古本屋読書館・DEGのブログ

横浜市能見台にある古本屋読書館スタッフ・DEGのブログ
本のことはほとんど書いてなく、ボクの趣味である野球、競馬、ラグビーネタばかり(笑)


NEW !
テーマ:

 本家のⅩのライヴは去年の12月に卒業したボクだが、ソロライヴは観たことがなかったので、チケットがゲット出来ればいつかは・・・と思っていた。 ところが、今回3日間公演のためか、平日開催のためか、あっさり買えてしまったのだった(笑)、しかも30列目という実に観やすい所

で、だ。                                                           少し早く有楽町に着いたので、プロに靴を磨いてもらい気分よくフォーラムへ(ピカピカの靴っていいね)。                                                      

 

Ⅹに出会って久しいがオーケストラコンサートは初めてなので、どんなかなぁ、と楽しみにいていたが、おおよそ満足のいくものに。 ただ、会場が大きい為PAを通して聴くことになりそれは残念だった。ノーマイクであれば全然音の聴こえ方が違うし、せっかくオーケストラとの共演なんだkら・・・と思ったね。 ま、商売だからオーディエンスたくさん入れたいのも理解は出来るけど・・・。

一番の収穫は“WITHOUT YOU”を聴けたこと。

近年の彼の楽曲では一番好きで、もう100回以上は聞いてるが、YOSHIKIのMCでこの曲を書いた時のエピソード(簡単にまとめると、hideが亡くなりバンドが解散した後という最悪な時期のモノらしい)は、なんか唸ってしまった。 というのも、ボクも気持ちのアップダウンが激しいタイプで特に落ちてる時にこれを聞くのが圧倒的に多かったからだ(彼のそれとはまったく質もレベルも違うのは重々承知してる)。

なんか寂しげだったり、物悲しかったり、それでいて優しいピアノの調べはボクの心の琴線に触れて落ち着かされていたものだったな。

 

 他のソロ作品群のライヴアレンジもなかなかで聴き答えのある2時間半だった。

ただ、彼の下手っぴなMC(ま、これはいい)とⅩの曲のアレンジはイマイチ。

後者に関しては、

元々バンド用に書かれたものなので当然ヴォーカルが入る前提なのだが、オケでやるとその部分を木管楽器がなぞるパターンが多い。 これに多大な違和感を感じるのだ。

バンドの音にさらに弦楽器で大仰に味付けされるセンスは抜群でいいのだが、やっぱり人の声と楽器は違うわけで・・・・・・。

素人なりにどうやったら“しっくりくる”か考えるものの妙案は浮かばないのが正直なところ。それはアルフィーがやってる時にも感じていた。

ま、これはちょっとマニアックな話なので理解しづらいかな・・・(笑)。

 

 本家の方は、バラード以外聞くべきものが見つからない現状、もはや伸びしろもなさそうだからライヴも卒業したが、こちらの方はもう一度、二度は足を運びたいかな。

行ってる数は今年少ないが、ナンバーワンかも、だった。 ではでは、俊介。

                                                                          

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 勝負事ってのは机上の計算通りには行かないなんてことは十分知っとるが、終わってみて“なんでこ~ゆ~結果、内容なんだろ?”ってのがたまに起こる。

 

 去年も圧倒的に強かった帝京に土をつけたのが筑波だったが(未だに謎)、今年も接戦で見応えのあるゲーム内容、相性がいいと言えばそれまでなので他の理由を見付けたいが、そこは素人・・・、戦術面やらメンタル面の取材は出来ないのでもどかしい。

今年の筑波の戦績を見ると、慶應・明治とはそこそこ戦えてるようなスコアだが、早稲田には完敗、その早稲田は、慶應・明治に僅差の勝利だが、帝京には大人と子供の差くらいの大敗。ならば、筑波も50点差くらいになるだろうと、たくさんのトライシーンが観れて、いいスポーツ写真が撮れたらいいなぁ、くらいに思っていたから、“判らんもんだねぇ・・・”と。

 

 昨日このブログを書くつもりだったけど、録画を見てからにしようと一日先送りにしていた。

確かに、筑波はいいラグビーをしていた。

よく練られていたような攻撃っぷり、グランドを広く使ったり、用意していたサインプレーでトライを獲ったり・・・、帝京の鉄壁の守備を崩してなんとか得点していた。

守備も大健闘、どうにも防げないシーン以外はかなり闘っていた(なのでスコア上競った形になったわけだ)。

帝京の方に特段落ち度があったようには見えなかったので、これが筑波の力なんだろうな、と。

それと、パナソニックに行ってしまって試合に出れない山沢くんがいたらどうだったんだろうなぁ、とも思ったね。 もちろん彼がいないからこそ頑張った選手もいるってことは理解している・・・、それでも大学生では帝京・松田力也と並ぶ、もしくはそれ以上の実力者だから、そう思ってしまうのも許してもらえるだろう。

