青森市ピアノとリトミックの教室《どれみランド》のレッスン日記

青森市のピアノとリトミックの教室《どれみランド》です♪
生徒さんたちとの楽しいレッスンの様子を綴ります♪
只今、ご入会受付中です。無料体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

弾けるとたのしい! 楽しいと、もっと弾きたくなる!!




音符1 青森市のピアノとリトミックの教室《どれみランド》音符1  





どれみランドのレッスンは


特にはじめてピアノに触れる方にお勧めします。


楽しく身に付くレッスンで


ピアノが弾ける喜びと音楽の楽しさをお伝えします。

 無料体験レッスン受付中!







≪お問合わせ・お申し込み≫





mail:doremiland_705@yahoo.co.jp


TEL:017-739-8303 (どれみランド・織笠)



※レッスン中は電話に出ることができません。留守番電話にメッセージを録音していただければ、こちらからご連絡いたします。



















DSC_1774.JPG




DSC_0363.JPG




2014121016030000.jpg






テーマ:

5連休(わたしだけすみません😅)2日目の2月12日。

※5連休とは?確定申告準備のための休日(笑)


寒くて息もできない2月12日の青森市。

片側3車線の国道=夏にはねぶたが通る青森のメインストリートが、山の中でもないのにホワイトアウト😱

そんな地吹雪体験ツアー状態の中、合唱練習に行ってきました。


この日は、楽しみにしていたオーケストラとの練習♡

やっぱりオーケストラの演奏で歌えるって幸せ♡

13:30-17:00という長時間の練習も全然苦になりません♪

{DAD9EC71-FD9C-4977-9432-B0073AE3A0AF}

今回の練習には、ソプラノソリストの竹村佳子先生もいらしていて、第九以来4年ぶりにお会いすることができました♡

{D70AF38A-C2FC-4FC8-BD72-1888E0653828}

竹村先生には、第九の歌詞の読みをこっそり教えてもらったり(指導者が、カナをふるな!と厳しかったので、竹村先生に教えていただきこっそり書き込みしたんです😅)、地声で叫ぶこどもたちの歌の指導へのアドバイスをいただいたり、その他、第九のこと以外にも大変お世話になったのです♡


お話できて良かった♡


先生にご挨拶させていただき、少しお話をしてたら…また第九に参加しようかな♡という気持ちが湧いてきました😆

(まだ、4月に控えてる演奏会も終わってないのに😆)


竹村先生と今回また同じステージに立てることがとても嬉しく、4月1日の本番が今からとってもとっても楽しみです♡


練習終わって外に出たらまた地獄😭

すっごく寒くて、風が吹くたび辛くて泣きそうになったこの日の青森市。

{D76031B2-053D-441A-AD4A-DCA45B0A6A1F}

マイナス6度😭

駐車場がものすごく遠く感じたのですが、青銀の温度計見て納得😭




そんな極寒のなか練習頑張ってる青森ベートーヴェンスコラーズの演奏会は4月1日です♪


演奏するのはヨハン・セバスチャン・バッハ作曲の『ヨハネ受難曲』

{0D1062AA-643F-41DC-B96D-F495D23167E8}

アマチュアのわたしたちが挑戦するにはとても大きな曲ではありますが、本番までに少しでも演奏の質を高めることができるよう頑張ります!


興味がある方、チケットありますのでお声がけください♡

{D714261E-8D3C-4676-8B1A-358A7464B29E}


曲の難易度が高く、演奏会へ来ることに尻込みする気持ちはよくわかります!

でも、青森に居ながらにして、オーケストラの演奏で歌う合唱を聴く機会ってなかなか経験できないんですよ!


この機会に、新しい世界を体験してみませんか?



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
共感覚…という言葉をご存知ですか?

共感覚とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚(例:文字に色を感じる、音に色を感じる…など)をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象のことです。



今日の東奥日報の朝刊にこの共感覚についての記事が載っていました。

ドからシまでの7音が
「ドは赤」「ソは水色」
など、虹のいろに対応している
という新潟大学伊藤浩介助教チームの調査結果報告です。
{E5F066F9-235B-427C-A86C-C528F3383B13}

この記事を読み真っ先に思い浮かんだのがミュージックベル、そして色音符です。
{B470D922-D1AC-401E-A204-A7F3AC8C3BD1}
ピアノ経験のない、楽譜が読めない子たちに音楽指導をしなくてはならない教育の現場では、音と色を結びつけて指導していることがほとんどです。

幼稚園、保育園だけでなく、ピアノ教室でも音と色を結びつけて指導することもあります。
ピアノを始める年齢の低年齢化により、文字の読めない幼児に対し、色で音を教えている先生も多数おられるようです。

また、保育園や幼稚園で、合奏で使用するミュージックベルは、「ドは赤」「レはオレンジ」…と、各音色分けされてます。
{B9F832E6-F4A8-41BF-B91D-8E9DBE76F018}

