秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

「来週はずっとそっちなんだ」
「あら、久しぶりね。でも逢えないなぁ」
「疲れるから一日ぐらいホテルに泊まろうかと思って」
「え、ホント?いいの?」
「うん、たまにはいいでしょ」
「じゃ時間作る」

たかしが仕事でこちらのほうに来るという。だけどウィークデイは無理ね、と思っていた。

「食事も一緒にとれないし、遅くなるよ」
「分かってるー」
私は楽しみにしていた。



「生理になっちゃったよ」
「具合はどうだ?」
「まだそんなに酷くないけど」
「体調が悪くなかったら、外で飲むか?」
「そっちに行くからぎゅっとだけしてくれる?」

体調は良くなかった。この季節は一番苦手。浮腫んでいる。飲んだら翌朝が危ない。


夜遅くホテルのドアをノックをすると浴衣姿のたかしがいた。
「えへ、来ちゃった」
「door」
「逢いたかったよぉ」
抱き合ってキスして。
「あ~、朝までここでたかしと一緒に居たいなぁ」
「doorは帰るんだよ」
「うん、シンデレラみたいね」


ベッドの上に移動して横になって抱きしめてもらった。
ホンのひと時だけの休息。


「なんか馬鹿みたい、たかしが近くにいるのに逢えないなんて」
「昨日doorの家の前通ったよ」
「え~っ!そっか、その手があったか!

何時頃?」
「8時少し前かな?トマトが赤くなってた」
「一番バタバタしている時間じゃない」
「だろうと思ってさ」


「金曜日早起きするから駅でちょっとだけ会えるね」
「大丈夫かな~」
そう言ってたかしは笑った。


「ダメだったらトマト持ってっていいから」
「じゃ昼はトマト付きだな」
話している間じゅう頭をなでてくれた。



金曜日は早起きできなかった。子供の弁当を作っているうちに時間は過ぎていってしまう。疲れすぎて眠れないから処方してもらってる睡眠薬のせいだってたかしは知らない。



赤いトマトは無くなっていなかった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

岡本太郎→岡本かの子→瀬戸内晴美
の流れで本を読んでいる。
今は瀬戸内寂聴の「私小説」
その初めの章の最後の一節


「自分と夢をひとつ床で見た男たちの、誰の骨をも、私は決して拾うことはないのだという想いが、思いがけない唐突さで、その時私の胸に浮かんできた」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

息子の誕生日祝いにアイクロップス を買った。
「面白いよ、テレビにつないで200倍になるデジタル顕微鏡」
「へ~、それは面白そうだ」


たかしがやって来た時に
「これこれ!」と、自慢してみせた。
柱に当てて木の表面を見たり、服に当てて布地の拡大を見せた。腕に当てると私の産毛が剛毛に見える。

たかしの眼がキラッと光った。
「おおぉ、すごいなぁ
 貸して貸して


 doorちょっと脱いで」
「へ?」
「服脱いで」
「いや、それは…」


たかしの顔を見るともう完全に眼が逝っていて科学少年の眼になっている。あるいはマッドサイエンティスト。話し方も普段のペースの3倍くらいの早口になっている。

そもそも息子に与えたおもちゃをこんな使い方をして良いのだろうか。


「あの…」
「いいから、いいから、いいから、いいから、いいから、いいから」
「ちょっと待って、何で私?たかしが先じゃなくちゃ嫌だ」
「分かった、分かった、分かった、じゃ僕が先でいいから」

上手く乗せられているような気がした。
たかしのジーンズを脱がせてアイクロップスをたかしの性器に押し付けてテレビを見ると、ただの皮膚が映っていた。腕の皮膚よりも肌理が粗かった。


「皮膚だね」
「うん、ただの皮膚だ。ハイお終~い
 じゃ今度はdoorの番」
「やだ~、いきなりそこ?」
「じゃぁ乳首を見てみよう」

可笑しくなって噴出した。マッドサイエンティストの実験台になった気分だ。乳首に当ててみると色の付いた、ただの皮膚が映っていた。
「色の付いた皮膚だよ」
「乳首はどうかな」
乳首には上手くピントが合わなかった。基本的に平面を見るものだからピント合わせが難しい。
「ダメだねー、ピントが合わないや」

