古本屋読書館・DEGのブログ

横浜市能見台にある古本屋読書館スタッフ・DEGのブログ
本のことはほとんど書いてなく、ボクの趣味である野球、競馬、ラグビーネタばかり(笑)



テーマ:

 なにがなんでも観たかった訳ではなく、eプラスの抽選に申し込んだら、うっかり当たっちゃったから、んじゃ行きましょう、と。 元々はその程度だった。

 チケット代は16500円もするし、“見てくれ”はブライアン・メイもロジャー・テイラーもすっかりお爺ちゃんだし(68、66歳らしい)、もう30年ほぼ同じセットリストだし・・・と行かない要素満載だったのにねぇ・・・。

そんなんだったが、結論から言えば行って良かった!

 もちろん、フレディ・マーキュリーが亡くなった時点でQUEENとしては終わりであり、その後に関してはポール・ロジャースと言い、今回のアダム・ランバートと言い“上手いヴォーカリストを連れてきて代表曲を歌ってもらいました”って“別企画”なのだ。(あくまでもボクの認識として)

 

 アダムは、ポールと違い元の声がカッコいい訳ではないが、良く伸びるしヴィブラートの使い方なんかは巧みだ(例えるなら西川 貴教・TMレボリューションかな、解る人には判る)。 晩年もフレディでも出なかったパートも歌えるのは、聴く側としては嬉しいね。 もちろん“別企画”と思ってるのでフレディと比べることはしないし、だから不満もないわけだ(そう思ってない人にとっては文句もでるだろうが)。

 

 セットリストに関しては先述した通り、いつもと一緒、誰もが耳にしたことがある曲ばかり、これと言ってサプライズはないし、こちらもそれを求めてはいないので、それもOKだ。

10年前もそうだったが、“LOVE OF MY LIFE”では涙腺崩壊、これはなんでか自分でも解らない。 物悲しさ漂うブライアンのヴォーカルなのか、優しいアコギのメロディか、いつもボロボロになってしまう・・・。 他にも名バラードはたくさんあるのに、これだけは別、謎なんだよね。

“アンダープレッシャー”では今年亡くなったデヴィッド・ボウイの写真が映し出され、もうひと泣き。 ボウイに特段思い入れはなかったし、人が亡くなることも運命だと思うようにしてるので、この感情の高ぶりも理解できないでいる。ボクの中でなんか壊れているのかなぁ・・・。

ボヘミアンラプソディでヘドバンし、RADIO GAGAとウィ ウィル ロック ユーでお約束の手拍子し、ウィ アー ザ チャンピオンで会場中で揺れた。

オーディエンスの年齢層は当然高く、ボクでも下の方かもだったが、なかなかの盛り上がりで“いい大人のロックコンサート”ってさまだった。

前日に観に行ったBABYMETALは1時間半弱だったけど、おじさま達は2時間15分ほど。

逆だろ、とも思ったけど、まぁ子供たちに文句言うのもナンなので止めとく(笑)。

 

 そんな訳で、今年は数少ないライヴ参戦だが、ナンバー1はこれになりそうだ。

ま、観に行くのもこれで最後になるだろうから、これで卒業だ(CDやDVDでは聞いたり見たりするけど)。

レジェンドなんて言葉は最近やたらと使われるが、彼らは真のロックレジェンドだから、足を運んでホント良かった。 “素敵な音楽の時間”をありがとう! ではでは、俊介。

座席は西側なので真横。判別出来ないけど、中央のふたりが、ブライアンとロジャーです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 土曜日、保土ヶ谷球場から一度家に戻り、ひと息ついてから秩父宮へ(途中、銀座ウインズで日曜の馬券を購入)。

試合は第2試合で、最初の豊田自動織機~NECは、ほぼ見どころがないのが判っていたのでギリギリに行こうかと思ったが、のんびり行って撮影場所がないのもイヤだったので第1試合から観戦。 難なく場所取りは出来たが、案の定ゲームは盛り上がりに欠けるものに・・・。

