1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, June 01, 2017

佐賀に行ってきました! (塩田工業高校)

テーマ:練習会報告

                  《練習終了後》

日時:5月26日(金)~28日(日)

場所:鷹ノ巣・多良町テニスコート

 

2週連続での佐賀になりました。

昨年の岡山インターハイでは塩田工業は県代表として団体出場しています。

もちろん連続出場を目指していますが、春からの調子が今一歩とのことでした。

私が選手を拝見する限り負ける理由がはっきりとしないのですが・・・。

神近監督さんは「メンタルです」と。

 

メンタルを鍛えるためには苦しい練習などで体力を鍛えたり、自分自身を追い込むことが必要不可欠だと思います。

しかしながら試合の直前ということもあり、限界はありましたがきつめの練習にみんな良く頑張ってくれたと思います。

 

     《多良町までの送迎に協力してくださった保護者の方々と》

 

こうした保護者の方々の「縁の下の力持ち」的な存在も塩田工業高校の強さを支えていると思います。

本当にお疲れ様です。

 

練習内容詳細はここでは割愛します。

 

県予選会での活躍と、個人・団体の出場権獲得を心よりお祈りしております。

頑張れ! 塩田工業高校!!

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, June 01, 2017

佐賀に行ってきました! (嬉野高校)

テーマ:練習会報告

 

                  《初日の練習後》

日時:5月19日(金)~21日(日)

場所:鷹ノ巣・嬉野中・いこいの村テニスコート

 

新入部員が加わり、新体制になって初めての嬉野高校に行ってきました。

前列の紫のTシャツの5人が2・3年生で、それ以外の9人が新入部員です。

コートに到着、まずは人数の多さに驚きました。

なんと2面をフルにを使っていたのですから・・・・。

ここ数年では考えられないことです。

 

インターハイ県予選前の強化合宿です。

全員が学校の施設に宿泊し、テニス三昧の3日間になったと思います。

練習内容の詳細は割愛します。

 

         《山下先生直伝のウォーミングアップ》

 

 

         《フォアハンドストローク①》   

 

   

         《フォアハンドストローク②》

 

やはり人数がいないと元気が出ないものです。

OGの千明さんも駆けつけてくれさらにみんな元気が出ました。

 

インターハイ県予選での嬉野高校の活躍、個人・団体の代表権獲得を心より

お祈りしております。

 

頑張れ!嬉野高校!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, May 11, 2017

春季関東リーグ戦 結果報告

テーマ:試合結果報告

日時:5月6日・7日

場所:白子町

 

《5部リーグ》

1対戦目

(本学)③-2(高崎経済大学)

加藤・飯村2―⑤小島・結城

爲國・西塚⑤-2阿佐美・渡邉

宮内 健太④-3清水 大輝(F⑦-4)

立野・森下⑤-4小林・堀内(F12-10)

飯田・柴 2-⑤佐々木・竿漕

 

2対戦目

(本学)③-2(茨城大学)

加藤・飯村⑤-1福田・廣瀬

爲國・西塚4-⑤倉部・高橋(F4-⑦)

宮内 健太④-2寺田 健人

立野・森下2-⑤佐々木・金田

飯田・柴 ⑤-3渡辺・赤堀

 

3対戦目

(本学)2-③(玉川大学)

加藤・飯村2-⑤辻本・新井野

爲國・西塚1-⑤佐藤・向山

宮内 健太④-2斉藤 和人

立野・森下0-⑤原田・水田

飯田・柴 ⑤-4内藤・本多(F⑦-2)

 

4対戦目

(本学)③-2(首都大学東京)

爲國・飯村⑤-4山岸・西田(F⑧-6)

加藤・西塚4-⑤菊池・保里(F5-⑦)

宮内 健太④-0高橋 秀和

立野・森下1-⑤北島・西澤

飯田・柴 ⑤-0保前・羽鳥

 

5対戦目

(本学)2-③(東京理科大学)

爲國・飯村⑤-2坂本・上村

立野・西塚2-⑤幸坂・近藤(翔)

宮内 健太2-④大橋 辰平

加藤・森下2-⑤井山・青木

飯田・柴 ⑤-3三浦・崎元

  

男子5部

第一位 東京理科大学

第二位 日本大学

第三位 茨城大学

第四位 首都大学東京

第五位 玉川大学

第六位 高崎経済大学

 

