DJ MAR SKI BLOG

頑張って更新したい。


テーマ:

久々にブログを更新します。

 


もう様々に議論されている2018年アルゼンチンは「ブエノスアイレスユースオリンピック」での「ブレイクダンス」のスポーツプログラムについてです。

 

これまで僕はブレイクダンスのシーンに沢山携わってきた1人としてよく意見を求められるます。
 

 

なので久々に長文ですがこのテーマについて述べたいと思います。

 


まず一言先に言うならば僕としては「ブレイクダンス」という表現すらも言いたくないのが正直な気持ちでもあります。
では、あなたはこれを何って言ってるの!!??と言われれば
BBOYING(ビーボイング)あるいは
BREAKING(ブレイキング)と答え
そして、HIP HOPです!と言うでしょう。

 


さて、今回このHIP HOPのカルチャーでダンスの部分を司るBBOYINGがオリンピックのプログラムの一つとして
「スポーツ」と認識しされ競技が行われるという事に正直、違和感を感じます。

なぜ違和感を覚えるの??
ブレイクダンスが有名になるしいいじゃん!!!おめでとう!!!ダンスがオリンピックなんて素晴らしいじゃん!!
またDJやんのかい??チュクチュクなんってぇ!!

と言われる事もあります。

 


少し脱線しますが、話をよく理解できない方も多いかと思いますので、まずはHIP HOPと言われているこのカルチャーについての骨組みを僕なりに端的に説明してみます。

 


HIP HOPは1970年初頭、アメリカはニューヨーク、主にブロンクス地区を中心に始まったブロックパーティー、パークジャムから広まったカルチャーです。
それは今では5つの要素と柱で構成されております。
約45年程の歴史になります。

 

 

まずは1つ目の要素(順位不同)


☆DJ(ディージェイ)
当時はレコードで音楽を提供していましたが、今ではパソコンやスマートフォン等でもDJができる時代になりましたね。
もちろん伝統的なレコードだけでプレイするDJも沢山おられます。


そして2つ目
☆MC(エムシー)
ライム、喋りを韻などを使いリズムのせて奏でるラップ。
今ではラップで対決するMC BATTLEも大変人気ですね。

 


3つ目
☆BBOYING(ビーボイング)
HIP HOPカルチャーでダンスといえば「BREAKING」
一般的によく表現される「ブレイクダンス」の事を言いますが、今ではブレイクではなく、スタンディング、ステップを中心にしてHIP HOPの曲に合わせて踊るスタイルを
「HIP HOP」とも言います。
しかしながらHIP HOPカルチャーでダンスといえばBBOYING、BREAKINGが最初になりオリジナルになります。

 


4つ目
☆WRITER(ライター) GRAFFITI(グラフィティー)
HIP HOPのアートを司ります。
スプレーやペンを多彩に使いこなし様々なアートを生み出します。
街の落書きとも言われがちですが、このカルチャーから素晴らしい作品やアーティストが生まれています。

 


基本ヒップホップのこの4大要素で構成されおりますが、
今では5つの要素として、

5つ目
☆KNOWLEDGE(知識)
という要素も加わりました。
これは昨今のHIP HOPカルチャーの人気において、本来のHIP HOPのあるべき姿やこれまでのプロセスやコンセプト、
時代背景これを理解し学びながらそれぞれのHIP HOPをやって欲しいという意味でのKNOWLEDGEです。

 

なので今ではヒップホップの5大要素で構成されています。
もっともっと詳しく書きたい所ですが、、、、

 

 

 

 

さて、話は戻りますが今私が書いた最後の5つの要素がなぜ後から加えられたのか???


という事を考えますとヒップホップカルチャーの大事な要素であるBBOYINGがオリンピックの競技とてスポーツ化されたとしたら非常に違和感を感じてしまいます。。。


これは今まで長くカルチャーに携わり更にはこのカルチャーを作ってきた先人、レジェンドの皆さんはもっと違和感を覚えるのではないでしょうか??

 


ヒップホップをスポーツ化した場合その他の要素であるDJやMC、GRAFFITIはどうするの??これもオリンピックのプログラムになりますか!!??
どう絡めるの??

まさかの無視!!!???

 

という意見も出てくるでしょう。
ヒップホップはスポーツじゃねぇ!!!

となるでしょう。

 

 


例えば、寿司でたとえるなら、、、、

 

「今さぁ~世界で寿司人気じゃん!寿司使って何かオリンピックでやっべ!」

「でもなぁ、、、生物食わない国や人もいっからなぁ、、、」

「だったら、シャリだけでいいんじゃね!!??」

 

「米だけなら大体食うべ!!」

 

「寿司の中からシャリだけをプログラム入れてやりゃいいんだよ。寿司人気にあやかっていい感じのやつできるべ!」

 

みたいな。

 

うぅ~~ん、違うかぁ、、、いいメタファーが思いつかない。。。


でもここまで書いたので消さずに進めます。。。笑


万が一でもこんな浅はかな知識や考えでブレイクが世界的に人気だからプログラムに入れよう!