なんのスポーツもそうだけど、ミスが多いとなんとも興ざめになるのは仕方ないかな。

 

 んで、期待の2試合目。

今シーズンは、カード編成の都合で観たいカードが関西だったり味スタだったり、競馬と被ったり(笑)で、スタジアムに行けるのは5試合程の予定(大学や日本選手権、代表戦は別)なので、貴重なひと試合なのだが・・・。

サントリー・小野晃征~パナソニック・堀江翔太 

この両チームには日本代表選手がゴロゴロいるので、対決が楽しい。

しかし暗い秩父宮・・・、撮る側から言えば、“真っ暗・・・”なのでまともな画は厳しい。

 

パナソニック・福岡堅樹~サントリー・ヘンドリック・ツイ

筑波大2年時から代表に呼ばれていたスピードスターの福岡がボールを持つと“なんかしてくれそう”でワクワクする。 文武両道で医者になりたいそうでラグビーを止めちゃうんじゃないかと思ったが続けてくれてありがたい。

2019年の主力間違いないのでケガなくやって欲しい。

 

 満足いく撮影は出来ず、試合も途中までは良かったものの、意外にもパナソニック側が切れてしまったのか、15~45とボロ負け・・・。不満一杯だった。

ビデオを見ても、なんか訳判らないうちに失点を重ねていて素人には明確な敗因が判りかねる感じでモヤモヤ(苦笑)。 ま、次に期待しよう。

 

んな感じで、高校野球からラグビーってハシゴの一日だった土曜だ。

秋競馬も盛んになってきて、まだまだやることがあるぜ。 マラソン練習?、・・・・・・う~~~ん。 ではでは、俊介。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 カメラを調整に出していたので久々の撮影となったが特段目に見えて何かが変わったわけではない。

元々火曜日に4回戦が予定されたいて、当日球場に着いた時には10人ほどのオッサンがいるだけだったが、あいにく雨で中止に。 んで木曜に振り替え、横浜が勝ち(観に行けなかったけど)、そしてこの土曜、晴れたら物凄い人出だった・・・、さすが横浜高校。

 

 して、相手の星槎ホニャララ高・・・、ちょっと前まで全く知らなかったのだが、夏の予選の折、甲子園でもお世話になった三井くんと話しいていた時に名前が出てきてたのを思いだした。

なんでも、長年桐蔭学園で監督をやっていた土屋さんが指揮して3年ほどで名を上げてきたらしい、さすがだ。

そしてエースの子は、中学生のころからなかなかの評判とのこと、んじゃ観に行こう、と。

本田くん。 真っ直ぐはマズマズだが、変化球の時に腕の振りが鈍るのか、横浜打線にポカスカやられていた。 16安打かな。

 

一方の横浜・板川くん。

雰囲気は2年前のエース・伊藤くんに似ているが、あちらの方が良かった気がする。

まだ1年生なので、もっと良くなるとは思うけど、彼のレベルでは大きな大会で勝ち進むのは厳しいかなぁ、と。

2年生の塩原くんが、夏にまあまあの球を投げていたのに、この日は変化球ばかりでロクにアウトも取れず・・・、どうしちゃったんだろ?

 

3番・増田くん。

しつこいようだが、彼はいい! 代表に選ばれなかったのが不思議だわ。

4番・万波くん。

夏にあまり使われなかったので、何かあるのかな、と思ったけど県予選ベスト8くらいまでならモノが違うってのを確信。

 

3塁側に行って、ボサっとしてたらライトにホームランブチ込んじゃった・・・。

当たれば飛ぶ。 スゲェぞ!