優勝を目指して取り組みましたが、最終戦でも勝ち切れず2位に甘んじてしまいました。試合両日とも白子特有の強い風が吹きましたが、まだまだ勉強不足。

風の強い日のテニス(ポジション等)を研究し、自分達のパターンを作っていかなければなりません。

また、個人個人の基本的な課題も見えてきましたので今後に生かしていきたいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, May 10, 2017

東都リーグ戦結果

テーマ:はじめに

開催日:4月29日・30日

場 所:東京学芸大学

 

1対戦目

(本学)    0-⑤   (中央大学)

爲國・西塚3-⑤浜田・伊藤

伊藤・森下1-⑤河相・中島

曽根直樹1-④阿部   蒼明

立野・江田2-⑤藤森・藤井

加藤・西塚2-⑤斎藤・根本

 

2対戦目

(本学)    0-⑤  (日本体育大学)

爲國・西塚3-⑤蓑和・田中

立野・江田0-⑤村田・山本

加藤丈太郎0-④星野  雄慈

伊藤・森下1-⑤亀井・植村

曽根・西塚2-⑤斎藤・山口

 

3対戦目

(本学)    2-③    (筑波大学)

伊藤・森下⑤-2石川・廣田

爲國・西塚3-⑤井手・國井

森下泰利1-④山邊   智之

立野・江田⑤-3渡邊・西田

加藤・西塚⑤-0根本・高木

 

4対戦目

(本学)     2-③    (東洋大学)

立野・江田⑤-4郷・本間 F⑦-5

爲國・西塚⑤-2田中・篠塚

森下泰利0-④熊切   公洋

曽根・加藤1-⑤福田・吉田

伊藤・森下1-⑤関口・小林

 

5対戦目

(本学)    1-④  (青山学院大学)

立野・江田0-⑤中島・千葉

伊藤・森下3-⑤首藤・始関

加藤丈太郎1-④秋谷  知宏

爲國・西塚⑤-2堀口・豊田

曽根・江田4-⑤高柳・丹羽F5-⑦

 

6対戦目

(本学)    1-④  (芝浦工業大学)

立野・江田3-⑤長谷川・鈴木

伊藤・森下2-⑤石橋・高築

立野智大0-④渡部  翔平

爲國・西塚⑤-4太田・中村F⑦-4

曽根・江田2-⑤慶留間・村田

 

7対戦目

(本学)    0-⑤  (東京学芸大学)

立野・江田1-⑤池本・尾箸

伊藤・森下3-⑤小池・相上

加藤丈太郎1-④松尾 慎吾

爲國・西塚3-⑤山岸・藤森

曽根・江田4-⑤石橋・仙北谷F2-⑦

 
《全体結果》
優勝 日本体育大学
2位 中央大学
3位 東洋大学
4位 東京学芸大学
5位 青山学院大学
6位 筑波大学
7位 芝浦大学
8位 本学
 
新1年生が4名入部してくれ、活気が出てきました。
今回の大会はサークルメンバーが県の国体予選と重なったため出場できず、勝利は上げられませんでしたが、充実した大会になりました。
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, April 03, 2017

北海道(登別明日中等学校)の強化合宿に行ってきました!

テーマ:はじめに

日時:3月29日(水)~31日(金)

場所:厚真体育館

宿泊:こぶしの湯あつま

参加人数:中学・高校生男子18名(日帰り2名)

 

今回の強化合宿に当たり、籠山監督より配布された部員への案内(ここでは紹介できませんが)には合宿の目的並びに注意事項がしっかりと整理され、明記されていました。

私の大学の11項目の規律・3項目の合宿の目的と殆ど同じとだけ紹介しておきます。

 

3日間行った体育館での練習も全員が非常に引き締まっていて、機敏に行動できていました。

普段からきちんとやっているからだと思いました。

技術面ではストローク(フォアハンド・バックハンド)、ボレー、スマッシュ、サービス、レシーブなどの注意点も確認でき、それぞれきっちりと時間をかけて取り組むことができました。

今回は特にストロークに時間をかけて行い、ロビングも多く取り入れました。

 

また、毎晩のミーティングではソフトテニスに関する考え方や具体的な戦い方等も伝えらえれましたし、登別明日・高校生の「今年度の目標」も全員で共有できたことも大きな収穫であったと思います。

普段は学校の練習が終わると全員がバラバラになりそれぞれの自宅に戻りますが、今回は合宿でそれもできず、部員全員が一堂に会することで強い絆も生まれたと思います。

私が見る限り、高校生が中学生をうまくリード、フォローしていて非常に有意義な合宿になったと思います。

願わくば今回の緊張感を学校に戻っても自分たちの中で継続してほしいと思います。

高校生のキャプテンを中心に目標達成に向けての「P/D/C/A]のサイクルを回すことを提案したところ、今後の日程を確認し、すぐにゴールに向けての計画立案に取り組んでいました。

 

私がミーティングで話したことが実践できれば「目標達成するために何をするか」を決めるその決め方やどうやって具体的に取り組むかのステップも理解でき、必ずや目標達成できると信じています。

 

全員が素直で真面目、きっとやり切ってくれると思います。

まずはその一歩として、今回決めた目標に向かって日々全員が一丸となって全力投球するしかありませんね。

 

皆さん頑張ってください!!

