古本屋読書館・DEGのブログ

横浜市能見台にある古本屋読書館スタッフ・DEGのブログ
本のことはほとんど書いてなく、ボクの趣味である野球、競馬、ラグビーネタばかり(笑)



テーマ:

 準決勝の時は大して写真を撮らなかったので、すっ飛ばして決勝戦。

 

 秋のリーグ戦で東海大の試合を観た時は何か厳しさに欠けるなぁ、な感じで場面場面で“帝京はそこコンマいくつ速いぞ”とか、“そこのディフェンスの当たりはもうひとランク強いぞ”ってことが多く、また今年も帝京の天下は続くだろうと思っていた。

ただ、大学選手権では相手を圧倒して勝ち、準決勝の万全なそれを観て“案外いいゲームするかも”と好試合が期待して当日を迎えていた。

一方の王者・帝京の方も筑波大に苦戦したりして、去年や一昨年のチームよりはちょっと落ちるだろうが(あくまでも目分量の話だし、誰にも判らない)、こと今年の大学ラグビー界ではやはり“負ける要素”を探すのが難しい感じだった。 しいて言えば、結構簡単に失点すること、か。

ちなみにボクはどちらの応援というのはなくスクエアな状態で注目してる選手たちがいいプレーをしてくれて、カッコいい写真が撮れればそれで良かった。

8連覇も良し、初優勝も良しだ。 どちらでも記憶に残る訳だから。

 

 結果から言えば、やっぱり帝京は強かった。

帰宅してから録画しておいたものをチェックしたが、後半は断然帝京のゲームで東海はなんにも出来てなかったし、前半にしても前日の雨でグランド状態がかなり悪化してたのが帝京のミスを誘発しそれに救われていた場面もちらほら。 攻撃力は一枚差があったように思う。

やや残念だったのは、東海・テビタ・タタフ、帝京・竹山晃暉、尾崎晟也の快走シーンが少なかったことかな。

 

 9年連続で早稲田~関東学院の決勝のあと帝京の8連覇となった訳だが、1強と2強どちらが面白いか、そしていちカテゴリーとして健全か、それは判断つかないけど来年は恐らく帝京もそれなりに戦力ダウンしそうな感じ、それでいて他大学の伸びしろがありそうな感じがあるので今年までとは違う大学ラグビーが観れるような気がしてる。 どうなりますかな。

 

帝京大・4年、松田 力也。

何回彼をブログに載せたかなぁ、この4年間で(笑)。 さっき新聞でパナソニックに加入するのを知って、“まだしばらく追いかけることになりそうだ”と呟いたボク。

しかし、昨日の彼は他の選手の一枚上を行っていた、ひいき目もあるけど、代表スタンドオフのNEC・田村よりいいんじゃないか、とも思うね。

とにかく、“目がいい”し、判断も的確。 ややスピードに欠けるものの、パナソニックでも即スタメンで使って欲しいなぁ。 ただ、バーンズがいて同級生の山沢もいる大変なのは間違いない。

しかし、この写真、典型的な日の丸構図。

ラグビーの場合、やっぱり相手選手がいた方がいいね、撮った時は“よしっ!”って思ったけど改めて見直すとそうでもなかった。

 

同じく松田くん。

逆にこっちの方はボールの位置が良かったかな、と。(もう少し下に撮れたらもっと、だけど)

 

さらに松田くん(笑)。

最後だからね、いつも探していたよ。

 

帝京大・3年、矢富 洋則。

昨日は2トライの活躍、あまり観る機会が少なかったが、出場すると働いていた。

来年もポジション確定かな。

 

はい、お約束の堀越 康介(笑)。

日本一前に出るフッカーでしょう、恐らく。来シーズンはキャプテンかな(キャラクターは一切知らないので判らないけどね)。

このショットは彼を撮った中で一番の出来かも、サイズ、場面で。

来年も狙うぜ。

 

決勝トライのシーンだが大失敗・・・。

この前後の画もまったくダメだった、残念。

トライをした吉田 杏にパスが出るのは見えていたし、パスを受けてから10メートルくらいは走ってるので撮るのに難しい場面ではなかったにもかかわらず、だ。

もちろん数秒間のことだけど、“おぉ~っ!”ってテンションが上がりファインダーを覗くのが遅れたこと、それによってシャッターを慌てて切ったことがカメラに迷惑をかけピントを合すことが出来なかったことが敗因だった。 情けねぇ・・・。

