DJ tamaのCDラック ~6000枚の中からchoice!

溜まりに溜まった約6000枚ものCDを中心に、1枚1枚紹介していこうと思います。ひとまずは、がんばって1日に1枚のペースで書けたらいいなぁ。

NEW !
テーマ:
 
 
名実ともにイギリスの国民的スターへと輝いたOlly Murs待望の3枚目となるオリジナルアルバム。前作「In Case You Didn't Know」から、約10ヶ月というハイペースのリリースなのにもかかわらず、実に多彩な楽曲が揃った名盤となりました。



大ヒットシングル「Troublemaker」のファンキーでヒップでポップなトラック、力強さを前面に出した「Amy Of Two」、切なくも伸びやかにヴォーカルで魅了する「Dear Darlin’」、Olly流ダンスポップの可能性を示すタイトルチューン「Right Place Right Time」など、シングル5曲を含む全12曲は、どの曲も、とにかくポップを突き詰め、追求しています。




コンパクトな曲の中に、巧みに詰め込まれたサウンドとヴォーカルで勝負を仕掛けてくるOlly Murs。今までの、ちょっと懐かしポップ路線とは一線を画し、今を表すOlly Mursの革新的な面を出してきましたね。



サウンドとともに、Olly Mursのヴォーカルパフォーマンスもかなりスキルアップして、引き込むほどに魅了してきます。特にM-3「Loud & Clear」は力強くも繊細に、コーラスとともにOlly Mursの全身全霊のヴォーカルがかっこいい仕上がりです。



ちなみに、好評を博して、この後にはライブDVDを付属したSpecial Editionが発売となりました。
 
 
 
大大大ヒットを記録したOlly Mursの3rd Album「Right Place Right Time」に、Special Editionが登場。



目玉は、何と言っても、London O2 Arenaでのライブをフルに収録したDVDでしょう。100分超のパフォーマンスとともに、Olly Mursのエンタテインメント性を感じさせるステージをとことん楽しむことができます。



ウキウキワクワク、やっぱりキャラクターが生きたライブですね。もちろん、パフォーマンスだけでなく、歌もじっくりと聴かせれくれる。さらに、ギターやピアノなども披露する器用な面を見せたり。この人は、本当にすごいね。



CDの方は、なんと7曲を追加収録と大盤振る舞い。完全版とも言えるくらいに、多様なトラックで攻めてきます。Inner NinjaやAlizeeとのコラボなんかもあって、楽しめますね。
すでにオリジナルバージョンを買った人も、ぜひ欲しくなるような内容です。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「K~O」 の記事

テーマ:
 
Missundaztood Missundaztood
 
Amazon
 
 
 
デビュー作から個性を出しまくったP!NK待望の2作目。今作では、前作「can't take me home」のR&Bから、ロック寄りにシフトチェンジ。それがまた、見事に成功。



1st Single「GET THE PARTY STARTED」は大ヒットを記録して、そのほか、このアルバムからは「DON'T LET ME GET ME」「JUST LIKE A PILL」「FAMILY PORTRAIT」と4曲のヒットシングルが生まれました。ただでさえ濃いキャラクターと化したP!NK。



今作で最も濃いのは、なんとAEROSMITHのSteven Tylerとの共演ナンバーだろうね。これには驚きだけれども、両者のヴォーカルパフォーマンスが熱い熱い。とってもインパクトのあるナンバーに仕上がっています。その他、Dallas Austinがプロデュースを手がけたナンバーもあり、今作でもいろいろと挑戦しています。



日本盤では、その後、リミックスやライブトラックなどを追加した新装版をリリース。この2曲はシングルで既発だけれども、聞き応えがあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
FAMILY FAMILY
1,468円
Amazon
 
 
MONDO GROSSOが新たなステージへ。今回はHurbert Lewsの代表曲をカバー。MONDO GROSSOらしいジャジーなクラブサウンドで、クールに聞かせてくれます。とても伸びのあるヴォーカルが響き渡って、おしゃれな空間を演出。


メロディもキャッチーで、サビのグルーヴが好きだなぁ。



M-2「FAMILY (TOKYO TOWER MIX)」
Ray Haydenによるリミックスは、アーバンクラブな雰囲気を漂わせて、クールに聞かせてくれます。オリジナルトラックよりも、結構都会のイメージが強くなって、煌びやかですね。さすがは東京タワーミックス。おしゃれです。