また機会があれば一緒に汗を流しましょう!!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, March 24, 2017

日本大学ソフトテニス部 春季合宿終了!

テーマ:合宿報告

          《20日(日)の練習後に全員で》

 

日時:3月17日(金)13:00~23日(木)12:30迄

場所:伊豆井高原 小室山公園テニスコート

宿泊:リゾートホテル ロブィング

 

日本大学ソフトテニス部はこの時期に部員数に関係なく、毎年約1週間の春季合宿を行っています。

現時点で正式な部員は新4年生1名のみですが、4月からは新入生部員も含めて4名でのスタートになる予定です。

もちろん、部員4名ではリーグ戦に出場できないため、不足する人数(5名以上)は日本大学のサークルメンバー全員に声をかけて協力をお願いしています。

 

上記の写真では13名ですが、桜門会副会長、OB・4名、監督、コーチを除くと選手は6名です。

合宿等は体育会の所属ではないため補助金もなく、全員が自費参加なのでサークルメンバーの参加は期待できないのですが、彼らは積極的に参加し盛り上げてくれて、本当にありがたいと思っています。

 

詳細な合宿中の練習内容はここでは割愛しますが、ミーティングにおいては「合宿の目的」や「規律」や「四則」等も伝え、まるで体育会であるかのように現所属に関係なく全員が同じように行動しています。

どこの誰が見ても学生らしく、「日本大学ソフトテニス部」らしいとして思ってもらえるように。

 

今回は都合で参加できなかったメンバー4名(予定)も4月以降には加わって一緒に「日本大学ソフトテニス部」として活動していく予定です。

(学連登録は全員「日本大学ソフトテニス部」となります。)

以下の写真は練習風景です。

 

《学生 全体練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《学生 練習風景》

 

《OB 練習風景?》

 

《OB 練習風景》

 

《OB 練習風景》

 

《OB 練習風景》

 

《42年前の神奈川高校チャンピオン 練習風景》

 

《42年前の岡山高校チャンピオン 練習風景》

 

今回も桜門会(日本大学ソフトテニス部卒業生の有志からなる組織)のOBの方々から色々な差し入れや陣中見舞いをいただいたり、、コートに足を運んでいただき声をかけていただき心より感謝しています。

また他大学を卒業されていてもわざわざ顔を出してくださったり、こうした方々の応援が我々の活動のバネになります。

 

逆に、部員の人数が少なくなってから色々な場面に遭遇し、考えさせらることも増えました。

昨年は5部リーグを全勝で優勝し、4部との入替戦を棄権し、一部の方から「優勝してなぜ棄権する?5部の学校に失礼だ!」と厳しいご意見もいただきました。

 

私は、体育会として認められてはいないものの毎日、真面目に練習をしている部員を何とか試合に出してたやりたい。(サークルメンバーも一緒に練習しています)その一心だけです。

そのために試合に出場できる状況を作ってやる」このことは私が監督をしている限りずっと続けていくつもりです。

ただ、協力してくれるサークルメンバーは学連で4部に昇格するとサークルの試合に出場できなくなるというサークル内の規定があります。

(正式部員だけで試合に出場できるようになればもちろん4部昇格を目指します)

 

また、ある大会では対戦した学に対して決められたベンチに移動をするようにお願いすると

「ベンチくらいゆずってやれや!」

そして試合中には 

「サークルなんかに負けるな!」

等と心無い言葉、仲間に対しての冗談の応援ではなく、明らかに我々の選手に対しての罵声を浴びました。

これが今の某大学のレベルだと・・・、本当に怒りを通り越して呆れ、悲しくなりました。

私の知り合いには立派なOBの方々も沢山いらっしゃるのに・・・・。

本当に残念な気持ちです。

ただ、勝った負けただけではなく、「ソフトテニスをしていること」にプライドを持てないならばやらなければよいのではと思います。

 