この後の竹山くんのトライの時もそうだった。

昨日、初めて超久しぶりにテレコンを使ったんだけど、大事な試合に突然何かを変更するもんじゃないね・・・。反省。

 

そしてノーサイド。

まったく逆側でだった(110メートル以上向こう)ので、小さい画しか撮れず(持ってないな、自分・苦笑)。

 

んな感じで。 写真はともかく、なかなかの好ゲームを堪能させてもらいました。

先述の通り来シーズンは今までより混戦になるハズ(と勝手に見立てている)なので、より面白くなるだろう大学ラグビー、夏の練習試合でも菅平に観に行こうかな。

ではでは、俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 5日の木曜、久々にバスケ観戦をしてきた。

ひと月程前だったか、なんとなく“お気に入り”に入れてた日本バスケットボール協会のサイトをのぞいてみると天皇杯なるものがある(そんなことも知らなかった・笑)。 

からの~、

へぇ~、とカードがどんなものか見てみると、この日はBリーグのトップ4がこぞって出てくるではないか・・・、

「いいじゃん、チケットないのかな?」 調べると当然最前列は売り切れ・・・、

すると横に“リセール”なんてもんが・・・、 なんじゃこりゃ? 見てみると一枚だけ最前の席がある、しかも定価~即購入となった。

結果、当日の会場は平日開催、アマチュア対プロ、なんてこともありガラガラだったが横の方に聞いてみるとコートサイド席、コートエンド席は電光石火で売り切れていたらしい(ま、7~80席くらいしかないので当たり前かも)。 なので、「めっちゃラッキーでしたねぇ」なんて言われたよ。

 

 当日会場に行くまで対戦カードを知らなかったのだが、席に着くとコートでは坊主頭の子たちが試合前のアップをしてた。 どこだ? 天井からぶらさがってるビジョンを見ると、福岡第一高校とある・・・、相手は川崎ブレイブサンダース。

笑ったね。

ま、よくよく考えるとサッカーでも市立船橋が横浜マリノスとやってたっけ。

 

それを皮切りに4試合を観戦。12時から19時半まで、よく飽きずに観たね(笑)。

しかし、撮影の方はまたしても大惨敗・・・。

当日は天皇杯、プロの興業じゃないのでショーアップの要素は殆どない上に会場は真っ暗(撮影するには、って意味で)、ハナから厳しそうだったけど、それにしても3回目とは言え酷かったなぁ・・・。

念願の田臥勇太。 能城工業高校から存在は知ってたけど、観るのは初めて。

彼ももう36歳なのでキャリアの晩年、試合では7分ほどしか出なかったので攻撃中の画を撮れず残念。これはディフェンスしてる最中の一コマ。

 

ちなみに、

バスケはひとクォーター10分の4クォーターで1試合、前後半でコートを入れ替わるので、プロカメラマンと違って自分の席からしか撮れない素人のチャンスは20分のみ。

しかも攻撃する時だけだからさらにその半分(大雑把過ぎだが・笑)になる。

そして今回、最前列なのは良かったが、審判がボクの前に立つ機会が多くかなり邪魔されたのだった・・・、仕方ないことだが「いやぁ、おめぇ邪魔!!!」って何回つぶやいたことか。

 

福岡第一高校・2年、バム・アンゲイジョナサンくん。

195センチで動きも柔らかく12分の出場ながら10点獲っていた。近い将来、Bリーグで観れるかな。

ブレイブサンダース、藤井拓眞。

以前にも書いたことだけど、なるべく大きく、球技なのでボールを入れて、動いてる画を撮りたいって条件というか、希望を持って写すにはバスケットはホント大変。

ファインダーを覗いてると人やボールの動きが判らないので、圧倒的に撮り逃がすことが多い。

この写真でもかなりまともな方。克服できる日は来るのだろうか?(苦笑)。

 

