愛知県吉良町の鈴木誠副町長(62)が20代の女性職員から「副町長にセクハラ行為を受けた」と指摘され、退職願を提出していることが22日分かった。31日付で退職する予定。

 女性職員が17日「セクハラをされて困っている。何とかしてほしい」と上司に相談し、発覚した。山本一義町長によると、4月中旬以降、鈴木副町長は執務時間中に副町長室で、女性職員にキスを6回強要したり、太ももや腕、顔を触ったという。鈴木副町長は行為を認めたうえで「セクハラではない」と釈明しているという。山本町長に対して「大変迷惑をかけた」と陳謝し、20日に退職願を提出した。

 山本町長は「役職をわきまえない行為で許せない。町民に心からおわびしたい」と話している。

 鈴木副町長は町職員として総務部長や収入役などを歴任し、03年6月に助役、07年4月から副町長を務めている。【中村宰和】

【関連ニュース】
宗教法人性的暴行:被害者が証人出廷 精神的に抵抗にできずと証言--公判 /茨城
訴訟:上司のセクハラ認定 会社員自殺、因果関係は退ける--地裁判決 /三重
訴訟:上司のセクハラ認定 地裁判決 賢島宝生苑総務部の話 /三重
セクハラ:「受けた」 可児市教委の女性臨時職員、民生委員解嘱請求 /岐阜
仙台市教委:学校教職員、09年度懲戒処分10件 セクハラなど概要公表 /宮城

たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
献血啓発の補助金を不正受給 大阪の2市(産経新聞)
史上最年少・小6プロ囲碁棋士、ほろ苦デビュー(読売新聞)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
AD