色と音のイメージの結びつきは、色音符やミュージックで作られているのではないかと思います。


調査対象が日本人大学生男女という事ですので、なんらかの形で幼い頃にミュージックベルや色音符に接してきていると思います。

伊藤助教の
幼い頃から親しむ『ドレミの歌』で『ソは青い空』と歌うことが原因かもしれないが、『ド』の赤などは説明できない
という疑問は、おそらくこのミュージックベルに理由があるものと思われます。

今回の調査は、

🍀人数の少なさ

🍀偏った年代での調査

🍀対象者たちは、聴こえてきた『音』から色が見えているのではなく『音名』から色が見えているということ

…など、調査方法に疑問が残りましたが、考えるきっかけをいただきました。


今後、ミュージックベルに馴染みの薄い世代、調査人数の拡大、プロの音楽家への調査…など調査対象や人数を広げると今回とは違った結果が出てきて面白いのでは?と思った今回の記事でした。



音楽と色についてですが、わたし自身、音楽を聴いて色が見えることが度々あります。

ただわたしの場合は、どの調でも、何を聴いても、どんな曲でもはっきりと色が見えるわけではないので、共感覚の持ち主と言えるかどうかは疑問も多いのですが。


例えば。
イ長調(♯が3つの長調)は黄緑に近い緑が見えます。
新緑の季節の葉が太陽の光に照らされ、キラキラ輝いている感じ。
これは、曲や作曲者、演奏形態(オーケストラの演奏、ピアノ、歌など)が変わっても共通して見える色です。

面白いのが、同じ調でも曲によって変わり、強烈に見える時と、なんとなく…という時と、浮かばない時があります。

強烈に色が浮かぶ曲は、その調の持っている個性を作曲家が存分に引き出しているからなのでしょうか?(個人的な意見ですが)


♯系、♭系の違いでも頭の中に浮かぶものが変わります。
♯系の調は、キラキラした感じ、艶、輝き、クリアな画像
♭系の調は、フィルターがかかったような画像
など。

しかしこの共感覚は『精神の病気』と見なされることがあるらしいですびっくり

以下、Wikipediaより引用
共感覚は時には神経の病気と見なされることがあるにもかかわらず、DSM(精神障害診断便覧)やICD(国際疾病分類)にも掲載されていない。その理由は、共感覚が日常生活を送る上で問題を引き起こすことがないとされているからである。確かに、共感覚を持つ人(以下「共感覚者」)にとっては、日常で当たり障りがないことが多い、むしろそれを快適だと感じる人さえいる。


わたしは、色やイメージが見えると演奏することや聴くことが楽しいし、心地よいので、この感覚は持ち続けていきたいと思います。
(育てることができるなら、伸ばしていきたい能力です♡)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
当教室は、導入期の生徒さんには

ピアノひけるよ
ピアノランド
オルガンピアノの本
はじめてのギロック
バーナム
の中から3〜5冊のテキストを使用しております。

生徒さんによって使い分けてるテキストではありますが、
『ピアノランド』、『ピアノひけるよ』、『バーナム』はどの生徒さんにも必ず持っていただいてます。

昨年夏から通ってくれてる小1ちゃんも、只今、バーナム、ピアノランド、ピアノひけるよ、オルガンピアノの本、加えて春の発表会の曲をレッスン中♡

とってもシャイで、なかなかお話ししてくれない小1ちゃんですが、半年過ぎてようやく「こんばんは!」と元気にごあいさつの声が出るようになりました♡

小1ちゃんは、ピアノひけるよ二巻に掲載されてる《お正月》を練習中!
節分が終わってしまいましたが
「まだお正月が終わってないから、大丈夫だよ」
と話す私に「???」の小1ちゃん。

「先生、ボケたかと思った?」
と聞いたら、大きく頷きました(笑)
おとなしくシャイで無口な小1ちゃんが、珍しく質問に即反応しました😆

ちゃんと「昔の暦では節分の後がお正月なんだよ」と説明したおきました😆

立春が過ぎた本日。
立春は二十四節気の第一節気で、旧暦では一年の始まりとされていた日。なので、まだまだ「もう いくつねると お正月〜」とお正月が待ち遠しい時期なのですよね😆
 
小1ちゃんには正確にお伝えできなかったけど、今年の旧1月1日は2月16日だそうです。
旧正月のシーズン「昔は今が新年だったのだな・・」と思いを馳せてみるのもよいかも知れませんね。

※宴会好きの方は、2回目のお正月をしてみては?😆
{BCF94065-C3EE-4C43-B3B4-458CDC60EF19}
土曜日に買ってきたブーケ。
なぜがチューリップだけぐんぐん成長中!