今年もきっと色々あると思いますが、いずれにしてもシーズンが始まりました。

我々、日本大学ソフトテニス部もソフトテニスをすることに「プライドをもって」愚直に取り組んでいきたいと思っています。

 

《日本大学ソフトテニス部と一緒にソフトテニスをやってみたいという高校生の方々へ》

入学の確約はできませんが、皆さんの日本大学の受験、合格、入学、入部を心よりお待ちしています。我々と一緒にソフトテニスをやってみませんか。

 

興味をお持ちいただけた方は連絡ください。誠実にお答えします。

よろしくお願い申し上げます。

 

最後に、今回の合宿に当たり大変お世話になりましたロブィングの皆さん、小室山公園テニスコート管理人さんをはじめ皆さんに心より御礼を申し上げます。

また、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, March 02, 2017

旭川の素敵な面々

テーマ:いい感じ?!

今はなくなりましたが、北都商業高校ソフトテニス部卒業生との楽しい食事会です。

「昔話はいつになっても褪せない!」

すっかりお父さん、お母さんもいて、大人の会話も弾みましたし、今回は新たなメンバーも加わってさらに盛り上がりました。

 

また、来年も開催できることを期待しています。

皆さんそれまで元気でいてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, March 02, 2017

北海道(中学校講習会)に行ってきました!

テーマ:合宿報告

         《合宿終了後に全員で撮影》

日時:2月25日(土)26日(日)

場所:夕張文化スポーツセンター

参加:手稲・前田・中の島中学校

 

今年で中学生の講習会は11回目になります。

講習会に先立ち、鈴木先生より今回の目的についてのお話。

3校の選手の交流、人間性・競技力の向上、指導者の交流及び指導力の向上

 

次に私から「ソフトテニス」についての競技特性や考え方やサーフェース、ラケット、グリップ等についての話の後、実技開始。

 

25日(土)

待球姿勢の考え方、体勢、前後左右の移動の仕方

正しいテイクバックの取り方、体の使い方

スウィング時のラケットの軌道、体の使い方(その理由)

ヘッドスピードを上げるスウィングの仕方

ボールの回転とスピードについて

 

《手出しフォアハンドストローク練習風景》

(画像回転不可能?!容赦ください)

 

 

 

とにかく一生懸命にボールを数多く打つこと

昼食時も交代で練習継続。

 

体重移動がなかなか難しく、後ろの足に体重が乗らない

そのため大きく前の足を一度大きく右足の前に引いて踏み出すように。

 

練習、食事の後約1時間のミーティング

大きなテーマとして「ライバルに勝つために!」

まず初めにライバルとは??

具体的にイメージがあるかないか?

「自分自身がどうなりたいのか?」

 ・優勝したい。人気者になりたい。有名になりたい。異性にもてたい。・・・などなど

「そのために何をするか?」

 ・ただ単に練習ではなくもっと具体的にすること 

 例えば、フォアハンドストロークの左ストレートのシュートボールの練習のように。

「この環境に感謝すること・今を大切に自分ができることをやり切ること」

「最終的にはライバル(相手)ではなく、自分自身との約束を守れるかどうか」

 

生徒とのミーティングの後、先生方と私の部屋で日付が変わるまでスタッフ一同とミーティング

30年前の私の試合(引退直前)のVTRを解説付きで鑑賞会

(旧ルールのもう一つ前のルール時のもの)

若い、細い、速い、等好き勝手なコメントをいただく。(我慢、我慢)

 

26日(日)

昨日のフォアハンドストロークの復習

バックハンドストロークの説明

ラケットを持っている肩が前方にあっるため打点が遅れないように注意すること

背面で打球して、徐々に後ろ足を前にする

ボールの回転がスライスになる理由について

ドライブボールでボールを落とす

フォロースルーのラケットの位置について

 

《手落としバックハンドストローク練習風景》

 

 

 

 

結構打球音も変わり、ドライブボールになり、自分自身が打っているということが信じられない生徒も。

 

《前衛と後衛に分かれて練習》

・後衛

クロスフォアハンドストロークのシュートとロビング

逆クロスフォアハンドストロークのシュートとロビング

 

《練習風景》

 

 

 

・前衛

ボレー&スマッシュ

《ボレー練習風景》

 

 

《合宿終了後》

今回は真面目でおとなしい生徒が多く、一歩前に出て積極的に行動する姿が見受けられないというのがスタッフも含めての感想。

機会を最大限生かし、自分自身が成長すればもちろん自分はもとより、家族、先生方がみんな幸せになること。そして今回参加できなかった生徒へのお土産として講習内容を持ち帰って伝えてほしい。