 

 試合は、8~0になりコールド目前、帰る準備してたら急に打たれだし、6失点・・・。

呆れて最後まで観ずに帰宅するもなんとかそのまま勝ったらしい。

次の桐光学園は危ないかも・・・。

ただ、1番・斎藤くんから6番・長南くんまでの打線は魅力的なので、投手力に目をつぶって打ち勝って行ってもらいたい。 せめて関東大会までは進んでくれ! ではでは、俊介。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  一度声をかけて頂いたが夏休み直後だったためお断りしていた今回の富士登山だったが、休みを変更したため急遽ドタ参しちゃった。

 

 いつもと違うのは車ではなく、電車使用であること。 荷物を自宅から背負って行くのは初めてで案外かったるい・・・(苦笑)。

集合は御殿場7時半なので始発2本目には乗らなくてはいけない。そしてバスを乗り継ぎ富士宮コース登山口へ(交通費も安くはない、車って便利だわ~)。

 

先週、唐松岳で一緒だったネコさんとバッタリ会ってビックリ。

 

富士宮コースは距離が一番短いが急なのと、上り下りが一緒なので、やや登り辛いと聞いていたが、さほど気にならず行けた。 ただ圧倒的にガレ場が多いので基本ビビリなボクは、下りが心配になった。

今回は、チャレさんが丁寧に企画してくれたイベントなので、多少先行してもところどころで立ち止まり、好き勝手に行くのは止めた。

ペースもゆっくりで、そのおかげか、息が上がることもないし脚が逝ってしまうこともなかった(さすがに8合~9合あたりはペースダウンしたかな)。

御殿場コースとはスタートが800メートル近く上。

 

お天気はご覧の通り!

終始半袖短パンで済んだ。

 

  有作兄さんが頂上で歌いたいってんでお付き合い。

  風が強くて流石に寒かったが、1分程のオンステージを楽しんじゃったね(笑)。

ちょっと遅れていた組も無事に上まで。

 

 下りは案の定歩き辛い・・・、

しかもバスの時間がギリってことが判明し、休憩なしで5合目まっしぐら。

大きな石踏んでリズム良く行くようにしてサクサク。

少しづつ要領を得ていったが、やっぱり怖いのは怖く余計なところに力が入っているのが判るし、どうしてもブレーキを掛けがちになってしまう。

あれを真っ直ぐに下りていくヤツはスゲえわ。

ま、それでもコケることなく下りれて良かった。

んな訳で、少々ばらけてバス停へ。バスに乗れなかったみんなはシゲさんの車で駅まで。

 

アフターは、御殿場駅近くのホルモン焼き鳥屋さんで(これがまた美味しくてね)。

そんなこんなで0時ごろ帰宅。

なが~い一日でしたが目一杯楽しめましたな。

初登頂の有作さん、ふうちゃん、まつよしさん、おめでと。

そして企画してくれたチャレさん、一緒に登ってくれたみなさま、“楽しいお山の時間”をありがとう! 

 

追伸、富士登山の翌日の運動は、呼吸が楽かも、の件。

今回、上であまりゼ~ハ~しなかったので効果薄かなぁ、と思ったけどそんなことはなかった。

1キロ程泳いだがやっぱり影響はあるみたい。

ただ・・・、気付いた。

楽だね~ってだけじゃ意味がないってことを・・・。

そこで普段より強度を上げるとか長い時間やるとかしないと・・・。

ま、アスリートじゃないからいっか(笑)。 ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 安曇野にお住まいのノベさん企画の登山に去年に続いて参加させて頂きました。

 今回は、白馬スキー場・黒菱駐車場スタートの唐松岳。

この駐車場までかなり登るし、スキーリフト2本乗り継いだトコからなので、すでに1700強の高さ、頂上は2700弱なので実質1000メートルくらいしか上がらない行程だった。



