1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-16 23:59:59

ATELIER VERSACE 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。


 

 はい。すっかり明けておりますねぇ。。。2017年も。。。。。1月もとっくに半分過ぎてしまい、すっかりお雑煮の味も忘れてしまった今日この頃。。。。皆様、健やかにお過しですかぁ????
 
 
 私の新年は低空飛行でスタートしておりまして、なんとか1月中は社会にバレないように、ひっそり過ごそうかと考えておりましたが、、、まぁ、そうも行きませんねぇ。。。。なんだかバタバタとして参りましたね。。。。
 
 
 ちなみの新年の占いをチェックした所、2017年の双子座は新しい価値観を取り入れたり、意欲的に生活を送るのがオススメだそうですねぇ。。。まぁ、いつも通りですねぇ。。。あと、イメージチェンジも良いとか。。。。これ以上、何処へどんな具合にイメージチェンジをすれば良いのかしら????私の大嫌いなコンサバな方へでしょうかぁ。。。。だったら、舌を噛んで死にます!!!!!



 さて、今日から去年の7月に行われた2016-17 AW PARIS HAUTE COUTURE COLLECTIONのリポートを始めたいと思います。私がPARISへ足しげく通う一番の理由のHaute coutue。。。。。今回もまた素晴らしい作品に出会って参りましたので、前のめりでお送りしますよぉぉぉぉ。。。。

 って事で、恒例のTOP PAGEをチェンジしてみました!今回は前回のクリスマスの時の惨事を踏まえ、原画に着彩してみましたが、やはりデジタルで取り込むと全然違う色になってしまいます。。。。泣


 私のInstagramでは随時今回のTOP PAGEに使用した原画をUPして行きたいと思いますので、合わせて色の違い等をチェックして頂けると幸いでございます。 
 

 
 まず、オープニングはお約束のATELIER VERSACE(アトリエ ヴェルサーチ)です!!!!恒例のエントランスのすぐ側にセッティングされたこのブランドのエンブレムの前でパシャリ!!!でございます。
 
 今回のコレクションは、この日着用しているピエール アルディのシューズをはじめとするレッドXブルーXイエロー等、12色の色鉛筆のようなパッキリしたヴィヴィッドカラーのコーディネイトで参戦しました。ファッションの総本山PARIS Haute coutureでございますが、今勢いのあるコンテンポラリーでプレイフルなスタイルを取り入れて、私流のコーディネイトにしてましたよ〜。。
 
 ジャケットは我が社のHaute couture。シルクやコットン、メッシュ等を用いパッチワークで仕立てています。インナーのタンクトップも同じくメッシュやニットで仕立てていまして、もちろん胸元は攻めてます!!!!クラッチもお手製で、クロコダイルとオーストリッチのミックスという、フェイクならではの強烈なテクスチャーに一目惚れして生地を購入し、制作しました。
 
 ジャケット、タンクトップ、クラッチ/自社のHaute couture、パンツ/FIFTH AVENUE SHOE REPAIR、シューズ/PIERRE HARDY、サングラス/3.1 Phillip Lim
 
 
 
 今回のコレクションに関してDonatella Versace(ドナテラ・ヴェルサーチ)はこんな言葉をプレスリリースに記しています。
 
 『現代女性のエレガンス、洗練、ドラマティックなところが気に入っています 。このコレクションは女性の持つパワーや佇まいを表現しています。』
 
 
 このところスポーツ等のフューチャリスティックな方へ向いていたアトリエ ヴェルサーチのコレクションでしたが、今回のコレクションではもう一度Haute coutureの原点でもある、女性らしさやエレガンス、そしてそこから生まれるピュアなムードが表現されました。
 
 手仕事でしか生み出す事の出来ない端正なドレープや繊細なプリーツ、絶妙に華麗なボリュームは、最高の熟練したアトリエスタッフによるまさに腕の見せ所で、特殊な素材や技術に頼らない圧倒的な手仕事の説得力を感じさせます。
 
 ある種の原点回帰と行っても、そこはアトリエ ヴェルサーチがやる事でございますので、この上なくグラマラスでセクシーなのは当然。mm単位で女性の身体を知り尽くしたこのブランドらしい挑発的な美の実験が繰り返し登場します。
 


 お久しぶりのステージングを見せてくれた、現在は歌手としても活躍するブルネットのスーパーモデル、Karen Elson(カレン・エルソン)が纏うファーストルックから御紹介して行きましょうね。
 
 オーバーシルエット気味のコートを片方の肩を露にし、ウエストでキュッとベルトをしめたようなコートのコーディネイトでございます。表地のヌードはカシミア、ライナーのマスカットはデュッシェス サテンを使用し異素材ミックスを楽しんでいます。
 
 インナーからチラ見えするのはバーガンディーのサテンで仕立てられたランジェリーのようなドレスで、コートの露なフロントに合わせてアシメントリーなカッティングが見事です。
 
 スリップドレスの上にコートを羽織るというデイリーなスタイルを、気崩す事でまるでドレスのように華やかに仕上げているのが素晴らしく、一見すると必然的にも見えるドレープは実に緻密に作り上げられた物で、実際のコートをこのように着ても絶対に生まれない独創的なシルエットです。
 
 お馴染みのアイテムや要素を用いながらも、ここまで独自の世界観を生み出す感覚。。。。さらに、新しいステージへと目を向けているアトリエ ヴェルサーチの勢いいのような物を感じさせてくれたファーストルックでございましたねぇ。。。
 

 

 今回、メインのファブリックとして繰り返し用いられるのがデュッシェス サテンでございます。強い打ち込みで、厚みと張りのあるこの繻子織りを『duchess=公爵夫人』と呼ぶのですが、さすがの学研少年の私の、類い稀なグーグルテクニックを使ってもその由来が不明でございました。。。。誰か教えて下さいませ。。。。でも、名前だけでアガります!!!!

 

 今回登場したパンツスタイルも実にフェニンでエレガントです。こちらのようにドレスのように複雑に仕上げたビスチェとコーディネイトしたり、1枚でも着れそうなミニドレスと合わせたりと、新しいテーラリングの実験を提案しています。

 

 ネックからブラカップへと続く縦のドレープとボディーを包み込むような横のドレープ、まるで生地をボディーに巻き付けただけのような、危うげなムードを永遠のフォルムとして構築するもの凄い技術力を感じさせてくれますねぇ〜。。。

 

 今季のコレクションの中で印象的だったのは、Haute coutureの世界ではファーやオペラガウンのように、フォーマルな形で表現される事が多いコートの新しいアプローチです。

 ファーストルックでカレン・エルソンが着ていたルックのように、ラップコートやトレンチ等のお馴染みのアイテムが、フレンドリーさはそのままにハイブリッドにアップデートされていたのが実にユニークでしたね。

 コートはカシミアを表地に使用し、ボンディッド、あるいはダブルフェイス仕立て、ライナーにアクセントとなるデュッシェス サテンを使用しリッチ感をプラスしています。


 こちらのルックのようにスリーブにインナーのドレスとリンクするような刺繍を施し、ハードなコートと繊細なスリップドレスのアンサンブルというスタイリングのアプローチも興味深かったですねぇ。。。



 今季のカラーパレットは、ヌードベージュにライラック、モーブにアクアブルー等、アイシーで軽やかなパステルカラーをベースに、ブラックとレッドの強い色で全体にコントラストを付けていましたね。

 こちらはレッドをベースにしたドレスでございますが、パネルで美しいボディーラインを描いた膝下丈のドレスの上に、デュッシェス サテンのドレープが、そよ風のようにたなびく姿をフィックスした美しい作品です。

 ボディーを流れるドレープは後ろ見頃でトレーンとなり、ライナーは対照的なアイシーなブルーを用い、動きにより瞬時に生まれ消えて行くフォルムまでをも楽しむ、アートのような作品でございましたねぇぇぇ。。。



 ミニマムなミニドレスも秀作揃いでございましたね。グラマラスなロングドレスと対比をなすように、さりげなくスポーティーなムードも感じられて素敵でしたね。

 今季の特徴でもあるプリーツやドレープは最小限に抑えられ、少ない面積ながらインパクトのあるデザインやディテールがドレスの表面を飾ります。

 こちらは表地がライラック、裏側がヌードのリバーシブルのファブリックを使用し、襟元や裾のドレープが動きによって見え隠れするデザインで、ジオメトリックな縦方向のスパコール刺繍が輝きをプラスし、チュールでカットアウトされた胸元のディテールもセクシーでございました。



 50年代のHaute cotuure全盛期のスタイルを彷彿させる作品も登場した今回のアトリエ ヴェルサーチのコレクションですが、シルク サテンのドレープを使い、この上なくボディーの美しさを表現するスタイルは、一歩間違うと古くさくて時代錯誤に仕上がってしまいがちなのですが、今回刺繍のテクニックに一味違う配慮が伺えます。

 刺繍に用いられているモチーフは全て実に抽象的でフューチャリスティックでございまして、ドレープの内側やプリーツの裏側にあしらう事で個性的なアティチュードを生み出しています。こちらのブラックのドレスにブルーのグラデーションで表現された刺繍は、かなり大きめのフラットなスパンコールと同じ大きさにカットした生地のパーツがミックスされてあしらわれています。

 スパンクコールのギラッとした光沢が生地のマットさで緩和され、今までに見た事ないような独特の存在感を放っていて、実に素晴らしかったですねぇ〜。。。。

 ボディーの右側のウエストから垂れるラッフルの内側や、トレーンのライナーのホワイトの部分にも、わざわざホワイトのモチーフを刺繍していて、、、、、、ほんと、うっとりしてしまいましたねぇ。。。。。



 ライラックとヌードのカラーリングが美しいこちらのドレスにも、先ほど御紹介した大きめのスパンコールと丸くカットした生地のパーツが刺繍してありますよぉぉぉ。。。

 ドラゴンの鱗のようにビッシリと施されたエンブロイダリーは、クリアーなスパンコールとライラックのファブリックのパーツで大きな流線形の流れを作り、部分的に細かいスパンコールやスワロフスキーで埋め尽くします。

 立体的に施されたパーツは只の真円だけでなくオーバルのシェイプのものも取り入れ、グラデーションになるように配置され、ローウエストに巻いたドレープの下はヌードのトランスペアレントのスカートの上にも刺繍を施し、グラデーションになるようにライラックのパーツを雨の雫のように見事にあしらっています!!!!

 歩くと深いスリットから生足が露になり、ドレープから流れるサテンのトレーンが極楽鳥のように美しいシルエットを描いていましたね。。。 



 コレクション後半にはさらに難易度の高いテクニックが登場します。生地を細いテープ状にカットし、そのパーツを一つ一つ手仕事で縫い付ける事で複雑な模様を描き出す、目を見張るような作品達です。

 こちらのエアリーなブルーのグラデーションのミニドレスは、ベースにルレックスの糸やビューグル ビーズを繊細に刺繍し、その上に渦のようにカットしたシフォンを縫い付けています。

 ブルーのグラデーションの中にヌードも織り交ぜ、妖精のような、なんとも幻想的な作品でございましたねぇ〜。。。。



 今回のラストルックがこちらの作品でございまして、同じようにカットしたテープを用いて、ボディーにピッタリと貼り付く美しいフォルムを描いていました。

 プリーツの裏側や間から見えるブラックの部分は極小のビーズをビッシリと敷き詰め、立体的に浮かせて縫い付けたり、重ねているように見せてプリーツだったり、ウエストからバックにはクリノリンまで施して、張り出すようなクラシカルなディテールを作ったりと、ため息がでるように手の込んだ作品でございましたねぇ。。。

 

 今回登場したシューズにもHaute couture由来の生地扱いを感じましたね。ヒールやブーティーのフロントには、緩く結んだふっくらとしたボウモチーフが用いられ、敢えて床に垂れるような大振りなサイズが、スタイリングをよりモダンに昇華していましたね。

 


 
 re-seeで一緒に発表された今回のファイン ジュエリーの中で、個人的にも気になったのがこちらの作品達でございまして、動く彫刻、モビールの発明で有名なアメリカの芸術家、Alexander Calder(アレンクサンダー・カルダー)のアートワークのような様々なブローチでございます。

 80'Sのムードも感じさせる幾何学的なモチーフのアイテムは、メタルのクールな輝きとダイヤモンドやオニキスといったモノトーンのストーンであしらわれ、コレクションではカシミアのコートの胸元に輝きを添えていましたね。。。

 

 はい。丁度私が会場に入った直後、今回一番のセレブリティ、Naomi Campbell(ナオミ・キャンベル)が降臨されました!!!前回のスポーツをテーマにしたクチュールコレクションのアイテムを見事に着こなして、パパラッチのフラッシュに笑顔で応えていらっしゃいました!!!!

 

 ちなみに先に御紹介したラストルックのフリンジのドレスは、先日開催された本年度のゴールデングローブ賞でプレゼンターとして参加した彼女が颯爽と着こなしていましたよねぇぇぇ。

 

 

 ほんと、20代の学生の頃は大ファンで、彼女が出てるVOGUEを二冊買いして、一日中眺めていましたが、今、こんな近い距離に居る自分が、なんだかとっても不思議で、夢のような一瞬でしたねぇ。。。

 

 

 

  

 

 デュッシェス サテンが生み出すドレープやプリーツ、トレーンを引いたり、風を孕んで膨らむという、伝統的なHaute coutureのテクニックを用いながらも、フューチャリスティックでハイブリッドなエンブロイダリーや、極限まで女性のボディーラインの美しさを強調したシルエット、軽やかなアティチュードやコンテンポラリーなスタイングで、現代の強くしなやかなアトリエ ヴェルサーチ ウーマンの姿が遺憾なく発揮された今回。。。。

 

 

 

 はい、個人的にもここ数年の中で、かな〜り大好物でございました!!!!

 

 

 

 

 さて、そんなアトリエ ヴェルサーチでございますが、毎回、このコレクションが行われる初日の昼に、バカンスからPARISへ戻るというスケジュールだった私にはビックリな情報が発表されました。

 

 今後、アトリエ ヴェルサーチはPARIS HAUTE COUTUREに参加せず、ショー形式ではコレクションを発表しない。。。。。つまり、実質的にはこのコレクションがショー形式では最後という事です。

 

 今後はプレゼンテーションという形や、世界のキーとなる都市で、より顧客に近い形式でのカプセル・コレクションやイベント等という新しい形体に変化していくようです。

 

 

 PARIS HAUTE COUTUREにおいては比較的後発隊で、イタリアブランドとしてイタリアのクリエイションの素晴らしさをアピールしてして来たこのブランドでございますが、既に世界中のレッドカーペットでこぞってセレブリティー達が着用し、インターネットが普及した現代に置いて、PARISでショーを行うという事自体にそれほどの意味が無いという判断なのかもしれませんねぇ。。。

 

 

 思えば私がPARIS HAUTE COUTUREに参戦し出したのが2011年の冬、2011 SS COLLECTIONからで、最初にこのブランドのコレクションを見たのが、2012年の夏、2012-13 AWからでした。その後数年間改装となる為に休館するヴァンドーム広場のホテル リッツの、かつてジャンニ・ヴェルサーチが生きていた頃にいつもコレクションを行っていた地下のプールで行われたコレクションは、長年の片思いの人に合えたような、強烈な興奮を抱いたのを今でも鮮明に覚えています。。。。

 

 

 ファッション全体が大きく姿を変えようとしている昨今、いち早くHAUTE COUTUREにおいてもその形体を変えて行こうという前向きな姿勢なのでしょうが、なんだか少し寂しい気もしますねぇ。。。。

 

 

 キリリと顎が上がった美しいモデル達がこの上なくグラマラスに、自身の内側に存在する全ての女性的な要素を、惜しげも無く見せつけてくれるアトリエ ヴェルサーチのランウェイ。。。。。勇気ある決断に敬意を払いながら、今後の新しい発展に期待したいと思います。。。。。。。。

 

 

 

 

 ATELIER VERSACE 2016 SS PARIS Haute Couture COLLECTIONのリポートはこちらからどうぞ。
 
 VERSACE 2016 SS 東京でのプレゼンテーションのリポートはこちらからどうぞ。
 VERSACE 2015-16 AW 東京でのプレゼンテーションのリポートはこちらからどうぞ。




 VERACEのサイトへはこちらからどうぞ。
 VERSACEのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 VERSACEのInstagramへはこちらからどうぞ。




 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。


 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。  







 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-01 00:53:29

謹賀新年 2017 !!!

テーマ:ご挨拶

 

 

 明けまして めでとうございます。

 

 

 まずは新年に合わせTOPページを変更させて頂きました!今年はあえての総唐草のセットアップで着物を仕立ててみました。羽織と着物で唐草の大きさを変え、半襟や帯、足袋は反転させた白地に緑の唐草にしてみましたよ。足袋や下駄の鼻緒も今回制作してみまして、半襟の部分は白地の部分にパールやスパンコールを刺繍し、羽織紐もパールにしております!!!!

 

 

 正倉院に伝わる日本最古の琵琶にも描かれている、伝統ある唐草でございますが、またある意味で泥棒と言えばこの文様。。。。

 

 2017年は貴方はのハーツを盗んじゃうぞ!って感じで。。。。。はい、嘘です!初笑いにしてはタチが悪過ぎますねぇ。。。。wwww

 

 

 

 

 さて、新年でございますねー。。。。

 

 

 と言ってもフリーランスの私としては完全なオフも無い状況ですので、いつも通り何か特別なムードではなく、実家に帰省する事でなんとか新年の気分を味わおうという次第でございます。はい、他人任せな感じです。。。心の中には新年のフレッシュ感は全くございません。。。。wwww

 

 

 振り返ると2016年実に激動の時代でした。未だに世界中ではテロや戦争が続き、様々な大きな自然災害、日本が依存するアメリカの大統領にはありえない人物が選ばれ、冗談としか思えないファッション センスの防衛大臣を始めとする日本の政治家達は、相変わらす稚拙な言動で世界中に恥を晒しています。

 

 様々な激動や変化は私達個人にも降り掛かっています。個人レベルで現状のままではいけないというという問題意識とを突きつけられ、まさに試されてる時。。。。。これまでの価値観や常識はガラガラと音を立てて崩壊していくのを肌で感じる今日この頃です。

 

 

 フッションの世界も同様に大荒れでございまして、ディヴィッド・ボウイやジョージ・マイケル等、偉大なるファッション・アイコンを失った年でもありました。また今やファッションを語る上で必要不可欠となったSNSの影響のせいか、ファッションはデジタルの画面上で一番効果を発揮するように、気をてらったものやアイキャッチーなものへ向かう方向がエスカレートし、ファッションの本質でもある『着る事』という最も重要な事からどんどん遠ざかっているように感じられます。

 

 また、鳴り物入りでデザイナー交代したビッグ ブランドも、ディレクターの技量やコミュニケーション不足からか不発に感じられたり、企業形体を縮小するブランドや日本から撤退するメーカー等も数多くありましたね。

 

 

 

 真実も嘘も全てあからさまに露呈する時。。。

 

 

 

 何が真実で自分に何が必要かを見極めなければイケナイ時に、垂れ流される情報の中で何が重要かを判断するのは個人の問題です。そんな究極の自己責任の時代に、夢を追い続けながら生き抜いて行く事は容易ではありません。。。振り落とされたり、諦めてしまう方が簡単なのかもしれませんね。。。

 

 

 

 さて、さて、さて、散々ネガティブな事を新年早々宣いまししたが。。。。私個人としては、いよいよなんだかいよいよ面白くなって来たかなという気がしています。実は結構ポジティブです。

 

 文化や常識が下克上になって来たこんな時に、自分が長い間抱いて来た価値観や美意識が真実のものかどうかを試すチャンスのような気がします。。。。なんですが、そもそも、私の抱いて来た物が本物じゃなかった場合、人生全否定って事になりますけどね。。。恐っ!

