5-----5-|
E:-0-----------0---|-1-------3-----3-|
   Am
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-------2-3-2-----|-------5-5---5---|
E:-5---5-------3-5-|---5---5-5---5---|


 こういったアドリヴでのプレイには本当に敬服。音楽家の素顔が、エピソードから、演奏から伝わる素晴らしい番組である。


■関連リンク:ヘビメタさん存続希望署名 ヘビメタさん公式ページ

■関連記事:ヘビメタさん過去記事一覧  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。