M-3「LE MANGE」
初期MONDO GROSSOのように、ラップをフィーチャーして、ファンキーグルーヴを聴かせてくれるミディアムチューン。ディープでドープな面を出して、どっぷりどっぷり。ちょっと影の雰囲気を出してきて、キリッとさせる。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
季節の灯 季節の灯
823円
Amazon
 
ACIDMANが「静と動」をテーマに、2ヶ月連続でシングルをリリース。こちらは「静」をテーマに、しっとりと聴かせてくれるバラードチューン。アコースティクギターの音が、これまでのACIDMANの優しさを凝縮して届けてくれる。ゆえに、メロディが引き立っているね。ストリングスも効果的に飾っては、ゴージャスな仕上がり。しかし、詞の世界はちょっと悲しいものだね。


ラストの音だけで聴かせてくれるパートが、胸に染み渡ります。




M-2「spaced out (second line)」
1st Album「創」に収録されていたナンバーの2ndバージョン。アコースティックサウンドをベースに、しっとりしながら軽快に聴かせてくれます。それでいて、ACIDMANの壮大な世界をこの音で届けてくれるのはすごいな。クールです。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
楽園 楽園
1,258円
Amazon
 
 
「この曲が最後のリリース」とまで言われて、起死回生に臨んだ平井堅のシングルナンバーは、まだ浸透していなかった男性R&Bの世界を切り開くトラック。どっぷりミディアムスローのトラックに乗せて、どこかはかなく、振り絞るように歌う平井堅のヴォーカルが印象的に響く。功を制して、ロングヒットを記録し、平井堅も首の皮をつないだ一品。ここから平井堅の快進撃が始まるわけです。


歌詞は本人も言っているけれども、よくわからない内容ですね。




M-2「affair」
松井五郎の歌詞が妖艶に飾るナンバー。ストレートなR&Bトラックです。ミディアムテンポのグルーヴィーな音に乗せて、平井堅がセクシーに歌います。ただ、URUのアレンジ、ちょっとスカスカした音になっていないか?その分、ギターの音が有機的に引き立っていますね。



M-3「What's Goin' On?」
どっぷりビートが響き渡るR&Bチューン。平井堅が作詞・作曲を手掛けているんだけれども、全編英語詞で勝負を仕掛けてきているような雰囲気だな。松原憲のどっぷりアレンジや、弦一徹のストリングス部隊も効果絶大ですね。心を開いて、こっちを向いてくれない君に困ってしまった、主人公のオロオロとした気持ちが出ていますね。



M-4「楽園 (BIRTHDAY MIX)」
オリジナルのどっぷりR&Bチューンをファンクベースにグルーヴィーに仕上げたトラック。リズミカルな仕上がりで、かっこいいね。ただ、平井堅のヴォーカルにエフェクトをかけなくても良かったんじゃないかな。声と音にギャップが生まれてしまって、残念な感じだな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
M-1「WHAT DO I HAVE TO DO (new single mix)」
これまた直球ユーロビートで極上キャッチーに攻めてくるアップテンポナンバーです。
Kylieもクールな雰囲気をサラッと感じさせるヴォーカルだね。それでいて、トラックの方はアゲアゲキャッチーチューンで、押し寄せるビートの波に呑み込まれます。

アルバムから3枚目のシングルとしてカットされた際は、リミックスが施されて、新しいバージョンでよりリズミカルに。



M-2「WHAT DO I HAVE TO DO (the pump and polly mix)」
パンチを効かせて、より一層ビートで盛り上げるリミックス。エクステンデッドに近いフロアライクな1曲は、とにかくビート炸裂で、楽しさが前面に出てきている約8分。


 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
M-1「COSMIC RESCUE」
ヒットナンバー「Darling」に続くシングルは、両A面扱い。こちらは、爽快感たっぷりの4つ打ちハウスダンストラック。なるほど、h-wonderが軽やかで心地の良いトラックを作ったね。ポップでキャッチーなメロディは、まるで宇宙遊泳をしているかのようなナンバーだ。

三宅健や森田剛のソロパートもポイントとなる1曲。




M-2「強くなれ」
バリバリロックなアプローチのサウンドが、イントロから示す1曲。でも、中身はラップで始まるナンバーで、勇ましさを感じる。「強くなれ」と奮い立たせるナンバーなんだけれども、すごく強さが曲から溢れ出ているね。ただ、両A面扱いにしては、パンチが弱いのは否めないかな。


