スイッチバック思考経営塾

スイッチバック思考で、あらゆるノイズを除いて、不安を成果に切り換える。中小企業の戦略参謀として、業務フローの改善点を見つけ、会社の価値を着実に積み上げていきます。成長支援部作りコンサルタント 岩井徹朗


テーマ:

成長支援部作りコンサルタントの岩井徹朗です。

 

 

コアコンセプト・マーケティング
実践していただいたあるクライアントさん。


実は「自分は〇〇でなければならない」

と堅く信じておられました。


でも、自分の源泉を掘り下げていく過程の中で

「もしかすると、〇〇でなくても良いのでは?」

と、思い始めるようになりました。

 

すると、気持ちがすごく楽になったそうです。

 


この〇〇にあたる部分は人によって異なります。

 

しかし、誰しも自分なりの常識として

 

~でなければならない

 

~であるべきだ

 

と考えていることが一つや二つはあるのではないでしょうか。

 

 

あるべき姿で行動できる人もいない訳では

ありません。

 

でも、多くの場合、あるべき姿を考え始めると、

「どうしよう」「こうしたら」「でも・・・」

という頭の中で悪循環に陥り、

すごく悩んでいる割には第三者から見ると

何も進んでないという状況になっています。

 


そこで、今回の成長支援部からの提言

 

あるべき姿と行動

 

をテーマに書きました。

↓ ↓ ↓

(第116話)さらば、ベッキー

 

 

「『こうあるべき』を中心で考えるのは

 成長が止まる会社
 『こうしたい』を踏まえて考えるのが

 成長し続ける会社」

 

です。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)