ランクル80、ランクル100を中心にチューニングやメンテナンスを行う会社を経営しながら社会を見て感じたままのブログです。

ジャンルにとらわれず、独自なB型人間の視点で思ったことを書いています。

       

ランクル80など車種別ブログはサイドバーのテーマ一覧からお選び下さい。

技術的なご質問は、ダートウエイHPより正式にお問い合わせお願い致します。

コメントには技術的な事や論点の外れたもの、関連の無い内容などは反映されません。

また当ブログはSNSではありません。軽い表現の文章、短文でのコメントや

発言に責任を持たない中途半端な意見なども反映されません。


地震など防災ネットワーク、防災活動の記録はコチラから



dirtway1  ← 四駆ショップダートウエイのHPはこちら


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月23日(木) 23時55分27秒

ワカメの茎の食べ方

テーマ:ブログ

ずっと昔から食卓に並ぶワカメの茎

母に茎ってどこで売ってる?

どこにでもは無く置いてあるスーパーは決まっているらしい

     

すごく自分ではハマっているのでおそらくググれば出てくるだろうと調べてみると

意外にも佃煮系が多かった

おそらく一日ぐらい酢(たぶん調味料入り)に漬けて置けば美味しい茎が出来上がり

   

まずは完成したワカメの茎の酢漬け

   

    

  

このままよりも少し醤油を垂らして食べるのが好き

なぜこの料理方法が一番に出てこないのか真面目に不思議

細かな作り方は知らないけれど一度食べたらハマる味です

ワカメよりもこの時期に出回るワカメの茎が一番です

   

話は変わり気になっていたネスカフェアンバサダーに申し込んで

先日からバリスタが届いた

コーヒーの濃いのは苦手なのでバリスタのレギュラーコーヒーを薄めでセットしてある

多い日には1日3杯は飲んでいるけれど胃痛も無く快調

   

   

   

以前購入したドルチェは濃いのですでに母に譲っており

飲みやすいだろうとバリスタを申し込む

泡立つことでよりマイルドな味となり美味しく飲める

コーヒーは胃には苦手だけど香りが好きと言う人にはバリスタは最適なようです

 

 

 

 

AD
同じテーマ 「ブログ」 の記事
2017年02月22日(水) 23時47分49秒

ランクル100 最終期のタービンチェック

テーマ:ランクル100

タービンからの異音がする

空ぶかしでもするぐらいターボを含めて空気の流れるところから発生しているようだった

   

ターボを含めて周辺の状態を確認することにする

エキマニ・タービンの上には通常EGRがあり前期と違って見えにくい状態

    

    

   

分解していくと前期のように分かりやすい構造となってきた

   

     

   

前期には無いアイテムがありその作動量や作動環境を確認しないといけない

   

      

    

調整箇所は見えるけれどタービン単品にする必要がある

ペラのチャックなどもしたいのでもう少し取り外しが必要

     

    

   

あとからは出来ないのでこの機会に各部点検をしようともう少し取り外して行くのでした

   

     続く

AD
2017年02月21日(火) 23時59分08秒

ランクル76 乗り心地改善サスペンション製作中

テーマ:ランクル70

国内で走るには不要な固さのサスペンション

乗り心地が悪いのならスポーツカーのように走れるならまだしも

純正ではほど遠い操縦性となっていて舗装路の走りに適しているとは思えない

それは70だから仕方ないとして多めに見えるのはオーナーだけで

例えば奥さまになれば長距離ドライブにも難色を示すに違いない

   

長距離言えば高速道路の巡航もあるわけで高速の道路のつなぎのギャップで

毎度毎度突き上げないような走りで一緒に出かける機会を作ってあげたい

勝手ながら真面目にそう思うほどの乗り心地な状態

  

前後のバランスが悪くてどこか一つだけを交換しても直らないサスペンション

   

    

   

ショックのゴムブッシュもすべてにヒビ割れがあったほ

どんどん分解していったフロントサス

   

    

   

コイルやショックが付く部分も目立ったサビは無い

  

   

  

やはり一番錆びやすい場所はすでにペイント済みだったけれど

サビで塗料が浮いてきていたので塗装前に剥がしておく

  

    

   

反対側は同じく錆びやすいラテラルロッドブラケット

   

   

   

四国内のお客様なので磨いてアンダーコート処理でサビが進行するまでは発展しない

ホーシングなどのアンダーコートは少しの追加で大丈夫そうだった

自分が乗れなくなるまでこのランクルに乗り続けているだろうとのお話し

私も同じで、ある程度年齢が行くと自分の寿命よりもランクルの寿命が長いように思えてくる

    