それでも、出し切った筑波をがっしり受け止め勝ちきる帝京が一番強いのは間違いない。

大学選手権では、ファカタヴァ兄弟が戻って来た大東大がもしかしたら・・・・・・、

いや、ないな(笑)。

 

 んな訳で、ゲームが面白かったので、なかなか思ったような撮影シーンは少なかった・・・。

おなじみ竹山晃暉、帝京大・2年。

自軍ゴール前で松田力也が蹴ったボールに物凄いスピードで追いついて独走。

ホント彼の脚の回転の速さは観るべきものがある。

 

これも竹山くん。

これまた松田力也からのロングパスからのトライ。

 

堀越 康介、帝京大・3年。

常に彼がどこにいるかチェックしてるボクだけど、まぁよくボールに絡むね。

何度でも言う、早く代表やサンウルヴスに呼んで高いレベルでプレーさせてやってくれ!

 

松田力也、帝京大・4年。

この4年間楽しませてくれた彼が抜ける来シーズン、ゲームメイクからキックと彼の役割の大きさは尋常じゃなかったので穴は大きい帝京。

誰が変わりを務めるのかな? 

ま、まだ終わってないんだけどね(笑)。

 

 しかし、結果的に好ゲームだったこの試合だが発表をみるとスタンドは3400人。

翌日の早明戦はフルハウスで22000人(以前は国立で60000人以上集めていたが)。

同じ日にやってあげればいいのにねぇ・・・。

 

 週末は久しぶりにトップリーグ、サントリー・松島幸太朗を撮りたいぜ。 ではでは、俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先週のジャパンカップの馬券をちょろっと引っ掛けたので、今週も、と行きたいところ。

ダートのG1は二つしか無いためか有力どころがこぞって走るのでメンバーの質も高く見応えのある競馬になるのも嬉しいね。

 

 まだ中京競馬場に移って3回目、傾向もへったくれもないので、目分量での予想となる。

◎は、8番・サウンドトゥルー。 このコースは1勝、3着1回と相性もいいし、その3着も去年のこのレースだ。 幸い6歳の今年もさほど力が落ちた感じもないので期待したい。

モンドクラッセが逃げ、コパノリッキー、モーニンがつつき、それをアウォーディーが捕まえに行く展開も向くハズ(武豊が前を捉えるのがゴール前だったら仕方ない・・・)。

 

○は、2番・アウォーディー。 ダート・6戦6勝、しかもここに出てきてる面子はほぼ負かしてるのも文句なし。特段ケチをつけるところはない、3連複の軸ならこれでしょう。

断然1番人気だから、ひとつ下げただけ。ちなみに、ジャングルポケット×サンデーサイレンスの組み合わせの回収値は低い。

 

▲は、なし(どれも一長一短あり甲乙つけがたい)。

△は、横一線の評価。

内から、4番・アスカノロマン。 ちゃっかり内内で粘ってないかなぁ、と。このコース2戦2勝(レベルは目をつぶる・笑)、人気ガタ落ちだから。

5番・ロワジャルダン。 去年も大して差のない入線だし、横山典ちゃんの一発がないかなぁ、と。 オープン特別あたりでコロコロ負けてるので厳しいは厳しいがこれも人気ないので。

9番・ノンコノユメ。まともなら1着もあるかも、くらいの実力馬だが、去勢明けで前走マイナス15キロ、そして有力馬に付いて行くと案外爆発しないことが判ったので。 それにライアン・ムーア騎乗で過剰に人気するのも嫌である。

14番・アポロケンタッキー。 そもそも実力不足のきらいもあるが、もしかしたら・・・、で。

 

東京・1600メートルがベストってのがはっきりしているモーニンとゴールドドリームは悩ましいが買わない予定(後者は、ミルコ・デムーロが怖いのでもしかしたら押えるかも)。 そして一番の実績馬、コパノリッキーだが、“負かし方が判っているのにこれに来られる訳はない”と信じてバッサリ切る。

ただし、当日雨がジャカジャカ降ったら判らない。良馬場前提で予想しているので、重や不良になったらたぶん全く見当違いの予想だと思う。

 