 

 

 ファッションに関わる仕事を長年続けて来ましたが、私自身としてはもう一度クリエイティブにコンシャスして行こうかなと思っています。元々ファッション スクールを卒業して自分の手で作品をクリエイトしてましたが、ここ10年くらいはスタイリングやライターまがいの仕事、講師等が多く、クリエイションから少し距離を置いていたように感じていました。どんな時代も手から生まれた作品は圧倒的な説得力があります。そういう事をきちんとやってみたいなという気持を強く抱いていました。

 

 

 なんて、言ってますが、もしかしたらまだまだ時間がかかるかもしれません。。。詳しい事は随時こちらで御報告して行きますので、その際は是非応援して頂けると嬉しく思います。

 

 

 ほら、段々おっさんになって来ると刺繍とか細かい作業が大変になって来るじゃないですかー、んで今やっとかないとこの後もっと大変になりそうな気がしておりましてねぇ〜。。。生み出す喜びやワクワクする気持を知っている人間の一人として、黙って俯瞰で見ているだけではなく行動しないとね。。。そんな事を新しい年のスタートに感じています。

 

 

 

 まぁ、取りあえずお正月でございますから。日本人に取って一番大切じゃないですか???。浮き世の事はしばし忘れ、気楽におとそやおせちで楽しく過して、日本文化に触れる事にしましょう。今年はカレンダー上4日から社会復帰せねばならない方々も多い事でしょうから、皆様それぞれに、短くも素敵なホリデーシーズンをお過ごし頂きたいと思います。

 

 

 

 

 そして、新しい2007年のという年、生きていると様々な事も起こるでしょうが、是非自分らしい一年を、納得出来る一年を過して頂ければと思います。

 

 惰性ではなく自分自身をしっかり見つめ、人と比べる訳ではなく、だからと言って言い訳ではなく、きちんと高い意識を持ってお過ごし頂けたらと思います。

 

 

 

 

 あたらしい年が皆様にとって素晴らしい年である事をお祈りしています。。。。。

 

 

 

 

 2017年1月1日 元旦      ダイコ★

 

 

 

 

 


 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。




 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-27 23:59:59

CA4LA 2016-17 AW !!!

テーマ:東京のお話。

 

 

 

 はい、メリー クリスマスでございましたねぇ〜。。。皆様いかがお過ごしでしたか???

 

 家族でしっぽり過された方、華やかなパーティーやラグジュアリーなレストランで素敵な時間を過ごされた方、SNSでのリア充の為に気合いを入れて手料理を作った皆さん。。。。それぞれに思い出に残る夜を過されたかと思います。

 

 毎年恒例の私の手描きのクリスマスカードは、今年はベタにエンジェル君達をツリーのオーナメントにしてみました。このカード、仕事上パソコンでやり取りする事が多いので、ベースの線画だけは絵筆で描いて、その後PCで色を付けたのですが、、、、、死ぬ程時間かかりました。。。。来年からは良く考えて行動します。。。。。。。。汗。。。。

 

 

 

 んで、クリスマスですが、私はと言いますと。。。。。。至って普通の日々でしたね。ちょっと今年は忘年会が連日でかなり怒濤でしたので、少し内蔵に休暇を与えようと、、、、、おでん食ってました。。。。雑にし過ぎ????wwww

 

 

 

 

 さて、さて、今日は東京を代表するハットブランド、CA4LA(カシラ)の2016-17 AW COLLECTIONのリポートをお伝えしましょうね。

 

 毎々楽しみになこちらのプレゼンテーションでございますが、今回もデイリーユースのウエアラブルなアイテムから、キレッキレのHaute coutureピース、楽しいコラボアイテムまで幅広〜く取り揃えていましたよぉぉぉ!!!!

 

 

 まずはいつも楽しみにしているHaute coutureの1点物から御紹介して行きましょうね。こちらのなんだか既にお正月気分満載のおめでたい感じのマウンテン ハット、、、、鮮やかなゴールドが何とも美しいでしょ???こちら、何のマテリアルだと思いますか?????実はこちら金、金箔なのでございます!!!!

 

 金箔を施したのは1905年(明治38年)から創業する『歴清社』。100年以上の歴史を誇る金、銀箔を扱う日本の企業でございまして、元々刀を作る仕事をしていた先代が、時代が江戸から明治に移り廃刀令が発令され、新たな仕事として金屏風や丁度品に用いられている金箔に注目します。

 

 京都が本場の金箔に対して広島の後発会社として、様々な柔軟なアイディアとチャレンジを繰り返し、不変しない真鍮箔の開発やインテリアとしての金箔の可能性等を追求し、現在は世界的にシェアを広げGUCCIやCHANEL等世界有数のラグジュアリーブランドとも取引している素晴らしい企業です。

 

 『水と空気以外全ての物に箔押し出来る』と自負する高い技術により完成したのがこちらの本金箔のハット。。。。これは、、、、、素晴らしい。。。。。!!!!

 

 こちらは恐くてお値段聞けませんでしたが、カシラではもう少しカジュアルに楽しめる銀箔の施されたハットなんかも登場しています。ブラックベースに丁寧な手仕事で施された銀箔が、夜空を流れる天の川のように美しい作品でしたよ。

 

 現在も原爆で被爆した煙突のある工場で制作に取り組む暦清社のサイトへはこちらからどうぞ。

 

 

 今回のカシラのコレクションですが、全体を通して『Changes』といキーワードを元に作品をクリエイトしています。

 

 東京で一番のファッションタウンの原宿。そこにアトリエを構え、日々めまぐるしく変化して行くファッションの流れを敏感に肌で感じるこのブランドのデザイナー達は、ここ数年のファッションの流れに関して特別な意識を感じています。

 

 ここ数年、ファッションのメインステージはラグジュアリーからファストファッションへ、デコラティブなスタイルはノームコアへと変化し、変わった物を着る事で人から非難される不安や心配からか、はたまたファッションに頭を使う事に疲れたせいか、誰もがトレーナーにガウチョパンツにスニーカー、またスタイルがバレないオーバーシルエットのコート等この上なく退屈な状況になっています。

 

 カシラはつまらない時代に風穴を開けたいと、デザインや個性をもっと楽しむようなワクワクするような作品制作にギアをチェンジしました。日本で一番成功している帽子ブランドだからこそ、ビジネスが大きくなるに連れて守りに入ってしまわないように自らの姿勢に喝を入れ、自由なクリエイションを追求する原点回帰を計ろうとこのテーマを掲げました。

 

 流石ですね。。。。。こういう所がこのブランドの大好きな所なんですよぉぉぉぉ!!!!!

 

 

 

 んで、いきなり、これ、、、、、やりますねぇ〜wwww

 

 ご覧の通りの生花で出来てたハットです。独特のドラマティックな世界観とストーリー性のある作品が人気の『EDENWORKS』の篠崎 恵美さんとのコラボによる、その名も『EDENWORKS X CA4LA FLOWER HAT』という作品です。

 

 篠崎さんは一般的な花の業務の他に、ブティックのインテリアや大規模な百貨店のディスプレイ、ファッション誌やANA SUI(アナ スイ)をはじめとするブランドの広告、数多くのアーティストとのコラボやイベント等、花というツールを使って美しい世界観を表現する、今をトキメクフラワーアーティストの一人です。

 

 実は2016 SSにカシラの広告のメインビジュアルを手がけ、この作品はその時の再現だそうです。展示会の開催された数日間、毎日、お花のお手入れに足を運ばれたそうで、どんな染料よりも発色が良く、どんな素材よりも繊細で軽やかなフレッシュなマテリアルによる作品が、この時の会場にまさに『花』を添えていましたよぉぉぉ。。。。

 

 数多くのアーカイブスの見る事が出来る、篠崎恵美さんの『EDENWORKS』のサイトへはこちらからどうぞ。

 

 

 こちらはカシラのアトリエスタッフによる作品でございまして、『UROKO』という作品でございます。

 

 クラシカルな中折れ帽に、グロッシーな光沢のある銀鶏鳥の黒バチ羽根を、魚の鱗のように見立てビッシリと敷き詰めた作品で、ブリムにも鶏ネック羽根を敷き詰め、かなり大きな動きのあるデコレーションは、羽根軸でシャープに表現されています。。。

 

 私、基本的にこの緑がかった銀鶏鳥のフェザーが大好物で、いとも簡単にデカダンスになれるので堪りませんねぇ〜。。。。この羽根は銀鶏のオスの胸元の一部と背中に生える羽根でして、長い尾羽は日本では古来より弓矢の矢等に使われて来ました。

 

 こういうメンズも楽しめるフェザーのハットは中々ございません。。。。見付けた時に買っておくのをオススメしますよぉぉぉ。。。。wwww

 

 ってか、こちら一点物でしたねぇ。。。。

 

 

 こちらのおもちゃ箱をひっくり返したような作品は、あのアーティスト/アートディレクターの増田セバスチャン氏が手がけるブランド『Sebastian Masuda ART』とのコアボレーションによる作品でございます。

 

 カシラのアトリエで制作したシルクハットをベースにセバスチャン ワールド大爆発

でございまして、カラフルなリボンやビーズ、様々な個性的なパーツやモチーフ等一体何種類使われているの?ってくらい大量に、ビッシリとデコってあります。

 

 まさにきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を頭に被る感覚の作品でございました〜!!!!

 

 

 はい、ここからはデイリーユースのアイテムでございまして、残っていれば御購入出来るかも!って感じのアイテムになります。

 

 『LAFA』というこちらのハットは、ハイバック形の中折れ帽を前後逆に被ったようなフォルムでございまして、被り方を変化させる事でマスキュリンなムードはフェミニンに変わり、往年のハイウッド女優達が銀幕の中で纏っているエレガントなクロシェのようにでもありますね。。。

 

 ボディーはポーランド製のウールフエルトを使用し、ボディと同じカラーのシルクリボンを飾る事でスペシャルなムードに仕上げていましたね。

 

 

 『CABARET-キャバレー-』というタイトルのこちらのキャスケットは、タイトル通り、昭和のキャバレーのバニーガールやコーラスガールをイメージしてデザインされたアイテムです。

 

 愛の水中花ですよぉぉぉ。。。。。私の大好きな。。。。。知らない人は勝手にグーグルして下さいませ。。。。

 

 ボディの部分はフエルトを使用し、インパクトのあるメタリックな耳の部分は、細かい角度までデザイナーが拘り抜いたらしく、一つ一つ手作業で仕上げてあります。

 

 こういうインパクトの強いアイテムは、普段に被っているとかなり頭の弱い人に見てしまうもの。。。特別なパーティーやイベント等に限定する事で被る人のウィットが現れます。しかも、『ウサギのモチーフで私可愛いでしょ?』ってな感じで被ると痛さ倍増なので、ブラックのパンツスーツの内側からレースのランジェリーを覗かせるなんてセクシーな装いに合わせる事をおすすめします。

 

 まさにバニーガールのように、少しエロティックに取り入れると素敵に見えますよ〜。。。

 

 

 今回の展示会で実にユニークだったのが、ボウタイから編み上げ、染め、縮絨、それを独自の木型で整形し、縫製、飾り付けと全てを自社で行った拘りのアイテムがいくつか登場していた事ですねぇ。

 

 こちらは『NUKU-NUKU』というハットでございまして、下に置いてあるマフラーのようなローゲージで編んだニットがこの帽子のベースの素材で、それを縮絨してこんなモフモフしたテクスチャーに仕上げているんです。

 

 ミリタリーのフライトキャップのデザインをベースにしていて、トップのレザーのベルトを外すとシコロが耳を包む仕様です。裏地無しの一枚仕立てのデザインなので、被った時にゴロゴロしないようにシームは全てジグザグステッチで仕上げてあります。

 

 フロントのブリムにチラリとあしらわれたミリタリーテイストのプレートには、カシラのファクトリーのアドレスから抜粋した『5 23』という数字が、なんとも意味ありげに主張していましたねぇ〜。。。

 

 

 先に御紹介したフライト キャップをはじめとする、ミリタリーテイストのアイテムも沢山ございまして、ウエアのトレンドと合わせて楽しめそうですね。カシラで用意してあるアイテムはやはり一捻り加えた物が多く、コーディネイト次第で様々な楽しみ方が出来ますねぇぇぇ〜。

 

 こちらはベレーでございまして、木型に合わせてきちんと整形したしっかりしたフォルムが特徴が、サイドに印象的なタックが施されているのがお解りになりますか?デザインのモチーフになっているのは『ブリティッシュ アーミー グルカ』。グルカ ショーツなら聞いた事がある方もいるかもしれませんが、幅広のウエストベルトにダブルストラップ、タックを沢山入れた運動量の多いゆったりしたショーツでございます。

 

 このパンツは18世紀前半イギリスとネパールの戦争において敗戦し、属国となったネパールのグルカ兵達が履いていたパンツを由来としていて、その後1957年に英/インドの反乱戦争で傭兵としてめざましい功績を納めた彼らに敬意を払い、この名前が付きました。

 

 特徴的な大きなタックを取ってシルクの包みボタンを飾り、ミリタリーと言えばそうなんですが、女子がエレガントに被ると往年のHaute coutureのようなリッチ感も楽しめますよぉ〜。

 

 

 こちらも最近人気のセーラータイプのハットでございますが、ウールXコットンのカルゼ素材で仕上げ、秋冬にも対応出来るアイテムとして発表していましたね。

 

 これ、実は良く出来ていて、本来ブリムを折り返すと成立しないセーラーハットを、折り返しても楽しめるようにパターンを緻密に計算しているんです。ちなみにニットキャップのようなユニークなシルエットになりますよ。

 

 ミリタリーのムードを出す為にブリムにプリントされているのは『CHAMELEON CITY SAILOR』の文字。これは架空の都市『カメレオン シティ』の水平である事を証明するロゴでございまして、遊び心が感じられますね〜。。。www

 

 

 やはりこちらもミリタリールーツと言えるアイテムで、アメリカの空軍のフライトジャケット『N3-B』のフードの部分をイメージしたフード付きのマフラーです。

 

 ネックの部分はテクニカルファブリックを使用し、首に沿いながらも立ち上がるパターン。中綿入りなのでふっくらと立ち上がります。フードの内側にはフェイクファーを使用し、外側には独特の毛足が特徴のコヨーテを使用していてこの部分は取り外し可能と。。。。もう、至れり尽くせり !!!!

 

 これ、オモロいですねぇ〜。。。シンプルなニットに合わせても簡単にミリタリーなムードを楽しめますし、防寒もバツグン!!!個人的には実際の『N3-B』ジャケットやフードの大きめのミリタリージャケットに、フードの部分だけレイヤーするなんてユニークなコーディネイトも楽しめそうに感じました。。。。

 

 

 カジュアルなアイテムが続きましたので、エレガントな作品も御紹介しましょうね。

 

 まるで夏に被るストローハットのような繊細なデザインのこちらは、実は全部レザー。。。5mm間隔に薄くすいたレザーをブレード状に編み上げ、帽子に整形したというなんとも手間のかかった作品です。ブリムの裏側にも二重にブレードを貼付け、リボンのノットの部分にはアクセントとなつゴールドの糸、裏地も光沢のある物を使用し、なんとも高級感のある作品です。

 

 つまり、冬に被れるストローハットを作ったというアイディア。。。。帽子屋にしか思いつかないアイディアですねぇ〜!!!!!

 

 丁寧にお手入れしながら大切に被ると、レザー独特の時間の経過による深みのある色合いも出て来て、長い時間楽しめそうなアイテムですねぇ〜。。。

 

 

 カシラの大人気のボーラーハットは、本来紳士の必需品としてファーマルなイメージの強いこのアイテムを、より気軽にTシャツにもコーディネイト出来るスタイルに落とし込んだ事でしょうか。実にバリエーション豊かで、私もいくつか愛用させて頂いてますねぇ。。。とにかくフォルムが綺麗です!!!!

 

 こちらのボーラーハットはそんな気軽に被れるボラーハットでございまして、アシンメトリーなファブリックのクラウンが印象的です。ハリスツイードと起毛加工を施したカムフラージュのを用い、見る角度、被る角度によって微妙にアイティチュードが変わるような仕様になっています。

 

 スウエットシャツやMA-1等に合わせてプチ ドレスアップ スタイルも良いですが、なんだかそんなの普通なので、是非、ハリスツイードのスキニーなスーツにしっかりとタイを結び、ステッキなんかまで持っちゃって、インチキ ジェントルマンみたいなドレスダウンスタイルで楽しんで頂けると、個性的でよろしいかと思いますよぉぉぉ。。。

 

 

 

 

 今回も楽しいアイテムが揃ったカシラの2016-17 AWのプレゼンテーションでございましたが、皆様お気に入りのアイテムはございましたか????大変申し訳ございませんが、私のUPが遅れた為に完売になったアイテムも多数ございます。。。。気になるアイテムは是非ショップに足を運んでご確認下さいませ!

 

 

 さて、帽子は実に簡単にトレンドの気分を楽しめるものでして、アイテムも小ささいのでコート等の重衣料に比べるとと手も出し易いですよね?つまり上手く使いこなせると、一瞬でガラリとムードを変える事が出来る魔法のアイテムでもあります。

 

 顔に近いという事は簡単に顔の印象さえ変化させる事が可能ですし、昔のように『家の中では帽子は脱ぎなさい!』なんて時代でも無くなって来たので、楽しめる環境も増えましたよね。

 

 で、、、、『私、ベレーは似合わない!』とか『この、被り方じゃなきゃダメ!』なんて言う人が多くでビックリなんですが、それは被る人の勝手な思い込みがほとんど。。。。。。実際の自分の容姿と理想としているスタイルがかけ離れているとか、その帽子を被っている時に嫌な事を言われたり、体験したりとささいなトラウマが影響しているのではないかしら???フッションもそうですが、雑誌で見た小さな情報や、ショップ店員や美容師が言った無責任な一言に囚われ、『私はこうだ!』という無意味な拘りが、本当にスタイリッシュになる為の道を邪魔している事が多々あります。

 

 例えば新しいデザインの帽子にチャレンジしたいのならば、貴方が新しい顔になり、新しい気分にならなければダメ、古い髪型や古いトレンドのままではまず似合う訳がありません。試着をしてどう被れば自分にマッチするか、被る角度や向き等を厳密にリサーチする事が必要です。

 

 試着している時もコンプレックスを隠そうとばかり目が行ったり、『私のマツエクした目元可愛い!』とか関係ない所ばかり見ていたりしません???それではいつまでたっても今のままですよ。今は良いかもしれませんが、歳を追う毎に訪れる残酷な老化というスパイスが加わると、実年齢とスタイルがチグハグな、最も痛いパターンになってしまいます。

 

 必要なのは柔軟でなんでも一度受け入れてみる寛容さと、いくばくのチャレンジ精神。。。。。。チャレンジ精神について補足させて頂きますと、73億人という人々がこの地球上で行きている中、誰も貴方がどんな帽子を被るかなんて、誰も全く持って興味ありませんから!!!!

 

 

 カシラにはその中でも日本人の頭や顔の形に合わせた取り入れ易いアイテムが沢山あります。アイテムによってはフレキシブルに楽しめる物もありますし、ショップスタッフ達は帽子に関わって来たプロフェッショナルです。一度その身を委ね、素直に新しい価値観に出会ってみる事をオススメしますよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 CA4LA 2016 SS 展示会のリポートはこちらからどうぞ。

 

 CA4LAのサイトへはこちらからどうぞ。
 CA4LAのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 CA4LAのInstagramはこちらからどうぞ。



 

 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。




 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-22 23:59:59

H.P.FRANCE 2016-17 AW vol,2 !!!

