みのり先生の診療室

5万人以上の「オシリ」を診察してきた
肛門科専門医の女医がつづる
お尻で悩める人へのメッセージ

Introduction

$みのり先生の診療室

はじめまして。佐々木みのりです。

私は皮膚科医から転身して以来15年間、
5万人以上の『おしりだけ』を
見つめつづけてきました。

肛門科のお仕事を始めて驚いたのは、診察室で涙を流す患者さんが多いことでした。

えっ?!
私が泣かしてるんじゃないですよ^_^;

ホッとして・・・
感極まって・・・
治ると分かって・・・

涙が出ました・・・とよく言われます^_^;

「痔」  「ぢ」

誰がこんな名前付けたんだろ・・・(-_-;)
こんな名前じゃなきゃ、もっと堂々と言えたのかもしれない。

死に至る病じゃないのに、どうしてこんなに人々を苦しめるんだろう。
3人に2人がなるようなありふれた病気なのに、どうして家族にすら内緒で、誰にも言えず一人で悩んでいるんだろう。
どうしてオシリのせいで人生暗くなっているんだろう。

風邪と同じくらい誰もがなるありふれた病気。

「私、風邪ひいちゃった・・・」
と同じように
「私、痔になっちゃった・・・」
って言えたらいいのに。

そんな思いを込めて、誰にも言えず悩んでいる人の助けになればと思いブログを始めます。

肛門科だけしかやっていない私だからこそ書ける役に立つ話、全然関係のない役に立たないかもしれない話。
肛門科医が日常どんな生活を送っているのか?何を思い、何を考えているのか?
などなど自分の言葉で綴っていこうと思っています。
応援してくださったら嬉しいです。

読んだ人が不安になるのではなく、ホッとできて幸せで前向きな気持ちになるようなメッセージを発信できるよう頑張ります(^-^)/
NEW !
テーマ:
大阪肛門科診療所は自由診療です。

保険が効きません。


保険診療に比べると
治療費が高いです。


だからって

私たちの治療の方が高価で
優れているというつもりなど
毛頭ありません。


値段が高い方が良くて
低いのは価値がない

ということでは
ありません。


私たちよりも経験が豊富で
手術が上手い先生だって
たくさんいると思います。


自由診療だから
どうしても
セカンドオピニオンの患者さんが
多くなります。


だって高いから・・・

まずは
保険の効く近所の肛門科へ行ってみて
そこで治らなかったら
高いけど行ってみよう


という流れになっても
不思議はありません。


私たちの方が上だ

という気持ちも
全くありません。


だけど
「後医は名医」
という言葉があるように

あとで診る私たちは得だなぁ
と思うことがあります。


だって

今までの先生のやり方では
うまく行かなかった

という事実があるからです。


つまり

その方法では治らないから
別の方法を考えなければならない。

今までの治療法は
消去法で消去されるワケです。


だから
ある意味、
有利な立場にもなれます。

また
私たちの提案した治療が
うまくいかなくても

今までだって
うまく行かなかったわけだから、
患者さんに文句を言われることも
少ないわけです。


ここでもダメか・・・

となるわけです。


どういう結果になっても
得な気がします。


だから

すごく恵まれた環境で
医療をさせてもらっていると

心から思っています。


また
私たちには時間があります。


患者さんの話をゆっくり聴いて
ちゃんと説明して
患者さんと一緒に考える

そんなゆとりがあります。


それは
自由診療だから出来ることです。

それに価値を感じない人もいるでしょう。


価値って
人によって違うので

どちらがいいとか
どちらが上だとか

そういう話じゃなくて

「価値が違う」んです。


価値があるかどうか

ではなく

価値が違う。


これ
すごく大切で
的を得た表現だと思いました。


患者さんが
感想に書いて管さった言葉なんです↓


正直、保険診療に比べると高価ですが、価値が全く違います


高価だから価値がある
高価だからこちらが上

という意味ではなく

「価値が違う」


すごくハッとさせられた言葉でした。


これからも
保険診療とは違う価値を
提供していきたいと思います。


それが出来なくなったら
自由診療をやめるべきだとも
思っています。


いつも
毎日

そんなことを考えて
診療をしています。


私たちの医療に
いや
私たちに

価値を感じて下さる人に
来て欲しいと思います。


blog1004

診療所のセラピードッグ「ラブ」らぶ
クイズ「ラブはど〜れだ?」トイプ-アプリコット
毎日読んで下さっている方は
分かりますね?ニコッ

いいね!した人  |  リブログ(0)