ってなったとしてたら許せない。

 

お寿司はネタとシャリや様々な要素があって成立しますよね!!??
ヒップホップも同じなんです。
どれが欠けてもダメだし、その中の要素が一人歩きしてもダメだと思うんです。

 

シャリは寿司ありき、ブレイクもヒップホップありき。

おっ!!

違うかぁ、、、


オリンピックの中でBBOYINGのバトルを正式にやるとするならば様々な問題点を考えなければならないと思います。

ストリートカルチャーを根本から変えスポーツ化、アスリート化にシフトチェンジする事が果たしてできるのか??

 


その前にも、これまでのこのシーンを作ってきたレジェンドの皆さんの同意や意見のヒヤリング。
また、どんな人達が携わりどの様な内容で構成されていくのか??
ルールや音楽の使い方、DJやMCのポジション、ジャッジ陣やそのシステム。

 

他のエレメントへの配慮ヒップホップシーン全体の事は??
等々書ききれない程問題は山積みだと思います。

 

そして更に大きな問題はヒップホップ、ブレイクの生みの親、本国アメリカではこれに対する反対運動や廃止の署名活動まで起こっています。
これは本当に大きな問題だと感じています。


しかも最初がアルゼンチン、、、

てか、アルゼンチンにBBOYいるのかよ??って感じの人も多いと思います。


これがニューヨークで第一回目の開催でレジェンド達が街を揚げてやってます!!となれば話は別。


なので今の段階で100%の同意なんて厳しいと思います。

 


「皆に愛されるオリンピック」というテーマがあるとするならば、少なからず本国アメリカはもちろん、先人達の同意は必要ではないでしょうか??
言い換えれば、オリンピックに相撲がプログラムに入って日本が反対している様な状況と同じ。

 


歴史あるオリンピックがカルチャーを巻き込み新しい事を生み出すのであれば一層の事、スポーツに拘らずカルチャー等の別枠を作ってみてはどうなのか??

 

 

オリンピックの大きなテーマである「世界中の人々が手をとりあいスポーツで平和を!」

というのであればスポーツ以外でも沢山の平和を作り出せているしテーマや目的は同じ。


その中でもヒップホップは本当に大きな役割を果たしているのではないでしょうか??
音楽、ダンス、ストリートカルチャーで世界平和を!

何もおかしくない。
結果も実績もある。


IOCの皆さんもBBOYINGをオリンピックのプログラムとして進めるのならば誠意をもってカルチャーに向き合って欲しい。
そして、そこはヒップホップ、ストリートカルチャーの畑なのだと言うことも理解して頂きたい。

 


2018年10月なので今後の流れで様々な対応が求められる時代がすぐそこまできていると思います。

 

 


僕は昨年、2016年にRED BULLさんが主催するイベント「RED BULL BC ONE」というブレイクダンスの世界大会でダンスバトルの音楽担当としてDJをさせて頂きました。


このイベントを例えるならスポーツ化されていないブレイクダンスのオリンピックと言ってもいいのではないでしょうか?

そこには世界配信をする上でのWEBやTVのライブストリーミングで音楽の著作権問題も含め大きな壁がありました。
著作権をクリアする為オリジナルの楽曲製作なども沢山しました。

親友のDJ TEEさんや海外の友達DJ LEAN ROCKやFLEG、そして、僕が大好きな日本のファンクバンド、モカキリことMountain Mocha KilimanjaroやQ.A.S.B.
といった多くの人達に加えRED BULL JAPAN本社のRED BULL STUDIO TOKYOにもかなり協力してもらいました。

 

そういった皆さんの協力があり全ての曲で著作権をクリアさせて1年かけて準備してイベントに参加することができました。


だとしたら2018年の準備は既に始まってますか??

 

これは本当に大変な事でブレイクのバトルに出る人だけでなく、それに携わるDJや使用する楽曲の問題等も沢山出てくるでしょう。。。

 

「だったら音楽無しでやるべ!」
「時間決めて動きだけでやればいいっしょ!」
なんてありえない!!