テーマ:東京のお話。

 

 

 それでは今日も引き続き、H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)の2016-17 AWの展示会から、ジュエリーやビジューを中心にリポートして参りますね。

 

 

 まずは彼女自身のInstgramからは作品やそのスピリットだけではなく、個性的でハッピーなライフスタイルさえもビシビシ伝わって来る、ロス在住のアーティスト、『SONIA BOYAJIAN(ソニア・ボヤジアン)』のコレクションから御紹介して行きましょうねぇ〜。。。

 

 

 今季彼女が注目したのはPEGGY GUGGENHEIM(ペギー・グッゲンハイム)でございます。アートに詳しい方ならピンと来たかも知れませんが、あのグッゲンハイム美術館のソロモン・R・グッゲンハイムの姪にあたる女性です。20世紀初頭のキュビズム、シュールリアリズム、抽象絵画等を語る上で最も重要な人物の一人でもある彼女は、生涯を通じて芸術に人生を捧げ、多くの芸術家や作品を世界に知らしめた偉大な女性です。

 

 1898年、ニューヨークのユダヤ系富豪の娘として生まれた彼女は、21歳の時に父ベンジャミン・グッゲンハイムがタイタニック号沈没事件に巻き込まれて死去した事から、現在の日本円で30億以上にもなる莫大な遺産を相続します。元々『サンワイズ・ターン』という前衛的な美術書を扱う書店で働いていた彼女は、遺産を元に1920年にパリに移住し、写真家のマン・レイや後に彼女に芸術的基礎や価値観を伝授したマルセル・デュシャンらと知り合います。

 

 デュシャンの助けもあり、1938年、ロンドンに『グッゲンハイム・ジェンヌ』というギャラリーをオープンさせ、ジャン・コクトーによるドローイングのエキシビジョンでこけら落としをします。その後1952年からグッゲンハイム美術館となる前身となる『非具象美術館』の立ち上げを行い、その後イギリスやパリの美術館創設の為の作品購入や準備のために再びパリに戻ります。

 

 が。。。。折しも時期は第二次世界大戦。。。。。ユダヤ人である彼女は南フランスへ逃れ、そこでマックス・エルンストを始めとする多くの芸術家達の国外逃亡の手助けに明け暮れます。その後1941年再びニューヨークへ戻り、マックス・エルンストと結婚、またジャクソン・ポロック等新しいアーティスト達の支援も行います。

 

 1946年のエルンストと離婚した彼女は再びヨーロッパへ向かいます。後にペギー・グッゲンハイム・コレクションとなる、ヴェニスのカナル・グランデにヴェニエール・デイ・レオーニ館を設立し、ヨーロッパの芸術家のエキシビジョンや、自身のコレクションをヨーロッパやアメリカの美術館に貸し出す等精力的に活動します。

 

 1979年に無くなるまでまさに芸術に一生を捧げた人生を送り、彼女のサポートが無ければ歴史に名を残さなかったアーティストも居たかもしれないペギー・グッゲンハイムに、ソニアは同じ女性として、同じアメリカ人でアートに関わった人物として多大なリスペクトを今回の作品に表現しています。

 

 まず、私が着けているネックレスはソニアが大好きなピッカピカのゴールドのメッキが施された、エキセントリックな眼鏡のフレームのネックレスです。

 

 これはペギーが晩年にヴェニスで、愛犬と供に写ったりしている数多くのポートレート写真に着用していたサングラスにインスパイヤされていて、実にユニークなアイテムでしたねぇ〜。。。

 

 PEGGY GUGGENHEIMとグーグルすると、直ぐに出て来るので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいませ!!!!

 

 

 ペギーが愛したシュール・リアリズムのアートをイメージしたような今回のコレクションですが、大らかなフォルムのメタルフレームに、彼女が好きなラフカットを施したジュエルストーンやパールをあしらい、実に楽しい作品が並んでいます。

 

 真ん中の顔のモチーフのブローチはもちろんペギー・グッゲンハイムです。先の画像で私が着けていたネックレスと同じデザインのサングラスをちゃんと着けていますよぉぉぉぉ。。。。。

 

 SONIA BOYAJIANのサイトへはこちらからどうぞ。
 SONIA BOYAJIANのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはオーストリアのデザイナー『FLORIAN(フロリアン)』を御紹介しましょうね。

 

 アッシュ・ペー・フランスで扱うアーティストの中でも、その独特のセンスは群を抜いているとも言えるほどの奇才でございまして、デザイナーのFLORIAN LADSTAETTER(フローリアン・ラドゥシュテイター)の脳内を旅するような世界観や、ネックレスに特化した個性的な作品は見ているうちにツボにハマってしまいますねぇ〜。。。

 

 今回のテーマは『ancient treasures』。。。。こんな不思議な物語がモチーフになっています。。。。。。例えば夕刻の森の中、空は宵から夕暮れ、薄暮から黄昏へと刻々と変化して行く中、落ちて行く太陽の最後の光は鮮やかな閃光となって地面を照らします。ふと気付くとそこにはキラキラと輝く金属辺が。。。。近づいて掘ってみると小さなゴールドのコイン。。。。古の時代の物か、遠い異国の物か。。。。はたまた宇宙人の忘れ物かもしれない不思議なコインを握り、イメージの翼は広がって行きます。。。。。

 

 

 今季、キーワードとなっているのが、かつては地中深くに埋まっていたものを再び掘り起こしたというエッセンスでございまして、地中で変色や劣化、風化されたようなディテールを施し、古代の工芸品を思わせる時間の経過をユニークに表現しています。

 

 こちらはまさにそんな感じのネックレスでございまして、銅が劣化し酸化した時に生まれる緑青効果を施しています。ボールやオーバル形のパーツに細かくプリミティブなレリーフを施し、一見すると無秩序にも見えるようなんですが、実に緻密にパーツを繋ぎ合わせています。

 

 何だか新興宗教感ハンパないすか?????大丈夫です、まだ壷の販売は始めていませんので!!!!

 

 

 こちらも今季印象的だったメダルのモチーフのアイテムで、アンモナイトやドラゴン等が抽象的に描かれています。先の画像同様に重ね着けしていますが、レザーのコードや錆び加工が施されたチェーン等といくつも重ねるとインパクト大になりますね。。。

 

 今回の古代へのイメージは先史文明や、クレタやミノス、ミノワ等に代表されるエーゲ海で起こったヨーロッパ文化の礎ともなった地中海文明、独特の文化を生み出した中世の北方ヨーロッパ等、様々な文化がモチーフとなり、最終的にフロリアン自身の絶対的な価値観のエッセンスを注がれて、唯一無二の作品に仕上がっていましたね。

 

 

 地中から出土したメタルの小石を繋ぎ合わせたような、はたまた宇宙からの隕石のようにも見える不思議な作品のこちらは、まさに身につけるアートと言っても過言ではない存在感の作品です。

 

 今季のテーマに合わせて用いられているマテリアルはブラスとブロンズのトーンを中心に、陶芸ビーズやグラスビーズ、様々なサビや緑青、メタルには様々な種類のメッキが施され、着ける位置で色々な表情を生み出すフレキシブルなデザインが印象的です。

 

 また水牛の角やロープ等をチェーンと合わせ異素材ミックスを楽しんだり、ドラゴンや不思議な偶像など、現代の科学では解読出来ない、古の文明へのフロリアン自身のの好奇心がユニークに表現されていて素晴らしかったですね。。。。

 

 FLORIANのサイトへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはイタリアのローマから、デザイナー、Giacomelli (パオロ・ジャコメッリ)と Roberta Paolucci(ロベルタ・パオルッチ)が手がける『IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)』のコレクションでございます。

 

 毎シーズン様々なテーマをソリッドでスタイリッシュスタイルの作品に落とし込むこのブランドですが、まずはこちらの作品は『ANUBIAN JEWELS(=glamorous Nubian style jewelからの造語)』と名付けられた幾重にも重なるフリンジが美しい作品から御紹介しましょうね。

 

 Nubia(ヌビア)とはエジプトの南部アスワンからスーダンにかけての地方の名称で、古代エジプト語のヌプ(金)に語源を持ち、古代ギリシア人やローマ人達がこの地をそう呼んだ事からこの名前が付きました。古くより金や鉄、銅等の鉄鋼資源に恵まれたエジプトの中でも重要な場所で、近年では数多くの移民達が流入していない、長い歴史が育んで来た独自の文化も注目されています。

 

 そんなアフリアの美しい民族の文化への憧れを落とし込んだこのコレクションは、イオセリアーニ得意のメタルパーツやビジューを取り入れながらも、レッドやグリーンのアガット(瑪瑙)を使用し、これまでのフリンジコレクションより繊細なチェーンを用いて軽やかに仕上げているのが特徴です。

 

 また、スタッズやクリスタル等人気のモチーフも使用していますので、ボヘミアンスタイル等に気軽に楽しめるデザインになっていましたねぇ〜。。。

 

 

 こちらはイオセリアーニ流にクラシカルなイタリアンジュエリーを解釈した、『MEMENTO(メメント)』というコレクションになります。ヴィンテージ ジュエリーのムードを漂わせながらも、このブランドらしいエッジィな仕上げが素晴らしいですね。

 

 右側の『WHITE ECLIPSE MEMENTO』は美しくシンメトリーに配置された、マーキース シェイプをはじめとするクリスタルを飾ったフロントと、ゴールドメッキを施した真鍮のワイルドなチェーンのバックという、全く違う二つの要素を一つのアイテムの中で融合しています。

 

 左は『Black on Black MEMENT』。デザイナー達が得意とするアシンメトリーなデザインでございますが、コラージュのように配された繊細なデザインがシュールな印象を感じさせてくれるアイテムですねぇ。。。クリスタルやガラス等のパーツをガンメタルコーティングを施し、モードでスタイリッシュなアイテムでございましたねぇ〜〜。。。

 

 は〜い!!!!大好物で〜す♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️

 

 

 IOSSELLIANIのサイトへはこちらからどうぞ。

 IOSSELLIANIのFacebookへはこちらからどうぞ。

 IOSSELLIANIのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはパリの中でもファッションや様々なカルチャーが溢れるマレ地区にスタジオを構える、『DELPHINE CHARLOTTE Parmentier(デルフィ-ヌ・シャルロット・パルモンティエ)』をご案内しましょう。。。

 

 

 今季彼女がテーマに掲げているのは『RE BIRTH』。。。。『再生』『復活』という意味を持つこの言葉をキーワードに、これまで彼女が扱って来た様々な要素を、もう一度再解釈してコレクションに落とし込んでいます。

 

 彼女が生み出して来たスタイリッシュでシャープな世界観やレザーや硬質的な素材使い、パールやオブジェのような立体的な造形、パールや蝶等全てを一同に登場させ、また新たなクリエイションのステップアップに挑戦しています。

 

 こちらはマットなメタルに、ジュエリーに用いいられるようなトライアングルやマーキース カットを施したボリューミーなパーツと、ガラスパールを組み合わせたコレクションになります。

 

 組合わされたパーツは時には蝶の羽根のように、時には折り重なる木の葉のようでもあり美しいですねぇ〜。。。自然からのインスパイヤされたコレクションでございますがありふれた表現では無く、やはり彼女の一番の魅力でもある、スタイリッシュでクールなアティチュードが素晴らしいですねぇ〜。。。。

 

 

 一度咀嚼した要素や熟れたテーマだけあって、作品のクオリティが実に高い今回。程よい肩肘張らない抜けた感じも昨今のファッションとマッチしますし、実に洗練されていて素晴らしいですねぇ。

 

 比較的リアルに描かれた蝶のブローチですが、その羽は木の葉のように見えたりと実にミステリアスです。幻想的な鉱石や採掘されたままのダイヤモンドの原石、スワロフスキー等を使用し、ジュエリーにも数多く使われる蝶のモチーフを実に個性的に表現していますねぇ。。。

 

 さて、蝶はさなぎから羽化するその姿で古くからヨーロッパでは再生の象徴と言われ、今回のテーマにもピッタリでございます。また、ネイティブ・インディアンの言い伝えでは、秘密のお願いを蝶にするとそれを神様届けてくれて叶えてくれるとか、古代ギリシアでは美女プシュケーが愛の神エロスと結婚して蝶に化身したとも言われますねぇ。。。

 

 ラッキーモチーフとして、これからの季節お着物の帯留め等に飾るのも素敵なんじゃないでしょうか????着物と言えども只着せられるのではなく、自分らしいスタイルを取り入れて楽しんで頂きたいものですねぇー。。。

 

 あっ、日本では蝶はあまり縁起の良いものではありません。。。平将門の乱の時、都に蝶の大群が押し寄せたとか、蛾と蝶の区別もちゃんと出来ていなくて、蝶が蚕になって絹が取れると思っていたようです。。。。

 

 意味が解っていればタブーは挑戦するべき素敵なタスクです。外見だけではなく、頭の中身もスタイリッシュにして、是非トライして下さいませ!!!

 

 DELPHINE CHARLOTTE Parmentierのサイトへはこちらからどうぞ。
 DELPHINE CHARLOTTE ParmentierのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 いやいやいや、、、、ホントにこちらで扱っている作家達の作品はどれも実に個性的で、全く違う魅力を放っておりまして、いつももっとリポートしたいのですが、なんせ数が多過ぎて、、、、こんなんだったらクリスマスどころか、来年にも間に合わないかも知れませんねぇ。。。。。恐っ!!!!

 

 なので、さっさ次に行きますよ!続いてはベルギー、アントワープ在住の女性デザイナーデュオ、『WOUTERS & HENDRIX(ウッター&ヘンドリックス)』を御紹介しましょうね。

 

 ベルギー出身のカトリン・ウッターとカレン・ヘンドリックスはアントワープのロイヤルアカデミー・オブ・ファインアーツ彫金科を共に卒業し、1985年にジュエリーデザインをスタートさせ、30年のキャリアを持つベテランデイザナーでございます。

 

 半貴石やスターリングシルバーの性質を活かした、クチュール的でありながら、ベルギー人独特の感性や独特のユーモアを持ち合わせた大胆な作品が素晴らしく、なんとも熟れたクリエイションが魅力的です。

 

 今回彼女達がテーマにしたのは2003年に公開された、ウォン・カーウァイ監督、マギー・チャン、トニー・レオン主演の香港映画『花様年華(In the Mood for Love)』でございますよぉぉぉ〜!!!!

 

 既婚同士の夫婦が、ある日同じアパートの隣同士の部屋に偶然引っ越して来る所から物語は始まります。マギー・チャン演じるチャン夫人の夫とトニー・レオン演じるチャウの妻が浮気している事実を知った二人は次第に親密になり、大人の切ないラブストーリーがアコースティックなBGMの中ゆっくりと描かれています。。。。

 

 私ももちろん大好物な作品でございまして、物語の大半は狭いアパートの部屋を舞台に展開し、マギー・チャンが一体何着来ているの?とくらい次から次へと美しいチャイナドレスを着替えて行く姿には圧巻でございますねぇ。。。。

 

 映画の中に描かれた1960年代の香港のオリエンタルなムードや、しっとりとした湿度の高い感覚、、、、、、交わりそうで交わらない男女の複雑な関係、 伝わらないもどかしさ、彼だけが知る彼女、屈折した感情、 抑圧されるべき願望等の、様々な繊細な感情やセリフまでもがイメージとなり、しなやかで美しいコレクションが完成しました。

 

 こちらはまるでマギー・チャンが流す涙を飾ったような、アーティスティックなチョーカータイプのネックレスと、得意のハンドメイドによる彫金技術を使った、メダイオンのロングネックレスのコーディネイトでございます。マテリアルはシルバーと、ゴールドの部分はシルバーに18Kのメッキが施されています。

 

 

 こちらはご覧の通りの唇のモチーフのネックレスになります。

 

 切ない愛の言葉をささやくマギー・チャンの赤いリップのようでもあり、またマン・レイやフランシス・ピカビアが作品の中にも描かれた、シュールリアリスティックなアイコンのような気分もしますね〜。。。

 

 こちらのストーンはスワロフスキーを使用していますが、他にガーネットやアマゾナイト、サンストーン等の天然石を使用したアイテムもありましたよ。

 

 今回のテーマとなった『花様年華(In the Mood for Love)』はファッション関係者ならマストとも言える作品で、数多くのクリエイター達がコレクションのテーマにして来た屈指の名作でございます。。。。。

 

 え?見た事ない???それは貴方が愚かなんですねぇ。。。。是非、このホリデーシーズンにでも、美しくも切ない大人の恋物語を観て、美意識を高めて下さいませ。。。。

 

 WOUTERS & HENDRIXのサイトへはこちらからどうぞ。

 WOUTERS & HENDRIXのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 そして、今回の最後となるのはブランドは『EMMA CASSI(エマ・カッシィ)』でございます。

 

 彼女自身はフランス人なんですが現在イギリス人の旦那様とご結婚されて、お住まいはなんとウィンザー。。。自宅兼アトリエでハンドメイドの拘りのアクセサリーを制作しています。祖母から受け継いだヴィンテージのリボンの美しさに惹かれ、いつしかアクセサリーを制作するようになった彼女は、ブロカント見付けたようなアンティークのパーツや、伝統的なクロシェ編みの技法で様々なアクセサリーをクリエイトしています。

 

 それはまるでアクセサリーと言うより洋服のデコレーションのような華やかさで、人と違う物を探すファン達に熱狂的に支持されています。ロンドンのorange pekoeのウィンドーのデザインも手がけ、最近ではインテリアのコレクションも人気ですね。

 

 どちらかと言えば私の嫌いなほっこり系かもしれませんし、森の妖精ちゃんのような熱狂的なファンの方も多いのですが、私には彼女の確かなテクニックとフランス人が血の中に持つ、なにかHaute coutureのクリエイションのようなモードなスピリットが大好きですね。

 

 こちらはアフリカお面をイメージしたネックレスでございまして、フェザーやスパンコール、ヴィンテージレース等で複雑に構成したネックレスになります。ファブリックや糸等が素材の中心なので、軽く身に付けられるもの彼女のアクセサリーの魅力の一つです。

 

 

 いくらほっこり系と言えども、何処かに毒っ気やユーモアを織り交ぜるのが素晴らしく、棘と蜜のバランスが素晴らしいですね。

 

 こちらはヴィンテージレースをベースに、クロームメッキのビーズやミンク、ラビットのファー、オレンジのフラワーモチーフも可愛いだけじゃない、ピリっとした美意識を感じさせてくれます。

 

 こちらのブレスレットなんか、思い切って二つ購入し、ブラックジャケットの袖口からカフスのように覗かせるなんてのも素敵ですね。もちろん、ボトムはパンツでジャケットの下は下着だけでお願いしたいですねぇ〜。。。。下着着なくても良いですよぉぉぉぉ。。。。

 

 EMMA CASSIのサイトへはこちらからどうぞ。

 EMMA CASSIのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 はい、そんな感じで大急ぎでリポートして来ましたが、やはりどのデザイナーの作品も突っ込み所や、膨らましたい所が満載で中々スルっとは行きませんねぇ。。。おかげで私自身も、展示会の事を思い出しながら楽しい時間を過させて頂きました!!!!