この際気になるところをメンテンスして欲しいとの相談を受けたので

作業をしながら怪しい部分に目を光らせながら見ているのです

また走行距離からもそろそろダメになる部分も見えてくるので壊れる前に交換する予定

   

      続きます

 

 

 

 

AD
2017年02月20日(月) 23時56分50秒

ランクル100 前期ステアリングのガタ

テーマ:ランクル100

ショックのオーバーホールで脱着作業のついでに周辺を点検

ラックエンドのガタを見ようと手でタイヤを前後に揺らしてみると

左側タイヤにラックエンドのガタのような動きを感じる

   

よく見るとそのガタの元は左側のラックを押さえるブッシュが弱くなっていて

タイヤを前方向に押すとラック本体が持ち上がっていたのが原因だった

見た目では分からないアーチ型ブッシュの寿命

   

    

   

今度はステアリングを左右に振ってみる

ラックが左に動いた状態

  

     

  

今度は右に動いた時

   

    

  

その左右の移動幅はアーチ型ブッシュのゴム跡で分かる

強化ブッシュに交換すれば左右の動きは無くなりステアリングレスポンスが向上し

ステアリングの角度に比例するタイヤの動きが得られるとこになる

       

    

   

走行距離が多くなるとどんな車もラック本体からフルードが漏れてブーツに溜まる

駐車場にオイル跡が出るまで見ないだけで

いくらランクルでも少しづつ進行中 

   

    

  

左右のガタはステアリングの応答性に直結するので

サスペンションを交換して操縦性を高めた車両ほど効果は高い

前期のランクル100はブッシュ交換と共にアーチ型ブッシュの交換もしたいところです

 

    続く

 

 

 

2017年02月19日(日) 23時51分23秒

ランクル100 エンジンフロント回り

テーマ:ランクル100
取り外したクランクは手で触ると段差も何も感じないほど
   
        
    
念のため仕上げ用のペーパーで磨いてからシリコングリスを塗り用意  
    

       
   
クランクのフロントカバーオイルシールを交換した後にプーリーを差し込んで固定
      

     
    
クランクプーリーを固定してからタイミングベルトを外して分解していく
ウォーターポンプとその周辺
   

   
  
オルタネーターとエアコンコンプレッサーを外してタービンへとつながるウォーターホースと
サーモスタットも今回交換
   

    
  
タービンウォーターインレットも忘れがちだけど交換
  

   
   
ウォーターポンプを増し締めしてからカバー類を組んでいく
   

     
   
タイミングベルト、テンショナー、ローラーなども今回交換
  

   
  
たくさんあったけれど着々と組んでいってます
   
    続く
 
 
 
2017年02月18日(土) 23時48分49秒

マスタシリンダO/H

テーマ:ランクル100
フルードの色が通常では無い黒色が気になっていた
次のメンテナンスは50万キロとしたらこの辺で交換しておきたいマスタシンダーパーツ
    

     
   
インナキットを抜いたシリンダ内
フルードは少しゴムが混ざったような黒色系
  

            
   
取り外したインナパーツ
従来の物とは違うシステム
  

   
  
全体的に使用感がたっぷりある感じに見える
  

     
   
内部をフルードで洗浄して新品を組んだ
汚れが取れないタンクも交換して組み上げる
  

   
   
フルードを入れてエアーを抜いてから取付です
   
     続く

 
 
 
 
2017年02月17日(金) 23時45分26秒

ランクル100 ラック&ピニオンの強化ブッシュ交換

テーマ:ランクル100
メーカーリビルト品のギアボックスはさすがにブッシュはしっかりとしていて
固く止まっているように見える
   

    
  
裏から見ると実は横には動く構造となっている
新品でこの状態だから10万キロも走ればガタガタになっても不思議では無い
  

   
  
せっかく取り外しているのだから純正ブッシュを抜いて行く
始めは小さめのタガネできっかけ作り
  

   
  
ある程度浮いたら少し大きめのタガネで様子を見ながら抜けるような向きで叩いていく
  

  
  
そんなに力はいらずコツさえ掴めばどんどん抜けて来る
  

   
  
取り外した方のブッシュも抜いてみることにした
すでにブッシュが切れているのでガタガタ状態だけど
外縁部は同じように固いのでタガネは必要
  

   
  
ギアボックスの脱着の時間を考えるとブッシュだけなら車上で交換する方が早く済む
簡単では無いけれど時間があれば抜けて来る
   
その後ジュラコンブッシュにカラーを打ち込んで完成したラック
  


   
取り付けて完成
  
  
   