シーホース三河、比江島 慎。

こ~ゆ~スピード感のない画ですら暗いと満足に撮れませんの・・・。

シーホース三河、金丸 晃輔。

狙いは良かったが、ディフェンスが被った・・・。このシーンの連写でボールがちゃんと写ってたのはこの一枚だけでした。 大変でしょ(笑)。

アルバルク東京~筑波大のティップオフ。

筑波の6番、馬場 雄大くんがなかなかいいプレイヤーだった。35分出て(ほぼ出ずっぱり)、17点。 彼もBリーガー間違いないでしょうな、ド素人のボクでもスゲェって思うんだから。

この日のお目当てのひとり、アルバルク東京・ディアンテ・ギャレット。

何試合かテレビで見ただけだけど、ちょっとモノが違う感じ、Bリーグでは。

動きのしなやかさが断然で、さすが元NBAプレイヤーだな、と。

彼がはじかれるNBAってどんだけよって思います。

 

と、一日カメラ構えてこの程度かよ、とガッカリでした。ハードル高過ぎバスケ撮影、どうしたもんかなぁ・・・。

 

 で、試合の方。

バスケはカラダの接触が禁止のスポーツだが、やはり体格差がモノを言うのでプロとアマチュアでは勝負にならない。ただ、それが故にか、高校生でも点を獲ることは出来る。福岡第一の重冨兄弟のアジリティなんて大したもんで度々観衆をわかせていた。

また、筑波大がかなり頑張り、アルバルクに食いついて行った試合は面白かった。それまでの3試合は当然のように大差がつき、エース級の出場時間は短かったけど、この試合ではギャレットや田中大貴を意外と見れたのも副作用的に良かったかな。

 

んな感じで3カ月ぶりだったバスケ観戦、たまたまアマチュアとの対戦だったがある意味レアなカードの連発で、来年も行きたくなったし、まだまだ続くBリーグの方にもまた足を運びたいなぁ、と。安い席なら2500円くらいで観れるので是非ご一緒しませんか。

ではでは、俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今朝、父・圭二が81歳で逝った。 昨日の夕方肺炎で入院して、そんなに長くないかも、とは聞いていたが、あっけなく“お迎え”は来た。 

 

 ここ数年は、パーキンソン病だの膀胱癌だのを患い、あちこちガタがきていて、それに伴い運動することもままならず、それは気力にも影響するのか活気も失せ、傍から見て“なんか急に爺さんになったなぁ”と思ってはいたが逝く時は呆気ないもんだった。 ただ、病院に入ってから10時間強で亡くなってることから考えてもそれ程苦しまず向こうに行けたのは良かったのでは、と思う。 本人、なんで自分が死ぬことになったのか解らずらしいのでね。 それこそポックリ逝ったわけだ。

 

 ボクら親子はあまり強い結びつきはなく(普通に子供の頃キャッチボールをしてもらったとか、相撲を観に連れて行ってもらったとかはあるが)、長年離れて暮らしてるということも手伝い、どこか他人行儀な間柄だったので、多少の空虚感はあるものの特別な感慨はあまりない。 それどころか、こうして記録に残しておかないと命日だということすら忘れてしまいそうだから今書いてるわけなのだ。 ちょっと一般常識とは離れているかも知れないけど、事実だから仕方がない。

時代がそうだったから、と言えばそれまでだが、彼は典型的な仕事人間で家庭に興味はなく、それこそ好き勝手に生きてきた。 そう言う意味では満足な人生だったんだろうし後悔もないだろう、ただ長生きしたかったみたいなので、ちょっと早かったのかもしれない(ボクから見れば十分だろうと思う)が、人間、運命には逆らえないから、そこは受け入れてくれ!と言うことで。

彼から教えられたこととか受け継いだものってのは、あまりないけどボクが今野球やラグビーが好きなきっかけを作ってくれてのでそこは感謝しないと。 2019年のワールドカップラグビー日本大会は堪能するよ(笑)。

今年は、千代の富士やら平尾誠司さんやらスポーツのレジェンドが亡くなったが、その末席にファンである父が加わることになったので、仲間に入れてやって欲しい。

他にもデビッド・ボウイやらプリンス、ジョージ・マイケルもいる、2016年組は賑やかでいいぞ、むこうは。 わいわいやってくれ!