 

 

 現代の社会において、溢れ過ぎる物に対して人々は何処か冷めた感情を持っていて、以前のように有名なブランドであればOKという時代では無くなり、個人が本当に満足出来る物を常に探しているように感じます。創業当時からアーティスティックで個性的な作家達の作品を日本に紹介して来たアッシュ・ペー・フランスでは、毎回新作のエキシビジョンにお邪魔する度に目から鱗の作品や『一体、何やってんだか!』と飽きれるような実に楽しい作品が並び、只消費されて行くだけではない、高揚感を与えてくれます。

 

 撮影でもよくリースさせて頂いていますが、かわいいだけではないデザイナーの拘りは、ヘアメイクさんやモデルちゃんとのコミュニケーションのツールにもなり、現場も和みますし、ここで取り扱っている個性的なアクセサリーをパリコレなんかで着用すると、だいたいパパラッチされますねぇ〜。。。

 

 

 皆、面白くてワクワクするような物を探しています。例え誰かと同じ物であっても、そこに自分自身の個人的な感情や感動が存在するからこそ、指輪一個にしても帽子一個にしてもそれは特別な物になります。特別な物を見付ける為にはアンテナを張り巡らせて新しい情報をキャッチするのはもちろんですが、それを特別にするための自分の自身の創造力も必要です。

 

 どんなアイテムとコーディネイトすると楽しいかとか、どんな状況で着用するのか、コレクションのテーマに合わせてメイクやヘアを考えてみたり、デザイナーの出身国に想いを馳せてみたり。。。。。そういう、頭の中のコーディネイトこそが一番スタイリッシュになれる近道のように思えますねぇ。。。

 

 

 

 買えばどうにかなります。でも、どうにかしかなりません。。。。素敵なアイテムには貴方の素敵な経験や、その物や背景に感動した事実は存在しなければなりません。

 

 そこの所少しサボってませんか????なんでもコンビニで買えるお弁当のように安易な気持ではなく、少し丁寧に、少し大切に物と向き合う事を心がけると、日々の生活もすこしずつ特別になってくるように、私には思えますよぉぉぉぉ。。。。。

 

 

 

 

 H.P.FRANCE 2016-17 AWのリポートvol,1はこちらからどうぞ。

 

 

 

 H.P.FRANCE 2016 SSのリポートvol,1はこちらからどうぞ。

 H.P.FRANCE 2016 SSのリポートvol,2はこちらからどうぞ。

 

 それぞれのデザイナーのヒストリー等も御紹介しておりますので、是非、ご覧下さいませ。

 

 

 H.P.FRANCEのサイトへはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCEのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCE Press RommのInstagramはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCE BIJYOUXのInstagramはこちらからどうぞ。







 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。






 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-21 23:59:59

H.P.FRANCE 2016-17 AW vol,1 !!!

テーマ:東京のお話。

 

 

 それでは今日からは2016-17 AWコレクションの東京でのリポートをUPして行きたいと思います。

 

 既に次シーズンのクルーズや間もなく2017SSのアイテムも店頭に登場してしまいますので、ちょい急ぎ足で行きますね。っていうか来月には17AWのMEN'Sも発表されてしまいますので。。。。。

 

 

 ほんと、ファッション早過ぎ。。。。。。なんとかなりませんかねぇ〜このサイルク。。。。。

 

 

 今日はいつも大変お世話になっている、世界中の個性的なクリエイター達による素敵なアクセサリーやジュエリーを日本に紹介している、H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)のコレクションをリポートさせて下さいませ!

 

 この展示会自体が相当前に開催されましたので、既に完売のアイテム続出。。。。ですが、もしかしたらクリスマスプレゼントに間に合うかもしれません。。。また、ここで気になったアーティストの次の新作をチェックするってのも宜しいかもしれませんので、どうぞお付き合い下さいませ!!!!

 

 

 

 まずはこちらでも大人気の、バッグを中心とするフランスのブランド『JAMIN PUECH(ジャマン ピュエッシュ)』でございます。

 

 元々、丁寧なハンドクラフトを得意とするブランドでございまして、ファッションのトレンドがプレイフルでユニークな方向に向かっている昨今、そのエスプリの効いたオリジナリティーは益々評価され、もの凄い数のバリエーションは、他の人とはかぶりたくない個性的なアイテムを求めるビビッドなファンの皆様から愛されております。

 

 

 今回のテーマは見ての通りの『Artist(アーティスト)』でございまして、プレゼンテーションの会場にはスタッフの皆様がアイディアを絞って製作した、こんな巨大なパレットが用意されていましたよ!!!しかも、絵筆がぶっ刺さってます。。。。毎回趣向を凝らしてクリエイトされるディスプレイにも感動させられてしまいます!!!

 

 アーティストや画家のアトリエをキーワードにピックアップされる要素は実に様々でございます。いくつものイーゼルが並べられた雑然としたアトリエや、散らばった絵の具。描きかけのキャンバスにまるでアクションペインティングのように出来た床の絵の具のシミや、フロリーングの規則的な木目。。。。作品に集中するあまり、自身の身なりやアトリエの整理整頓にも興味を持たない彼らの、ストイックで風変わりな世界が実に楽しく作品に落とし込まれます。

 

 まず、私が抱えているのはそのものズバリ!パレットのバッグでございます。カーキのスエードをパレットに見立て、その上に並べたよう絵の具のように、パッチワークでカラフルなスエードがあしらわれています。

 

 実はこちら大人気で極めて入手困難だったアイテムでございまして、幾ばくかの権力とチャンスを掴み、私、無事にゲットする事が出来ました!!!!!ありがとうございま〜す!!!!

 

 パレットに飾られている作品も含め、自然や有機的なモチーフが多いように感じられた今までとは少し変化を付けて、ジオメトリックでグラフィカル新作も注目でしたね。ですが、全て手仕事で仕上げられますので、さりげないハンドクラフト感が漂いバランスの良い作品が目立ちましたね。

 

 

 ほんと一つ一つ楽しいコンセプトと、ユニークなテクニックでございますので、説明を聞いていても思わず笑みがこぼれてしまいます!!!

 

 左上のトートタイプのバッグは、アトリエに散らばるキャンバスをイメージしています。メタルパーツで繋げられたパネルの一枚一枚は、描きかけの作品や右側はパントーンのカラーチップ、真ん中の右下には最近トレンドの猫の顔なんかも描かれていますね。。。

 

 はい、全部これ刺繍ですからね!お忘れないように!!!!

 

 

 真ん中のシックでボタニカルなムードのサッチェルバッグは、フランスのデザイナーE.A.Seguyの作品を彷彿させるアイテムです。

 

 E.A.Seguy(E.A.セギー)は20世紀初頭に活躍したフランスのデザイナーでございまして、アール・ヌーヴォーとアール・デコの二つのスタイルを取り入れた画風で人気を博しました。フランス語でポショワール(pochoir)と呼ばれる、ステンシルの技法を取り入れた細かい線と華やかな色彩は、当時進歩を続ける印刷の分野には最適で、ヨーロッパを中心に人気を博しファブリックのプリントなども手がけています。

 

 彼が好んで用いた南国の蝶の鮮やかな色彩や、独特の文様、蝶が羽根を休める花々等が美しい手仕事のエンブロリダリーとなって細部まで表現されていましたね。。。

 

 右端の美しいアブサンカラーのパッチワークのトートバッグは、ジャマン ピュエッシュのが認知されるきっかけともなった『HONU-オヌ-』と同じ、スクエアなパッチワークにハンドステッチを施したアイテムです。

 

 今季はレザーを全て同じ素材に統一しファーのディテールも効いていますね。シンプルなファッションが多い方には、特にアクセントとして使えそうなアイテムでしたね。。。

 

 

 まさにジャマン ピュエッシュの真骨頂とも言えるこちらは、グレーやブルー等クールな寒色系をベースに、ピーチやアプリコット等でフェミニンさをプラスした作品です。

 

 幾何学的なカラーブロックやフラワーモチーフをベースに折り重なるようにモチーフを配し、レザーコードやブレード、レザーや型押ししたスパンコール等数えるときりがないくらい数多くのパーツを用い、濃厚に仕上げた作品でございます。

 

 左の細長いペンケースのようなクラッチバッグは、こちらは横向きなのですが正面から見るとなんとネコでございます。。。。かなり摩訶不思議なネコでございますので、興味がある方は御自身でチェックしてみて下さいませ。。。。www

 

 先ほどのトートバッグのパーツにもなっていたネコは、今季フューチャーされているモチーフの一つです。孤高で自由、絶対に製作活動を邪魔せずに、はっきりとプライベートを尊重する性質が数多くの巨匠と呼ばれる芸術家達に愛されて来ました。

 

 生涯を通じて猫を飼い続けたパブロ・ピカソやアンリ・マティス、カッツェという名前のモノトーンの猫を飼っていたグスタフ・クリムトや、コクーンという名前のシャム猫を愛したジャン・コクトー。絵のモチーフとしても数多く猫を登場させた藤田嗣治や、サルバドール・ダリに至ってはバブーという名前のオセロットを飼っていた事でも有名です。

 

 トレンドだけではなく、そんなアーティスト達のインスピレーションの源やミューズとしても活躍したネコのモチーフを、可愛いだけじゃない、知的な気分で楽しんで頂きたいですねぇぇぇ。。。

 

 JAMIN PUECHのサイトへはこちらからどうぞ。
 JAMIN PUECHのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはフランスを代表するグローブのブランド『AGNELLE(アニエル)』を御紹介しましょうね。

 

 こちらのブランド、私のブログで御紹介するのは初でございますのでブランドヒストリーを少しお話しておきますね。創業は1937年。現在のディレクターを務めるソフィ・グレゴワールの曾祖父にあたるジョゼフ・ブリーシュが、パリから南西に向かったサン=ジュニアンにある自宅の庭に、手袋専門の工房を建設した事に始まります。

 

 丁寧な手仕事によるフランスの美意識溢れるグローブはアメリカを中心に瞬く間に人気となり、一時期は月平均12000組の手袋を世界中に輸出する企業になります、この時期から現在まで、数多くのハリウッド映画の俳優達の手元をこのブランドのグローブが飾っている事はあまりにも有名ですね。

 

 1960年代になりそれまでの物作りの意識が変わり、職人による丁寧な手仕事による作品制作は厳しくなり、このようなスタイルでビジネスを行う他のフランスの老舗ブランドも軒並み姿を消して行く中、なんとか事業を続けますが、1999年、アメリカの大手手袋企業に買収されます。その後ソフィーは株主達の協力なバックアップを受け2001年にブランドを買い戻し、伝統的な手仕事のテクニックと新しい時代に合うスタイリッシュなグローブを作り続けています。

 

 Dior(ディオール)、GIVENCHY(ジヴァンシィ)、LANVIN(ランヴァン)等、数多くのフランスメゾンの手袋を手がけ、現在ではフランスのサン・ジュニアン以外にもフィリピンに工場を持ち生産していますが、自社で設定した100以上もの行程を経た、厳しいチェックによって生み出される美しい手袋は世界中の憧れでもありますねぇぇ。。。。

 

 6代目のジェームス・ボンドとしてもお馴染みのDaniel Craig(ダニエル・クレイグ)も、最新作の『007〜スペクター〜』の中の雪山のシーンで、このメゾンのグローブで華麗な拳銃さばきを見せています。

 

 

 

 グローブに特化したブランドでございますので、そのバリエーションは様々でございますが、アッシュ・ペー・フランスの展示会ではファショナブルでユーモア溢れる作品が注目でしたね。

 

 まず、寒い冬の季節でも楽しく過せそうなこんなプレイフルなアイテム達でございまして、左右のブラックレザーをベースにしたグローブは、フラワーモチーフやスター、唇のモチーフ等をアップリケした70'S,80'Sのムード漂う楽しいアイテムですね。

 

 真ん中のムートングローブは親指だけ指があるタイプのデザインで、ナチュラルカラーを生かしながらも、表情の違うスマイルマークを左右にあしらい実にチャーミングなアイテムでしたねぇ〜。。。

 

 

 MaisonMargirla(メゾン マルジェラ)やRick Owens(リック・オウエンス)等個性的なモードなブランドのグローブも手がけてるだけあって、こういうスタイリッシュなアイテムも秀作揃いです。個人的にもこういうインパクトのあるアイテムを、シックなウエアにさらりと付けて頂きたいものですぇ〜、ねぇー、日本女子の皆様。。。。。

 

 左は様々なカラーのファーをパッチワークしたミドルロンググローブです。グレーの部分のみジグザグのカットを施し、動いた時の楽しさもちゃんと計算しているのも素晴らしいですねぇ。

 

 右は指先のないショートグローブですが、手の甲の部分にだけボリューミーなレザーのフリンジが施してあります。タンやナチュラルカラーにグレーをミックスさせる辺り。。。。。流石のカラーコーディネイトですねぇ〜。。。

 

 AGNELLEのサイトへはこちらからどうぞ。

 AGNELLEのfacebookページへはこちらからどうぞ。

 AGNELLEのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはエレガントなシューズをクリエイトするイギリスのシューズブランド『RUPERT SANDERSON(ルパート サンダーソン)』でございますよぉぉぉ〜。。。

 

 彼のシューズと言えばイギリスの皇太子妃キャサリン王妃も愛用している事でも有名ですよねぇ。。。公人としての彼女も愛用する程、このブランドのシューズは実にエレガントで上品。。。。アトラクティブで奇妙なテクニックを取り入れたデザインのシューズが多い中、ルパート・サンダーソン自身が追求する、さりげなくて履き心地の良いシューズが素晴らしいですねぇ。。。

 

 今季もいろんなバリエーションを見せてくれていますが、まずは左の人気の定番『Pinka』から、左側の香辛料のようなチェリーレッドの新作が美しかったですね。こちらの画像からは解り辛いのですが、甲の部分が絶妙に波打っていて、足を通すと上品にセンシュアルなムードになります。

 

 右はサンダルでございますが、足の先端から甲の真ん中の部分、踵までしっかりとホールドする安定感のある仕様で、モチーフのエッジをジオメトリックにカッティングする事で、デザイン性と機能性のどちらもを追求したルパート サンダーソンらしい作品です。

 

 ツイードを用い今季のトレンド感もプラスし、素材の中にルレックスの糸も織り込まれているので、華やかなパーティーにも素敵ですねぇぇぇぇ。。。

 

 

 こちらはウエディングコレクションのアイテムでございまして、このブランドの生み出すエレガントなムードが実に繊細に表現されています。

 

 左は『Cassandra』という名前のシューズでございます。10cmヒールのアンクルストラップのサンダルでして、ストラップの部分には円いモチーフを幾重にも繋げ、花びらのように見せているゴージャスなディテールが特徴です。しかも、このモチーフ、ラテックスでございまして、ファブリックとが違い汚れが付着し辛いので、お式の時一回切りとして後は思い出と供に箱の中。。。。何て事では無く、その後のパーティーなんかにも履いて行けそうなアイテムです。

 

 また右のプラチナムなナッパを使用した8cmのハイヒールでございまして、小指の根元の部分をグイ!と食い込ませた、ルパートのヒールを象徴するするエレガントなフォルムが素敵でしたねぇ〜。。。。

 

 

 個人的にはあまり好きになれないフラットシューズでございますが、トレンドという事でいくつか御紹介しておきましょうねぇ。。。。ええ、ハイ ヒールを履かなくなると言うのは、女としての堕落以外の何物でもありませんので!!!!

 

 こちらはその中でも実にフェミニンで良く出来たアイテムで『Jewel Bedfa』というコレクションになります。このブランドの人気アイテムで、アッパーに小石のように丸みを帯びたスクエアのパーツを飾った『Pebble(小石)』というディテールからのアレンジでございまして、そのモチーフのスクエアの形にビッシリとビジューを飾った華やかなシューズです。

 

 これは、実に美しい。。。。。フラットなのに!!!!!!!ボインティッドのソリッドなムードもオシャレで、ブラックはスエード、イエローとブルーはサテンでございますよぉ〜。。。。

 

 

 シューズにデザインにおいて、ハイヒールにすればエレガントでフェミニンになるのは当然で、フラットだとどうやっても無骨で野暮ったくなったりするもの。。。。なので、ブランドが何処にポイントを置いてエレガントに仕上げるかというところや、デザインの方向性等を最初にフラットでトライして、そのセンスが気に入ったら特別な時の為にハイビールを購入するってのも良いかもしれませんねぇ。。。

 

 さらにフラットが続きますが、こちらもトレンドのマニッシュなタイプのデザインです。左は『Neville』。柔らかいブラックスムースカーフをボディーに用い、一見レースアプシューズに見えますが、内側のフラップにはなんとフェザーが程されていて、チラ見せするデザイン。。。。フェザーのセレクトも実に大人っぽくてこのメンズが欲しくて堪りません!!!!

 

 右は『Langley』というローファータイプでございまして、アストラカン風の毛にカールのあるムートンを使用したタイプです。フォルムを際立たせる為のレザーのパインピングも実に効果的で、多分履いていると暖かいと思いますよぉぉ〜!!!!

 

 RUPERT SANDERSONのサイトへはこちらからどうぞ。
 RUPERT SANDERSONのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 続いてはこちらもアッシュ・ペー・フランスでも大人気のブランド『JACQUES LE CORRE(ジャック・ル・コー)』でございます。

 

 個性的なハットからスタートしたフランスのブランドでございますので、この日は私もトライさせて頂きました。。。。しかも、今季の中で一番キレッキレ!な奴を。。。。。

 

 小さめのブリムに高いクラウンのキャップ風のハットでございますが、ルレックスとスパンコールを刺繍した手の込んだアイテムです。サイドにはチャームとして蜘蛛のモチーフも飾られていて、個人的には無性に往年のピエール・カルダンやパコ・ラヴァンヌのコスモ ルックにコーディネイトしたくなりました。。。。www

 

  抱えてるバッグはエーゲ海に浮かぶギリシアの小島の名前が付いた『Patmos(パトモス)』でございまして、こちらのパテント素材もすっかり定着して来ましたね。日本人がセレクトしないような鮮やかなグリーンに、モノトーンやグレーを合わせたスタイリッシュなアイテムでございま〜す!!!!

 

 

 今季のジャック・ル・コーのテーマは『CLOCHARD DE LUXE』。日本語に直訳すると贅沢放浪者という意味でございまして、常識に捕われない価値観で自らの人生を謳歌するイメージを作品に落とし込んでいます。

 

 もともと非常識と言っても過言ではない、ビビるような作品が得意なこのブランドですので、どんなハチャメチャな事になってるのやらと思っていますと、実にユーズフルに使えそうな物が多く、マテリアルやテクニックの一部で意外性を見せてくれる作品が中心でちょっと安心しました。。。。wwww

 

 だって、ほんとに街で被れないような帽子を平気でクリエイトしちゃうんですもの。。。。。。うん、だから大好きなんですけどね〜♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️

 

 

 こちらはブリムの広いハットに、ベレーのようにスッポリと被るハット二点を重ねてディスプレイしておりまして、アイボリーのカーフレザーと、立体的な部分は丸くカットされたポリエステルのリボンを縫い付けて、このヒラヒラを作り出しています。

 

 冬のアウトフィットってどうしてもダークなカラーが中心になってしまうので、帽子一つでも明るい色だと晴れやかな気分になりますし、顔の周りに白の分量を沢山持って来ると、レフ版効果で顔色が良く見えますよ!!!

 

 

 インパクトの強いアイテムに熟れているブランドのせいか、一見すると『自分には無理かも!』と思えるアイテムも、取り入れてみると以外とまとまるっていて、様々なコーディネイトを楽しめるのが今季の一番の醍醐味でございます。。。やはりパリス・シックを熟知しているこのブランドらしいアプローチだと感じましたね〜。。。。

 

 こちらはすっかりこのメゾンのイット バッグになった『Lisbon(リスボン)』でございますが、今季はこちらの羽根のような不思議な質感の素材が注目です。これ、実はラビットファーなんですけど、その上からロウを塗装して独特の質感を生み出しているんです。なんでも濡れた猫の毛のようなテクスチャーにしたかったとか。。。。。ホント、何考えてんだか。。。。。。wwww

 

 他に独特の斑模様が美しい魚の革を使用したタイプ等、人と被らない魅力的なアイテム満載でした!!!!

