古本屋読書館・DEGのブログ

横浜市能見台にある古本屋読書館スタッフ・DEGのブログ
本のことはほとんど書いてなく、ボクの趣味である野球、競馬、ラグビーネタばかり(笑)



テーマ:

 8月12日に北海の試合を甲子園で観てきて、“もう満足なので終了”って、このブログにも書いたのだが、続けざまに日南学園、聖光学院も撃破。 内心、ここまでは“もしかしたらなんとかなるかも”と思っていて、実際も勝ち進んだ。 だが、試合内容は、おおよそ北海らしくないそれで、大西くんの力投、くじ運、相手のミスの乗じてあれよあれよ、の快進撃だった。


 本来、北海は堅い守り、そしてバントやら盗塁やらを駆使して上手に点を取り競り勝つ野球が信条が歴代で、スターのいない今年もまさにそのスタイルであつたハズ。

ただ、2回戦の松山聖陵戦、18残塁で2得点・・・、勝ったという結果と大西くんの力投だけが良くて、あとはサッパリだったし、それは日南学園との試合もそう、聖光学院ともそうだった。

野村克也さんの名文句、“勝ちに不思議な勝ちアリ、負けに不思議な負けナシ”を地で行くパフォーマンスだったから、大西くんが連投でもう一杯一杯であろう準決勝・秀岳館戦は、到底敵わないだろうって見立てだったが、これも勝っちゃった・・・。

トーナメントなので勝てばなんでもよく、内容がどうとか、相手がどうとか、全く無意味なんだが、不思議でしょうがなかったのは事実だろう。 機会はないけど、負けた学校の監督さんたちに是非聞いてみたい。特に聖光・斎藤さん、秀岳館・鍛治舎さんには。


 ともあれ、史上初の決勝進出。 オリンピック風に言えばメダル確定なのだ。 あとは金か銀、どちらかだけである。卒業生だし、野球好きを自負するなら応援しに行くのが義務でしょ。

実際、ボクの先輩は夜中の3時までチケット手配に奔走されたらしい。


当初、土曜はチューブのライヴに行きたかったがシフト調整が出来ず断念。 なら、と友人たちがナイトランをするので二日前に参戦表明。

ところが、出勤前にテレビ観戦していた北海が決勝へ。

いやいや、そりゃ決勝戦行くでしょ、とランをキャンセル、行くだの止めるだの迷惑なヤツになってしまったが、事情が事情だけに勘弁していただきたい。


 7月の神奈川大会・決勝をわざわざ関西から観に来られていた友人に連絡を取ると、朝イチで行く予定とのことだったので、合流させて頂きたい旨を伝えると快く受け入れてくれた。

あとは行くだけ。 先日と同じパターンでいざ甲子園へ。

9時前に着くと、もうハンパない行列。

幸い6時前から並んでいてくれていたのでかなり前方で合流。



10時にはスタンドへ。

彼のおかげで絶好の場所を確保。

ただ、試合開始まで4時間、カンカン照りの中を待つことになる。

ま、それでもお互い共通の趣味を持つ仲、あ~じゃこ~じゃとネタには事欠かない。


んで、試合。



大会役員席のすぐうしろから撮った大西くん。

甲子園の内野席は初めて入ったが撮影するのがなかなか厳しい。

高校野球は関係者席が多く一般の写真撮りはひと苦労することが判った。




作新学院・今井くん。

間違いなく大会ナンバー1ピッチャーだろう。

彼を打ち崩すのはかなり難儀だとやる前から覚悟していた。




川村くんが先制のホームイン。

これを撮って、自分の席に戻ったが、1回の大西くんの立ち上がりとこの先制を見て、“もしかしたら・・・”と心拍数が上がり、しばらく大変だった(笑)。 

ま、すぐに落ち着くハメになるんだけどね。



ちなみに、こんな場所からの観戦。

早くから並んでくれたおかげです、三井くんにはホント感謝です。


最後はもう一度役員席の後ろに行って見届けることに。



作新学院、強かった!


