1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-02-26 23:12:23

国境なき医師団報告会

テーマ:ブログ
国境なき医師団はエボラ出血熱が蔓延している地域で
献身的な医療に従事している

今日はアフリカから帰った団員からの報告会

マスクとゴーグルの完全防備でエボラ出血熱の治療をするのは大変だ
注射針の使用も制限された状態で栄養失調症
の患者の治療をする苦労は
心をうつ

エボラ出血熱は収束に向かっていると報道されているが
現場で働く団員の報告では
まだまだ予断を許さない状況らしい






国境なき医師団は武器を持たず

爆撃されている世界中の紛争地域でボランティア医療をしている

今年はヨルダンのアンマンに
シリア、イラク、パレスチナからの難民患者を治療する病院ができて
僕も設立に協力してきた


病院のオープンはすごく嬉しい

すぐにでもアンマンに行って皆を励まし
力にもなりたい



イスラム過激派の患者でも治療する善意の国境なき医師団が攻撃されるはずはないとは思うが

現地の状況は流動的だそうだ

思案中(((・・;)。


かっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-02-14 19:31:34

新型ヒアルロン酸によるプチ整形うまくいった(^ω^)

テーマ:ボランティア
腫れもほとんどない(^ω^)🎶



このまま
新幹線で名古屋に帰る










🚅新幹線のぞみなう
かっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-02-14 18:15:27

新型プチ整形の実験

テーマ:ブログ
プチ整形はヒアルロン酸を注射して手軽に鼻や顎の形を変える技術である

20年前にスウェーデンの友人が開発したヒアルロン酸を鼻の低いアジアの人々に広めるため

国際美容外科学会で
自分の鼻に注射して
「プチ整形」として世界中に広めたのは僕なんだ

プチ整形のコンセプトは
手術の失敗を怖れる患者様や初心者の美容外科医には歓迎されたかが
色々な問題も引き起こした

ヒアルロン酸は時間の経過とともに吸収されるのだが
ボリュームを出そうとすると
雪山の雪崩のように横に広がり
アパターかモアイ像のような不自然さを醸し出す

だから
プチ整形は控え目に行うよう
初心者に講義してるのだかが
初心者のドクターの手による、プチ整形でできた太い鼻の修正はひきもきらない

崩れて広がるプチ整形の欠点は
軟らかいヒアルロン酸のの硬度を上げて吸収しにくくすることで解決できるはずだ


最新式の長期持続型のヒアルロン酸は
その問題を解決しつつある

今日
世界で一番硬く、長期に持続する、ニュータイプのヒアルロン酸のサンプルが届けられた

まず
今から
自分の顔で実験する

失敗したら
おすすめしない

さて

どうなるか(^ω^)🎶



かっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み