いずれにしても

 

「自分自身が選んだ好きなことが一生懸命にやれないことは悲しいこと」

 

「小さなことができない人に大きなことはできない」

 

これらのことを常に頭において毎日を送ってほしい!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, February 07, 2017

佐賀に行ってきました! (嬉野高校)

テーマ:練習会報告
           《最終日の練習後に》
 
日時:2月3日(金)~5日(日)
場所:鷹ノ巣公園・みゆき公園テニスコート
サポート:副島さん・喜多さん(嬉野OG)糸永君(日大OB)
 
3日(金)
①手出し左右に移動してフォアハンドストローク
【注意点
フットをしっかりワークさせる
(足を細かく動かせ打ちやすいところに素早く移動する)
右に移動し、打球後はすぐに定位置に戻れるようにすること
一度定位置で止まり、左に回り込み、すぐに定位置に戻れるように体を使い打球する
打球後は定位置に戻って1サイクルが終了
②手出しで前後に移動してフォアハンドストローク
【注意点
前に移動する際に体を前につっこみ過ぎない
次にバックすることを考えながら打球後に前に出した右足を踏ん張ってバックする
バックした際は打球後からだが後ろに流れないようにする
 
※この練習では移動したということを感じさせないような体勢を取ることと、次に行う動作を意識して体を上手にさばくことを覚える
 
4日(土)
昨日の復習練習
①二人一組みでバックハンドストローク
【注意点
決められた位置に正確に落とし、体を開かないで打球する
バックハンドストロークでは打球する(ラケットを持った)肩が前にあるため体が開いたり、肘が出たり、脇が開くと打点が遅れる、遅れるとドライブがかからずスライスボールになる
また、体が前に倒れたり、頭が下がるとヘッドアップにつながり、体がスムーズに回転できなくなる
②手出しで左右に移動して右フォアハンドストローク左に移動してバックハンドストローク
【注意点
フォアハンドストローク時とバックハンドストローク時の足の位置に注意する
特にバックハンドストロークの際の足の入り方が大切(かかとから)
③4コースボレー&クロス
クロス・逆クロスは後衛が左右に移動して上げボールを出す
【注意点
体をネットに近づけ過ぎない(ラケットを前に出せないし、ネットにタッチする可能性が大きい)
後衛の移動に合わせてポジションを取ってからスタートする                        
                         《山下先生のボレー》
 
《練習風景》
 
《練習風景》
④手出しスマッシュ
【注意点】
打球一が後ろになるとバックアウト、前になったりするとネットになるので常にネットまでの距離を考えながら打球一に入る
⑤サービス・レシーブ練習
【注意点】
セカンドレシーブの際に後衛は打球後、後ろに下がるフットワーク、前衛は前に出るフットワークをしっかりと行う
ボールがデッド(ポイントが終了するまで)になるまで必ず次の動作を確認する
⑥4ポイントゲーム形式
 後衛2本、前衛2本のサービスで交代
 
 【練習終了後30年前の私の試合VTR 鑑賞会】
旧ルールであるものの少しは参考になったか?
300gを超えるウッドラケットを振り回している姿や選手紹介の中の体重(?)が懐かしい
ボールのスピードは速いと感じてくれたらしい
 
5日(日)
午前中は生憎の雨のため学校の教室で私からの話
(さすがに雨男前、嬉野高校に来ると一日は雨模様)
現在に至るまでソフトテニス選手、社会人として学んだこと、考えてやってきたことの紹介
今後選手に期待すること等
 
午後より雨が上がったので鷹ノ巣コートで練習
①二日間の復習
②ペアでの練習
③練習ゲーム
 
【所感】
 嬉野高校は杉光監督をはじめ前田先生(OG)、昨年より日本代表の山下先生が加わりスタッフは申し分ない状態。
しかし、残念ながら中学から高校に進学する段階でやる気がなくなったりする選手がどうも多いようで寂しい状況が続いている。
最近ではジュニアから始める選手が多く、また中学時代にもソフトテニスの本当の面白さや何を学ぶべきなのかを伝えきれていないのではないのかという気さえする。
(私のただの思い込みであればよいのだが・・・)
それでも嬉野高校はたった5人で一生懸命に頑張っている。
だからこそ余計に上達して成果につなげてほしいと願う。
一年は365日、1日は24時間、みんな平等にあるわけですからそれをどのように捉えてどう行動するかが結果につながると思う。しかしながら、やったからと言って必ず成果につながるかというとその保証はない。
でもそれを信じてやることが大切だと信じて疑わない。
どこまで理解してくれるか???
 