 

 

これを解決していくには主催者側のシーンに対する愛情や情熱、リスペクトが必要不可欠です。
どれかが欠ければ残念な結果になるでしょう。。。

 

RED BULLさんにはその気持ちがあるからこそイベントの成功はもちろんシーンからの信頼があるのではないかと考えます。


僕はオリンピックのプログラムでブレイクダンスをやるという事に対して、

オリンピックというビックタイトルに認められた!
と言うことなのでこれは大変素晴らしい事だと思っています。
嬉しい反面、一方で違和感もありその後の発展の期待や不安、、等々。。。

 


やると決めて止められないのであればポジティブに考えるしかない。
IOC、運営サイドがこれまで私が述べた様に先人達や現役のプレイヤー、そしてそれに携わる必然性のあるカルチャーに対して、情熱と愛情、敬意、持って1人でも多くの人々に感動とその気持ちが伝えられる素敵なイベントにして頂きたい。

 


それができない内容ならいくらでも反対票に投じたいと思います。

 


この流れを受けヒップホップシーン、ダンスシーンが良き方向に向かう事を心より願いそれを信じていきたいと思います。


そしてまたその現状を受けとめてシーンを支えていかなければいけないと考えます。

 

 

 

 

 

Mar Ski

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょこっとご報告を、、、

お恥ずかしながら自分の娘のアイリがちょい役ですが映画に出演することになりました。

ただ、自分も内容を全く知らないので何とも言えませんがご都合が会う方がいらっしゃれば是非ご覧になって頂ければと思います。

役は、さくらちゃんの幼少時代の役です。


2014年10月に
渋谷 UPLINK にて「愁雨」

☆日程詳細☆ ↓
 10/12日(日)のみ昼&夜の二回上映です。
  (昼の回 ↓)
   15:00~ 開場・受付開始
   15:30~ 舞台挨拶
   16:00~ 上映
   18:00~ フリートーク(18:30終了予定)
  (夜の回 ↓)
   18:30~ 開場・受付開始
   19:00~ 舞台挨拶
   19:30~ 上映
   21:30~ フリートーク(22:00終了予定)

 10/13日(祝月)
   18:00~ 開場・受付開始
   18:30~ 舞台挨拶
   19:00~ 上映
   21:00~ フリートーク(21:30終了予定)

☆チケット☆ ↓
 前売り券、当日券ともに1400円
(当日精算)

★今回、限定300名での上映会です!
 毎回、主要キャストでの舞台挨拶があります♪
 ポストカードやパンフレット等の販売も行う予定です。
 ぜひとも、お早めのご予約を。
 ご来場、心よりお待ちしております!!!
    
*ご予約は以下のメールフォームからお願い致します!
 ご予約の方のお名前、人数、ご希望の上映日時を
 メッセージにご記入の上、ご予約をお願い致します。
(12日については、昼の回か夜の回かもご記入下さい。)
 →折り返し、ご予約確定メールを送信させて頂きます。
◆リピーター特典なども考えておりますので、
 複数回のご来場もぜひともお待ちしております!
※300名限定上映会のため、確実なお席の確保の為に、
 ぜひともぜひとも、お早めのご予約をお勧め致します!

~ 劇場でお会い出来る事を、関係者全員、
  心から楽しみにしております♪ ~

HP
http://c3lover.jimdo.com/%E6%84%81%E9%9B%A8-hp/


『愁雨』〈しゅうう〉(2014年/110分/カラー/日本語)

出演:若松春奈、宮沢なお、永澤衛、大神拓哉、新井美穂、堀口澄子、髙木直子、松本さえ子、日野賢治、浜野隆之、シミズヱミコ、仙波鉄男、仙波可愛、今永和里、平山空、竹花久美、内田智太、添田翔太、谷口直、遠藤祐江、渡辺大策、金谷博、やながわみほ、堀口弥生、佃眞唯、稲月とも、秦京子、他
録音:永澤衛、亀井耶馬人(一部)
協力:金野直紀、南諭美、湊綾乃、南洋平
脚本・撮影・編集・監督:平野敬子


製作:Rainbow CNT










AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々の日記になります。

自分が今まで開催してきた通称「三飯」
これで最後にしたいと思います。

理由は大きくなり過ぎて自分はイベントの会社ではコントロールできないと思い、フェードアウトではなくしっかりやって終わろうと思い最後の開催となりました。

人気がなくなってとかではなくある意味最高潮の状態で終了致します。
なので他のオーガナイザーでは絶対にできないであろうコンセプトで開催致します。

ジャッジ陣にアメリカ、ヨーロッパ、アジアにて世界大会を主催する大型イベントの全オーガナイザーをご招待しました!


そして、ここ日本のBBOY/BGIRLを世界のオーガナイザー自らの目で見てもらい日本から世界に出れるBBOY/BGIRLを発掘してほしいというコンセプトになっております。

この世界のオーガナイザーにアピールできる最大のチャンスの日となってますのでこの日は日本全国のBBOYS/BGIRLSに参加して頂きたいです。

何度も言いますがこれで最後です。
三飯は今後やりません。

記念すべき最後の大会を皆で盛り上げていける様に努力してまいりますので皆さんのご参加心よりお待ちしております!!!!