んな訳で、もう二度とないかも、な北海高校、夏の甲子園・決勝戦は終わった。

作新の今井くんは今後プロでもそこそこやるかも知れない逸材なので、今回負けたことは恥ずかしいことではないし、彼にはそれを後々証明して欲しいな、“あぁ、こんな凄いピッチャーだったのね”って。

なので、立派な銀メダルである。

例えば、横浜高校は、ハナから日本一を目指していた。たぶん履正社や秀岳館あたりもそうだろう。 

だけど、北海はそうではない。

まず甲子園に出ること。 そうは言っても新チーム(去年の秋)は大西くんが故障中だったとは言え、札幌地区予選で一回戦負けだったのだ。 甲子園の“こ”の字もおぼつかない結果だった。

それを考えれば、ますます不思議・・・。

なにをどうやったら、こんな結論になるのか。

判ってることは、“大西くんが全て”ってことだ。もちろんチームスポーツである野球なので、他の選手のガンバリがあってこそ、くらいボクも知っている。


にしても最高だった。

これ以上はチャンピオンしかないので、それは期待しないで待つ。 もう十分。


北海野球部、バンザ~イ! ありがと~!


ではでは、俊介。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 20数年ぶりのバスケ観戦、前回は、東京ドームでNBAのスターたち(シャキール・オニールやらショーン・ケンプが来ていた)だったが、今回は代表。 しかも相手は渡邊 雄太がいるジョージワシントン大学(ちなみに、彼は、NBAに最も近い日本人と言われている)だ。


 普段、NBAをたまにテレビで見るものの、日本で行われているリーグなんてまるで見向きもしていなかったボクだが、この9月に始まるBリーグの開幕戦チケットを買いたいなぁ、と抽選申し込みをしたが、ハズレ・・・。その折に、バスケットボール協会のサイトを見て今回の試合があるのを知った。

早速チケット手配作業。

あれやこれや探すと、なんとコートサイドの一列目が買えそう(隣の方に聞いたら結構苦労したらしいけど・・・)、“清水の~”くらいの値段ではあったが、そうそう行ける場所ではないと思い、エイヤッとポチった(カード払いだったので幾らだったか忘れたけど・笑)。


スポーツ写真撮りとしては願ってもないトコである。

NBAの中継を見ては、“あんな場所から撮影してみたいなぁ”なんて思っていた場所だからね。

そこからならバスケ雑誌で見ていた豪快なダンクシーンやら、ゴール下の競り合いなんかが撮れるかも、と妄想は膨らんだもんだ。


しかし、問題もあった。

レンズはどんなの使ったらいいの?(雑誌でカメラマンが写ってるカットを探したり、ネットで探したり・・・)

会場の明るさは?

カメラの設定は?

ま、ぶっつけだね。


で、いざ両国国技館へ。

く、暗い・・・。

スタッフに「このままやるの?」と聞くと、「そうです」とのこと。 

東京ドームで撮影していて真っ暗なのに、それより数段暗い・・・。 いやもう絶望的なくらい。

ウォーミングアップをしてる選手たちを撮影テストしてみたが、まともな写真は無理だな、だった。

そして試合が始まったら、もっと大変なんだと知った。


ラグビーやサッカーでひとつのボールを奪い合う競技は選手が重なり、そして動きっぱなしなので撮るのが案外大変なんだが、バスケは(一流選手だし)、想像していたよりはるかに速く、フレームアウトのオンパレード・・・。 ほぼ実物大で見える選手がマックスで動くのを捕獲するのは至難の業であった。 経験値を上げればなんとか、と思うけど、そんな席で観ることはマレなので練習も出来ないわけで、なかば諦めざるをえない感じである。

今、オリンピックで卓球やらバドミントンの映像をみるけど、あんなのもまず不可能だね、残念ながら。 スポーツ撮影は屋外モノに限るってことがよ~く判った。




狙ってた画のひとつは、こ~ゆ~の。

速攻からのパスのシーン。

あいにくシャッタースピードが遅すぎて被写体ブレしてしまった。




渡邊 雄太。ちなみに203センチです。

こうやってゆっくりボールを運ぶところならなんとかなるけど、面白くない画だね。




引き画でティップオフシーンを。

こういった“バスケットボールをやってる風景”を撮りたいわけじゃないからね。




うっかり撮っちゃったけど、こんなん簡単だ、もうちょっと明るければね。




ジョージワシントン大学の面々。 この中からNBAに入れる選手はいるんだろうか?

