スイッチバック思考経営塾

スイッチバック思考で、あらゆるノイズを除いて、不安を成果に切り換える。中小企業の戦略参謀として、業務フローの改善点を見つけ、会社の価値を着実に積み上げていきます。成長支援部作りコンサルタント 岩井徹朗


テーマ:

成長支援部作りコンサルタントの岩井徹朗です。

 

 

「寝ながら本を読んでますか?」
毎月1回身体のメンテナンスに行っている先生から言われました。

「別に寝ながらは読んでいませんが・・・」
と思い当るふしがなかったので、
「なぜそのような質問をされたのか」を聞いたところ、
肩と首の形からそのような兆候が出ているとのこと。


そこで、ふと思い出したのが電車の中での私の行動。

電車の中では、新聞や本を読む、スマートフォンで

メールをチェックする等をやっています。

その時、本やスマホを持つのはたいてい左手。

そして、先生の前で
「そう言えば、電車の中で立っている時にこんな恰好をしています」
とやってみると、
「なるほど!それが原因かもしれませんね」
という回答でした。


つまり、

混雑している電車の中で常に左手で本やスマホを見る
 ↓
真正面ではなく、どうしてもねじれた姿になる
 ↓
寝ながら本を読むような恰好になっている

という訳です。


先生に指摘されるまで、いつも左手を使っている
というのはまったく意識していませんでした。

自分の癖は自分ではなかなか気がつきませんね。


さて、会社においても、いろいろな癖があります。

そして、その癖があることに気づいていない

ケースも少なくありません。


例えば、売掛金の回収がいい加減な会社の場合。

それでも資金繰りが回っている場合は
たいていその癖は放置されたままです。

しかし、そのような会社の場合、決算書を見ると
売上高に比べて売掛金の数字が膨らんでいる
のが普通です。


また、仮に決算書を見る前であっても、

社員からお話をお伺いすると、
いつお金が振込まれるのかについて関心がない、とか
売掛金の消込作業にやたらと時間がかかっている
といった具合に問題の兆候はいろいろなところに出ている
ことが分かります。


本来であれば、自社の問題点は自社で見つける
のが理想です。

しかし、慣れるまでは、自社の問題点を自社では見つけにくい
のも事実です。


あなたの会社の中には

自社の問題点は自社で見つける仕組み

ができているでしょうか。


一度チェックしていただければと思います。

 

 

関連するキャッシュフロー経営実践講座

↓ ↓ ↓

リスク・フリーで6万円を節約するには

 

一段上のステージに進む経営者が一人で多く増えるよう、

これからも知恵を絞り、工夫を重ねていきます。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)