ふと我に返って、中年の男女が裸になって何をやっているのかと思う。可笑しくて可笑しくて咽てしまうほど笑った。

「じゃ次」
「やだやだ、恥ずかしいし、きっとただの皮膚だよ」
「皮膚なら良いじゃん
 はい、はい、はい、はい」
こういう時、恥ずかしさより絶対に好奇心が勝ってしまうのが私だ。その辺はたかしにとうの昔にばれている。

「分かった、じゃ見てみよう」
婦人科の検診台よろしく、覚悟を決めると、後はたかしに任せて私はテレビを眺めていた。
「えっ」
「うゎーエッチだー」
四角いテレビ画面にバラ色のテラリとした粘膜が映っている。アイクロップスはLEDで対象物を照らすから、なんだか妙につやつやとしてエロティックだ。
「なんか思ってたよりきれいだな」
「うん、凄く綺麗だ」
だんだん潤いを増してくるのが眼で見える。
「door、濡れてきたね」
「うん」
少しだけ動かしてみると、画面もゆっくり動いた。
「うわ~エッチだ~」「やらしぃ~」
たかしは飽きずに微妙に場所を変えて観察していた。
私は自分の肉体とも思えないものに興味を失って異常に眼がキラキラしているたかしを観察していた。

「たかしぃ、なんか凄く楽しそうだよ」

「うん、楽しい、凄く楽しい」
「そろそろ…」
「もうちょっとだけ
 うわ~」

半ば呆れ、半ばくすぐったく、喜んではしゃいでいるたかしを眺めるのも楽しかった。



まいっか…

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

「そういえば七夕だね

 お空の恋人たちは逢えるといいね」


帰り道に歩きながらたかしにメールを打った。


しばらくして返事があった。


「あの人達は恋人じゃなくて夫婦なんだってよー

 ほとんどの人が七夕伝説を誤解しているって記事になっていたー

 doorもだったかー」


きっとたかしも帰りの電車の中なのだろう。織姫と彦星の話は知っている。働き者の織姫と彦星は結婚すると離れがたく、機を織らず、牛を追わなくなった。天帝がお怒りになって二人を引き離したが、泣いてばかりでまた仕事をしない。ではということで、一年に一度だけ会えるようにしたというお話だ。


私とたかしはそこまで離れがたいわけじゃない。

それを寂しく思ったり、織姫と彦星は若気の至りさ、と思ってみたり。いまさらずっと男と一緒に暮らすのはやはりうっとうしいだろうなと思う。




「知ってるよー

だけど一年に一度しか逢えなかったら夫婦の関係じゃなくならない?」


たかしの反応が知りたくて、ちょっとだけ石を投げてみた。突っ込んだ話をするつもりもないけれど。なんと返してくるかしら。

案の定すぐには返事がなかった。


夕食を済ませて息子と望遠鏡を見ていたら


「おぉ、知ってたか

 宇宙の一年は一瞬なんだね

 宇宙に出ればいつでも晴れているから、地球の天気が悪いほうが覗かれずにゆっくりデートが出来るらしいよ」


返事になっているんだかいないのだか。


「そっかー

 その方がいいかもね

 おやすみなさい」


庭からはもう虫の声が聞こえる。



一年に一度じゃ悲しすぎるけれど、毎日じゃ鬱陶しい。

先のことは考えない。考えたくない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
秘密の扉-090704_2105~001.jpg

「今上野にはパンダがいないんだって」とたかし。

「えっそうなの?知らなかった。それどころじゃなかったもんなぁ」

「見に行ってみる?パンダのいない上野動物園」

「パンダはどうでもいいよ」


「なんかパンダって嫌だな あのいかにも人に媚びているように進化した姿が」

「あはは、確かに」

「パンダって笹ばっかり食べているわけじゃないでしょ、結構肉食だとか」

「あぁ、そうらしいね」

「あの姿で実はいろいろ食べて口の端からたらっと血が流れたりして」

「確かに許せないね」

「でしょ」


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。