人生を豊かにする本物の医療を目指して。 Dr.SHUTOのブログ 「Wellness&Happiness」

心と体に優しい医療により、縁ある方々が悔いのない健康で幸せな人生を送るきっかけになりますように。


テーマ:

 

咳が続いている患者さんから、

 

「近くの開業医を訪れた際、6種類の薬を処方されたがどうしたらいいか?」

 

という相談を受けました。

 

咳が3日間程度続いているということで、

 

 ・ステロイド内服

 

 ・ステロイド吸入

 

 ・咳止め

 

 ・抗アレルギー剤

 

 ・抗生物質

 

 ・胃薬

 

が出ていました。

 

胃薬は、3種類くらいの薬が出る際に一緒に処方されることが多いようですが、毒を持って毒を制す、という感じの薬。だから咳とは関係ない。

 

熱もないのに抗生物質は必要??

 

・・・たかが普通の咳に、こんな処方が必要なのでしょうか?

 

 

こんな保険診療、おそるべし!

 

症状を消すことばかりを考えて、患者さんの本当の健康を全く考えていない。

 

 

こんな症状には、

 

睡眠、休息、適切な栄養、ストレス対処がまず第一。

 

その前提で、原因をもう少し特定して、薬以外の方法でアドバイスすべきです。

 

咳止めの薬を使うのは、一番最後。

 

症状を抑える薬は、よほどの時だけにしないと、体が治癒しようとする力を妨げてしまいます。

 

ちなみに、気管支が拡がれば咳は軽減しますが、

 

歌って笑えば気管支は開きます。

 

運動を楽しめば気管支・肺は鍛えることができます。

 

 

初診の咳だけの患者さんに、6種類の薬はやりすぎです・・・。

 

 

 

 

========================
・私個人の主観的な意見による記事ですので(当然、偏りがあります)、内容の解釈に関しては各人の判断でお願いいたします。
・メッセージ等による質問はすべてスルーしています(お返事しません)。
・アメンバー申請が何件もきていますが、
申請の際に、メッセージのない方は承認いたしませんのでご了承ください。
簡単な自己紹介と、どういう理由で申請されたかなどを教えていただけるとありがたいです。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

Dr.SHUTO
=======================

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

=============================

【PR】表参道首藤クリニックにて現在募集中のもの

 

1.糖尿病モニター募集中!

 

==============================

 

「脳から高める免疫力」シリーズ

 

私が普通の病院で保険診療をしていた時、

 

患者さんの訴えに対して薬の処方でしか答えることができない医療に疑問や不安、満たされない感じや違和感を感じていました。

 

=================

私にはこんな経験があります。

 

「薬はできるだけ処方したくない」と思って、患者さんにライフスタイル改善の話をして、

 

「いつか薬を辞めれたらいいですね」と患者さんに話したところ、

 

その後その患者さんが受け付けの人に「治療方針変わったんですか?」と質問をされたそうで、、

 

その結果私はその医院をクビになりました。

 

その時院長は、

 

「免疫力を上げる、というのはわかるが、患者さんは薬をもらいに来ているのだから、

 

うんちくを垂れないで薬だけ処方しろ!」  「今日で辞めてもらいます」

 

と私に言いました。

 

今となれば、経営者の立場としての発言だったと思いますので、そのような発言をした院長先生の気持ちはわかります・・・・。

 

 

====================

私はゆっくり患者さんとお話しもできない、

 

薬以外の治療の話に関しての知識も情報も遮断されている現代の保険診療にうんざりしたことがあります。

 

自分が理想としている医療がしたい、と思ったら、保険診療に縛られる医療は不可能になりました。

 

今でも必要な方には、ためらうことなく薬を処方しますし、そのことに関しては良いと思っています。

 

薬を使うのは良いですが、

 

「どう薬と付き合っていくか?」

 

「その薬をどう辞めていくか?」

 

「健康な細胞をより健康にするにはどうしたらいいか?」

 

という話は、保険診療に縛られていたらできません。

 

 

自由診療では、それらの話が思う存分できますし、良くも悪くも、患者さんの希望される最新の治療をすることもできます。

 

====================

 

私は、自分の心にウソをついて無理して仕事をしていた時期があって、

 

そのせいで心のバランスを壊してしまったことがあります。

 

やりたくもない仕事を断れずに続けていたり、仕事ができる医師にみられたくて背伸びをしたりしていました。

 

仕事をしながら毎日違和感を感じまくりでした。

 

このように、自分の心にウソをついてまで仕事を続けていると、

 

私も経験したように、心と身体はサインやメッセージを出してきます。

 

そのメッセージは、プチうつや、風邪、肩こりや腰痛などのちょっとしたものから始まります

 

気づいたら、大病、難病を発症した、なんてこともよくあります。

 

 

皆さんは、ご自身の心にウソをついて生きていませんか?

 

自分の心に正直に。

 

自分の人生を生きると、免疫力が高まり病気が治るきっかけとなります。

 

自分の人生を生きると、人生の最期に笑顔でこの世を去ることができるでしょう。

 

性善説で考えるならば、自分の人生を生きるということは、自分・家族・社会に対する愛につながり、社会貢献につながることと思います。

 

 

 

========================
・私個人の主観的な意見による記事ですので(当然、偏りがあります)、内容の解釈に関しては各人の判断でお願いいたします。
・メッセージ等による質問はすべてスルーしています(お返事しません)。
・アメンバー申請が何件もきていますが、
申請の際に、メッセージのない方は承認いたしませんのでご了承ください。
簡単な自己紹介と、どういう理由で申請されたかなどを教えていただけるとありがたいです。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

Dr.SHUTO
=======================

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

先日、ネット上で「正範語録」というものを見つけました。

 

ちょっと前にSNS等で話題になっていたそうです。

 

作者は諸説あり、正確な人は不明なようです。

 

私はこの文で色々思う所がありました・・・。

 

皆様はこの文から何を感じ取りますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。