 

 JACQUES LE CORREのサイトへはこちらからどうぞ。
 JACQUES LE CORREのfacebookページへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 さてさて、今週末はもうクリスマスでございますねぇ〜。。。プレゼントの準備がまだの方は、是非アッシュ・ペー・フランスのショップを覗いてみて下さい。ショップスタッフに聞くとデザイナーのプロフィールや作品に込めた情熱まで聞けますので、プレゼントを渡す際の能書きまで、もれなくゲット出来ますよ!

 

 

 人は一人一人全く違う趣味趣向を持ち、現代人は極めてステレオ化されていると言われていますが絶対的に、明確に違うものです。人間である以上そこが一番楽しい所であって、アッシュ・ペー・フランスには個人を尊重するような個性的な作品が溢れ、新しい価値観や刺激的なアイディアを感じ取れるのが私の大好きな所です。

 

 

 また、好き人に何かを送る時には、あれやこれや相手の事をイメージしてセレクトし、その時間さえも実に愛おしいものですよねぇ。。。。。。年に一度のクリスマスですもの!スカしてないで、是非、グイグイと前のめりで楽しんで頂きたいですね。。。

 

 

 次回はまさに滑り込み!!!!!アッシュ・ペー・フランスで扱っているアクセサリーやファッション・ジュエリーの御紹介をしたいと思います。。。。。

 

 

 間に合うかしら????クリスマスまでに。。。。。。。かなり、不安。。。。。

 

 

 

 

 

 

 H.P.FRANCE 2016 SSのリポートvol,1はこちらからどうぞ。

 H.P.FRANCE 2016 SSのリポートvol,2はこちらからどうぞ。

 それぞれのデザイナーのヒストリー等も御紹介しておりますので、是非、ご覧下さいませ。

 

 

 H.P.FRANCEのサイトへはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCEのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCE Press RommのInstagramはこちらからどうぞ。
 H.P.FRANCE BIJYOUXのInstagramはこちらからどうぞ。




 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。






 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-18 23:59:59

THOM BROWNE 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。

 

 

 

 はい。ご無沙汰しております!!!!

 

 

 随分長い間更新しておりませんでしたので、遂に死んだかとの声も囁かれる中、残念ながら生きております。憎まれっ子世にはばかるでございますよぉ〜。。。スタイリストのお仕事しておりまして、結構バタついてました!!!!

 

 

 日々の出来事は比較的定期的に私のInstagramのほうにUPしておりますので、宜しければフォローして頂ければ幸いです。

 

 

 ここしばらくバタついていたのは、12月3日にいつもお世話になっており松雪泰子さんの主演映画『古都』の公開に先駆け、宣伝のお仕事をさせて頂いていました。

 

 もう前月号になってしまいましたが『美ST 1月号』や『L'OFFICIEL JAPAN 1,2月合併号』、『AERA』では久しぶりに蜷川実花嬢とお仕事させて頂き慌ただしくも充実した日々でございました。

 

 にしても毎日お会いしていてもお綺麗な松雪泰子嬢。。。。。主演の映画『古都』では、こちらも私がいつもお世話になっているおきものの『東三季』主宰、森荷奈先生監修の元、はんなりとした美しい着物姿を披露していらっしゃいますので、是非映画館に足をお運び下さいませ。

 

 

 映画『古都』のサイトへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 さて、それでは、2016-17 AW PARIS MEN'S COLLECTIONのリポートのお話と参りたいのですが、ここまで引っ張って参りましたこのレポート、ようやく今回が最終回となります。。。。やっとです。。。。嗚呼、、、、長かった。。。。。

 

 

 私の今回のPARIS MEN'S COLLECTIONのラストは、恒例のTHOM BROWNE(トム )でございます。

 

 これは後日このブランドを日本で扱うステディ スタディの展示会にお邪魔した時に袖を通させて頂いた画像でございますが。。。。。。何よりもこのボーラーハットをマスクにしたようなヘッドドレス。。。。。今回もキレッキレです。www

 

 このブランドらしい狭めのショルダーにストレートシルエットのタキシードコートは、部分的にダメージが加えられ、破れたりほつれたり。。。。なんだかヨレヨレ。。。。

 

 これが今回のコレクションの重要なキーワードになって行くのでございます!!!!!

 

 

 ここ最近恒例となっている、PARIS郊外のイベントセンターの広大なスペースに今回登場したのは、なにやら応接間のようなインテリア。。。。中央のシャンデリアや大きなフレーム、ソファー等には白いモスリンのカバーがかけられ荒廃したムードが漂います。

 

 今回のトム ブラウン劇場は何が始まるのかとワクワクしながらスタートを待ち構えていると、まず登場するのはグレーの3ピースにボーラーハット、白塗りに黒いハイホールと山形のリップを引いた、なんだか1920'Sの無声映画に出て来る俳優のような二人でございます。

 

 登場した彼らはインテリアにかけられた白いモスリンのカバーを取り払って行きます。姿を表すシャンデリアやゴールドのフレーム、重厚なレザーのソファは何処か古びていて、煌びやかなムードは感じられません。。。。。

 

 やがて全てのカバーを取り払った彼らは、中央のシャンデリアの下の向かい合わせになったソファーに腰掛け、ゆっくりと被っていたボーラーハットを取り、なんだか遠い日の思い出に浸っているようにも見えましたね。。。。

 

 

 今回トム・ブラウンが舞台に選んだのは、経済の低迷により廃業となったジェントルマンズクラブ、、、、さらながら、1929年の世界大恐慌の影響で店を閉める事となった、ニューヨークやシガゴのサロンのようなムードが漂い、現代人の心の中の闇のような物までもを象徴しているようです。

 

 ショーがスタートするとおや?という疑問が。。。。。ランウェイには3体同じような作品が続けて登場します。目の前を通るとその3体は微妙にディテールを変化させ、新しいルックから段階的に劣化を加えたピースへと続いて行きます。

 

 ゆっくりと会場を歩いたモデル達は、やがて会場のあちこちに配されたフレームの前に立ち止まります。新品のルックの反対側には少し劣化したルックと、かなり劣化したルックのモデルが立ち、三人一組のグループが誕生し、アートのインスタレーションやコンテンポラリー ダンスのオープニングのようです。。。

 

 

 コレクションに登場するのはこのブランドが得意とする個性的なテーラリングに彩られています。ルックは全てアウター、ジャケット、パンツのセットアップで構成され、1920年代のジェントルマンのスタイルをベースに様々なユニークがアイディアが鏤められています。

 

 しっかりとした趣のウエアは、ウールのキャバリーツイル、モヘア、ミリタリーカシミア、ウールツイル、ヘビー キャバリーフランネルとメルトンウールといった上質な素材が使用され、アストラカンやビーバーファー等もアクセントにプラスされます。カラーはトム・ブラウンが大好きなグレーをベースに、モノトーンやネイビーにほんの少しのブラウンという、まさにモノクロ映画の世界をデカダンに表現しています。

 

 何よりも今季一番のポイントでもある様々なダメージ加工は、只アイテムを摩耗させたような安易なダメージではなく、一点一点様々な手仕事を駆使して表現されています。まるでHaute coutureのような複雑なテクニックを取り入れ、作為的に作り上げられているのは実に素晴らしかったですね。。。。

 

 

 

 まず最初のシーンはグレー1トーンのルックでございます。エドワーディアンなテイラードのチェスターフィールドコートは、ラペルの部分やカフス、ヘムにファーがあしらわれ実に貴族的なムードです。インナーにはグレーのジャケットにベスト、ホワイトシャツにグレーのタイを合わせ、パンツは太めのカフスがポイントのクロップドパンツです。

 

 劣化して行くにあたり布端を解いたり、破いたり、またそこにわざわざほつれたように見せる糸を垂らす刺繍を施したりと実に手が込んでいます。ファーの部分も艶やかで毛並みの揃ったものから、あえて光沢を除き、毛並みをクラッシュさせたりと面白いテクニックが伺えましたね。

 

 

 こちらはグレーのグラデーションで織り上げた、立体感のあるツイードを用いたルックになります。

 

 インナーには同じパターンのチェックをフラットなウールツイルに表現していて、コートのマットなムードとアクセントを付けた、グロッシーなテクスチャーがユニークでしたね。パンツにはさらに細かいゲージのチェックを用い、ムードやゲージの違うチェックを、1つのルックに乗せているというかなり上級者なコーディネイトです。

 

 劣化のテクニックは部分的に横糸だけを外して、縦糸だけのディテールにさらに糸を足して刺繍したり、インナーからトレードマークのトリコロールのライナーを覗かせたりと面白かったですね。

 

 

 ホワイトとグレーの、フラノのような厚みのある紡毛のタータンチェックは、フロントのヘムを丸くカットしたエレガントなチェスターコートに落とし込まれています。

 

 こちらのダメージのテクニックは実ユニークで、ケーブル編みのニットとニードルパンチで模様を描き出しています。まるで表のコートが部分的に破れ、レイヤーしたニットが顔を覗かせているような印象で面白かったですね。

 

 後ろ見頃はさらにエキサイティングな加工が施され独創的なアティチュードを描き、アトリエのスタッフ達により楽しく、丁寧に製作された感じがビシビシと伝わって来ましたねぇぇぇ。。。

 

 

 今季、ジェントルマンズクラブのルーツでもある、イギリスのトラディショナルなムードとして様々なプレイドがコレクションではフィーチャーされています。

 

 1920年代のスタイルを特徴付ける物として、その当時イギリス国王として在位していたエドワード7世の影響が強く現れています。実際の在位期間は1910年からの9年間で、即位前は数々のスキャンダルを巻き起こし放蕩息子とまで呼ばれる青年時代を過します。

 

 が、当時イギリスと敵対国だったフランスやロシアと信頼関係を作り、東洋の新興国の日本等とも友好関係を結んだ実は有能な国王でして、日本の政治や文化の基盤がイギリス由来なのはその御陰かもしれません。巧みで平和的な外交から『ピース・メーカー』とも呼ばれとても国民に愛された国王です。

 

 後の50'Sに登場する『テディ スタイル』はこの当時の彼のファッションに帰依するもので、ダンディなその佇まいから20世紀初頭の男性のトレンドセッターの一人でございますねぇ。。。『Director's suit(ディレクターズ・スーツ)』と呼ばれる、黒いシングルブレストのジャケットにコールスボンと呼ばれる黒とグレーの縞織のパンツのセットアップは、エドワード7世が取り入れたスタイルの一つでございまして、他にも沢山のトレンドを生み出しています。

 

 競馬を愛した彼にインスパイヤされたようなプレイドは、こちらのルックでは美しい立体的なディテールとなって登場しています。ミンクやゴート、ムートン等のファーをカットし、リボンや他のチェックのウールと縫い合わせる事で複雑に表現されています。

 

 劣化のグラデーションを表現する為にさらに生地をほつれさせたり、ファーにもラフなカットを加えたりと、様々なテクニックが溢れていましたね。

 

 

 こちらは繊細なネイビーのチェックをベースに、立体的にキルティングを施して、チェックの模様をレリーフのように描き出した素材を使ったルックです。

 

 インナーのジャケットとショートパンツはグレイベースのファブリックに立体的なレリーフをあしらい、テイラードカラーのコートにはゴールドのボタンや、ポケットの裏布、サイドベンツの内側等にメゾンのアイコンのトリコロールをあしらい、アクセントを付けています。

 

 劣化をエスカレートするとキルティングの内側の亜麻色のロープがそのまま露出するという仕掛けでして、ハンドステッチのような効果を生み出していましたね。

 

 

 トム・ブラウンが愛するスクール ボーイ スタイルは、こんなケープでも登場していましたよ。

 

 ラペルとヘムのトリミングにはビーバーファーが用いられ、胸元には彼の愛犬ヘクター君のモチーフをあしらったトリコロールの刺繍のエンブレムが飾られています。素材自体が違うのか解りませんが、真新しいコートはネイビー一色の糸で織り上げられたウール地なんですが、劣化していくに連れ徐々にウォッシュを強めにし、ベースの生地にビーバーの毛まで埋めてるような独特のテクスチャーに仕上げていましたね。

 

 ガーターベルトで留めたクラシカルでダンディーな極薄ストッキングも、ちゃんと伝線させていて。。。。。う〜ん、フェティッシュで大好物です!!!!

 

 

 コレクションの後半はホワイトとブラックのコントラストの強いカラーリングで、より耽美で退廃的な世界を描きます。

 

 ホワイトのフランネルのような肉厚のファブリックをベースに、ラペルとヘム、カフスにはブラックのミンクのトリミング、部分的にパイピングまで施しバイカラーを楽しんだコートは実にエレガントな印象でございます。インナーのブラックスーツも、パイピングのディテールで仕上げられていましたね。

 

 皆様気になっていると思いますが、今回のこのボーラーハットをマスクにしたようなヘッドピースも、イギリスの巨匠、スティーブン・ジョーンズによる仕事でございまして、すっかりこのブランドではお馴染みとなりましたね。

 

 ルネ・マグリットの絵画をイメージさせるシュールなアイテムが、今季のコレクションのエキセントリックなムードをさらに盛り上げていましたねぇぇぇ。。。

 

 はい、もちろん、欲しいです!!!!www

 

 

 そしてオーラスには、こんなパールの刺繍がびっしりと施されたショート丈のケープジャケットが登場しました。

 

 WOMEN'SのHaute coutureをイメージさせる、このブランドのアトリエの気合いの入った作品に、この後行われるPARIS Haute coutureへバトンを繋ぐように感じたのは私だけでは無かった事でしょう。。。。

 

 こちらのジャケット、パールの大きさを変えて立体的に刺繍し、チェックのパターンを描くというコンセプトなんですが、左側にあるのが真新しいルックでございまして、手前の物が劣化を加えた作品。。。。実はベースにブラックのウールを用い、新しい作品は全面にビッシリとパールを刺繍し、まるでホワイトだけの作品のように見せ、劣化が進むに連れてそこから糸を抜き、どんどん土台のブラックの生地が覗くというとてつもない手間のかかる事をしています。。。。。何やってんだか。。。。。

 

 ジャケットのパイピングに見える部分はさらにブラックパールで刺繍を施し、ハットまでバイカラーのチェック模様で、やはりパイピングの刺繍まで施されています。。。。

 

 インナーのジレにまでパールのエンブロイダリーが施され、見事なラストルックでございましたねぇ。。。。。

 

 

 スティーブン・ジョーンズのマスクのようなボーラーハットをはじめ、今回のアクセサリーも実に楽しいアイテムが揃いましたね。

 

 ブラックレザーを使用したブリーフケースは、1920年代のニューヨークのウォール街のビジネスマンのようなサッチェルタイプから、イギリスの名門校の学生のようなバックパックやショルダーとしても使えるような物までいくつかのバリエーションで登場しています。

 

 また今季注目だったのは、トム・ブラウンの愛犬でもあるヘクター君を、実に忠実にバッグに再現した、その名も『The Hector Bag』でございます。ブラックレザーやビーバーファー等で登場していましたが、ウエアの劣化に合わせてちゃんと段階を経てボロボロになって行くディテールが施され、ユニークな反面ちょっと可哀想な気もしました。。。。wwww

 

 

 

 

 

 いつもながらのトム ブラウン劇場。。。今回は1920年代の世界大恐慌の時代を舞台に、耽美で整った美しさをベースに、同じデザイン要素が、時間の経過からまた新たな美しさに変化して行くという、実にユニークなコンセプトのプレゼンテーションでございました。

 

 ゆっくりとランウェイを歩きフレームだけの鏡の前でポーズを取るモデル達は、さながら現在、過去、未来をイメージしているようでもありますし、個人的にはその姿がイギリスの奇才、Oscar Wilde(オスカー・ワイルド)による『The Picture of Dorian Gray(ドリアン・グレイの肖像)』と重なって見えたのは私だけではないでしょう。。。

 

 美青年ドリアン・グレイと友人の画家バジルが描いた肖像画から始まるこのファンタジックな物語は、人間の老いや短く儚い若かりし頃の美貌という永遠のテーマを題材にした作品で、耽美な物語を綴る事においては後にも先にも彼以上の人間はいないとも言わしめる、オスカー・ワイルドらしい名作でございます。。。また、イギリスの演出家、振付家Matthew Bourne(マシュー・ボーン)もスキャンダラスな内容で舞台化しています。

 

 

 

 半年というサイクルで次のトレンドを作り、発表し続けなければならないデザイナーの宿命の中、時間の経過による劣化やダメージをコレクションのテーマに据えて、テクニックを駆使して表現した作品と、大恐慌後のジェントルマンズクラブを舞台にして繰り広げた世界観に、実際に誰も袖を通したいと思わないような摩訶不思議なものばかりが溢れる昨今のランウェイの現実や、大きくなり過ぎたファッションビジネスへの警告、しいては沢山物を売って大儲けする事が美徳とされる、資本主義経済の未来に立ちこめる暗雲すらをも感じていたのは、私だけでは無かった事でしょう。。。。。

 

 

 

 最後に100年生まれるのが早過ぎた天才小説家の言葉の中で、特に印象的な言葉を記して、この長過ぎた私の2016AW PARIS MEN'S COLLECTIONのリポートにピリオドを打ちたいと思います。。。。

 

 

 

 『流行とは、見るに堪えられないほど醜い外貌をしているので、六ヶ月ごとに変えなければならないのだ』    ーーーーーオスカー・ワイルド

 

 

 

 

 

 

 2016 SS THOM BROWNE PARIS MEN'S COLLECTIONはこちらからどうぞ。

 

 2015-16 AW THOM BROWNE WOMEN'Sのリポートはこちからどうぞ。
 

 
 
 THOM BROWNEのサイトへはこちら からどうぞ。
 THOM BROWNEのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 THOM BROWNEのInstagramはこちらからどうぞ。

 

 steady studyのサイトへはこちらからどうぞ。




 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。






 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

 

#ハッシュタグ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-11-15 23:59:59

LANVIN 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。

 

 

 

 さて、なんだか随分と寒くなって来た今日この頃ですが、いよいよアウターが必要になって来た感じがしますが、今年はもうお気に入りの一着に出会えましたか???