 馬券は、アウォーディー~サウンドトゥルーの馬連をガッツリと、アスカ、ロワへの馬連を少々。 3連複、3連単は2頭軸で流す。

んな感じで、今年も負けがこんでいて去年のような最後でうっかりひっくり返るなんてのは難しいが残りひと月で少しでも回収したいもんだ。 ではでは、GOODLUCK! 俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は、千葉の山を走るイベントと重なってしまい散々悩んだものの本来はこちらの住人なので競馬場をチョイス、恒例の3時起き4時出発で府中へ。

先週の日曜から仲間がシート引きをしてくれていたので場所取りも無難に終了、一日馬券遊びにいそしんだ。

 

中略

 

 パドックの場所取りはしなかったので、ダメ元で9レース後に行ったら、なんとか撮影出来そうな所へ潜り込めた。

キタサンブラック。

今回、予想ブログを書き忘れてしまったので今さらながら印を言うと、△で押さえ評価。

“第36回だからサブローでこの馬”なんてふざけたことが起きてたまるか、と。

この馬が逃げ切るようなぬるいレースになるわけないだろ、と。

“来たらしょうがない”からちょろっと買う程度の見立てだった。

しかし、この馬、落ち着いてるし“馬っぷり”がよく見栄えする。 パドックでは文句なし。

 

本命、◎はこのディーマジェスティ。

この秋の2戦がちょっと物足りないものの、3戦目で万全なら、と。

ディープインパクト×ブライアンズタイム×サドラーズウェルズならパワーのいる今の東京競馬場はいいんじゃないか、と。

 

○は、シュバルグラン。

前走のアルゼンチン共和国杯を見た時に次はコレ、と決めていた。

大外枠になったので、ひとつ下げた感じに。

 

▲は、ゴールドアクター。

もはやお手馬か(笑)の彼だが、一線級に入っての東京コースはやや不安があるものの、時計がかかるのはいいだろうし、これ以上は下げられないなぁ、と。

ただ、このパドック、バシュファイヤー(視線を遮るようにする網網のネット)はするわ、小走りだわ、とG1馬のそれではなかったなぁ・・・。

この時点でもう馬券は購入済なのでどうすることも出来ず。

 

△のサウンズオブアース(4番手)。

ベストターンドアウト賞(最もよく手入れをしていた馬というか厩務員さん)を受賞していたが、ファインダー越しにそれは判らず。

ミルコ・デムーロが怖かったのとネオユニヴァース産駒(これもパワー優先)ってのが理由。

 

他にイラプトとフェイムゲームを馬券では押えた。

 

 で、レース。

一番いいスタートはキタサンブラック、そのままハナへ。

グルっと回ってきて・・・

 

楽勝。

満開の曇り空(変な日本語だ)で撮影するには真っ暗状態・・・、なんだかなぁ・・・。

キズナ以来久々に武豊がG1を勝つのを観たが、なんかカッコよかったな。

スターだからなのかな? 北村宏が乗ってたらたぶんそんな風に思わないからね(失礼)。

 

第36回ジャパンカップ馬・キタサンブラック号。

これでG13勝目。

ブラッックタイド×サクラバクシンオーという地味な血統で中長距離を制してみせた。

 

 しかし、レースそのものは物足りなかった。

一応古馬の最高峰のレースであるジャパンカップなのに、逃げるキタサンブラックに誰も鈴をつけに行かず、それでいて直線の叩き合いにもならず・・・。 

武豊が絶妙なペースで逃げたと言えばそれまでだが、61.7はただのスロー・・・、すぐ後ろにいたゴールドアクターを始め敢闘精神に欠けてるんじゃね~のと言いたいね。下級条件戦ならいざ知らず、東京競馬場・2400メートルのレースとしてはなんとも味気なかった感じだ。

馬主が著名人だから盛り上がっていたけど、生粋の競馬ファンは白けていたんじゃないかなぁ・・・。 救いは馬券が当たったことくらい。

 

 次は有馬記念の予定。

メンバーもレース内容も最高の一戦になりますように。 ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちなみに、昨年のやつは、

猛烈に劣化しとる・・・。

 

 ノーエクスキューズ。

ただの練習不足、脚の持久力不足、ガッツ不足に尽きるわね。

 

 当初の目標(ちゃんちゃらおかしいので伏せる)はどこへ行ったんだ?

