鳩山首相は16日昼、国会を訪れた自身の後援会メンバーらと面会した際、「政治とカネ」の問題について「来週あたりにすべてが決着していくから、それ以降は心配いらない」と述べた。

沖縄の普天間飛行場移設問題についても触れ、「普天間なんて皆さん、知らなかったでしょう。それが国民の一番の関心事になること自体、メディアが動きすぎていると思っている。必ず5月末までに結論を出すから、心配なさらないでほしい」と語り、「負けないでやります。信じてください」と締めくくった。

首相はその後、首相官邸で記者団に対し、首相の資金管理団体などをめぐる政治資金規正法違反で起訴された元公設第1秘書の判決公判が22日に東京地裁で開かれることを指して「決着」と発言したと説明。

普天間問題での発言に関しては「大きな政治問題になっている。メディアに必ずしも事実ではない、正式に決まってもない地名などが出ることに対し、もっと冷静に判断されるべきだという意味で言った」と釈明した。

職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ-JR京都駅(時事通信)
AD