 

 

 今日は、まだサイコーのアイテムに出会えていないファッション ノマドの皆様に向けて、今日はLANVIN(ランバン)の2016-17 AW COLLECTIONのリポートをお送りしましょうね。

 

 

 ランバンのコレクションはPARIS MEN'S COLLECTIONのスケジュール、最終日の朝が特等席なんですが、後日行われるre-seeも見物でございます。広大なスペースにはビジネスラインやWOMEN'SのPRE SPRINGのアイテム、キッズからアクセサリーに至るまでのその数の多さと言ったら!!!!!このメゾンの偉大さを感じますね。。。

 

 また、1アイテム1テクニックというくらい、新しいアイディアに詰まった目から鱗の技法の宝庫でございまして、じっくり感心しながら見て行くとあっという間に時間が過ぎ、確実に次のアポに遅れてしまいます(ってか自己管理の問題???)。。。。トホホ。。。。

 

 んでもって、もちろん袖を通すのも大事でございまして、発表されたばかりの作品を全身で体感する事が出来ます。。。。早速こちらのコートを失礼させてもらいましたよ〜。。。

 

 シープスキンのアビエータージャケットをコートにしたようなアイテムでございますが、何よりも筆舌し難いこの絶妙な美しいグレーベージュのカラーがクールでございますね。ジップやマーチンゲール、アームホール等にブラックレザーのアクセントを付け、ショルダーからアームホールにかけてはメタルのリングのパーツとロープで作った個性的なデコレーションが施されています。

 

 フレンドリーで、すぐにでもデイリーに取り入れる事が出来るアイテムですが、そのラグジュアリーなマテリアルや、ツイストを効かせたディテールが、特別感を感じさせてくれて素晴らしかったですねぇぇぇ。。。。

 

 

 

 常に新しい男性像を打ち出し、PARIS MEN'S、世界のMEN'S WEARのトレンドを牽引して来たランバンでございますが、今回はLucas Ossendrijver (ルカ・オッセンドライバー)がランバン メンズのスタイル・ディレクターに就任して10周年となる、記念すべきコレクションでした。

 

 Lucas Ossendrijver (ルカ・オッセンドライバー)は1971年オランダ生まれで、私とタメの今年44歳でございます。95年にアーネム アカデミーでムーラージュを取得し、卒業後はKENZO(ケンゾー)等でメンズ デザイナーとしてのキャリアを積みます。

 

 2001年からDIOR HOMME(ディオール オム)に入社し、エディ・スリマンのもとで仕事をし、ランバンのメンズ スタイル・ディレクターに就任したのが2005年。翌2006年にはフランスにおける芸術文化勲章の、レジオンドヌール勲章シュバリエを授賞しています。

 

 それまでランバンのMEN'S COLLECTIONと言えば、フランスの政治家の多くが着用したり、いわゆるラグジュアリーなビジネスマン達がお墨付きの、間違いない程コンサバティブなスタイルで有名でしたが、当時のアーティスティック・ディレクターのアルベール・エルバスと供に、このMEN'S COLLECTIONをパリコレの目玉となるような、世界中のファションスタ達が注目して止まないメゾンへと進化させて来ました。

 

 

 まさにルカに取って足跡を辿る事となった今回、彼の眼差しはいつものように実に静かです。。。。浮かれる事無く、落ち着いて真摯にクリエイトされた作品は実に端正で、単なる回顧ではなく、さらに新しいテクニックに溢れた革新的なコレクションとなりました。

 

 いつも以上に捻りを加えた驚きの生地扱いやテクニックは、見た事も無いような想定外のテクスチャーを生み出し、袖を通す人へ遊び心を抱かせます。アトリエとスタジオが密接なリレーションシップを持ち、得意のレザーにファーや、様々な表情のウール、ニットやプリントまで自在にを操り、MEN'S WEARの常識を根底から覆すようなチャレンジ精神に溢れています。

 

 ブラックやグレー、温度のあるキャメルやブラウン等のメンズウエアのオーセンティックなパレットに、ブルーやバーガンディー等でアクセントを効かせています。大胆で意外性のあるスタイリングが男性本来のフェロモンを引き出し、男らしく艶やかなアティチュード素晴らしかったですねぇ。。。

 

 

 こちらはファーストルックでございまして、このロングコートはショーが発表される否や、日本人ジャーリストの皆様も注目していらしたらしく、私がお邪魔したre-seeの会場でも、その場いたほぼ全員袖を通していらっしゃいましたね。。。

 

 もれなく私も袖を通させて頂きました!!!!!!wwww

 

 ブラックの柔らかいヴァージンウールを使用し、ミリタリーのトレンチコートにインスパイヤされています。実に絶妙なAラインのシルエットでございまして、左身頃の脇にスラッシュを施し、長めのベルトを装着すると半分は表に、半分は内側に隠れるという個性的な装いを完成させます。

 

 コートに合わせたインナーもシャツのフロントを重ねて実にユニークで、こういうディテールって、やはりMEN'S WEARだけのメゾンでは絶対に登場しないような、Haute coutueのドレスのテクニックでございますねぇ。。。

 

 

 メゾンの創業者ジャンヌ・ランバンの、PARISで最も古いHaute cotureメゾンのDNAすら感じさせてくれる美しいルックでございましたねぇ。。。

 

 

 今回、この記事をUPするにあたり、どのルックを選ぶかかなり迷いました、、、。どれも実に凝っていて、日本未発売のアイテムもございますが、是非ショップで実際に触れて、間近でチェックして頂きたいと思いますね。。。

 

 プレイドは今回様々なバリエーションで登場していますが、こちらは表地に細かいハウンドトゥースを、見返しの裏側にはプリンス・オブ・ウェールズを用い、シームをパイピングする事でナイトガウンのようなリラックスしたムードに仕上げています。

 

 表地に部分的に走るジオメトリックな斜めのライン。。。。。これ、何だか解りますか?実は表地のウールにランダムなプリーツ(と言うかタック)をたたみ、裏打ちして固定しているんです。。。。グラフィカルな技法は単純なハウンドトゥースに複雑な陰影を生み、実に面白いテクニックでしたねぇ。。。

 

 また、インナーのジップカーディガンのフロントにあしらわれているストライプは、実はプリントや織りではなく、太めの糸でクロシェ編みをしたブレードを繋げたものと、これまた拘りのアイテムでございまして、こういう優秀なアイテムをさらりとレイヤーさせているのはなんともリッチですねぇ。。。

 

 

 こちらはヴィンテージのベースボールジャケットをイメージさせるアイテムでございますが、ディテールに拘りたいギミック男子達を満足させるような、遊び心に溢れたアクセントが伺えます。

 

 身頃にあしらわれたのは鍵や八角形のスター、くじらやウォーターリリー(蓮)等のモチーフでございまして、こちら全て刺繍のアップリケになっております。何でこのモチーフなのかはさておき、その脈略が無さそうなセレクトや配置している位置自体も、気まぐれで付けたような衝動的なムードが堪りませんねぇ。。。。もちろん、全て緻密な計算でございますから!!!!

 

 他にクモの巣やノコギリ等のモチーフも登場していて、実にチャーミングでしたね。。。

 

 

 今季トレンドのシアリングのアビエタータージャケットも、ランバンの手にかかるとこんなに独創的に、アーティスティックに仕上がっていましたね。

 

 シープスキンはまるでヴィンテージのアイテムのようにランダムなシアリングと、表革の部分には使い込んだような加工が施されています。後ろ見頃にはアクセントを付けたカーフのディテールと、アームホールや後ろ見頃のシーム、後ろ袖のシームにはトリコロールカラーのフリンジ付きのニットを挟み込み、オリジナル感満載。。。

 

 歩くとディテールにあしらわれたフリンジがヒラヒラと揺れ、こんな楽しいアビエータージャケットは、他のどのブランドにもございませんでしたねぇ。。。。

 

 

 今回のコレクションで再確認して感動したのが、ルカが生み出す確かなテーラリングの美しさです。最近はMEN'S WEARにおいてもコンフォート化が進んでおりますので、若い方でジャケットを着ない人も多いようですが、ストリートテイストやスペシャルなムードを強く感じさせるアイテムが登場していて素晴らしかったですねぇ。。。

 

 こちらのジャケット、さりげないボックス形のシルエットに細めのラペル。。。。ですが、ショルダーに注目して下さいませ。白い糸でまるで仮縫いのようにステッチがあしらわれ、袖山には作為的な皺まで施されています。。。。

 

 紳士服を、ジャケットを製作する上で『袖付け』と言われるショルダーの部分は言わば要です。デザイナーそれぞれに拘りの袖付けのスタイルがございますし、この袖付け次第でジャケットの値打ちが決まると言われます。

 

 パターンでも縫製でも、最も細心の注意を払わなければいけないこのポイントを、敢えて未完成にしている。。。。もちろん、他に美しい袖付けのジャケットは沢山登場していますけれど、このジャケットに『10周年を迎えた自分の立場は、まだまだ途中』とでも言うようなルカのメッセージを勝手に感じてしまいましたねぇ。。。

 

 他にも肩袖だけインサイドアウトにしたり、かけ剥ぎのようなワイルドなテクニックは、コレクションに挑発的なムードや、今の自分に甘んじない強い反骨精神のような物を感じさせてくれて素晴らしかったですねぇ。。。

 

 

 端正なテーラリングのアウターや、プレイドのコート、ワイルドなファーのジャケット等、ボリュームのあるルックの中で登場した軽やかでカラフルなショートスリーブのシャツも、コレクションを艶やかに演出していましたね。

 

 今季タイダイもキーとなるテクニックでございまして、こちらはシルクのボーリングシャツでございます。スカイブルーとネイビーのボーダー状のタイダイの上には、先ほど御紹介したベースボールジャケットのアップリケにも登場していたウォーターリリー(蓮)のモチーフもプリントされています。

 

 他にタイダイのシャツはベージュ、ブラウン系やヌードベージュとヴァイオレットのインパクト大のバージョンも登場していて、重めのアウターのVゾーンから、スカーフ感覚でチラ見せするようにレイヤーするのもオシャレな感じでございましたねぇ〜。。。

 

 

 ね?テクニック満載でございましょう???これ、ケータイの画面を見てるだけじゃ、、、、残念ながら殆ど伝わらないんですよねぇ。。。。哀しいかな。。。。

 

 こちらはご覧の通りのパッチワークのシャツでございますが、70'Sのレトロタッチで今季の気分のアイテムでございます。使われているのは全てカーフレザーでございますが、グレーの部分は手作業でスエード加工を施していて、ヘアカーフの部分はグラデーションで染色しポニー風に仕上げた、やはり拘りのレザーが使われています。

 

 アクセントになっている大きめのボタンは、さりげなく幾つかの種類をミックスさせていて、、、、、ほんと芸が細かいです。。。。

 

 

 ラグジュアリーブランドの中でいち早くスニーカーに目を付け、スタイリッシュなアイテムを登場させたのも実はランバンでございます。ランバンが発表すると次のトレンドになるというのがパリコレの常識。。。。今やすっかりスニーカーはシューズのメインストリームでございますよね???

 

 今季のスニーカーは実にユニークです。こちらのようにハンドでスプレーでペイントされていて、エキサイティングでございましたねぇ〜。。。ダークなカラーのコーディネイトに、シューズだけエレクトリックなムードというもの実にスタイリッシュで、ウエアとのコントラストが強い方が今年っぽい気がしましたね。

 

 

 バッグも個性的なアイテムが多いランバンでございますが、今季はこちらのよう大きめのメッセンジャーバッグが注目でしたね。

 

 ウエアとコーディネイトし易いレザーやファブリックを用い、ジップのディテールやゴツ目の開口部のループ、何よりもレザーを贅沢に使ったノット(結び目)とドレープのディテールが実にラグジュアリーでございました!!!!

 

 

 

 

 

 

 今回のコレクションを製作しているまっただ中、長年ランバンのアーティスティック ディレクターを務めたアルベール・エルバスの突然の退任が発表され、ファッション界には大きな衝撃が走りました。コレクションの後ルカは『色々なノイズに気を取られないで、コレクションをクリエイトする事に集中した。』と何処かの媒体でコメントしていましたね。

 

 

 アルベールが去った後、明確になったルカ・オッセンドライバーのスタイルは実に力強さを感じさせ、大胆さと繊細さを兼ね備えた、どんな時代にもブレずに自分の信念のままに真っすぐ歩いて行く、まさに理想の男性像に思えましたね。。。。そして、それはルカ自身のようにも見えたのは私だけでは無かった筈でしょう。。。

 

 アイキャッチーな物が好まれ、奥行きのないファッションが横行する昨今、繊維の布目を追いかけながら、手を動かす事から生まれる新しいテクニックの数々にはもの凄い説得力があります。

 

 私はそのクリエイトの段階の『息吹』のような物を感じたくてファッションを見ています。そしてその『息吹』を含んで仕上がったアイテムは、素晴らしいアイテムのみが醸し出す独特の威厳のようなものさえ感じられます。。。もちろん今回のランバンはスーパースターが集ったような濃厚なコレクションでございましたね。

 

 

 私は、こういう物の事を『ファッション』とか『服』と呼ぶのではないかと思います。。。このコレクションを見て、しばらくそういう物を見ていなかったなと、痛感させられましたね。。。

 

 

 

 

 あと、ショーでは発表されませんでしたが、ルカの10周年を祝うカプセルコレクションも現在発売されてます。数字の10や両手の指を広げて10本にしたモチーフ等があしらわれたハッピーな素材を使用していますので、気になる方は是非チェックして見て下さいね。。。。

 

 

 

 


 2015-16 AW LANVIN MEN'SのPARISでのリポートはこちらからどうぞ。

 2015-16 AW LANVIN WOMEN'Sの東京でのリポートはこちらからどうぞ。

 

 

 LANVINサイトへはこちらからどうぞ。
 LANVINのfacebookページへはこちらからどうぞ。

 LANVINのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 

 今回お話しした、LANVINの素敵なお話も掲載されている私の初の著書、『ブランドパスポート』は、現在絶賛発売中です。香水アルページやビジュー刺繍のドレス等、アーカイブス的なお話もありますので、是非、書店やアマゾン等でお買い求め下さいね。


 アマゾンでのお買い上げはこちらからどうぞ 
 産業編集センターへはこちらからどうぞ。

 

 

 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。



 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。



 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-08 23:59:59

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。

 

 

 はい。ではまずは掲載誌の御紹介をさせてくださいませ!

 

 11月7日発売になりました、『25ans ウエディング 2017 ジュエリー号』でお仕事させて頂いてます。こちらの表紙をくるりと裏返しにして背表紙からのスペシャルな企画でございまして、イタリアの素晴らしいハイジュエリー ブランド、BVLGARI(ブルガリ)のウエディングジュエリーの特集ページになります!!!

 

 カメラマンはいつもお世話になっている下村一喜さん、ヘアーはKen Yoshimuraさん、メイクはSada Itoさん、モデルはエミ・レナータちゃんとAndy君、ネイルは山口淑子さん、お花はブルーム&ストライプの皆様という豪華なメンツで、ラグジュアリーなブルガリのウエディング ジュエリーの世界を表現させて頂いております!!!

 

 

 是非、書店に足を運んでチェックしてみて下さいね====!!!!!!

 

 

 

 私のInstagramにはページのさわりとオフショットもUPしております!こちらからどうぞ。

 

 25ansウエディングのサイトへはこちらからどうぞ。

 

 

 

 今日はAMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)の2016-17AWのコレクションを御紹介して行きましょう。

 

 こちらは、後日このブランドを日本で扱っている、ヒラオ インクの展示会で試着させて頂いたピースでございまして、大胆なチェッカーフラッグのようなプレイドがキャッチーでございましたねぇ。。。。

 

 二つボタンのフロントにアレキサンドルお気に入りのノッジドカラー、きっちり柄合わせしたパッチドポケットや、胸の箱ポケットのクラシカルなディテールにこのブランドのテーラリングの確かな技術が伺えます。

 

 キャップもこのブランドのアイテムでございまして、この画像では何も見えてませんが、ネイビーベースに同じカラーの糸で『AMI』と刺繍してあります。他にキャメルやブラックもございましたよぉぉぉ。。。。

 

 

 毎回PARIS MEN'S COLLECTION4日目、最もハードスケジュールの日の夜9:30からのコレクションが、アミ アレクサンドル マテュッシの指定席でございます。

 

 ブランドの名前の通り、アレクサンドルの友達や親しい仲間達が集うこのショーで、普段なら疲れ切ってシートに座っても、和やかで和気あいあいとした会場のムードにすっかり癒されてしまうのですが、今回はいつもと少し違ったムード。。。。一面ブルーのカーペットが敷かれた会場は薄暗く、隣の人の顔を確認出来ない程でございます。

 

 足元もおぼつかない状況で自分のシートを探しながら席に着き、この薄暗い状況の中でショーのスタートを待つ。なんだかいつもとは違う不安な気持にされられてしまいます。。。。これも、アレクサンドルの演出なのでしょうか。。。。。

 

 

 コレクションがスタートすると、スモークがまかれた会場に一筋の光が。。。朝日が当たるようには柔らかなライトに照らされ、会場の全貌がはっきりとして来ます。ブルーに包まれたランウェイはまるで新しく訪れた朝のように優しく、思わずホッとしてしまいましたね。。。。

 

 やっぱり、アレクサンドルの演出でございました!!!!してやられた!!!!

 

 

 コレクションはこちらのオーバーシルエットのコートのルックからスタートします。キャメルカラーのウールのダブルブレストで、襟を立て、襟裏のホワイトの部分を覗かせ、フロントを開ける事でワイルドに着こなしていて、パンツも同じ素材でヘムをダブダブにしたオーバーシルエットです。

 

 インナーには今季多く見られた、モコモコしたテクスチャーのニットを合わせ、パウダーブルーのカラーは夜明け前の薄いブルーの空のように印象的です。

 

 クリーンで爽やかなルックで、まさに新しい朝を告げるようなルックから、印象的にコレクションはスタートします。

 

 

 セットアップのスーツの上にダウンを着るというスタイルって実に難しくて、なんだか代理店の人の冬の屋外でのイベント感が出て微妙なんですが、このブランドではかなり前からこのスタイリングをショーで発表しています。

 

 こちらはインナーにピンストライプのダブルブレストのネイビーのスーツ、その下のはグレーのシャンブレーのニット、とインナーのカラーリングを抑えて、インパクトのあるダウンジャケットはボルドーでアクセントを付けています。足元もスニーカーなので、恐らくスーツをカジュアルに着たという事でまとめているんだと思いますね。

 

 実際、とても快適で東京のビジネスマンでもこういうスタイルの人を良く見かけますが、きちんと考えないとやはり微妙になりがちですね。。。自身の無い方はきちんとトレンチやチェスターなんかを着る方をオススメします。

 

 まぁ、着ている人がカッコイイから成立するという、残念な部分もありますけどね。。。wwww

 

 

 今季のコレクションはいつもにも増して簡潔でクリアー、言わば究極のノームコア。。。。プリントや特殊な素材は殆ど影を潜め、さらにクラシカルに立ち戻ったような印象を受けましたね。

 

 その中でもちょっと面白かったのは、こちらのボンバージャケットのようにパッチワークで模様出しをしていたアイテムでございまして、サテンのような光沢のテクニカルファブリックとウールのマットな質感でボーダー模様を描いていましたね。

 

 シルバーメタルのジップでアクセントを付け、上品なシルエットのクロップドのカーゴパンツと、レースアップのブーツをコーディネイトしていましたね。

 

 

 最初の画像で私が着ていたようなチェッカーフラッグのようなプレイドは、今季フィーチャーされているモチーフでございまして、様々なバリエーションで登場していましたね。

 

 ヘリンボーンのクラシカルなウールと光沢のあるテクニカルファブリックをパッチワークしていて、ウエストのリブの部分やスリーブまでちっちりとパターンを合わせている所が、このブランドの細かい拘りを感じさせてくれます。

 

 第二次世界大戦時代のアーミーのフライトジャケットをベースにしているそうですよ。

 

 

 こちらもチェッカーフラッグをモチーフにしたもので、こうやってハンガーに吊るしていると湾曲しているように見えますが、実際に着るとパキッ!とオーバーサイズのモチーフが身体の上に乗るデザインです。

 

 かなり大きなゲージの身頃と、少しパターンを小さくした袖の部分のコントラストがユニークで、アルパカミックスでフワフワした優しいテクスチャーです。

 

 右のニットはモノトーンの糸で、細かいヘリンボーンのようなユニークなパターンを編み上げたニットでございまして、ネックの部分のリブはホワイト、ヘムカフスの部分はブラックと趣を変えて、クラシカルなクルーネックをイメージしています。

 

 因みにクルーネックのクルーはCrew、船員の事でございます。彼らが好んで着た事からこの名前が着いたそうです。

 

 

 アミが得意とするリラックスしたスポーツテイストのアイテムは、今季、こちらのようなジャケットで登場していましたね。

 

 光沢のあるサテン1ファブリックで仕立てられたこちらのボマージャケットは、大きめのしっかりしたサイドの箱ポケット、上品なシャツカラー、カフスとヘムの部分は供布をシャーリングしてリブにしています。

 

 インナーに同じネイビーのジップアップのカットソーを合わせていますが、こうやってウエスト部分でパッツリ上下のカラーを分けるもの、スタイリングがお洒落に纏まる着こなしですねぇ。。。

 

 50'Sのクールなイメージでクリエイトしたらしいので、ネルシャツにデニムなんてコーディネイトもハマりそうですねぇ。。。

 

 ええ、もちろんヘアーはリーゼントでお願いします!!!!!

