「ビタミン愛」をゲット!

毎日を笑顔で過ごすには、「ビタミン愛」…心の栄養をゲットしなくちゃ。
私なりの「ビタミン愛」を毎日コツコツ摂取しています。
ごゆっくりお立ち寄りくださいね。

   お茶の番組、2年目に突入、好評OA中です!


         FMしみず マリンパル76.3
       「ちょっと知的にお茶しましょ!」

        毎週土曜日 あさ10:50~

  番組バックナンバーはこちらから http://www.mrn-pal.com/


           茶道をもっと身近に!

   茶道を知れば、挨拶、食事のマナーはもちろん、

     所作も綺麗になりますし、なんと言っても

        おもてなしの心が備わります!

          


テーマ:
月に3回の稽古。
非日常を感じられるひとときです。
 
それでも最近は
なかなかゆっくりできず、
途中退席することが多くなりました。
 
今日も途中退席。
 
今朝は、「梅」をテーマのお席で稽古でした。
短冊には「微笑」
寄り付きには、「梅花似照星」。
この色紙の言葉は、
菅原道真が11歳の時に詠んだ詩の一節。
五言絶句の「月夜に梅華を見る」
 
月耀如晴雪(げつようはせいせつのごとく)
梅花似照星(ばいかはしょうせいのごとし)
可憐金鏡転(あわれぶべし きんきょうのめぐりて)
庭上玉房馨(ていじょうにたまふさのかおれることを)
 
輝く月の光は、まるで晴れた日の
雪のように明らかに澄み、
月下の夜の梅の花は、
照る星のよう。
鏡のごとき月が移動して行くにつれ、
庭園の梅の花ぶさが香ってくるのは
ああ、えもいわれぬことだ!
 
好文棚。
梅の別名には好文木(こうぶんぼく)
という言葉があり、それにちなんだ棚。
すかし柄が、梅の花の形になっています。
 
床には、「梅一だ馨」と備前焼の花器に
蝋梅とやぶ椿。
(「梅一だ馨」の「だ」は乃と木をタテに書いたもの)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
いよいよ4月。
昨年3月からスタートしたラジオ番組

「ちょっと知的にお茶しましょ!」がリニューアルします!
4月9日㈯から
毎週土曜あさ10:50~11:00
  (こちらから「エフエムしみずマリンパル」をクリックして下さいね)
インターネットでも「ちょっと知的にお茶しましょ」

これまでの放送内容は25本。
ざっと振り返ると・・・・

◇2015年4月  お菓子  お茶とのマリアージュ
◇5月  お茶と節句   濃茶
◇6月  三千家     単の着物  古田織部(6月が命日)
◇7月  初めてのお道具、 夏のお菓子
◇8月  お客としての心得  お香
◇9月  お茶の歴史  茶杓  抹茶の簡単な点て方
◇10月 茶花と花入れ  名残
◇11月 炉開き 裏千家青年部
◇12月 茶道具  千家十職  三大銘菓 
◇2016年1月  初釜
◇2月  茶事
◇3月  懐石料理

色々なことをテーマにお伝えしたつもりでしたが、
案外少なかったなぁと言う気がしています。
4月からは、10分コーナーになります。
月初めには、その月にふさわしい禅語を取り上げる予定です。

ご興味のある方は是非、お聴き下さいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
玄関の短冊
「桃林の昔を牛やつなぐらん 梅(絵)を友とて豊かなる春」
臨済松堂老師(静岡臨済寺ご住職)

思いをすぐに詩にできるというのは、
ものすごい才能だと思ってしまう。

 
寄り付きの色紙
「山雲海月」
これは多分、碧巌録にある
「話尽山雲海月情」(語り尽くす山雲海月の情)
のうちの4文字でしょう。
そもそもの意味は、
山の心情、雲の心情、海の心情、月の心情、つまり全ての心は、
山区も海月の情であり、親しい者同士が心のありったけを
原野底まで包み隠さず洗いざらいうち解け合い、語り尽くす、
ということなのだそうです。

別れの季節、大切な人たちとの別れを前に、
大いに語り尽くしたいものですね。
お茶室の掛け軸は「春色無高下」。
早引きしたので、写真を撮れず、こちらはネットから引用しました。
 
 今日は七事式で、花月、一二三、数茶の科目。
私は、一二三で、亭主をしたため、皆さまから採点していただきました。
今年23年目になるというのに、
濃い茶の点前がおぼつかなくて情けない!

でも、美味しく立てることができれば、まずはよしとしよう。
 
主菓子は、「のりこぼし
静岡増田屋製
  
 干菓子は、お弟子さんからのお土産の、
水戸偕楽園の梅味のお菓子
美味しく頂きました。


せっかくのお稽古時間なのだから、
頭の中を無にして、お茶のことだけを考えよう、
と思うのに。なかなかできない私は、
やっぱり情けない。
んー。修行が足りん 。

今月はあと一回稽古があるのだけれど、
所用でお休みしなければ成らず、残念。
よし、新年度からリスタートするぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「雲門関」
「関」とは、容易に通ることのできない悟りの境地に至る大切な関所のこと。
詳しくは、
禅語に親しむ をご参考になさってみて下さい。



つば写し(志戸呂焼き:本家は唐金)に生けられた椿「初黄」


「雪紅梅」 静岡増田屋製


良寛さんが好んだと言われる「白雪こう」

今日のは、盆点前、唐物の真、結び袱紗 お稽古でした。
んー、頭の中が覚えることでごちゃごちゃになっています。
復習、復習っと!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月2週目は七事式。
今週は且坐。
何度トライしても炭点前は苦手。
今日は、東として且坐に参加したので、
濃茶を点てました。

こちらは寄り付きの短冊
臨済寺の松堂老師の筆です。

これから正客が花を生けます



次客が炭点前をしています



三客が香をききます



東晋の隠棲詩人である陶淵明の「四時の詩」



静岡増田屋製 「梅の里」
毎回美味しいお菓子で幸せです


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。