今もう24時間以上経過してるが、まだ途方に暮れています(アホやね)。 いや、現実は解ってるんだけど受け入れ難いのね・・・。

“やることはやった”とは到底言えないものの、体調と相談しながら出来る範囲のことはしてきたし、昨年も書いたけど、フルマラソンをナメるようなことは思ってないし。

なので、2連敗しちゃうと、ショックと言うか、何と言うか・・・だ。

昨年度は、“次のはなももでリヴェンジを”なんて思っていたけど、今はちょっとそんな気になれないな。

昨年のつくばに向けての4カ月程、はなももに向けての3カ月、そして今回に向けての3カ月、素人なりにちょっとづつ積み重ねてきたものが、簡単に崩れちゃうなんてどんだけ大変なのよ、フルマラソン(笑)。

観るのは好きだけど、やるのはダメなボク。今回こそは結果が欲しかった。

 

 んで、レース。

610~542~543~515~523

528~515~527~534~523

539~542~532~542~549

531~532~533~534~522

539~529~528~538~531

545~540~626~618~542

557~721~808~800~1111

749~1019~956~658~833

859~701~513(680メートル)

エプソンくん、ちょいちょい距離がズレる・・・。

 

 ◦最初は昨年同様、やや混んでるなぁ、な印象、さほどストレスを感じることはなかった。

ただ、その後も終始同じ状態が続きバラけることがなかったので、走り辛かった。

途中でサブ4ペースメイカーに追いつかれ、そこはギュ~ギュ~で勘弁して!って感じ。

 

 ◦体調は、四肢の動きが少々スムーズじゃないなぁ、ちょっと重いなぁ。

 

 ◦リズムは同じだと思っていたが、時計を見ると515なんてのを計時しちゃってるので、いいか悪いかは措いといて、ふたりペアで走る盲人ランナーさんの後ろにピッタリついて走った。

目論み通り、“いいペース”で行けた。 ペースメイカーいると楽だわね。

 

 ◦ただ、10キロくらいから少々脚に違和感が。

ま、練習の折もそうだから気にはしなかったけどね、なんもなく走りたいもんだ。

 

 ◦記録証を見ると、中間点で4秒、25キロで8秒今年の方が速いものの、昨年とほぼ同じ感じで走れている。

・・・が、この後は徐々に脚が重くなり前に進まなくなってきて、給水の折に薬物に手を出したりしだし、これに案外手間取ったりした。 ちなみに、芍薬なんちゃらだのヴェスパだの高いモノもあったが効果のほどはサッパリ判らんかった(笑)。

 

 ◦30キロのムネコフくんの応援で元気になるも一瞬ですぐにグダグダに戻り、後はもう・・・。

脳みそも働いてなく、まるさんを見付けても、“まるさん”が出て来ず・・・(失礼だよね、まったく。スミマセンでした)。 35キロ手前でおっとさんと合流して村の応援団の前だけは笑って走りたいと思うもカラダは動かず・・・。

 

 ◦ホント、一度歩くとダメね。

“投げだすの?、諦めるの?、降りるの?”(言葉は違えど意味は一緒だよね・笑)と自問自答するけど、脚は固まって痛いし、それを乗り切る練習はしてないし・・・、そこから脳内カオスだ。 歩いてる最中は色んな感情が入り交じり、発散する術もなく凄いストレスだった。

止めてそのまま家に帰りたかったよ、マジで。

“マラソンに参加したらゴールまで行くのが礼儀”って言葉が脳裏から離れず、どうしても止められない(それを言ってくれた方に文句はないよ、念のため・笑)。

ラン友で、「これ以上行っても関門引っかかるだけだから」とスパッと止める方もいるが、それはそれで潔いと思う、誰かのためにやってる訳じゃないからね、自分が納得出来ればいいんだろうな、と。

 

 ◦歩いてる最中、当然バンバン抜かれる・・・、あぁ、書いてたら思い出して腹立つし悲しくなって来たからもう止めた(笑)。

 

 ってな訳で、2連敗。 

ボッキリなにもかも折れた。

この2回の経験をどう生かすか?ただ次の予定はない。 

 

 42.195キロ長過ぎだよ。

脚が痛いのは気のせい、じゃない。

脚が痛くて当たり前。アフターでのお仲間の言葉だ。

みんな条件は一緒、考えることも一緒、それは間違いない。

やるか、やらないか、ボクは出来なかった。 ただそれだけのこと・・・、と思うようにしよっかな。

 

そして今年も“つくば祭り”に。

陣地作ってくれたプロさん、遠くからありがとうございました。

応援に来てくれたみなさん、遠くまでありがとうございました。

それぞれ闘ったみなさん、お疲れ様でした~。

 

ルネチーム、今年は3人。

終わって陣地に戻って来たら、佐野さんに「なんか出し切ってない顔だなぁ」と笑われた。

「歩き倒しましたからね」と返したが、グサって刺さる強烈なひと言でしたな(笑)。

 

 んな感じのつくばマラソンでしたとさ。 ではでは、俊介。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。