携帯版底値帳「my底値帳」のテスト版をリリースしました。

my底値帳」とは、買った物の価格を記録しておき、
次回同じものを買う時に、前回はいくらだったか、
他のお店ではいくらだったかを調べることができるサイトです。

いくつかのお店の値段を記録することで、
どの店が一番安いかがわかるようになります。


my底値帳」は、携帯電話からのみご利用いただけます。

携帯版底値帳


ご利用いただくには、ユーザー登録が必要になりますのご了承ください。


とりあえず使ってみたいという場合には、テスト用IDをご用意いたしましたので、
id : test
pass : 12345678
でログインしてください。



PC用案内ページは、こちらから
AD

携帯版底値帳 開発中

テーマ:
最近話題になっている「底値帳

同じ商品でもどこのスーパーが安いとか、毎週何曜日は売り出しだとか
ノートに書くパターンが多いみたいですが、パソコンの「メモ帳」や「Excel」で作るかたもおられますね

最近では、スーパーなどで携帯電話を見ながら買い物をする人を時々見かけるようになりました

一向に景気が良くならない現状では、支出を切り詰めるために試行錯誤の日々ですね


そこで、そんな庶民の味方になる携帯版の「底値帳」を作ることにしました


携帯を使ったいわゆるWebアプリケーションです

お店ごとに、商品の値段や数量を登録、検索。閲覧することができます

現在開発中ですので、公開できるようになったら、お知らせします。

AD

キーワードの指定の仕方

テーマ:
検索キーワードの指定の仕方について

キーワードにはいくつかのワードをスペース区切りで複数指定することができます。
「商品名」に指定されたワードすべてを含む商品を検索し表示します。

たとえば、「ROLEX 116660」と入力すると、「ROLEX」と「116660」という2つのワードを含む商品を検索します。

さらに、「ROLEX 116660 新品」と入力すると、商品名に「新品」と記載のある商品のみを検索します。

中古品では、なく新品の底値を知りたい場合には、より正確な結果が得られます。


今回、底値検索時に除外キーワードを指定できるように修正しました。

$「楽天底値帳」開発日記-検索キーワード指定

上記の例では、商品名に「ROLEX 116660」を含み、かつ「中古」というワードを含まない商品を検索することができます。


しかし、中古品の場合に必ず「中古」というワードが含まれている保証はありません。
いくつかの組み合わせで検索を行い、希望する商品が検索されるように調整してください。

AD

「楽天底値帳」開発日記

テーマ:

楽天底値帳 (テスト版)」とは、「楽天市場」においての「底値」を1日1回継続的に調査し、更新された場合には「Twitter」にツイートしてお知らせするシステムです。


本日テスト版を、公開いたしました。


まだ、テスト版ですので、不具合や、こんな機能がほしいという点がいっぱいありますが、よろしかったらキーワードを登録してみてください。


更新結果は「Twitter」に配信されますので、「メールアドレス」等の登録がありませんのでお手軽に使用していただくことができます。


キーワードは、定期的メンテナンスいたしますので、削除される場合もあります。


「楽天底値帳」開発日記-楽天底値帳


楽天底値帳 (テスト版)」


配信されるTwitterURL: http://twitter.com/rakutensokone




楽天底値帳 (テスト版)」に関する開発状況を随時レポートしていきます。