 

 な訳で、ギックリ腰になり、身内に不幸があり、となんだかなぁ・・・な年の瀬となった2016年ももう終わり。 良いお年を。 ではでは、俊介。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  記録は、1時間47分28秒(ネットタイム、グロスなんて興味なし)・・・・・・。去年から6分半落ち、なんだかね。

526~458~501~503~458

503~443~504~434~402(ここ絶対おかしい)

435~446~509~457~448

451~517~505~503~533

526~303(590メートル)・byエプソンくん

最初の5キロ向かい風だったみたいだが、あまり感じず。それより馬群にもまれて走り難かったという方が困った。

カラダは至って普通、可もなく不可もなく、で脚の方も問題なし。

一度目の折り返し後は淡々と行くのみ。 ただ飽きてきて(笑)、10キロ過ぎのスタート地点でもう陣地に帰りたくなった。

 

2度目の折り返しを過ぎると強烈な向かい風・・・、それまで全然追い風の恩恵を感じなかったのになんだこれは!、と同時に既にキツくなりだしていたのでホント前に進んで行かなかった。

ちなみに昨年のラスト6キロは、

431~441~440~439~453~440~121だったから今回のヘタレっぷりがね・・・。

確かに去年の方がやる気あったし、練習もしていた(今回もなかった訳ではないが、思うように走れずイライラ気味でした)から落ちるのは覚悟していたものの、やっぱりちょっとガッカリだったなぁ、あ~不本意。

 

 ただ、恒例のアフター(忘年会)でワイワイやったらキレイサッパリ忘れちった(笑)。今、少々の筋肉痛があるにはあるが。

取りあえず今シーズンはこれでおしまい。

来年またチャレンジするかは未定だが、やられっぱなしで終えるのはないのでなんとかしなきゃね。

キミ兄作成の激沈上等Tシャツ軍団、いいねぇ。

ふらっとさん、シャッターありがとうございました。

また1枚アルバムに入れるメモリー写真が増えました。

んな感じで、楽しい一大イベントが終わっちゃいました。 ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

  今年もまた集大成のレースがやってきた。 出走メンバーについてあれこれ言いたいこともあるけれど、長くなるので止めとく(そもそも長いので)。

 

 枠順が昨日決まり、今こうして記録に残しだしたわけだが正直言うとまだ決まっていない。

普通に堅いだろうなぁ、とかいやいやそう何度も同じ事が起きてたまるか、とか先週からずっと毎日シュミレーションしてるが堂々巡りで・・・(笑)。

 

 で、それぞれの馬の寸評を。

1番・キタサンブラック。 ブラックタイド×サクラバクシンオーという地味な組み合わせなので結果を残してるものの常に疑っているボク(ダメなパターン)。 菊花賞を勝たれ去年の有馬でも3着に残られ悶絶・・・、天皇賞(春)でも誰も鈴を付けに行かずまさかの逃げ切り(武豊のペース作りが絶妙だったという見方もある)、完璧に自滅ペースだった宝塚記念でも3着、そしてこの秋のふたつも完勝ときた。 

そして今回も1枠1番。 マルターズアポジーを行かせての2番手で進み、好きな時に動けるので展開も向く。 スタミナもあるので多少の無理も効くし、中山2500という舞台もいいハズ。

先述の普通に考えれば、というのがまさにこれか。

ただ、タップダンスシチーがジャパンカップを圧勝した後の有馬では結構イジメられたし、先日のチャンピオンズカップでもコパノリッキーは圧力をかけられていた。

ので、サムソンズプライドやサトノノブレスあたりが心中覚悟で包囲網を作れば潰される可能性もあるかも。 ただ宝塚ではケンカを売りに行った連中やマークしてたシュヴァルグラン辺りは全部振り払ってるのでどうだろう。 恵まれる馬は何度でも恵まれるもんだし。

 

2番・ゴールドアクター。 中山マイスターだし、さほど衰えた感じもない、そして2番枠も文句なし。 ただ一方で3歳から4歳にかけて着順を上げてる馬はいるものの4歳から5歳でのそれはいない(連覇も)ので1着はないのかなぁ、と。 これで勝ったら歴史に残る名馬になるわけだがそこまでのタマではないでしょう。 ジャパンカップで重め残りだったなんてザマも陣営不信を感じたし・・・。 2~3着ならあるかな。

 

3番・ムスカテール。 走るんだ・・・。

 