 

 

 コレクションの最後にはちょっとびっくりするようなルックが登場しました。

 

 こちらのパンツがそうなんですが、シルバーのマイクロスパンコールで仕立てたパンツになります。フワフワした肌触りのパステルブルーにスニーカーと、極めてリアルなスタイリングですが、これまでこのブランドでスパンコールが登場したのは初めての事で、この後に登場したステンカラーコートと供に実に印象的でしたね。。。。

 

 最後の二体だけで、しかもかなりのインパクト。。。。昨年、11月のテロを受けて、急いで間に合わせたようなそんな気がしてなりませんでしたねぇ。。。

 

 

 スニーカーは断然ホワイトが素敵でございまして、シックなカラーのウエアにホワイトのスニーカーはパリジャンが大好きなスタイリングです。

 

 今季は特に真ん中のような、ホワイトとアイボリーのコンビタイプが新鮮でしたね。カーフとスエードと素材もコンビにしていて、細かい技が効いていましたね。。。

 

 

 

 

 さて、今回のコレクションですが、スパンコールのステンカラーのコートが去っていた後は、再び真っ暗な静寂がランウェイを覆います。闇の中、わらわらと音がするなと思っていると、出て来た方向とは逆の方向から、まっ暗な中モデル達がパレードをし、ランウェイの背景に用意されたステージの上に上がり、丁度ゲスト達に背を向けるように無造作に並びます。まるで、何かを待ちわびているかの如く。。。

 

 やがて彼らの背景から照らし出されるのはオレンジのライト。。。朝日を浴びるように、それを待ち望んでいたかのように、彼らのシルエットが朝日の中に現れました。。。。。そしてご本人が登場にて、コレクションは終了。。。。。。。

 

 

 昨年11月のパリ同時多発テロが終ってしばらくして、実際にパリで暮らすパリジャン達は口々に『いつもの、普段のパリを。』という言葉を唱えました。音楽とファション、芸術の街パリには常に世界中から沢山の人がやって来て、普段ならホテルのブッキングは極めて難しいのですが、このテロ直後、観光客の足はグッと減りました。

 

 激減した観光による収入はパリに一層暗い影を落とし、実際、渡航禁止命令が出た企業もいくつかで、この時のパリコレは全体的に人が少なかったように感じましたね。

 

 私がいつもお願いしているタクシーの運転手のクリストフは、この時シャルル・ド・ゴールに着いてタクシーに乗った数分後にきっぱりと『テロはもう終った。』と強い口調で言いました。テロが影響するその他の問題も勃発しているんだなぁ。。。とその時肌で感じましたね。

 

 

 『私達はいつもと同じように、ダンスをしたり、シャンパンを飲んだり、恋をしたりしたいだけなんだ。それが何であれ宗教はもういらない、、、欲しいのは今まで通りのパリだけだ。』知人のパリジャンの一人がInstagramでUpしたこの言葉が今でも強く印象に残っています。。。。。

 

 

 この街に住み、この街でクリエイションをするアレキサンドルにとっても気持は同じ事。最後にスパンコールの眩いばかりのアイテムを用意したのも、ショーの最後に用意された演出も、当事者であるパリジャンとしての彼自身からの強いメッセージではないでしょうか。。。。

 

 

 私自身、昨年このテロのニュースを聞いた直後、必ずPARISに行かなければいけないと強く感じました。この事件を受けてクリエイター達が何を言おうとしているかを受け取らなければと、いつも以上に強い使命感を持ちましたね。。。そして多くのコレクションで感じられた、平和の大切さや、それを様々な方法で表現して来る彼らのメッセージを強く感じ取る事が出来ました。

 

 

 

 『何があっても明日は必ず来る。顔を上げて前に向かって進んで行こう。。。。。』

 

 

 

 今、思い出しても、これまで見て来たシーズンとは全く別で、心が震える事が多かった、とても印象的なシーズンだったように思えますねぇ。。。そして、PARISを、私が関わらせてもらっているファッションを、今までより深く愛する事になったシーズンでもありましたね。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 AMI ALEXANDRE MATTIUSSI 2016 SS のリポートはこちら からどうぞ。

 AMI ALEXANDRE MATTIUSSIのサイトへはこちら からどうぞ。
 AMI ALEXANDRE MATTIUSSIのfacebookページへはこちらからどうぞ。

 AMI ALEXANDRE MATTIUSSIのInstagramのページへはこちらからどうぞ。



 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。




 facebookにファンページを作りました。


 アカウントお持ちの方はこちら からどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。


 Numero.jpのブログへは、こちら からどうぞ。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-05 23:59:59

BALMAIN HOMME 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。
 
 
 はい。今日はPARIS MEN'S COLLECTIONでは確固とした強い個性を放ち、唯我独尊で我が道を突っ走るBALMAIN HOMME(バルマン オム)のコレクションを御紹介しましょうね。
 
 
 会場は恒例の8区にあるイタリア商工会議所ことHôtel Potockiのゴージャスなサロンでございまして、すっかりこの場所もお馴染みになりましたね。。。
 
 私、今回このようなミリタリーでパリコレを回りましたが、この日はシートに着くなり、知り合いのフランスのプレスが席までやって来て、挨拶もそこそ『今日のコレクションには、お前が今着てるみたいなやつが一杯登場するよ!知ってた???』と一言残して去って行ってしまいました。。。。もちろん、知る訳ないですけど、、、。
 
 今回のパリコレでミリタリーは数多く登場したモチーフでしたが、ここまでゴイゴイのミリタリーはさすがに今季街で見かける事はありませんねぇぇ。。。。この時製作した衣裳は、トレンドが来たら着ればイイやと思ってましたが、、、、残念ながら今回もお蔵入りのようです。。。。トホホ。。。。。
 
 
 なにかと話題のオリヴィエ・ルスタンがクリエイティブ ディレクターを務めるバルマン オムでございますが、今季は前シーズンに引き続き、伝説的な探検家や冒険家達にフォーカスしてコレクションをクリエイトしています。
 
 先シーズン、砂漠の世界でエルドラドを求め、過酷な旅を続けていたアドベンチャー達は、今季その舞台をPARISへと移します。フランス革命という実にドラマティックな時代をモチーフに、新しい時代の扉を開けた政治家や軍人、科学者等の先人達の偉業に敬意を払い、改めてこの今という混沌とした時代におけるヒーロー像を追求しています。
 
 『今季はパリがインスピレーションであり、この City of Light (光の街)に対して改めて敬意を表しています。幾つものバウンダリーを乗り越え、フェアなマインドとユニークな歴史を持ち、世界各地から素晴らしいオファーを受け続けるほど人気の高い都市です。過去の冒険家たちが数多くの発見と共にこの都市に戻り、地元のパリジャンに刺激を与え、想像を超えるスタイルのアートによってミュージアムは埋め尽くされ、長年信じられてきた古い常識をフレッシュで個性的な発想へと変化させていきました。クリエーション、文化、考え方の多様性を重んじる熱心なマインドセットは幾つもの世代を越え、 現在の我々にも受け継がれています。』
 
 プレスリリースの中でルスタンが語るように、ナポレオン・ボナパルトが愛したエンパイヤスタイルをベースに、他国の様々な文化を感じさせるミックスカルチャーのムードをプラスし、まさにファッションでPARISという魅惑的な都市を表現するような、グラマラスなコレクションを完成させました。
 
 
 
 まず圧倒的に印象深かったのは、こちらのファーストルックでもご覧頂けるジャケットに施されているゴールドのディテールでございますねぇ。。。いやぁ=被る、被る!!!!!でも、私が製作した物の何千倍もラグジュアリーでございますから。。。。
 
 ブラックのベルベットのジップブルゾンの上に施されたのは、金糸とビジューによる複雑なミリタリーデコレーションでして、ナポレオン・ボナパルトが活躍した当時のエンパイヤスタイルをベースにしていますが、かのナポレオンでさえここまでゴージャスなジャケットは纏っていなかったと思います。www。
 
 インナーには肌が透ける程の薄手のニットにベルベットのスキニー、襟元にはシルバーのプレートの大振りのネックレスに、キュッ!と巻いた真っ赤のタッセル付きのキルティングのサッシュ。。。。。
 
 いやぁ。。。。これでこそバルマン オム!!!!!このゴリゴリのアティチュード、ほんと大好物でございます!!!!
 
 
 ブラックやネイビー、フォレストグリーンやウルトラマリン等、力強くて男らしいパレットに対して、アクセントカラーとして登場する今季のレッドは実に華やかでございましたね。
 
 こちらのように、ジョッキーをイメージさせるチェッカーフラッグのパターンや、レジメンタルのような大胆なストライプ、スコットランソのタータン等でも登場していましたね。伝統ある英国の乗馬スタイルも今季の特徴の一つでございまして、アクティブで躍動感のあるムードが新鮮でしたね。
 
 この鮮やかなレッドのアイテムの大半に、バルマンのHaute coutureのアトリエが誇る、手仕事による美しいゴールドのエンブレムが施されていて、ミリタリーのムードがより強調されていましたね。
 
 
 オールブラックの1カラーのコーディネイトにおいても、確固としたグラマラスなバルマン オムの男性像は遺憾なく発揮されます。
 
 こちらの坊やが来ているジャケットはまるで日本の武道の道着をイメージさせる、ラップ式のガウンになっていますねぇ。。。上質なウールと供に用いられているファーは、なんとミンク。。。。ミニマムで少しリラックスしたデザインも、ラグジュアリーなマテリアルを使う事でリッチに表現し、思わず、泣く子も黙ってしまいますねぇ。。。。
 
 クロップドパンツにはベルトやアイレットのディテールをあしらい、ジョッキーブーツをイメージさせるロングブーツには、ゴールドのディテールやタッセルまであしらい、何もかもがスペシャルでございましたね。。。
 
 
 やはり、このメゾンにしか出来ない究極の手仕事の作品は毎回誰もが注目しておりまして、ランウェイに登場すると一際会場が盛上がります。
 
 ブラック、ネイビー、レッドのベルベットをモチーフに合わせて切り替え、その上からゴールドの極細の糸とメタルのビジューで、ナポレオンのお抱え画家、Jacques-Louis David(ジャン=ルイ・ダヴィッド)の絵画に見られるような精密なアラベスクモチーフを刺繍で描いています。
 
 いや====!!!!素晴らしいですねぇ!!!!これでこそバルマン オムでございます。毎回こういう手間ひまのかかるアートピースをきちんと製作し、コレクションで発表しているのは他のメゾンにはまずない事ですねぇ。。。
 
 この手の作品はもちろんもの凄い高額になりますので、PARISの本店や一部のブティックでの取り扱いになり、世界で数点しか存在しません。。。もちろん、袖を通すのはカニエ・ウエストのようなスーパースターや、このブランドをこよなく愛する、究極にリッチな人々だけでございます。
 
 間違っても、これを読んで下さっている、4畳半ユニットバスみたいな所にお住まいの貴方!!!!あなたなんかは元々眼中にございませんので、『そんな手間ひまかかった高い服なんて誰が着るの???』なんて図々しい考えは抱かないように!!!!よろしくお願いしますね。。。。www
 
 
 今季トレンドでもあるベルベットはバルマン オムではお馴染みの素材でございまして、その扱いもメゾン特有の表現が確立されていて素晴らしかったですねぇぇ。。。。
 
 タキシードライクなサテンのピークドラペルが施されたコート、ノーカラーのダブルブレストのジャケット、スキニーパンツ、リュックサックやキルティングのサッシュベルトにブーツまで、何とも美しいウルトラマリンのベルベットで仕上げられた美しいルックです。
 
 今季、フランスのアドベンチャー達が海外で得た新しい価値観の一つとして、日本を感じさせるディテールも数多く見られました。こちらの帯のようなサッシュベルトは多くのルックで登場し、レザーのリボンやタッセルを飾り、こちらのようにハウエストやまたローウエストでもあしらわれ、マッチョなプロポーションを完成させていました。
 
 襟にコーディネイトしているメタルパーツのネックアクセサリーも、着物の合わせをイメージさせます。こちらはカシュクールのニットや、ダブルブレストのインナーに、着物の半襟のように覗かせるのが今季のスタイルのようでしたね。。。。
 
 私、プレスルームでトライさせて頂きましたが、首が太すぎて頸動脈は圧迫され、気絶しそうになりました。。。。。はい、まだ自分のガタイのサイズが認識出来ていません。。。。。トホホ。。。。。
 
 
 こちらも素晴らしいテクニックにより仕上げられたスワローテイルのジャケットになります。ベルベットのベースにスタンドカラーは帝政時代を象徴するデザインで、チェッカーフラッグのパターンの上に、袖山や前立て、ヘムを取り囲むようにカラフルなアラベスクのモチーフが施されいます。
 
 全て刺繍。。。。。。しかもクリスタルでキラッキラ!!!!でしたよぉぉぉぉ。。。。
 
 メンズウエアにおいてこういう濃厚な刺繍が施された物って日本ではまずお目にかかれませんね。マーケットの都合上仕方ないのですが、変に女々しくなったり、または水っぽくなったり、、、、ないしはステージ衣装みたいに普通じゃない場合でしか着用出来ない物が中心で実に残念です。
 
 バルマンのこういうリュクスなアイテムの提案は、何処と無くカジュアルなムードが漂う所です。これにシャツ着てボウタイすると、ほんと演歌歌手になっちゃうでしょ?カットソー等をさりげなく合わせて、リラックスしたムードでパーティーなんかに参加しちゃうのが実にオシャレなんですよね。。。。
 
 ついついこんな大騒ぎなアイテムは気張り過ぎてしまいますが、抜け感で着るのがポイント。。。。。ブラックのシャツにノータイでウエディングなんかも素敵だと思いますよ!!!!もちろん、新郎としてですよ!!!勇気のある方は是非トライしてみて下さいませ。
 
 
 今回モチーフの一つともなっております、ナポレオン・ボナパルトでございますが、フランスの歴代の政治家の中でもかなりファッションに拘った皇帝としても有名でございまして、現在フランスがファッションの首都として存在するべく多くのルーツを生み出しています。
 
 例えばエンパイア スタイルと言われるそのスタイルはそれまでのロココスタイルと全く逆の発想で考えられていて、柔らかい色合いで女性的なふんわりしたスタイルから、質実剛健でシャープなデザインが取り入れられ、それまでのファッションの流れを180℃変えてしまいました。
 
 エンパイヤ(帝政)時代は文化史的には新古典主義とも言われ、彼が愛した金のデコレーションや月桂樹を始めとする草花のモチーフ、ホワイトとゴールド等のカラーパレットは古代ローマやギリシアへの憧れを表現しているとも言われています。
 
 例えば今でもファッションアイテムとして人気のナポレオンジャケット等は、スタンドカラーや飾り紐、ダブルのフロントに並んだボタン等、軍人出身のナポレオンやその時代の人々がが好んで着ていたスタイルをルーツとしていますし、大きく広がるラペルと立ち上がった襟でお馴染みのナポレオン カラー(ボナパルト カラー)もやはり当時の装朿からインスパイヤされていますね。
 
 意外な所ですが、現在ジャケットやコートの多くが袖口にボタンがありますよね?このディテールもナポレオンにルーツがあると言われています。かつてナポレオン率いるフランス軍がロシアへ遠征した際、寒さのあまり兵隊達はジャケットの袖口で鼻水を拭き、結果テカテカになってしまっていました。見栄を気にするナポレオンは再三注意しますが改善されなかった為に、袖口にボタンを付ければ鼻水が拭けないだろうと、ここにボタンをあしらったとか。。。。。真偽はともかくとして、ファッションに拘ったナポレオンらしいエピソードでございますねぇ。。。www
 
 こちらはガウン風のジャケットにダッフルコートのコーディネイトでございますが、本来少し野暮ったいムードのダッフルが実にシャープに解釈されていましたね。構築的なラペルからフードへの造形が美しく、フロントのループとトグルの開きの部分にはコード刺繍があしらわれています。
 
 今季ウールには日本製の物も使用されているそうで、ジャパニーズ クオリティーの素晴らしが美しい作品に昇華されて世界に発信されていましたね。
 
 
 レザーのキルティングもバルマン オムでは度々登場するモチーフでございます。普通の布帛と違い一回針を落とすと縫い直しが出来ないレザーに、キルティングを施すのは精巧な技術とリスクを伴うこと。。。。さすがはこのメゾンならではのテクニックと言えますね。。。。
 
 ジャケットからバッグ、サッシュベルトにブーツまでキルティングでございまして、パンツはバルマンの一番人気のアイテムと言っても過言ではない、バイカーのデザインが施されています。部分的にレザーを変えたり、ステッチのディテールが施してありましたねぇぇ。。。
 
 
 ラストルックに登場するのはフランスの伝統的なジャガードのスーツスタイルでございます。
 
 日本じゃこういうアラベスクやペイズリーのモチーフってあまり好まれませんが、今季はレトロテイストがトレンドでございますので、今までトライ出来なかった方々も挑戦するチャンスですよ。。。。私は個人的に大好きで、コートやジャケット、アクセサリーに至るまで、いろんなアイテムでこの家具調なムードを取り揃えております。
 
 ホワイトとブラックの大胆なタートルニットと、トップスのストライプとアクセントを付けるようにプリーツを施したレザーのカマーベルトを合わせ、やはりラグジュアリーなスタイルの中にも絶妙な抜け感をプラスしています。
 
 個人的にはこちらはスーパーモデルのSean Opry(ショーン・オプリー)ですが、このヘアスイタルだと、ナポレオン・ボナパルト本人にも見えて、笑えましたね。。。。もちろん、ダヴィッドが描いた実物よりも相当美化したほうでございます。。。。wwww
 
 
 
 
 
 フランスの歴史を物語る過去の偉人達をフューチャしながらも、素晴らしいと感じた異文化を寛容に取り入れるスタイルは、この国の文化を発展させる大きな要因でもあり、今回のバルマン オムのコレクションにはその気風まで感じられ、実に印象的でしたね。
 
 今の退屈なファッション界において、自身のインスタグラムやそのお騒がせな動向から世界中が注目しているクリエイティブ ディレクターのオリヴェエ・ルスタンですが、彼が就任して以来全くブレないこの強くセクシーなアティチュードは、今や暗中模索のファション界の中で、他のデザイナー達がコンフォートでリーズナブルな方向転換して行く中で、私には実に貴重で特別な存在に思えてなります。。
 
 唯一無二な存在でもあるバルマン オムは、モデルの中でも究極に美しく、しかも強く男らしい選りすぐりのモデル達に、エッジィでラグジュアリーなウエアを纏わせ、究極の美の理想をストレートに定義する潔さに溢れていています。
 
 またこのスペシャルなムードに惹かれ、ミュージシャンやスパープレーヤー等が纏う事で、実際にはこのブランドのアイテムを買えないような若い世代まで人気が広がり、『いつか袖を通してみたい!』という強い情熱を抱かせる素晴らしいブランドなんですよね。
 
 
 今、そんな、若い世代が夢や憧れを持てるファッションブランドなんて、中々ございませんよぉぉぉぉ。。。。。
 
 
 複雑な家庭環境や、25歳という異例の若さでバルマンのクリエイティブ デザイナーに就任した彼ならではの、時代やトレンドに左右されない、確固とした理想像を追求する姿勢が特に強く感じられた今回でしたね。。。。。
 
 
 
 ヒーローのいない混沌としたこの時代において、絶対的でならなければならないクリエイションを続ける事、、、、自ら高いハードルを超え続けるオリヴィエ・ルスタンとバルマンというメゾンの熱い信念に、なんだか心まで熱くなったコレクションでございました!!!!!
 
