DJ tamaのCDラック ~6000枚の中からchoice!

溜まりに溜まった約6000枚ものCDを中心に、1枚1枚紹介していこうと思います。ひとまずは、がんばって1日に1枚のペースで書けたらいいなぁ。

NEW !
テーマ:

 

 

 

安室奈美恵、電撃結婚を受けてのシングルナンバーを急遽リリース。しかも、小室哲哉プロデュースだけれど、作曲とアレンジは久保こーじといのも、なんだか珍しく感じるね。初めて聞いたときは、随分と淡々としているし、お祝いムードとは正反対のところへ行っているという感じだった。しかし、よくよく聞くと、落ち着いた雰囲気に、ジャジーなテイストで決める格好良さがあるんだよね。夢も心地にさせてくれるし、大人への扉を開けたかのような感じです。

 

ジャケット写真は、結婚会見の数日後に撮影されたものだそうで、清々しい顔をしているね。


M-2「Dreaming I was dreaming (congratulations)」
シャンパンの栓の抜けた音で始まるストーリー。本編はディープでドープなビートを従えての進行。ところどころでドラムンベースばりのビートを畳み掛けては、緊迫感を生む。そこに情熱的なギターの音も加わって、ちょっと秘めたる熱を放出するかのようだ。全体的には濃い仕上がりだね。

 

 

 

M-3「Dreaming I was dreaming (Instrumental)」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

PET SHOP BOYS初となるベストアルバムは、これまで発表してきたシングルを年代順に並べた、単純明快シングルコレクション。NeilとChrisがどのようなサウンドアプローチで楽しませてくれてきたのか、その変遷をたどることができます。


なおかつ、そのほとんどはシングルバージョンにて収録。「Surabaya」と「Heart」は、どうもシングルバージョンで初収録となるみたいで、これは貴重です。

 

 

 

さらに、このアルバムのために新曲2曲を用意。「DJ Culture」「Was it worth it?」もシングルカットされた、力を持つ1曲です。サウンドはキャッチーに、歌詞は時に優しく、時に社会を皮肉るような鋭さを放つ。時代に即したサウンドを提供してくれたかと思えば、あっと驚くようなカバー曲を披露したり、とっても面白い2人組ということを再認識できますね。

 

 

 

シンプルな作りだからこそ、入門編に適した1枚でもあると思います。これで、あなたもPSB中毒。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

I LOVE UI LOVE U
3,146円
Amazon

 

 

 

Mr. Children、前作「シフクノオト」以来のオリジナルアルバムは、約1年半ぶり。直球にアルバムタイトルは「I LOVE YOU」。ただ、LOVEはハートマークで表示され、ジャケットでは原稿用紙の上に潰れたトマトでハートを作る。


それはまるで、心臓を表しているようにも見えて、生を感じさせるような作品でもある。
ちなみに、ジャケットデザインを手がけたのは、UnderworldでおなじみのTOMATOだって。

アルバム全体としては、重たい空気を醸し出し、前作のカラフルポップな雰囲気を、どんどんと沈めたような、だからといって暗くなりすぎず、絶妙なバランスで音を届けてくれる。それゆえ、1つ1つの曲に深く入ることができるのであろう。


シングルナンバー「Sign」「and I love you」「未来」「ランニングハイ」のポップさはもとより、やっぱりこのアルバムではアルバム収録曲に注目すべきだね。冒頭から大作感を放出する「Worlds end」、ダークな「Monster」、語りかけるような「僕らの音」、男女間の生と性を歌う「隔たり」、そしてラストは生きている実感を伝える「潜水」。トータルで見ても、全体的なまとまりはないけれども、桜井の意図する「愛」のいろいろな形を表す。

 

 

これは強力なアルバムだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

OH!ANGELOH!ANGEL
944円
Amazon

 

 

LINDBERGノ3カ月連続シングルリリース、最後を飾るナンバーは、シンプルなロックサウンドにシンセの音を加えて飾る1曲。冒頭、メロディパートはよく響き渡っているね。エフェクトをかけては、少々神秘的に。

 

サビは最初、淡々としているけれども、シングルとしてはもう少々、力が欲しいところだな。

 

 


M-2「NOBODY KNOWS」
イントロのギターの音がワクワクさせてくれるね。その勢いに乗って、歌も展開。この曲はA-B-A-B-そしてサビを繰り返してきます。1回目のサビの後の間奏で、各々メンバーの演奏で勢い付けてくる。タイトルのフレーズが頭から半れなくなるほど、意外と力強さを放っているね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

黄昏黄昏
1,188円
Amazon

 

 

 

またもややって来た広瀬香美の季節。でも、この曲はおなじみアルペンのCMタイアップではないところにちょっと驚き。ということで、バラードベストアルバム「THE BEST Love Winters ~ballads~」からの先行ナンバーは、これぞ広瀬香美です、的なストレートに聞かせるバラードナンバー。


打ち込みのトラックが、意外に無機質感を漂わせなかったところがよかった。しかも、よく見たらアレンジャーがh-wonderじゃないですか。そして、メロディアスに攻めてくるサビの力が本当に強く感じさせる。そこから広瀬香美の武器でもあるヴォーカル力を盛り込んでは、聞かせる仕上がりに。かっこいい曲です。

 

 


M-2「easy」
意外とどっしりと聞かせるロックサウンドが、逆に新鮮に映るミディアムチューン。なんだか、これまでの広瀬香美をそのまま出してきたようで、すっかり染み込んで来るね。語彙は、やはりセンスが出ています。サビでの伸びのあるヴォーカルは必聴。