ボクは、終始半袖短パン、持って行った防寒着は一度もバックからでることなかった、ラッキー!。

ただ、この写真の時はガスっちゃったね・・・。


 昨年は、夜中に横浜を出て、朝現地集合だったが、それはあまり健全じゃないと前泊をチョイス(結果的には同じようなもんだった。それは後で)。

10時にいっちさんを、10時40分にどららさんを拾い、出発。

多少混んでたが、圏央道までは案外順調、しかし高尾の手前からびっちり動かないヘビィな渋滞に飛び込んじゃったうえに、そこで猛烈な尿意が・・・。

でも。そこは高速道路・・・、どうしよ・・・、嫌な汗もかいてきた・・・、

ええいっ、とカーブのとこで車を飛び降り、草むらへ。何年ぶりだろ立ち○○○なんてしたの(笑)。

車に戻るとビックリ、後発のハズのふらっと家の車がそこに。 凄い偶然だ。

中央道は、マズマズ流れスムーズ。

・・・が、ここでまた問題発生。

ガソリンが・・・。

談合坂で休憩した時に入れれば良かったのに、素通り。

ま、どっかにスタンドあるべ、なんて思ったけど全然ない・・・。

警告ランプが点灯してからそこそこ走れるけど、メーターはかな~りエンプティ・・・、なんかやらかしてる俺、同乗のふたりには黙ってたが、またしても嫌な汗かいてきてた。

もう高速下りないとガス欠寸前まで来た。

“もうホントお願い”って感じで諏訪湖パーキングの看板を見るとガソリンマークが。

ただもうなんとか辿り着いてくれ、とあと2キロドキドキでしたわ。

そんなこんなで16時に到着。 家を出てから7時間、遠いわ大町(宿のあるトコね)。




取りあえず、そこにいたメンバーで。

1年ぶりの中田さんや季節外れさんと再会。


 ご飯を食べ、温泉につかった後は宴会。

ちなみに温泉は、季節外れさんと行ったんだけど、鋭い指摘を頂いた。

季、「DEGさん、去年の方がカーフ(ふくらはぎ)切れがあったよね」

俊、「走ってないからね・・・」

季、「膝上は変わらないかな」

俊、「ジムのレッスンで自重スクワットとかやってたから」

季、「脚の形はいいですよね」


常にガチで自分のカラダと向き合ってる方に褒められると嬉しいですな。




普通に宴会。




5時起き、6時出発なんだけど、いい感じで盛り上がったね(笑)。

ま、そりゃそうだ。 そんな年中会える仲間じゃないから積もる話はいくらでもね。




最後にた~はるさんも到着。 ハイピッチでグイグイ飲まれてましたな。

案の定、翌朝は・・・。

何時だったかは知らないけど、ひと足早く退散、布団にもぐって1分で寝てました。


 そして翌朝。



ボク、顔腫れてるし・・・

た~はるさん、死んでるし・・・。

救いは、天気がいいこと。

ただ、どこの予報を見ても下り坂、浮かれないように、と戒めていた。




いざ、クライムオン。




雲が上がってきてるけど、コンディションは上々。




真っ白なこともしばしばだったので、上方が見えたらパチパチ撮影。




ふらっと夫婦とねこさん、ボクの4人は少し速く上に着いた。

このふたり、仲いいんだねぇ(笑)。 道中、結構一緒にいたんだけど、後ろでニマニマしてたよ。




上がって来た順にパチパチ。




刻々と変わる頂上のさま。

あっという間に曇るし、あっという間に晴れる。


そして一番最初の画に。




そしてまさかの“おでん”。

リンさんが200個持ってきてくれたらしい・・・、スゲェ。

ニシキ恒例のホットサンドや、た~はるさんのチャンチャン焼き、 普通の焼肉、ワインあり、コーヒーありの盛大な山宴会。

下りるのめんどくせ~な(笑)。




怪物ぞろいの野郎ども。


今回もめっちゃ楽しかったね。

ノベさん、企画から手配から諸々ありがとう!

一緒に登ったみなさん、“楽しいお山の時間”をありがとう!

また来年も行けたらいいな。 ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。