春はもうすぐです♡
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
珍しくプライベート日記です♪

リトミックレッスンで伺っているNHK文化センター八戸教室♪
2月2日は生徒になり、盛岡市のベアレン醸造場・代表取締役木村剛さんによる《知ると楽しいビールの世界》を受講してきました。
{F5ECE612-01D4-4353-9811-A1B97EE6436F}

八戸に雪女が来た!


めったに雪の積もらない八戸ですが、昨日はすごい雪。

すみません😅

わたしが青森から雪を連れて行っちゃったかも😅

{DBA6DFF2-3446-4519-B767-567B99DC9FA1}

麦芽

麦を水に着け、根が出たら乾燥させたらコレになります。

ビールの大事な材料です。

これを煮詰めると、次の画像の麦汁になります。


{038A3EA1-8C16-43F2-B883-4F1C80C09E40}

初めて飲んだ麦汁。

あまい!

ビックリしました。


この麦汁は、講師の木村先生がこの日の朝に仕込んだものだそうです。

これがビールになるんです♡


{923E5B00-04F3-4FB2-B0B3-A51A04F0EAD6}


収穫したホップの実は、こうしてタブレット状にしとくそうです。

長く保存しておくことが難しいホップの実もこうしておくと一年中使えます。


独特の香り…というより臭いが😅


ホップは、ビールに苦味を付けるため、そして香りを付けるためと2つの目的があるそうです。


{9CE9AB75-90DB-47F4-9158-AE0C48431B0D}

講師の木村剛先生のベアレン醸造場のビール。

{9F579614-68F0-4EBA-818D-1AE2238E4B5C}

講師の先生を隠し撮り😆


今回の試飲のビールは前回と全く違うものばかり。

先生は、これまでに1,000種類くらいのビールを飲んだそうです♡

{21AC2320-0B4F-41EC-AC1F-008ED384A86D}

試飲が始まりました♡

一杯目は前の画像の講師の先生の醸造場のビール。

二杯目はこのミュンヘンのビール。

クセのないノーマルなビール。

{58B27DCF-FDDE-43A6-B021-56E4EBADF805}

三杯目は黒ビール。

コーヒーっぽい。


ここからどんどんクセのあるビールの試飲が続きます。

酸味が強いもの(フルーツ系の酸味)

ホップの味(苦味)や香りが強いもの

など、普段は手の伸びない珍しいビールも体験しました。


{02B4719C-FDD9-4A5D-8C26-3C0DF5763E1F}

今回、大変印象に残り勉強になったのが修道院とビールの関係について。
神に仕える修道士の方達がアルコール?!
と意外でビックリしましたが、先生のお話を聞き納得。

修道士というのは、実はエリート集団。
特別な人間しか読み書きできなかった時代に、修道へ入るには読み書きが出来ることが必要だったそうです。

このことが実はビール造りの発展に大きな役割を果たしていたそうです。
読み書きができるということは?
ビール造りの工程や材料の配分などについてを残すことができる。
口伝、そして見て覚える…という感覚が頼りのビール造りとは違い、レシピを残すことができるということがビール造りの発展に大きく貢献していたようです。

※このお話の時点で6杯試飲しており、あやふやな部分も多く、お伝えできなくて残念💦


音楽もビール造りも、学びを深めていくことが歴史を知ることに繋がるということは同じだと感じました。


そして、ビールといえばキンキンに冷えたビールを好む方がほとんどだと思います。
先生曰く、冷蔵庫のない時代から作られ続けてきたビールは、当然ですが冷えてなくても美味しくのめるように創られてる。

スーパーや酒屋さんでは世界のビールを楽しめるので、歴史のあるビールを見つけたら、常温で飲んでみようかと思います。


その他、バドワイザーの訴訟問題などビールにまつわるたくさんの楽しいお話が聞けたビール講座。

タイトル通り《知ると楽しいビールの世界》でした♪

{93BEA69C-9B62-4163-B973-DA25E4CF9E98}
久しぶりのNHK。
八戸支局内は 西郷どん だらけ!
{2A5D3B75-3DBA-4CD9-BF53-F2EB31A49DCC}
二次会は、八戸の友人たちとの新年会。
真っ白な八戸市。

{9FEEE00F-9E27-4B00-9370-E3BAD48FFA6D}
再来週はえんぶり。
春はもうそこまで来ています♪

いいね!した人  |  リブログ(0)
おやこピアノコースの年少ちゃん。
耳がとっても良くて、聴いた音をすぐ覚えちゃう天才ちゃんです♡

大好きなベルの曲。
ママが練習してるのを見ていて覚えちゃった!

長い音符もちゃんと数えて伸ばしてるのがすごいね♡

年少ちゃんは絵もとっても上手ラブ

ママのピアノを聴きながら、ベルの絵を描いてくれました。
{3DAD6D45-B973-478E-9ED3-07BE5C2B1896}
チップとルミエールもいます爆笑


おやこでピアノを楽しめるって良いですね♡
年少ちゃんとママは、春のコンサートへ向けて練習頑張ってます音譜
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。