 
 
 
 BALMAIN HOMME 2016 SS PARIS MEN'S COLLECTIONのリポートはこちらからどうぞ。

 インターナショナル版のBALMAINのサイトへはこちらからどうぞ。
 日本版のBALMAINのサイトへはこちらからどうぞ。
 BALMAINのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 BALMAINのInstagramはこちらからどうぞ。



 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。



 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。


 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-04 23:59:59

DIOR HOMME 2016-17 AW !!!

テーマ:PARISの話。

 

 

 

 では、今日はDIOR HOMME(ディオール オム)の2016-17 AW COLLECTIONのリポートをお伝えしましょう。

 

 

 この時のコレクションはパリ同時多発テロ後初となるものでしたが、さすがディオール オムともなれば毎回セキュリティーやパパラッチ、当日のセレブリティーを目指すティーンエイジャーのファン達まで押しかけてごった返していますが、いつもとは違う、一種異様なセキュリティーの屈強な皆さんの真剣な眼差しが強く印象に残りました。

 

 ランウェイの上で平和を唱うデザイナー達のメッセージを受け取る度に、事件の重大さについて考えてはいましたが、こうやってこの街で起こった事件なのだという事をダイレクトに肌で感じましたね。。。

 

 ファッションは平和だからこそ成立するのも。。。過去の様々な惨劇を振り返ってみても、一度戦争等が勃発すると私達ファッションに関わる人間達は存在価値すらありません。

 

 そんな事を考えながら会場の中に入ると、こんなドラマティックなインテリアが用意されていました!!!!一面に真っ赤なライトで照らされた空間には巨大なシャンデリアが飾られ、ライトアップされたスケートボードのレーン、美しく並べられた寄せ木細工のフロアー等と、クラシカルとフューチャリスティックを一度にぶちまけたようなおもちゃ箱のような空間でございました。。。。。

 

 世界中の人々が銃や爆弾を捨て、一時でも平和であって欲しい。。。そんな事を考えてしまいましたね。。。。。

 

 

 

 今回クリエイティブ ディレクターのクリス・ヴァン・アッシュはこんな言葉をプレスリリースの中に綴っています。

 

『コレクションの基盤となったのはハイブリッド(混在・混成)というアイデアです。現代人は誰しもひとつの枠には収まりません。私たち人間は複数の枠を同時に意識しながら生きています。ニューウェーブやスケートボードを身近に感じて育ってきた人たちもいますが、肝心なのはそうしたものやその時代に育った人たちが今どういう姿へと成長しているかです。思い出や伝統の名残りはあるとしても、ノスタルジックな感覚はありません。 これが今回のハイブリッド化(混在化・混合化)なのです。』

 

 

 例えば男性なら誰しもに経験した事があるかもしれませんが、少年の頃、ミュージシャンやカルチャー、スポーツやアート等に熱狂し寝ても覚めてもその事ばかりなんて事があったのではないでしょうか。。。。感受性豊かな時期に自分を熱く熱狂的にしてくれた物はその後のモチベーションを深く左右し、人生における自分の在り方にも大きく影響して来ます。

 

 クリス・ヴァン・アッシュは今回、人はどのように成長し、その過程において過去の経験に郷愁を伴うことなく、現代へと姿を変えて行くのか。。。。そんな疑問を念頭にコレクションをクリエイションしました。

 

 私流に勝手に解釈すると、例えば青春時代パンクに熱中し、シド・ビシャスを神と崇め生きているようなタイプの人、時間を重ねる事で彼のライフスタイルとうまくマッチし、どんな装いをしても彼のアイデンティティーが痛くない感じで現れ、実に魅力的。。。。そんな男性像でございましょうかねぇぇぇ。。。

 

 

 今と過去を模索するクリエイションの中で本来のコードは現代的にハイブリッドされて行きます。贅沢で貴族的な素材は日常へ、シルエットはデフォルメされ、ラグジュアリーとは何かという疑問が曝されます。

 

 クリションの中で浮き彫りになったコードには、イギリスの反逆者、英雄のロブ・ロイをルーツとするバッファローチェックや、スケータースタイルに変貌した、学生達のストリートカラルチャーから生まれたオックスフォードバッグス。伝統的なフェアアイルは破壊的なムードへと姿を変え、ムッシュ ディオールが愛しメゾンのアイコンでもある花のモチーフは挑発的で官能的な香りを漂わせ、まるで夜に花開いているようです。

 

 カラーパレットも実に明確です。ブラック、ホワイト、レッドのまるでキリスト教の儀式の配色のような三原色を中心に緊張感のあるムードで、多少のキャメルやバーガンディー、グレーのトーンがさりげない優しさを感じさせていましたね。

 

 

 いきなり、私、着ちゃってますが、こちらの坊やが着ているのが今回のファーストルックになります。クラシカルなブラックフォーマルを今季の気分にで艶やかに解釈していて、どこかニューウェーブのカリスマ的アーティストのようなムードも、今季の特徴でもあります。

 

 クリス・ヴァン・アッシュらしいスキニーなシルエットのスーツは、上質なウールサージで仕立てられ、インナーにはカフスがミトンのようになったシャツと、ホワイトとレッドのストライプのリブがあしらわれたVネックのTシャツを合わせています。

 

 襟元に飾られたシャープなシルクファイユのボウタイや、スターや珊瑚等5つのラッキーモチーフをあしらったネックレス、エッジィなブーツには赤がアクセントになったシューレースをあしらい、上品さと妖しげな魅力を放つルックを緻密な計算により作り出しています。

 

 

 一方、私が袖を通しているのは、アウトドアテイストを感じさせるフード付きのコートで、身頃とフードの間にはホワイトのシアリングのムートンを差し込んで、徹底的に今季の三原色を貫いています。広げた前立ての部分にはドットボタンやジップ等がグラフィカルに配され、縫い代の部分は真っ赤のラインの圧着によるものです。

 

 このコート、フロントを全部閉めてしまうと、赤い部分は全て内側に隠れる仕様になっていて、内面にフツフツと熱い情熱の炎を燃やす、今季の情熱的な男性像を象徴するようでしたね。 

 

 

 こちらのニットでございますが『DIOR FAIR ISLE(ディオール フェア アイル)』とうタイトルが付いておりますが、モチーフのゲージを細かくし、レッド、ホワイト、ブラックの今季の三原色で仕立てられたちょっとエッジィなニットでございます。

 

 素材はカシミア混のウールでして、滑らかなテクスチャーにうっとりしてしまいましたねぇぇぇ。ふと気付いてよ〜く見て見てみると、なんとこのフェアアイルのモチーフの中に様々なクリスチャン ディオールのコードが織り込まれているではありませんか!!!

 

 胸元にパターンのように描かれた『47』の数字はクリスチャン ディオールが記念すべき一回目のコレクションを発表した1947年の事、その下にはムッシュが幼少期を過したグランヴィルの館の庭園を飾った薔薇の生垣、そして彼がラッキーチャームとして愛した星のモチーフ等が、オーセンティックな雪の結晶等のパターンの中に忍ばせてあります。

 

 実に繊細で丁寧に編み出されたモチーフはHaute coutureのテクニックを、デイリーシーンでもノーストレスで楽しめるようようにアップデートしていましたね。

 

 

 全体的に今シーズンはコートが豊作のシーズンとなったようですが、ディオール オムでも秀作揃いでございましたね。オーバーシルエットのたっぷりとしたボリュームの物から、スキニーなロングジャケットまで、ファブリックに合わせて様々に展開しているので、お気に入りが見つかつかもしれませんよ。

 

 こちらのレザーのコートはre-seeの際に袖を通させて頂いたのですが、軽やかで実に気心地が良かったですねぇぇぇ。。。デザインのベースになっているのバイカージャケットでございまして、本来ショート丈のこのアイテムをコートに落とし込んでいて、ここにもパンクスやロッカー達の反骨精神というコードが現代的に解釈されています。

 

 部分的にグラデーションで染めまで施されていて、実にスタイリッシュなアイテムでしたよ。

 

 

 今季ユニークだったのが、こちらのようなコンパクトでスキニーなジャケットに、ダボダボのオーバーシルエットをコーディネイトした誇張されたシルエットでございまして、ニューウェーブのミュージシャン達のようなスペシャルな印象を受けましたね。

 

 使われているのは細かいバッファロー プレイドでして、このモチーフにも面白いお話がございます。このチェックの元々の名称はロブ・ロイ タータンと呼び、17世紀のスコットランドの英雄、儀族でもあるロバート・ロイ・マクレガーに因んで創造、製作されたそうです。

 

 22歳の若さでマクレガー族の族長となり地域で有数の牧畜業者になりますが、ある貴族が牛の購入の為に多額の資金を投資しますが、牛も資金も戻って来ないという事件が起こります(一節には貧しい人々に施していたとか。。。)。これを切っ掛けにアウトローとみなされ家や財産を没収され逃亡生活を余儀なくされます。

 

 後にジャコバイド(名誉革命における反政府軍)に加わり反体制として戦いますが、最終的には屈服し、恩赦を受けています。

 

 伝説的英雄をイメージしたこのチェックは実に簡潔で、彼の人柄のように1本筋の通ったタータンです。やがてアメリカ開拓時代のカウボーイ達が好んでこのチェックを纏ったという部分でも納得出来ますね。

 

 

 ロブ・ロイ タータンから派生した様々なチェックのパターンも、今季のコレクションを物語る重要な要素の一つです。

 

 こちらは縦長の二つボタンのジャケットと、ナローシルエットのパンツのスーツスタイルでございまして、上質なウール サージが用いられています。

 

 ウィンドーペーンのようなチェックがご覧頂けるかと思いますが、ちょっとファッションにお詳しい方なら『ステッチ?』なんて思うかも知れません。。。。。。が!!!!!!!こちら、もの凄い細いマイクロチェーンを刺繍してこのパターンを描いているんです!!!!!

 

 かなり近くまで、もしくは袖を通す本人にしか気付かないくらいの細かさで、Haute coutureのテクニックを存分に感じられる丁寧な仕事は、実に素晴らしかったですねぇ。。。。

 

 

 そう言われると、こちらのロングジャケットのチェックも只物ではないかも!と思って見てしまうのが、人間の心理でございますが、こちらはステッチによってプレイドのパターンを描いています。

 

 ステッチの糸を長めに残し、ローエッジのような、フリンジのようなテクスチャーを作り出していて、縫い糸でこれだけのボリュームを出すために、実際のステッチは数cm縫った所で糸を切るという実に細かい作業が行われています。

 

 スキニーデニムにはまた違うテクニックが施されていて、一度わざと裂いたデニムに今季の三原色でもあるレッドとブラックとホワイトの糸で、あえてラフに、かけ剥ぎしたようにジグザグの刺繍が手仕事で施され、こちらも糸始末をしないでワイルドなムードです。

 

 こういうテクニックってやはりメンズウエアだけをやっているメゾンでは発想しないアイディアなんですよねぇ、、、。究極のHaute coutureを生み出す卓越したテクニックと、形にする為の強い探究心や情熱があるからこそ生まれるアイディアで、ディオールならではのテクニックだと思いますねぇ。。。。

 

 

 途中、数点登場していたキャメルのアイテムも、三原色の中でまた違った趣を感じさせ素敵でしたね。こちらはダブルフェイスのカシミアの2ボタンのコートで、クリス・ヴァン・アッシュらしい小さなラペルとスクエアなシルエットが印象的です。

 

 先ほども御紹介しましたが、このボンタンのようなパンツ、元々は『オッスフォード バッグス』と呼ばれ1920年代にイギリスのオックスフォード大学の生徒達の間で流行したスタイルです。丁度袋(バッグ)のように見える事からこの名前が付き、極端にワイドなシルエット、広いウエストベルトに深い股上、カフスの折り返しは深めというスタイルで、バギーパンツの原型でもあります。

 

 今回はそこにスケーターテイストもプラスされ、やはり時代を越えて愛される永遠のコードをハイブリッドに表現していましたね。。。。

 

 また、オックスフォード大学はトレンドの発信地でもございまして、シャツ等に使用される薄手の平織りの生地の事を『オックスフォード』と呼んだり、眼鏡のフレームで黒ぶちの丸みを帯びた『ボストン・モデル』をよりスクエアにした『オックスフォード・モデル』等もこの名門校から生まれたそうですよ。

 

 

 コレクションの後半にはムッシュ ディオールが愛した花々のモチーフが、新たな進化を遂げて登場します。

 

 こちらのロッグジャケットとナローパンツに用いられているのは、『FLUEURS MR DIOR』という名前の付いたモチーフでございまして、アザミやマリーゴールドのようにも見える花々がシルエットで描かれています。実はインナーに着たニットがそのモチーフを拡大した物で、花の感じが良くお解りになると思います。どちらもジャカードで舞い散る花々が表現されていましたね。

 

 恐らくグランヴィルの庭園に咲く、花々の中からインスパイヤされているのかもしれませんね。

 

 スニーカーにもサングラスにもフラワープリントをあしらい、胸元にはブラックローズのコサージュピン。。。。。全身花尽くしでございますが、このクールでカリスマティックなアティチュード。。。。この少しダークな使い方がとても新鮮でしたね。

 

 

 re-seeの会場に居たモデル君達と3ショットさせて頂いたのですが、ほんと今回はテクニックの嵐でございまして、こうやって彼らが着ているのを身近で見る度に、なるほどと感心してしまう、新しいディテールに感心させられましたね。

 

 まず左の坊やが着用しているパンツでございますが、なんだかアーティスティックなプリントのように見えるかと思いますが、こちらは『UNTITLED 1』というタイトルのデニムでございます。

 

 個性的なモチーフは実はハンドペイント。。。。Tシャツの顔料のように、少しシリコンっぽい塗料を生地の上に乗せ、手仕事でこの模様を描いています。生地の表面にくまなくペイントが施されているので、履き心地はレザーのパンツのようにしっかりしたものになります。

 

 

 私が袖を通させて頂いたのは『LOST IN FEELINGS, LOST IN YOU』というなんとも情熱的なタイトルの付いた今季のキーモチーフとなるプリントでございまして、ナイロンのロングコートです。今季、メゾンのアイコンでもあるバラのモチーフはこんな感じでダークなムードであしらわれていましたね。ハードロックのムードも感じさせるこのプリントは、ベースがホワイトバージョンでも登場していましたよ。

 

 これだけのロング丈にこのラグジュアリーなプリント、、、、、。袖を通すと、、、、、嗚呼!気分が良い!!!!!

 

 

 右の坊やは今季の三原色の中からレッドを中心したコーディネイトでございますね。ノッジドラペルのダブルブレストのコートに用いられている素材は『ローデン ウール』という素材でございます。

 

 ローデンウールは19世紀後半からオーストリアを中心に生産されるようになったウール生地で、厳しい自然環境の中で暮らすアルプスの防寒用の素材として開発されました。一般的には淡いグレーで『ローデン パール』と呼ばれる小さな斑点があるのが特徴の厚い生地です。未だに創業以来使われている木製のハンマーで叩き、お湯と石鹸でフエルト状にするという行程が行われていて、1mの生地を作るのに新しいウールが400gから1000g、生地幅は織り上げた直後よりも2/3までになってしまうそうです。

 

 スタイリッシュに見せながらもしっかりと機能性を備えたコートには、今季のバッファローチェックをマイクロサイズにしたVネックのTシャツと、ジョギングパンツを軽やかにコーディネイトして、オシャレでございましたねぇ〜。。。。

 

 

 


 特にヨーロッパ等においては、個人の価値観は絶対的に尊重されます。ファッションやライフスタイル関してもそれは個人の自由に委ねられているので、個性的なファッションをしている人を見ると、『彼にもそのファッションを装い権利がある。』と基本的人権を大前提に考えています。

 

 結果、様々な趣向や個性の人々がコミュニティーの中で成立する事が出来ます。頭の先まで全身タトゥーの花屋さんとか、顔中ボディピアスのロックな肉屋さんなんかが街の中で普通に暮らしています。時に強烈なカルチャーに影響された人は、その人自身が憧れた世界と時間をかけてオーバーラップする事が出来た場合のみ、実に魅力的に変容し、クレイジーなオジさまやオバさまが沢山いて嬉しくなりますね。

 

 日本のように集団的な一般的な価値観を個人に押し付けるのではなく、まず始めに個人ありきという考え方が基本で、歳を重ねるに連れて社会や環境は『落ち着け!』という堕落を強いたりはしません。もちろん全て自己責任の元となりますので、揶揄されないのと同時に、素晴らしいアドバイスもありません。自分が望まない限り。。。。

 

 そういう土壌があるからこそ、ファッションは様々な価値観で花開き、自分の好きな価値観を求めに沢山の人々が訪れ、PARISはファッションの都となったのでしょう。。。。日本のように全てトレンド一色にはなりえないですねぇ。。。

 

 


 今回のコレクションにおいて、クリス・ヴァン・アッシュは次のようにも話しています。『コレクションが語るのは 現在です。過去のエレメントを取り上げつつも現代的であり、未来を 見据えた今この瞬間なのです。』

 

 恐らく現在のファッションシーンの中に、かつてファッション=生き様だった頃の熱い情熱が感じにくくなった昨今、彼自身の興味はそれを纏う人の心の奥底まで向いているのかもしれません。。。。

 

 

 結局、着る人のハードがカッコ良くないとダメって事ですかね????あえてこの命題に関しては、今回は結論は出さない事にしておきましょうね。。。。wwww

 

 

 サナトリウム育ちの男だか女だか、むしろ生きているんだか死んでいるだか解らない、ぬるま湯的男子が氾濫している今だからこそ、よりグラマラスで、スリリングな気分を楽しみたい方は、是非ディオール オムのショップに足をお運び下さいませ!!!!!!!

 

 

 

 

 2016 SS DIOR HOMME PARIS MEN'S COLLECTIONはこちらからどうぞ 

 

 2016 Dior PRE FALL COLLECTIONのPARISでのプレゼンテーションのリポートはこちらからどうぞ 

 

 2016 SS PARIS Haute Coutureのリポートはこちらからどうぞ。 

 

 2016 SS Dior Fine JewerlyのPARISでのプレゼンテーションのリポートはこちらからどうぞ。

 

 

 

 Diorのサイトはこちらからどうぞ。
 Diorのfacebookページへはこちらからどうぞ。
 DiorのInstagramへはこちらからどうぞ。

 

 


 今回のリポートした Diorの素敵なお話も掲載されている私の初の著書、『ブランドパスポート』は、現在絶賛発売中です。シグネチャーのバッグのLADY DIOR、バージャケットのお話等も楽しめます。


 アマゾンでのお買い上げはこちらからどうぞ 
 
 産業編集センターへはこちらからどうぞ。





 Instagram開設しました。比較的まだ冷静なこちらのブログとは違い、アグレッシブに参りたいと思っております。。。。皆様、御指南、御指導、フォローよろしくお願いします。

 Die-co★のインスタグラムへはこちらからどうぞ。



 facebookにファンページを作りました。

 アカウントお持ちの方はこちらからどうぞ。こちらで掲載していない画像等もUPしています。『イイね!』もよろしくお願いします。

 

 Numero.jpのブログへは、こちらからどうぞ。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。