邯鄲の夢

徒然日記


テーマ:

HAUNTED XDAY 渋谷Glad

 

 

VANIRU

少々短く感じましたが、それほど実力出し切った感じ、

見せ場を堪能させられた感じが

ありました。

エレクトリックながら、ROCK的ツボを押さえた

音創り、ステージングの良さ。

魔太郎さんが入って迫力が増しました。

レオニールさんの強い存在感。

美しさと妖しさ。逸材です。

 

 

speediD

主催としてこのような素敵なイベントを

企画してくれたのも感謝ですが、

新アルバム作成中という彼らの音もすごい。

 

海外ヘヴィロックを匂わせる密な音に

高音と低音ヴォーカルの妙味。

個人的に新曲のサンダーバードが好き、

サンダーバード乗ってるし(笑)

(ローカル線にサンダーバードという列車があります)

アルバム楽しみです!どんなに重い音でも大丈夫。

(むしろ重い方が嬉しいです)

 

 

Vamquet

 

ポップさもある打ち込みに

重々しく乗る楽器隊とヴォーカル、

90年代テイストもあるけど

かなり突っ込んだゴシック性、

ロバスミ系のギターがかっこいい、

というかサディさん、どのパートやってもカッコいい!(笑)

 

Der Zibet

ヴォーカリストとしてパフォーマーとして

絶対的自信と実力を持つISAAYさん・・

コートを翻したりグラスを持ったり

一つ一つの仕草がもうそれだけで決まってる、

他の追従を許さないです・・

そして優雅な面もハードな面も持つ多彩な音。

しかし根底がロックンロールだから、ノれる、踊れる

エンターティメント性ある楽曲です。

 

MADAME EDWARDA

前回ワルプルギスでは、新曲とメロディアスな

曲中心の実験的セトリでしたが、今回の舞台は

マダムを初めて見た人にもよくわかるセトリ!

最後まで張り詰めた緊張感という糸を

切らずに、素晴らしい舞台劇を魅せてくれました。

本当に一瞬の隙もない。

冒頭のサバト、クライマックスに向かう

ローレライと悪の華は、旧マダムの骨頂とも言えるべき

ものですが、新たな境地を開いた新曲も、

完成度高く披露されていました。

Garden of Delights の「you!」とサビは耳に残ります。

もう片付け始めてるのに、アンコールに応えてくれた

Duelは嬉しかった!

 

11月11日ワンマン決定!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ライヴ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

WE ARE X

見てきました

まずライブシーンや

80-90年代フィルムとの

コラージュシーンがかっこいい!!

エフェクト カット割りが見事。

そしてマジソンスクエアガーデンでの、

公演までの様子を主軸におきながら、

Yoshikiさんの独白で、過去が語られるという手法は

非常にわかりやすい。

Yoshikiさんの独白が全て英語、

もう英語圏の方なので、当たり前ですが、だからこそ

ハリウッドで実現したドキュメントでしょう。

 

誤魔化すことなく、hideさんやTaijiさんの死

Toshiさんの洗脳騒ぎに関しても取り上げてあり、

しかも描き方がベタついてないので、

悲壮感なく見られます。

でも、XJAPAN解散からhideさんの死 

その後のYoshikiさんの辛そうなあたりは、

見ていてウルッときてしまいます。

 

最終章、公演の様子もサラッと描かれており、

各メンバーもカッコよく撮られているので

良質なドキュメンタリーだと思いました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

PSYCHO LIZARD

サイバーでカッコイイといえば

この方達でしょう。打ち込みのセンスの良さは、

カヴァー曲の大胆アレンジにも生かされ、

不思議な一体感があり、独自の世界を作っています。

定番曲に加え

今回はDEAD OR ALIVEの「Something in my House」

リッキーさんがフライングVベースで参加とは

意外でしたが、ギタリストの弾くベースは好きです!

またtakさんが、相変わらず音もアクションもかっこよく

オリエンタル、インダストリアルな様相を醸し出しています!

DJでも活躍の、Vo,リーダーLegiさんですが、また定期で

ライヴやってほしいものです!

 

 

MADAME EDWARDA

オルフェウス、マクベスが入っていない、

メロディ曲重視のセトリ、これはこれで何か

神懸かり的に良かった!!

冒頭の新曲は新風怒涛のようだったし

メランコリアもリズム体に変化が。

ZIN様の衣装がいつもよりシンプルで、

しかしアクションが舞台劇、パントマイム

のように華やかだったのは狙いなのかも。

「Marginalia」「アンダルシアの犬」

変則リズムとギターが恐ろしくカッコよくなっていた!!

Garden of Delights なんて曲も出来てました。

リズム体とメロディラインが離れてるのが80年代テイストですが、

この危うい調和が戦慄的に美しい、最後の楽器隊の止め方が絶妙です。

鳥肌たった!

Duelは逆にリズム中心なので、この並びは正解。

とても計算された変化ある選曲でした。通して素晴らしく感じました。

 

 

TAIZOさんの舞踏

ダイナミックな踊りもカッコ良いですが、

私は「横移動」や「寝技」の静かな動きも好きです。

特に今回ふんだんに取り入れられていたので、

とても良かった、足を小刻みにすり寄せる動作も、

地味だけれど素晴らしい、上体が動かず、

下半身だけが優雅に動く、あるいは寝転がりながら

手先足先だけで表現する、このような

抑えた動きの優美さは、舞踏の醍醐味です。

そして壁にぶつかるような動作も、アヴァンギャルドで、

舞踏ならでは・・私はこの動作、

ピナ・バウシェ舞踏団のフィルムで最初に知って

魅せられました。泰造さんの横移動の所作もキレイ。

 

 

手前味噌で恐縮ですが、自作イラストの

TAIZOさんタオルを、販売させていただき、ご好評いただきました。

ありがとうございます。

TAIZOさんグッズには全て、監修つきで舞踏の簡単な

解説をつけさせていただいております。

「舞踏ってどんなもの?」と思う方にぜひ読んでいただきたく思います。

 

なお、新作タオルは、泰造さん出演の大阪「ロウズ・キングダム」

http://www.victorian666.com/rosekingdomab.html

https://www.facebook.com/events/1311937742178941/

でも販売予定です。トゥ・ココット様物販にて、宜しくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。