“あの時、国技館で観たヤツか”ってなればいいなぁ。


な訳で、ボクの撮影はガタガタだったが、試合は十分楽しめた。

クイックネスの凄いこと凄いこと。 迫力満点だし、動きの複雑さもヤバい。

戦術を理解して観たらもっと楽しめそうだ。 


しか~し、今の生活でも大変なのにこれにやれバスケだ、バレーだなんて言いだしたらお金も時間もいくらあっても足りんわな(笑)。 あぁ、ウサイン・ボルトが観たい(まだ言うか・大笑)。


スポーツ観戦っていいですね。 ではでは、俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 去年も参加した、ぶろぐ村のたけしさん・ぬまっち主催のランイベに午前中だけ顔を出してきた。

8時半、本郷台駅に集合しスポーツセンター出発~円海山~鎌倉天園往復って行程。

ボクは、いっしんどう広場手前で離脱したが、それ以降は脚が痛くて走れず歩いて帰るハメに・・・。

この春以降、故障で色んなランイベントがあったのにろくすっぽ参加出来ずにいたので、仲間の顔を見るのも久々、全員と話すことは出来なかったものの地元を走れたのは嬉しいもんだね。

予定が被りアフターに行けなかったのは痛恨だったけど、それはまたのお楽しみってことで。



珍しく全員が揃ってカメラ目線来たね~。

これくらいの人数がいると、誰かが目つぶったり、顔隠したり、あっちゃ向いてたりするんだけど、ナイスな一枚。 みそらちゃん、たけしさん、グッジョブ(笑)。




シューズ写真を撮ってるさまを。




天園・茶屋の跡地で。


 秋の千葉・養老渓谷にはなんとか参戦したいな、予定被りませんように。


一旦帰宅し、神宮へ。

5月1日に行った面子で再度(シゲさんも参加してくれた)。



今回は3塁側。

前回はボロ負けだったが、今回はリヴェンジ成功の9~2。

山田がいなかったのは残念だったけど、バレンティンの超特大ホームランも観れたし負けるところなしの完勝だったし満足(なんで連敗してたのか不思議だ・・・)。

いつもひとり観戦が基本なんだけど、大勢で観るのはやっぱりいいね、一杯だけだけどアフターも行けたし。

今シーズンも確定してるのは、あと2試合。8月31日の日本ハム~楽天、9月8日・阪神~巨人だ。20数年ぶりに甲子園でジャイアンツを観る、これは楽しみだねえ。 ではでは、俊介。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 母校である北海高校が出場したので、そりゃ応援しに行くに決まっている。

今回は、幸いなことに第2試合。 朝イチに出れば間に合う時間だ(大体10時半から11時くらいがメド)。

 能見台を4時54分の始発に乗り、新幹線は新横浜始発・6時、新大阪8時12分着だった。

それにしても甲子園は地元以外の人間にとっては観るのが大変である。


というのも、組み合わせが決まるのが初日の3日前なのでスケジュールもへったくれもない。 ボクは幸い環境に恵まれ(今のところ)、急遽のシフト変更も可能だが、普通に考えれば到底無理な話だ。

