DJ tamaのCDラック ~6000枚の中からchoice!

溜まりに溜まった約6000枚ものCDを中心に、1枚1枚紹介していこうと思います。ひとまずは、がんばって1日に1枚のペースで書けたらいいなぁ。

NEW !
テーマ:

 

d-project with ZARD d-project with ZARD
2,700円
Amazon

 

GIZA所属ミュージシャンたちが、楽曲重視の質の高い作品を送り出そうと始まったプロジェクトの第1弾作品。


今回は、ZARDの名曲をリアレンジした企画盤です。徳永暁人をはじめ、大賀好修や岡本仁志、麻井寛史などがアレンジを手掛け、さらに、Beingに戻ってきた大黒摩季がゲストヴォーカルとして参加しているとは、随分と豪華です。



特に、大黒摩季は、まるで坂井泉水とデュエットしているかのようにスルッと入ってきては、パワフルなヴォーカルを聴かせたり、バックアップするかのように、見事なコーラスを聞かせてくれたりと、大活躍です。


それなのに、アレンジの方が残念というか、これはアレンジなのか?リミックスなのか?ちょっと微妙なラインを行くというのもなんだかな。プログラミング頼みで音を作っているようで、もっと全体的にバンドで聴かせて欲しいような気もするんだよな。それゆえ、やっぱりBeing的な、無機的な音になってしまい、数々の名曲もいいもの悪いものとバランスがバラバラ。本当にもったいない。


いっそのこと、きちんとした形で、外部の人たちによるリミックス版として作った方がいいんじゃないかな。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ZARD」 の記事

テーマ:

 

 

 

 

相川七瀬がデビュー20周年を記念して、作品を発表。カバーアルバムなんだけれども、これがまた、彼女を見出したプロデューサー、織田哲郎の楽曲のみのカバーというアイテムです。


「世界中の誰よりきっと」「いつまでも変わらぬ愛を」「碧いうさぎ」「君がいたから」「翼を広げて」などなど、どの曲も大ヒットしているし、聞き覚えのある楽曲ばかり。それを相川七瀬らしいロックサウンドに味つけてのカバーとなりました。




だがしかし、う~ん、なんだかバリバリとギターがかき鳴って、相川七瀬らしさはあるものの、ちょっとうるさいだけのカバーになってしまった気もするな。これはあまりいいカバーと言えない。なんだか勿体無い。


せっかくの織田楽曲。さらには大黒摩季や浅岡雄也、宇徳敬子などのコーラスや、つるの剛士や寺田直子、杏子に中村あゆみを迎えたりと、豪華に飾っているんだけれども、サウンドが残念すぎてね。



企画内容は良かっただけに、ちょっと期待過剰になりすぎたかも。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

前作シングル「YAH! YAH! YAH!」に続いて、今回もコミカル路線で突っ走るLINDBERG。いったいどうした?イントロのキーボードのフニャっとした感じから、脱力感たっぷりです。仕事の関係で彼氏と遠距離恋愛になってしまった主人公を歌います。意外とメロディはキャッチーで、サウンドも爽快。


飛行機で1時間45分の距離って、どこだ?




M-2「明日は明日の風が吹く“escape free mix”」
ピコピコドカドカ、プログラミングビートを打ち込んでは、アグレッシヴに仕上げたリミックスチューン。メロディパートは淡々としていて、なんだか味気ないな。サビで明るくなるけれども、ビートをメインに持ってきたために、ちょっと粗が目立ちます。



M-3「もっと愛しあいましょ“a rise mix”」
LINDBERGの大ヒットナンバーのリミックスチューンは、アングラ感たっぷりのアグレッシヴなトラックで、怪我するね。サビでは煌びやかなSEで飾ってくるけれども、アンバランス感が半端ない。前曲といいこの曲といい、流行りに乗って逆に火傷した感じです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日付変更線 日付変更線
1,296円
Amazon

 

 

 

広瀬香美カムバック。休業明け第一弾シングルは、ヴォーカリストとしての力を発揮させるバラードナンバー。打ち込みトラックとアコースティックギターの音が絡み合う展開。そこからサビで大きく化けて、ゴージャスに。コーラスからも広瀬香美らしさが伝わってくる。