DANCERS COLLETION & I AMInc. Presents
☆☆☆ 三度の飯よりBREAKIN' 13周年アニバーサリー 完結篇 ☆☆☆
■ 日程:11月2日(日)
■ 会場:川崎クラブチッタ
http://clubcitta.co.jp/
■ 内容:3 on 3 BBOY BREAK BATTLE
スペシャルメニュー
東西オールスター BBOY BATTLE / 東日本代表 vs 西日本代表(日本人のみ)
■ 賞金総額 ¥200,000+協賛各社より豪華過ぎる商品!!
■ 時間:13:00 - 22:00(予定)
■ チケット:フライヤー持参 3500円(1ドリンク付)無 4000円(1ドリンク付)
※携帯画面などの写真でも可
■ エントリー開始 : 募集中
www.iam111.com
www.dancers-c.com
■ エントリー費 : 事前 3500円(1ドリンク付) 当日4000円(1ドリンク付)


☆☆ SPECIAL GUEST JUDGE'S ☆☆
BATTLE OF THE YEAR ORGANIZER / THOMAS from Germany
FREE STYLE SESSION ORGANIZER / CROS ONE from USA
UK B-BOY CHAMPIONSHIPS ORGANIZER / HOOCH from England
IBE ORGANIZER / TYRONE from Holland
R16 ORGANIZER / JOHN JAY from Korea
OUT BREAK ORGANIZER / MEX ONE from USA
☆ DJ's ON THE WHEELS OF STEEL ☆
DJ TEE / Ⅶ GAMS
DJ KOGATAROO / HORSEPOWER
DJ LIGHT / ARMORY MASSIVE


☆ MC's ☆
MC Q-TARO / 電撃チョモランマ隊
MC KENSAKU / ROLLING SOBBAT
MC RAY a.k.a. 105 / FES


Presented by : DANCERS COLLECTION / I AM Inc.
Supported by
PUMA / CAZAL / FREEGUN / CASIO G-SHOCK / DANCE WORKS / PLEASURE GARAGE / CYPHER CODE / BBOY SPOT / BIGGEST & BADDEST / SOUL FOOD / United Athle / etc...




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほんと色んなSNSの勢いが凄すぎて日記を書かなくなってしまった・・・

意外とアメブロ好きなんだけどなぁ・・・

そして、今日は電撃チョモランマ隊のQ-TAROがお店に買物に来てくれて、そのタイミングでカリスマカンタローとシューホも買物来てくれてビックリ!

そんな滅多出会わない4人でレアな写真をパシャり。笑






Q-TAROとは同い年で今は芸能人になって今はでは子供番組の英語であそぼの振付なんかもやってます。

凄くなったなぁ、、、
そんな凄くなった彼からの差入れは魚肉ソーセージ。笑





彼曰くオールドスクールクラシックとの事。


いつもありがと!


そんなQ-TAROを影ながらいつも応援しております。
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
BBOYS/BGIRLSに告知です。

Cypher CodeのKATSU 1のイベントです!!
大学生の皆さん集合しましょう!!!

☆KING OF COLLEGE☆

2014 2/8 (SAT)

START 12:00~20:00

At RED & BLUE 平和島

大学生BBOY CREWの頂点を決める大会が2014年遂に実現!!激しいBATTLEを勝ち抜き、初代大学生チャンピオンに輝くのはどの大学だ?!

毎年増加し続ける大学生BBOYは、入学した当初から既に大学のBBOYシーンが存在するため、
中々表舞台に現れないのも現状である。その中から一人でも
多くの世界を狙うBBOY達を輩出させるとともに、
大学在籍中に「青春をかけられる」熱いBATTLEイベントを甲子園と
同じように「大学対抗」とすることにより、
各大学の名にかけて白熱したBATTLEが繰り広げられる。



ルール概要

・ 学生証(身分証明証)持参
・ 1チーム8名以内
・ 他大学のサークルに所属している場合、そのサークルの大学として出場可能
・ 同じ大学も複数エントリー可  
・ 大学生ではないが、サークルに所属している22歳以下の者も2名まで出場可能とする    
・ 予選6分(ルーティン無し)
・ 予選から16チームのPICK UP (2サークル)
・ トーナメント1回戦、6ラウンド (ルーティン1つ以内)
・ トーナメント2回戦、6ラウンド (ルーティン1つ以内)
・ トーナメント準決勝、8ラウンド (ルーティン2つ以内)
・ トーナメント決勝、12ラウンド (ルーティン制限なし)


参加費:¥2,000+1D ¥500
観戦 :¥1,000+1D ¥500
(女性 Free+1D ¥500)



~注意事項~

応募締め切り1/31(金)まで。
1/31(金) を過ぎると、参加費が¥3,000+1D ¥500になります
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。