 

 

 

M-3「黄昏 (original karaoke)」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

CLOVERCLOVER
3,146円
Amazon

 

 

シンガーソングライター、スガシカオのデビューアルバム。これまで発表してきたシングルナンバー「ヒットチャートをかけぬけろ」「黄金の月」「ドキドキしちゃう」で聞かせてくれたファンキーグルーヴなサウンドと毒気のある歌詞が詰まった全10曲。

 

 

アグレッシヴな音からゆったりと聴かせてくれる音まで、自在に操るギターを中心に、ほとんど自分で演奏していて器用ですね。そして、ヴォーカルの方も、ハスキーでセクシーで魅力ある声を届けてくれる。

 

 

 

下地となるファンクの要素を盛り込んで、うまい具合にJ-POPフィールドへと流れを汲む。キャッチーに決めるとともに、センスを出し過ぎて、どこかしら引き付けないような、どこかしらドロドロとした部分を平然と曝け出すところが、逆にかっこいいんだ。

 

 

とにかく、スガシカオの魅力が思う存分に詰まった、癖になるアルバムですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

熱き鼓動の果て熱き鼓動の果て
1,296円
Amazon

 

 

稲葉のシャウトヴォーカルとザックリギターがシブく光るシングルナンバー。まずはゆったりと聴かせるバラード調での始まり。B'zならではの濃さをぶつけては、どっしりとした演奏で叩き込んでくる。2番からはテンポアップして、どんどん勢いよくせめては畳み掛けてくる。この流れからは攻めのB'zを感じさせるね。

 

 

ただ、歌詞は説教臭くてあまり好きではないかな。

 

 

 

M-2「夜よ明けないで」
ヘビィにかますミディアムロックチューン。バリバリとバックの音が構えてきては、これでもかと言わんばかりに音を聞かせる。しかし、メロディは意外にもじっくりと聴かせるもの。ドラムとベースに迫力を感じる訳だ。外部からの強力助っ人が、勢いを放っています。

 

 

 

M-3「挑めよ儚いこの時に」
ポップな打ち込みビートとイントロのギターが妙なギャップを感じさせるな。その後のビートの進行は、どこかしら「SURVIVE」期の雰囲気のようだ。でも、テイストとしては、なんか軽すぎるような。メロディの方はキャッチー。うーん、サビは盛り上がりが今ひとつだな。これもアレンジでもう1つ何かが欲しいところ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

台湾の大所帯バンド、Staycoolの2枚目となるオリジナルアルバム。アコースティックな音を軸としたロックサウンドで、温かさや心地よさを提供してくれると同時に、滑らかな英語ヴォーカルがクールでおしゃれでかっこいい仕上がりを聴かせてくれます。

 

 

また、ふんだんに弦の音を取り入れて、しなやかさを出してきました。

 

 

「Urban Canyon」、都会の間に生きる人々を映し出すように、人生を生き抜いていく術がこのアルバムの中にあるのかもしれないね。

 

 

ヴォーカルのWillは、台北のCafe、「Cafe Junkies」のオーナーということもあって、全体的におしゃれなセンスが出ています。ジャケットもスリーブ仕様で、これまたおしゃれ。
 

 

 

台灣樂隊,Staycool的第二張原創專輯。在聲搖滾音樂,它為我們提供了溫暖和舒適。光滑的主唱是冷靜和外觀時尚。


採用了弦的聲音,它已經發出了柔軟度。


“城市峽谷”。要反映出城市之間人民生活,它要生存下去的生活。


威爾的“咖啡癮君子”的擁有者。時髦感已經出來了。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

アルバム「DIAMONDO 15」からの先行ナンバーとなったシングル。ゆったり三連バラードチューンで、じっくりと聞かせてくれる。優しいドリカムを、とことん堪能できますね。

ただ、シングルとしてのパワーに物足りなさを感じるというか、丁寧な作りながら、派手さがない分、やっぱりもう1つ何かが欲しくなるな。


M-2「未来を旅するハーモニー ~DCT VERSION~」
NHKの合唱コンクール用に提供したナンバーのセルフカバー。いきなり吉田美和のヴォーカルを重ねて、1人合唱コンクール状態。3拍子のリズムが心地よく響き渡り、合唱曲とは思えないくらいにドリカム仕様になっています。でも、自然と歌いたくなるような、引き込む力はありますね。


「はじまりのla」のライブ映像を収録したDVD付の初回盤です。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

SONYのベストアルバムシリーズ「playlist」にオマリオンがラインナップ。「O」「21」と、2枚のアルバムしかオリジナル作品はリリースしていないのに、ベストアルバムとしてくくるのはちょっと難しくないかな。時期尚早にも感じる。


一応、大ヒットを記録したシングルナンバー「O」「Touch」「Entourage」「Ice Box」はきちんと抑えています。それ以外にも、The Neptunesが手がけたナンバーなど、アルバムからの曲も収録。さらには、B2Kの曲も収録してしまう荒業。まぁ、昔があって今があるからね。

うれしいのは、アルバムに未収録だったシングルのリミックスチューン2曲を収録しているところ。これでベストアルバムとしてのバランスもよくなったんじゃないかな。


playlistシリーズ仕様ということで、エコロジーなデジパック。クレジット等はCD-EXTRAにて収録と、極めています。だからこそ安価で手に入れることのできるアイテムなんだろうね。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。