ダイナミックなバラードに仕上がったね。



M-2「日付変更線 (中国語バージョン)」
メイン曲の中国語バージョン。ここまで大らかに歌うと中国語に聞こえない。なんかもう、自由自在に操っているね。



M-3「日付変更線 (韓国語バージョン)」
韓国語バージョン。こちらは韓国語にモロに聞こえる。なんだろう、ちょっと角張って聞こえますね。



M-4「涙腺のバルブ」
アコースティックギターのみをバックに聞かせてくれるバラードナンバー。広瀬香美にしては、とっても珍しいアレンジに聞こえるね。アレンジも広瀬香美自身が担当していたんだね。声に焦点が当てられているように聞こえる。サビはさすがに伸びやかに広がります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Canzoni Per Meta Canzoni Per Meta
 
Amazon

 

イタリアの孤高のインディー歌手、Denteの6枚目となるオリジナルアルバム。今作は、より一層アコースティックな音に磨きがかかり、オーガニックで温かさや渋さが際立っています。


特に、エレクロニカやプログラミングの音でアプローチを変えてくるけれども、やはり根底にあるDenteの音には変わらないね。Denteのヴォーカルも、優しく伸びやかに、ゆったりと聴かせてくれます。



また、今作は20曲も収録と、これほどまでにDenteの意欲が表れているわけですよ。ただ、短い曲は1分弱なので、とってもリラックスした状況で作っていたのかな、なんて想像したり。



ジャケットを含めて、とにかくおしゃれな要素が伝わって来ます。
 

 

Un album originale che sarà il sesto album del cantante solista indie italiano, Dente. Questo lavoro ha reso più lucido il suono acustico, organico, il calore e l'astringenza.


Soprattutto, sebbene cambi approccio con il suono di Elekronika e programmazione, è sempre lo stesso del suono di Dente che è il sottostante. La voce di Dente ti permetterà anche di rilassarti e ascoltare dolcemente e delicatamente.



Inoltre, questo lavoro include 20 canzoni, quindi la motivazione di Dente appare a tal punto. Tuttavia, poiché le canzoni brevi sono deboli per meno di un minuto, ho immaginato che lo stessero facendo in una situazione molto rilassata.



Compresa la giacca, gli elementi alla moda vengono comunque.

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

森広隆、久しぶりとなるシングルは、前作「Rainbow Seeker」から1年半ぶり。 今作はインディーズからのリリースということもあり、もう、しがらみを取っ払って、好きなことをやっている感じが伝わってくるね。 イントロから超かっこいい。そこから本領発揮のファンクロックを軽やかに決めてきます。 新しい森広隆の誕生を告げる1曲です。

 

 

M-2「蜃気楼の街」

まったりとバラードチューン。アコースティックギターの音の心地よさと、 森広隆のハイトーンヴォーカルがまろやかに混じり合う。 しっとりしなやかな音なのに、とても濃厚な雰囲気が漂ってきます。

 

 

 

M-3「英雄の誕生 (-1)」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Cello Cello
1,028円
Amazon

 

 

埼玉県桶川市出身のバンド、GOING UNDER GROUNDの初となるCDは、4曲入りのミニアルバム。青春街道まっしぐら。ヴォーカルを務める松本ソウの真っ直ぐでひたむきな気持ちがストレートに伝わってきます。



さすがにインディーズ、そして初のアイテムということで、所々で粗さが出ているけれども、これが若さの証拠だね。



勢いが出ていて、インディーズだろうとメジャーだろうと、デビュー作の高ぶる想いがぎっしりと詰まっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

プリズムの夜 プリズムの夜
1,028円
Amazon

 

「スロウレイン」に続くACIDMANのシングルナンバーは、よりいっそう、深く静かに、それでいて、バンドとしてのサウンドに磨きがかかったバラードチューン。これほどまでに繊細で、情緒的な歌詞を持ってくるとは、大木伸夫の中で変化が起きたのかな。