M-3「Come With Me」
ラップ炸裂のHIP-HOPチューン。なるほど、moveのmotsuが作詞をしているんだ。おまけに作曲とアレンジをSOPHIAの都啓一というのも、面白い組み合わせだね。一転して、サビでは突き抜けるような爽やかロックを展開。キャッチーなメロディで、ハンズアップな1曲だね。
 
 
 
M-4「COSMIC RESCUE (original karaoke)」
M-5「強くなれ (original karaoke)」
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
キングレコードのベストアルバムシリーズに、声優も務める高山みなみと永野椎菜の2人組ユニット、TWO-MIXもラインナップ。


もちろん、パーフェクトといっても、キング時代の楽曲のみで構成されている点は、本人たち非公認のレコード会社主導リリースなんだろうな。以前発表された「SUPER BEST FILES」とほぼ同じような収録曲で、目新しさはあまりない。何点か曲が差し替えられています。



TWO-MIXのベスト盤が安く手に入るという点ではお得感があります。



キング時代でも、十分に濃厚なTWO-MIXの歴史を味わえますね。当初は覆面ユニットだったせいか、その神秘性とポップなダンスミージックに惹かれたものです。今回注目すべき点は、詞と曲のクレジットがはっきりと明記されている点だね。



以前は詞も曲も「TWO-MIX」という明記だったけれども、何気に大御所、馬飼野康二が関わっていたとは、新たな発見もできました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
アニマロッサ アニマロッサ
1,258円
Amazon
 
ジャーンとギターの音が印象的な始まりを聴かせるポルノグラフィティのシングルナンバー。かき鳴る音をバックに、昭仁が真っ直ぐ言葉を畳み掛けてくる。言葉数が多い歌詞や底力を見せるようなメロディは、昭仁自身が手がけています。


久しぶりにロックなアプローチを感じる1曲だね。言葉のキャッチーさは少ないながらに、サビ後のフレーズで引き込まれる。これぞポルノグラフィティな力をダイレクトに感じる事ができます。




M-2「小規模な敗北」
イントロからヘビィに、ハードな面を見せるんナンバーは、晴一が作詞・作曲を手掛けた濃厚な1曲。この曲もかなり力強い面を見せてきて、かっこいいね。「今のままではダメになるよ?」と、訴えかけてきているような、ヒリヒリした曲だね。グサッと突き刺してきます。



M-3「邪険にしないで」
ゆったり温かさ溢れたミディアムナンバー。音よりもやっぱりインパクトあるのが、広島弁の歌詞。さすがはポルノグラフィティな世界だね。晴一の作詞・作曲で、方言の優しい雰囲気をそのまま曲に乗せて、まったり聴かせてくれるラブソング。シンプルさが音に出ているけれども、味わい深さが引き立っています。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
PERFECT BLUE PERFECT BLUE
1,029円
Amazon
 
 
ベストアルバム「バンドBのベスト」と同時発売となったシングルナンバーは、夏真っ盛りの爽やかロック。疾走するサウンドに乗せて駆け抜けてゆく。青春を謳歌するような瑞々しい歌詞が並ぶけれども、「生」と「死」のダブルミーニングだそうで。確かに別れのシチュエーションとしても捉えることができるよね。


でも、初めから終わりまで、爽やかさたっぷりで聴かせてくれます。



M-2「アイノシタイ」
ウオウオワオワオな情熱的なリズムで聴かせてくれるアップテンポのロックナンバー。って、このヴォーカルは本当に小出なのか?ちょっと今までの雰囲気とは違っているので、逆に新鮮。サビに入ると王道Base Ball Bearのテイストで、キャッチーに聴かせてくれた。間奏のソロギターも熱くほとばしって、かっこいいね。




M-3「Typical Girl」
久しぶりに関根嬢がヴォーカルを務めるナンバー。気持ちがこもっていないような、淡々としたヴォーカルに、逆に魅力を感じるんだよね。ファルセットなヴォーカルも美しい。サビでは2つのギターが効果的に響き渡る。でもって、サビでの「ぽちゃん」と「しゅわ」の使い方が絶妙。さすがは小出、青春真っ只中です。ここでもサイダーが登場。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。