  
ご覧の通り中期と後期はジュラコンブッシュ位置が左右にありラックの固定具合が
前期モデルの100よりもさらに向上している
  
路面→タイヤ→ラックへと力が加わったときに
ステアリングをどんなに握りしめていてもラックが動けばタイヤは動く
ステアリングの修正舵角もこのようにラックが動けばスピードも角度も変わってしまい
思い通りに操縦出来ない状態となる
  
ドライバー目線で見て欲しいアイテム
がっちりと固定できます
  
    続く

 
    
2017年02月16日(木) 23時54分37秒

ランクル70系サスペンションチューニング

テーマ:ランクル70
今回のお預かりはHZJ76
相談は一昨年からのことだったけれども
昨年70系のサスペンションデータをたくさん取るのに時間がかかりつい最近お預かり
   
76から77まで乗り心地は大幅に改善される
77では高速道路のつなぎ目でもタイヤがバウンドするとリアルタイムで車体が
跳ねていたのに、サスがスムーズに動いてくれてタイヤの動く振動が心地良くなった

76はフロントがコイルになった割に乗り心地は改善されていなく突き上げを感じるけれど
同じようにタイヤの動きがサスペンションだけで終わり振動が伝わってこないように感じる
また操縦性を重視した仕上げにも対応出来て走りの好みで選べるように数種類設定した
  
70系独特の乗り心地が悪くて、なのに操縦性も悪いという意味の無い固いだけの乗り味が
普通の車に大きく近づくようになった
   
改造前に試走したけれどやはり意味の無い乗り心地の悪さだけを感じる
  

   
  
コイルスプリングになっても全体のバランスは悪いフロントサス
  

   
  
特に悪さを感じるのはおそらくこのリアリーフスプリングのおかげだろう
  

   
  
試走中にエンジンの音が気になり帰って来て点検
一見すると綺麗な状態なんだけどセルモーターの回りにも勢いがなくバッテリーを疑った
   
  
   
  
一番気になる異音はクーラーベルトのテンションローラー
よく見たらVベルトが落ち込みすぎてベルトも削れているようだった
  

   
  
正常なロ0ラーとベルトとの関係
  

   
  
作業を行っていくと色んな発見がありそう
まずは乗り心地大幅改善化を最優先に作業を進めることにします
    
     続く
 
 
 
 
2017年02月15日(水) 23時49分40秒

FJ40の中古車情報

テーマ:ランクル40
H4年式の中期ランクル80を新車からずっと乗り続けているランクルオーナー
当社でも改造しているので今となっては長いお付き合いのお客様
   
そのお客様が所有する昭和19年12月登録のFJ40を今回手放したいと相談があり
とりあえず写真を見せてもらうことになり想像よりも綺麗だったのでご紹介
  

   
  
車両の方は当社で展示することはなくお客様宅の倉庫で80と共に保管となります
   
ワンオーナーではなく中古車として購入した車両で走行距離は5万キロ台となっています
購入先は中古車販売店では無く、私も信頼している愛知の老舗四駆ショップさんです
  

   
  
後ろ姿はこちら
  

   
  
また私が見てきて写真を撮りHPにアップしようかとは思いますが
とんでもない価格ではない設定になると思います
  
ランクル好きなオーナーが所有するFJ40の情報なのでご興味ある方は連絡もらえれば
HPにアップするまでの時間が早くなると思います
  
 
  
2017年02月14日(火) 23時59分06秒

ランクル100 ラック&ピニオン

テーマ:ランクル100
走行距離も多くオイル漏れもあちこちからある
パワーステアリングラック&ピニオン
こちらもO/Hするにはシールしか供給が無くキズとかがあっても部品は出ない
ランクル100になりこういうパーツが増えて変わりにメーカーリビルトが用意されている
  
28万キロ近く走行したギアボックス
  

    
   
助手席側のブッシュは斜めに向いていた
  

   
  
横から見ると亀裂が入っている
  

   
  
軽くドライバーを入れると簡単に取り出せそうな状態
  

   
  
カラーが傾いていなかった運転席側のブュシュもよく見れば亀裂が入っていた
  

     
   
このブッシュでメンバーに固定されているパワステギアボックス
ステアリングを動かしてもタイヤよりもまずブッシュ内の遊びの部分が動き
ラックの固定が出来ずに本体が左右に揺れている
  
ステアリングの応答性が悪いのはサスペンションの問題では無かったり
タイヤが高性能となりワダチで取られる感覚があるのもすべて
ラックの固定が出来ていないことが大きな問題だと考える
  
このブッシュもまた単品供給されていないパーツなっている
なので数年前から発売しているジュラコン製ブュシュを
ラック&ピニオンのメーカーリビルトに交換してから車両に取り付けることにする
   
   続く

 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。