DJ tamaのCDラック ~6000枚の中からchoice!

溜まりに溜まった約6000枚ものCDを中心に、1枚1枚紹介していこうと思います。ひとまずは、がんばって1日に1枚のペースで書けたらいいなぁ。

NEW !
テーマ:

 

ComplicatedComplicated
649円
Amazon

 

カナダ発のロックンロール少女、Avril Lavigneのデビューシングルは、等身大の女の子の気持ちを、エッジの効いたミディアムロックで聞かせるナンバー。ギターの音がざっくりと、そしてキャッチーなメロディととともに、元気よく歌うAvrilが印象的ですね。PVの印象もあるけれども、かなりポップでインパクトがあります。


シングルでは、the Matrixによるミックスで、よりどっぷりとしたアレンジに変身。
こちらも力を増した感じでかっこいいですね。


M-2「I Don’t Give」
こちらもがっつりロックチューンで、Avril Lavigneの魅力を放つ1曲。じっくりと聞かせるメロディパートと、キャッチーなメロディで引き込むサビパートの流れは、さすがThe Matrix。覚えやすくてノリがありますね。


M-3「Why」
アコースティックギター1本のみで音が前面に出ているナンバー。Avril Lavigneの歌い方も、時に力強く、時に優しくと使い分けて、世界を作る。アコギと声だけという構成は、よりっそう魅力がダイレクトに伝わってくるね。後半で転調して盛り上がります。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「A~J」 の記事

テーマ:

 

I’ll Be OkI’ll Be Ok
466円
Amazon

 

軽快にかき鳴るギターを操るポップなロックチューンは、アルバム「WONDERLAND」のオープニングを飾るキャッチーなナンバー。アルバムから3枚目のシングルとしてカットされ、勢い溢れたサウンドを届けてくれる。

 

キャッチーなメロディとコーラスワークも健在。これぞMcFLYな楽曲で楽しませてくれる。
OKだね。

 


M-2「No Worries」
トムがBUSTEDのジェイムスとチャーリーの2人と作り上げた軽快なロックチューン。BUSTEDとMcFLYのいいところを掛け合わせたようなロックナンバーは、キャッチーな要素と切ない要素を掛け合わせて。ラストはちょっと曲調が変わって、とっても楽しい曲に変身したね。最後の最後まで聞き逃せないナンバーです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

JT is BACK。ということで、なんと7年ぶりとなるオリジナルアルバムをドロップしたJustin Timberlake。エンターテインメント性溢れるトラックは、Timbaland、そしてJ-ROCとガッツリ組んで、三位一体。

 

 

前作でも見られたような、1曲2部構成のようなトラックを追求し、じっくりと聞かせてくれるR&Bチューンを投入。その巧みな流れとともに、聞かせるJustinのファルセットヴォーカルは健在です。

 

 

先行シングルとなった「SUIT & TIE」では、JAY-Zも客演として登場。華々しさが溢れ、これぞエンタメな世界を見せてくれるアルバムとなっています。また、カットされたシングル「MIRRORS」も、かなり作り込まれていて、Justin Timberlakeの新たな代表作になり得るような印象を残します。

 

 

しばらく役者に専念していながらも、まったくインターバルを感じさせず、わくわくドキドキを送り込んでくるJustin。大人になりながらも、遊び心は忘れていないね。経験が物を言うアルバムです。

 

 

デラックス盤は、2曲を追加収録。どちらかというと、アルバム色とは離れて、ボーナストラックに近いかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

STAND BY MESTAND BY ME
1,080円
Amazon

 

 

走り抜けるGOING。アルバム「h.o.p.s.」の後となるシングルナンバーは、ギターがかき鳴る疾走ロックチューン。年を重ねるごとに、離れ離れになってゆく心情を瑞々しく綴る歌詞が涙を誘うね。映画や小説のような、山あり谷ありのメロディ展開で、ワクワクドキドキさせてくれるんだけれども、最後は切なく締まります。


さすがは松本素生の世界だね。

 

 

M-2「ムサシノ天使の詩」
ビートを効かせたアップテンポチューン。キーボードの音も一緒になって弾んでいます。それゆえ、サビではディスコフレーバーでポップでキャッチーに聴かせてくれます。名曲「荒川わたれ」に似たシチュエーションだね。ただ、天使が埼玉から東京へ飛び立ったことを歌にしているようにも思えるね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Is It Any WonderIs It Any Wonder
589円
Amazon

 

えっ、KEANEがギターの音を入れてきた?と錯覚してしまうロックチューンは、2nd Album「UNDER THE IRON SEA」からの1st Single。ノイジーなトラックと弾むドラム、そして繊細かつ大胆なTomのヴォーカルが織りなす、新たなKEANEの三位一体サウンド。


衝撃的ながらも、引き込まれてゆく1作です。

 

 

M-2「HE USED TO BE A LOVELY BOY」

 


M-3「LET IT SLIDE」
新しいKEANEの世界を聞かせてくれるようなアップテンポのロックチューン。Tomのハイトーンヴォーカルは健在だけれども、ゴリゴリとした音が、今までのKEANEとは一線を画すね。疾走感や爽快感もある1曲で、スカッとします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

NumbNumb
702円
Amazon

 

アルバム「METEORA」のラストを飾る、力強さの出たミディアムチューン。Chesterが、心の奥底からヴォーカルを聴かせる。激しい音をバックに、じっくりと聴かせてくれるナンバーですね。この曲に関しては、すぐにできたというけれども、結構緻密に作り込まれている雰囲気が漂っています。