4番・ヤマカツエース。 今年の金杯も前走の金鯱賞もなかなかの瞬発力で勝ってるものの、配合はキングカメハメハ×グラスワンダーといういかにも渋といタイプなのでレースには向くと思うが、一線級とやるとドカドカに負けてるのでね。

 

5番・サムソンズプライド。 レースペースをガチャガチャにしに行くなら、と思うけど横山典ちゃんはそんなことしないよなぁ。

 

6番・サウンズオブアース。もどかしい馬だ。ネオユニヴァース×ディキシーランドバンドで去年も2着、前走のジャパンカップも2着。 “その辺”にはいそうだけどアタマを獲るかとなるとそれはちょっと難しいかも。 買うけどね。

 

7番・マルターズアポジー。 今回のテレビ馬(死語か?)。 大逃げして盛り上げて欲しい。

仮にこれがめちゃくちゃに行くと武豊メーターが狂う可能性もあるかも。

 

8番・ ミッキークイーン。 去年のジャパンカップの完敗が気になる(牡馬混合はこれだけしか走ってないので)が、全兄のトーセンマタコイヤが中山・2200を1勝、2着1回と適正抜群。本人は中山が初めてだけど、もしかしたら・・・も考えられる。 3着くらいならあるかも。

 

9番・ヒットザターゲット。このレース6歳以上は大不振なんだよね。

 

10番・アドマイヤデウス。 去年の日経賞が秀逸だったが、それ以降サッパリ・・・。 ただ京都大賞典ではキタサンに食い下がり、前走の天皇賞(秋)もまぁ健闘した部類か。 ジャパンカップをパスして余力十分なハズなので岩田が上手く捌けば馬券に絡むかも。

 

11番・サトノダイヤモンド。 今年のレース全部勝っててもおかしくない実力者。菊花賞以来のローテーションもいいしアタマを獲っても不思議ではない。 ただ、強い4歳馬を負かしてる3歳馬はオルフェーヴル(3冠馬)、ゴールドシップ(2冠馬)、ヴィクトワールピサは弥生賞~皐月賞連勝の中山巧者だった。 中山・2000の皐月賞でしっかり負けたことは気になる。 京都コースがベストなのは判ってるからね。

なので、3連単のドコに置くのがいいか思案中。 

 

12番・サトノノブレス。 ダイヤモンドのアシストをするべくキタサンにちょっかい出しに行く役割でしょ、 宝塚では返り討ちにあってたけどね。

 

13番・デニムアンドルビー。 6歳牝馬は・・・。

 

14番・シュヴァルグラン。 悩ましいのがコレ。 ハーツクライ×マキアヴェリアン×ヌレイエフ×ブラッシンググルーム×ヘイローというとんでもない良血だし、少し時計の掛かる右回りもいいだろう。ただキタサンには宝塚、ジャパンカップともに完敗、ちょっと足りないんだなぁ、サウンズオブアースと一緒、アタマなしで買う一頭。

 

15番・アルバート。 去年の有馬、日経賞、天皇賞(春)とゴールドアクターやキタサンブラックにはしっかり負けてる。逆転の余地はないだろう。

 

16番・マリアライト。 ボクのお手馬だが、この秋の活気低下はどうにも・・・。そしてこの大外枠も・・・。 本人、コース適正もあるだろうし、ジョッキーにもそれは言える、頑張って欲しいので応援馬券で買うかな。

 

 と、見立てはこんな感じ。

当たり前のレースになればキタサンブラックは馬券圏内から漏れることはないだろうし、それはサトノダイヤモンドも同じだろからめっちゃ堅い、ということになる。

 

結論、

◎、キタサンブラック

○、サトノダイヤモンド

▲、ゴールドアクター

△、サウンズオブアース、ミッキークイーン、アドマイヤデウス、シュヴァルグランまで。

 

あ~、つまらん! 酷い予想だ・・・。 昨日今日競馬始めた女子大生みたいだ・・・。

 

だが、問題は馬券の買い方。

アタマを獲れそうなのは、◎と○だろうから買目によって差をつけて。

そしてガチャガチャなペースになった時の遊び馬券も買いたい、ちょろっと。

△からサウンズ、ミッキー、アドマイヤに重きを置いたので夢を見てみよう。

あと3日さらに悩んでみよっかな(笑)。

良い有馬記念を! ではでは、GOODLUCK! 俊介。 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。