歌い方も、どこかしらはかなさを出したようなヴォーカルスタイルが印象的。



M-2「Dawn Chorus (inst.)」
軽やかに舞うインストナンバー。リズミカルに弾んでは、ギターが印象的なリフをぶつけてくる。そこから激しさを出して、ギターがパワーアップ。ダンスビートを彷彿とさせるようなリズム隊の音を加えて、パワーアップ。かっこいい展開を見せたね。



M-3「シンプルストーリー (second line)」
恒例のセカンドラインシリーズ。今回は「シンプルストーリー」が、複雑に。ジャジーなアレンジで、ACIDMANを全く別の角度から見せてくれるサウンド。ピアノも参加して、おしゃれ度がアップしています。こういうアプローチがとっても新鮮だね。激しくなるサビパートは、もうちょっとヴォーカルを抑えた方が、よりおしゃれ感が出たかな。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

M-1「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (PAUL OAKENFOLD PERFECTO REMIX)」
Paul Oakenfoldによるリミックスは、もっさりした4つ打ちビートが駆け抜けてゆくトラック。こもった感じが気になる。そのまま展開していくんだけれどね。若干、アンビエントな雰囲気もあって、妖しく進行。



M-2「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (RICHARD VISSION VELVET MASTA EDIT)」
Richard Vissionによるリミックス。まずは映画のCharlotte Gainsbourgの台詞を使ってジャブ。深いビートとともにパンチを効かせて、スタート。本編はチョッパーベースがやけにグルーヴィーでびっくりした。ディスコティークな要素もあって、面白いアプローチを仕掛けてきましたね。極上の8分。



M-3「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (CALDERONE & QUAYLE DARK SIDE MIX)」
ディープというか、一歩間違えたらエグイ展開になりそうな、妖しいイントロで予断を許さないリミックス。Victor Calderoneも、こういうトラックも使うんだな。やけにエスニックな方面へと流れていきます。妖しさたっぷりのリミックスです。



M-4「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (TRACY YOUNG CLUB MIX)」
ピコピコポップに弾けたTracy Youngによるリミックス。ポップなビートをまとっては、途中でCharlotte Gainsbourgの映画の台詞を挿入して、ドラマティックに仕上げた。小業が効いた展開です。



M-5「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (ABOVE & BEYOND 12" CLUB MIX)」
冷たい空間を突き進む4つ打ちビートが疾走感を生み出すリミックスチューン。Above & Beyondによるトラックは、トランス直球勝負。Madonnaのヴォーカルも浮遊感たっぷりだけれども、それ以上にクールなビートにやられます。かっこいいね。


M-6「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (TRACY YOUNG COOL OUT RADIO MIX)」
HIP-HOPのようなリズミカルでポップな味付けがされたりミックス。クールながら温かさがあっていい味を出しています。Tracy Youngも、こういうアプローチでMadonnaの魅力を増やしてくるとはね。


M-7「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (RICHARD VISSION VELVET MASTA EDIT)」
いきなりベースの音から始まるRichard Vissionによるリミックス。ディスコティークなグルーヴが気持ちいいハウスリミックス。M-2のエディットバージョンということで、魅力をギュッと詰め込んで聞かせてくれます。



M-8「WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL (ABOVE & BEYOND CLUB RADIO EDIT)」
Above & Beyondによるリミックス。トランシーにまとったトラックを、ストレートにぶつけてくる、潔さに脱帽。フロア向けのM-5よりも短い分、キャッチーさで勝負してきたエディットバージョン。



M-9「LO QUE SIENTE LA MUJER」
オリジナルバージョンの歌詞を、スペイン語に変えて歌うMadonna。やっぱり言葉の響き方が違うと、印象も若干変わりますね。でも、妖艶さはそのままで。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Come on Over Baby Come on Over Baby
 
Amazon

 

 

「Come On Over」をシングルカットするにあたって、ニューバージョンを制作。 レディオバージョンは、ポップでグルーヴを増した弾けたトラックに変身。 オリジナルの持つ楽しさはそのまま伝わってきます。 さらに中盤ではラップが登場したりと、攻めたことをしてきたね。

 

 
2. M-2「VEN CONMIGO (solamente tu)」

シングアロングなヒットシングルチューンのスペイン語バージョン。 さすがシングルチューンなだけあって、スペイン語に変わったとしてもキャッチーさは光っていますね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。