それにチケット購入も問題アリだ。 大会通し券やら前売りもあるものの、組み合わせが決まるころには売り切れているし、当日券も早朝にはなくなる。

アルプス席の分に関しては学校OBであればもらえるので(自己申告)、中には入れるものの、いわゆる“真ん中で前で”なんての望むべくもない。

以前、大阪朝日新聞に問い合わせたところ、「無理ですね、現状」と答えられ激怒したのを思いだした。

 昨日も9時半に球場に着いた時にはソールドアウトだし、客が帰ったら売られるチケット売り場には長蛇の列(ちなみに誰も帰らなければ、売られることはないのだ・・・、いつ売られるとも判らないものなのにスゴイなぁ・・・と思うね)。仮にも平日なのに・・・だ。恐るべし甲子園。




ま、お約束な画ですな。

恒例になっていた校名プラカードは時間限定らしく今回は撮れず残念。楽しみにしてたのになぁ・・・。




ただの自己満(笑)。

カンカン照りだったけど、浜風もあり苦痛ではなかった。 横浜スタジアムでの観戦の方がよっぽど大変だったわ。




んで、結果はサヨナラ勝ち!

ボク自身は4回目の甲子園でしたが、今回が初勝利、学校は22年ぶりだそうです。


試合後は早々に球場を後にして梅田にお好みを食べに。



このネギ焼きと豚玉を。

この食べ物を美味しそうに撮るのは無理ゲイだね、もうやめる。


ただ、フェイスブックで友人が作新学院のピッチャーがスゴイ!とツイッターでつぶやいてるのを見て、残ってれば良かったとちょっと後悔。 さっき録画しといたのを一部見たが実際凄かった・・・。


んな感じで。

日帰り弾丸ツアー終了。

ちょっとそこまで、って距離ではないし、30000円くらい交通費かかるので、ホイホイ行けないが価値は十分あった。

第1試合じゃ無理だし、第4試合だと待ち時間が長いとか問題があるが、たまにはこ~ゆ~のもね(2年連続だったのは、それこそたまたまだったと)。

次の17日は、木更津総合が第2試合、作新が第3試合、北海が第4試合(相手未定だが、有力校の可能性大)という垂涎のカードが組まれたが、そこはあいにくテレビ・・・。 でももう満足なので今年は終了。

また来年以降に期待しよう。 ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 去年初めて参加した横須賀米軍基地・フレンドシップデーのソフトボール。

ボクの場合、野球観戦はそれなりに長いキャリアがあり、それなりに“観る”ことが出来るが“やる”となると話は別だ。 実際、ソフトとは言えボールに触るのは一年ぶり、突然プレーできるハズがない。

打つのも守るのも、どんな風にボールが来るのか判らないし、どうバットに当てたらいいのか、どうグローブに収めたらいいのか、どうにも要領をえないのだ。

“今度”がもしあったら、練習の機会を作ってくださいね。



いい写真だ!




ピッツァを喰らう野郎ども。

カンカン照りの中、アメリカンな食いモノにコーラ、美味くないハズがない。


 本来であれば、目の前で上がる花火大会まで残るとこだが、あいにく予定が被り退散するハメに(昨日は、なんと4つの行事が重なり、ライヴは行けないわ飲み会は行けないわだった・・・)。


一度帰宅し、横浜スタジアムへ。



このレプリカユニフォームが欲しくてね(笑)。

普段であれば、ベイスターズ~ドラゴンズのカードなんてタダでも行かないけど、ま、そのおかげでアレも出来たし。




で、その“アレ”。

ホームラ~ンかっ飛ばせ、ツ~ツ~ゴ~

あいにく筒香はボクが打って欲しい時に打たず、打って欲しくない時に打つ・・・。




真っ青! スゲェ。

来年、今回のユニフォームのデザインを超えるとは思えないけど、年一回のベイスターズ応援だからまた行きたいもんだね。

ただ、クライマックスシリーズでは、クシャンクシャンにしてあげますから!


 それとは別に気になることが。

ボクが最後にジャイアンツを観たのが7月24日。それ以降めちゃくちゃ好調なんだな・・・。

次は、14日のヤクルト戦だけど、もしそこで負けたらボクが疫病神ってことかぁ(笑)。ではでは、俊介。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。