病院の検食もご馳走です

テーマ:
投稿写真

投稿写真

投稿写真

皆さま秋分の日、いかがお過ごしですか?私は、朝から病院当直中です…明日の夕方まで。季節の変わり目のこの時期は、体調に様々な不具合の生じやすい時期ですので、何かあれば相談に乗れるように、可能な限り当直のお仕事を受けるようにしています。

さて、病棟の入院患者さんに出す食事を、我々医療者も「検食」という形でいただくことがあります。これも、仕事の一つなんです。可能であれば、患者さんの食べる時間前に食べたい…毒味のような立場ですから。

今晩の夕食は見栄えが良いですね。豚肉には、生姜でなく玉ねぎですか…甘くて食欲出ますね。白菜のお浸しには瓶詰なめ茸が上品に掛かっていて、さらに上に味付きかつお糸削りが乗っていて、これだけでもご馳走です。

お味噌汁は、よくこうやって味噌と炒り粉や煮干しな出汁が合わさって沈殿しますが、上澄みの塩味とアミノ酸成分があれば良いので、私は混ぜずにまずひとくちいただき、一度箸で混ぜて再度いただき唇と舌の上の変化を楽しみます。

お、車麩ですね…椎茸の風味と出汁味が染み込んでいて良い。昔、これをふわふわの舞茸だと勘違いして笑われたことがあります。お米は業務用なので、噛むと粒の大きさや、硬めと柔目の不揃いさがありますが、それはそれで舌と歯触りにバリエーションがあって良い。美味しかった!


AD