アルバム「METEORA」から3枚目のシングルとしてカットされた、力作です。

 

 

 

M-2「EASIER TO RUN - LIVE」
2003年のツアーの中からのライブテイク。オープニングからダイナミックな音とヴォーカルを聴かせては、圧倒してきます。静けさと激しさがいい塩梅に交差する。バランスの良いナンバーだね。

 

 

 

NumbNumb
702円
Amazon

M-2「FROM THE INSIDE - LIVE」
2003年のツアーからのライブテイク。ヘビィな音と壮大な雰囲気の中、Chcesterが切々と歌い上げます。よりいっそう、鋭さを出して突き刺してくるね。それでいて、じっくりと聴かせてくれては、その世界に取り込まれる。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

デビュー15周年を迎え、久しぶりに動き出したthe brilliant green。Tommyのソロ活動を経ての今作は、初となるセルフカバーアルバム。1960年代テイストに仕上げたコンセプチュアルな作品は、懐かしのナンバーに、新たな命を吹き込んで、瑞々しく聞かせてくれる。

 

 

 

抑え目なのに力強く、あっさりとしていながらも濃厚な仕上がりなのは、職人・奥田がうまいこと仕事をしているんだろうな。オリジナルのテイストもきちんと残しており、ガラッと変化させたりと、器用に操り、新たなブリグリスタイルでじっくりと堪能できる作品。デビュー曲「Bye Bye Mr. Mug」が、まさかのカントリーロックなサウンドになったのはビックリだったけれども、これはこれで面白いね。

 

さらには新曲も収録されて、コンセプトにぴったりな軽やかサウンドで聴かせてくれます。


これを機に、もっともっと作品を発表してくれることを期待したいんだけれども、相変わらずマイペースなんだろうな。なお、この作品より、完全に川瀬智子のソロプロジェクトと化しました。奥田は引っ込んで、バックアップですね。

 

 

初回限定版は、7インチレコードサイズのジャケットで、見た目もおしゃれに決めてきました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

GirlyGirly
1,888円
Amazon

 

M-1「CANDYMAN」
ブラスとギター、パーカッションの音から、これぞ渋谷系な風を漂わせるカヒミ・カリィのシングルナンバー。今作も小山田圭吾のプロデュースによって輝きを増しています。フレンチ要素は出ていないけれども、コケティッシュなウィスパーヴォーカルは健在。そこにポップでキャッチーなメロデイが絡み合っては、カヒミワールドが押し寄せてきました。

 

 

M-2「LOLITA GO HOME」
エスニック風味をぶつけてきた、Jane Birkinのカバーチューン。本家に劣らず、ロリータ要素の出たカヒミヴォーカルで、うっとりですね。ウィスパーヴォーカルから、ちょっとエロティシズムを感じさせる1曲だ。

 

 

M-3「PORUQE TE VAS」
ザックリかき鳴るアコースティックギターからは、物憂げな音が届くナンバー。しかし、カヒミ嬢のウィスパーヴォーカルは、おしゃれに仕上げてしまうマジック。トランペットとサックスの2本の音も、どこかしらアンニュイに聞こえてくる。

 

 

M-4「STILL BE YOUR GIRL」
プログラミングビートが、どこかしらラヴァーズロックの風味なおしゃれミディアムチューン。心地よさと爽やかさを生み出す田辺恵二のプログラミングと、堀江博久のローズピアノがカヒミ嬢のヴォーカルを盛り上げます。南仏のヴァカンスのような雰囲気がいとおしいね。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

SHININ’   (CCCD)SHININ’ (CCCD)
1,258円
Amazon

 

 

まさか、こういうタッグが実現するとは。BoAに続いて、MONDO GROSSOがゲストヴォーカルに迎えたのは、Dragon AshのKj。ミクスチャーロックとはまったく違った、メロウなヴォーカルで魅了してくれます。宇宙を飛び交うような、爽やか4つ打ちトラックが、光を差すように輝く。かきなるギターも効果的に。

 

歌詞は英語詞だとサウンドと一体化するように。日本語訳を見ると、なんだか堅苦しいね。

 

 

M-2「SHININ' (STEVE DUB REMIX)」
Steve Dubによるリミックスチューン。まずは静かな始まりから、深いビートをあしらって、どっぷりどっぷりと。ギターのかき鳴る音とヴォーカルも加わって、不思議な世界が生まれる。ヴォーカルのエフェクトをかけて、よりダブ感を出してきました。
 

 

M-3「SHININ' (Instrumental)」

M-4「SHININ' (STEVE DUB REMIX / Instruemental」

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Journey to the heartJourney to the heart
1,500円
Amazon

 

 

KAT、久しぶりとなる作品はミニアルバム。アコースティックサウンドをベースにした柔らかい音を届けては、KATの優しい面が伝わってきます。

 

 

今後、こういったサウンド路線に移りそうだね。英語を武器に、時折日本語を交えたミックスソングで魅了してきます。「なごり雪」のカバーが話題を呼んだけれども、今回は「翼をください」をミックスカバー。

 

 

その他、プレデビューシングル盤に収録していた「Today」の再収録や、インディーズ盤収録の「Home」の日本語バージョン、PHATEとのコラボナンバーなど、ミニサイズにしては意外と魅力溢れるトラックが押し寄せてきます。この勢いに乗って、フルサイズでも楽しませて欲しいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。