 
今回、選手一人ひとりには違った能力があることを改めて感じさせてくれた選手がいた。
一人でコツコツと手出しで練習に取り組んでいる選手が・・・。
練習の最後の方にはみんなが分かるくらい明らかに打球音が変わっていた。
こうした選手であればいつまででも一緒に練習していたいと思う。
ただただ単純に嬉しい。
きっと上手になると思うし、信じる。
試合で勝ち切って優勝することはできなくても社会に出てみんなから愛され大切にしてもらえるであろう。
 
土曜日にはOGも二人休日返上で来てくれ、大分から私の後輩の糸永君も泊りがけでサポートに来てくれた。これもまたこの上なく嬉しい。
彼もソフトテニスがしたいということで前職を辞め、試験を受けて合格し、新たな人生をスタートさせた。同僚の早過ぎる死が影響したと話していた。
私も「まだまだやらないといけない!」と色々な人からたくさん刺激をいただいている。
 
杉光監督をはじめ嬉野高校のソフトテニス部の皆さん
また皆さんとソフトテニスができる日を楽しみにしています!!
一緒に頑張っていきましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Tue, January 24, 2017

佐賀に行ってきました!

テーマ:練習会報告
      
《練習会最後に参加者全員》  
日時:1月21日(土)~22日(日)
場所:みゆき公園他
参加:高校男子(選抜メンバー)
 
昨年に引き続き、佐賀県高校男子の強化練習に行ってきました。】
雪が舞い、風も吹き、体感温度が低い中、選手の皆さんは頑張ってくれました。
練習内容はあくまで基本(ストローク中心)の徹底。
 
【今回の強化練習の目的の説明と講師紹介(塩田工業:神近監督)】
県の強化練習会の目的と取り組み姿勢、注意事項
 
2日間の主な練習内容
【実技前の説明】
ラケット(用具)を使う競技特性。
クレーコート、オム二コートの違いによる考え方の違い。
ラケットの操作、スウィング。
体の使い方。
ボールコントロールと打球軌道の考え方。
ストロークする位置と狙う場所のイメージ。
《練習風景》
《練習風景》
【実技】
ストレート
自らの手出しショートストローク
手出し上げボールでのフォアハンドストローク(1コース)
手出し上げボールでのフォアハンドストローク(+回り込みで2コース)
手出し上げボールでのフォアハンドロストーク(前後)
【実技前の説明】
バックハンドストローク
体と打球ポイントとボール回転
ラケットの起動とフォロースルー
【実技】
二人一組で打球一の手出し
ストレートでの手出し上げボール
フォアハンドストロークとバックハンドストローク
*2日目から参加校は初日メニューをコートを分けて実施
 
【実技前の説明】
ラケット操作と力の入れ方
打点と体の位置関係
相手の移動に合わせたポジション取り
【実技】
ストレートフォアボレー(ストレート)
《練習風景》
後衛がクロストセンターに移動して上げボール
《練習風景》
バックボレー
後衛が逆クロストセンターに移動して上げボール
フォア・バックボレー(4コース)
《練習風景》
以上
今回は全て練習に費やし練習ゲームは一切なし。
 
【所感】
佐賀県は残念ながら全国選抜に出場することができませんでした。
試合における戦い方までは詳細に理解はできませんが、やはり基本ができていないためにミスが多いことが敗因とお聞きし、今回の練習内容になりました。
どこに打てば良い等と相手の弱点が分かっても考えられてもそこに打球が入らなければ意味がないだけでなく、逆に相手を喜ばせることになってしまいます。
まずは正確にコントロールできる正しい打球方法が理解でき、実践でき、そこからいかに試合で応用できるか、だと思います。
基本通りに打球できる相手であれば苦労はないわけで、試合はすべて応用ですから、いかなるレベルであっても戻るところは『基本』です。
今回の練習内容をみんなで理解して各学校に戻ってほかの部員の皆さんにも徹底してほしいです。
そして機会がありましたら次回は応用を入れて実戦に近い形での練習ができればさらにレベルアップできると思います。
 
最後に、今回お世話になった各学校の監督さんをはじめ指導者の皆さん、送迎をしていただいた保護者の皆さん、今回のためにお手伝いいただいた塩田工業のOBの皆さん、卒業予定の3年生の皆さんありがとうございました。
また皆さんにお目にかかれることを楽しみにしております。
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。