先日 東京国際フォーラムで 開催されている


“アート・フェア 東京” の オープニング・プレビュー に


行って参りました。


会場は 素晴らしい作品の数々と 沢山の人で


大変 賑わっていました。

 

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


目を見張る 素晴らしい作品が 多数展示されていましたが、


驚きなのは 才能ある 若いアーティストが とても多いことでした。


柔軟な発想力や 奇抜な表現力は 若さから溢れ出る ものなのでしょうか。


私も 絵を描き 出展もしておりますが、 毎年 こちらに来る度に


刺激を受け、 勉強させていただいております。



では、 ごく一部ではありますが、 若きアーティストたちの


素晴らしい作品を ご紹介したいと 思います。


どうぞ ご覧ください。




水野 暁さん。 3年間かかって 描き上げた力作です。


気の遠くなるような 描写力です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



牧田 愛さん。 男性が描きそうな 凄い絵。


メタリックと 光の面白さが 出ています。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



高松 和樹さん。 変わった見たことのない スタイルの絵。


思わず足を止め 見入ってしまいました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



左の女性は 北川 麻衣子 さん。 今回は出品していませんが、


私の大好きな画家で、 おとぎ話の世界の少女や


うさぎ 鳥など ちみつなボールぺん画を ロマンティックに描きます。


右の女性は 永山 裕子さん。 


後ろにあるのは 永山さんの作品 “夜” です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


北川 宏人さんの作品。 技術を イタリーで学んだそうです。


見れば見る程 可愛らしい。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



狩俣 公介さん。 


心が落ち着くような モノクロでシンプルな 素敵な日本画です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



面白い作品ですね。 左の竜馬は、 ストッキングを頭に


かぶっています。 首からカメラをぶら下げ、 腰の刀の柄も赤く。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


私が 狂喜した 野口 哲哉氏の作品。


この “戦” に疲れた 侍の無精髭は まさに 本物の人間のようです。


鎧兜 足袋 ・・・ 細部にわたって 全て手作りです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



田中 千智さんの作品。


この会場で 私が一番気に入った 作品です。


田中 千智さんの世界。 ノスタルジックで ロマンあり。


女の子の目の表情が なんとも言えなく やるせない!


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


大畑 伸太郎さんの作品。 すごい!の一言。 これ お人形さんです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


作者の 大畑さんと


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




こちらは 岩崎 貴宏さんの作品。


ちょっと 見えづらい かもしれませんが、


山の上に 鉄塔が 立ってます。


山は 沢山の糸が 折り重なって 出来ています。 


鉄塔は布地から 細い繊維を 1本ずつ抜き取って、 


それを接着剤で固めながら 鉄塔の形を形成したのだそうです。


男性が こんな繊細な 作品を作るなんて 驚きました。 ビックリ! 

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


こちらも 下に敷いてある 白いテーブルクロスの繊維から


作られた “観覧車” と “ジェットコースター”です。


気の遠くなるような 細かさと 想像を絶する 忍耐を必要とする作業。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


こちらは 本についている栞の クレーンです。


使われた 本は 芥川 龍之介の "羅生門”


本物の 時代ものです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



ザ・トールマン コレクション の篠田 桃紅さんの作品


“Vermillion Vigor” の前で。


篠田さんは 今年 御年 90才。 


皇后陛下が とてもお気に召している 女流画家。


シックな絵ですね。 日本の文化、 渋と粋を 象徴しているような。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

向かって 左から2番目が アーティストの 山本 大貴さん。


日動画廊の 強さでしょうか。 小さなピンクの 花の絵を残して


すでに全部 一日目の今日 完売していました。


古き友人、 オーナーの長谷川徳七ご夫妻(両端)と 


衆議院議員 柳本 卓治 氏を 真ん中にして。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



益村 千鶴さんの作品。 説明いりませんね。 すごい写実描写です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


平良 美樹さんの "目玉のおやじ” のような作品。


可愛らしく お茶目で 優しい お化けですね。 


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


石の重りが付いた 斬新なテーブルは 小清水 漸さんの作品。


すごいでしょう!


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



チアキ コハラさんの作品。


何となしに 今の時代の 先端をいっている。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


平林 貴宏さんの作品。


女性が ザクロをむさぼる様子が 描かれています。 


よく見ると ゾクゾクと 恐いのです。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



今回は 結構 色々な お人形さんの作品が


多く見られました。 それぞれ 個性的でした。



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ご自分が描かれた絵を プラスティックで スコルプチャーに。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


変わった絵ですね。 面白いです この発想。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


沢山の 胸打つ 素晴らしい作品を見て 


元気をいっぱい 頂きました。


すばらしい リッチな 午後のひとときでした。


そして 歩き疲れて アートフェアを あとにしました。


皆さま 是非 見に行って下さい。


素晴らしい 感動を得て下さい。


明日4/1(日)まで 展示されています。


AD