コミック「JIN」を読んで

テーマ:

 

ずいぶん前に、大沢たかおさん主演のドラマは見ていたのですが、原作を読むのは今回初めてでした。

タイムスリップもの×医者もの、という2つの面白い要素を掛け合わせることで、何倍にもドキドキする作品になっていました。

タイムスリップものの定番として、どうしてタイムスリップできたかは不明というお約束も守られていますね。これは追求しだすと、そこで現実にひきもどされてしまいますもんね。

 

少しネタバレになりますが、この作品のように江戸時代に抗生物質のペニシリンを製造できるようになってたら、すごいなあと単純に思います。

抗生物質がない時代は、ちょっとしたケガと思っていても、傷口から入り込んだ細菌によっ

て、命とりになることも多かったでしょうから。

ただ、残念ながら現代の医者が江戸時代に飛ばされて、運や根気、知識の問題もあって、みんながみんなペニシリン製造できるとは、限らないですね。

医学生のとき、生活が苦しく奨学金をいただいて、週3回の弓道部の部活のかたわら、アルバイトを最高週8回で入れていた僕は、勉強にもっと時間を割きたかったので、医学生の時の勉強は大事だなと反省しました。

 

医者として「JIN」を読んだ時に驚くのは、現在使っている医療用具や手術器具を、かなりうまく江戸時代の技術で再現していることですね。

こんな、精巧なからくり人形が作られていたので、アイデアさえあれば無理はないと思います。こんな複雑でうまい仕組みを思いついた田中久重さんは、未来から来た人かよほどの天才なんでしょうね。

https://www.youtube.com/embed/lS9zmqxFm2M

 

あとこの作品の楽しみかたとしては、江戸時代の人々の暮らしぶりが、非常に細やかに描かれていることです。

食事や行事、吉原にいたるまで、実にリアルです。

江戸から明治へ時代がかわり、ちょんまげに着物、武士が刀を差していた社会から、西洋の生活様式に改められていきます。

現代の僕からすると、江戸時代の日本の生活様式は、奇抜でクラシカルで、逆に新鮮なものにうつります。

小説だと文字から想像するしかないのですが、コミックですから見えるというのは素晴らしいですね。

これだけの作品を描くのに大変な勉強と下調べが必要だったろうなと感じます。

ストーリーも素晴らしいですが、物語の背景になる部分の大変な手間が、この作品を重厚なものにしていますね。

 

そして何といっても一番面白いのは、坂本龍馬や勝海舟、西郷隆盛など幕末の日本で大活躍した人々を生き生きと描いているところですね。

勝海舟の女性好きなことなども、盛り込まれていました。

コミックではありますが、幕末の江戸や京都の恐慌やすさんだ様子を見ると、現在の日本の平和というものの貴重さ、ありがたみをより感じますね。

 

平和な日本で先日、髪を切ってまいりました。

今月半ばから、患者さんがたくさん来院してくださいますね。

「芥川症」を読んで

テーマ:

 

あの芥川龍之介さんの有名な作品に触発された久坂部羊さんの短編集です。

タイトルも「他生門」「耳」「クモの意図」など、にやりとさせられます。

内容は医療の世界で、普通の人の感覚と医者など医療者の感覚の違いから起こる悲喜劇といったらよいのかもしれません。

 

生と死、人の身体、人の感情、そういったもののとらえ方は、僕自身振り返ってみても、いわゆる「普通の人の感覚」とは離れてしまっています。

もちろん同じであったらお仕事できない、ということもあるでしょう。

たとえば、血を見て気持ち悪くなってたり、ドキドキしていたら、手術なんかできませんよね。

しかし、「普通の人の感覚」が残っていれば、人への接し方や物事の整理の仕方に苦しみを感じてしまうこともあるのが医療の世界でもあります。

作者は、人一倍「普通の人の感覚」を残しておられるんだと思います。

僕自身もこの本を読んで、わかるなあと思う部分あります。

 

芥川龍之介さんの「羅生門」「鼻」「蜘蛛の糸」などを読んだ時は、人としての善悪や倫理観、感覚を揺さぶられました。

今回の久坂部羊さんの作品を読んだあとは医師としての善悪や倫理観、感覚を揺さぶられました。

 

「普通の人の感覚」でこの作品を読むと、どうなんだろう?

病院に行った時に、医師や看護師と話していて、どうにも自分の感覚が通じなくて、「医療というのは、こういうものなんだよ」っていうことを、常に押しつけられて圧迫感があって「そんなこと言われてもわからない」と反発したり、遠慮したり、自分なりに考えて理屈が通らないことは「医療ミス」なんではないか?と疑ってみたりする、そんな感覚をなぞるもので、かゆくてもかけない心の裏側を、かいてくれるように感じるかもしれません。

なかなか、面白いけど、グロテスクで少し疲れてしまうかもしれないですね。

 

昨日は、勉強してから渋谷の聖地でポケモン狩りにいそしんできました。

頑張ったので、4時間ほどで15万XP稼いで、ポケモンGO TLレベル37になりました!

19日までモジュールの効果が30分から6時間に延長なので、みなさん頑張っておられました。

 

捕まえることができたモンスターたちは、以下のとおりです。

イワークがハガネールになったりも含めて、36種類の図鑑埋めが出来ました。

 

 

 

 

 

 

今日は、明日のお仕事に備えておうちでお勉強しております(笑)
翌日お仕事の場合、お酒も飲みません。万全の態勢でしか仕事したくないから。

意外に禁欲的でしょ(笑)

休日は読書

テーマ:

バレンタインデーもお休みでしたので、上の本↑を読んでおりました。

僕は、まったくの素人の領域ですから面白く読めますね。

 

どんな本かというと、Googleなどの検索で、上位に来るにはどうしたらいいか?

といった内容ですね。

結論としては、やはりプロ(この本の作者)に頼むのが一番という流れです(笑)

 

今年は、横浜院スタッフと先輩の先生から、チョコレート2個いただきました。

チョコ好きなので、ありがたくいただきます!

でも、もう41歳なので、チョコ食べ過ぎは、即体重増加につながるので、控え目にしないとですね。

 

昨日、この本も購入しました。↓

 

僕の尊敬している方のお言葉ですが

「出版というのは個人でのIPO」

という言葉どおり、二冊の本は、作者の考え方が色濃く出ていて、この人にウェブマーケティングのお仕事まかせてみようと思わせる作りになっていますね。

そんなことを考えながら読むと、さらに味わい深いです。

えっ、僕ってひねくれ者?そう、そうなんです皆様ご注意ください(笑)

 

僕のブログは、だいたい一日10万PVほどです。

のんびり自分の書きたいこと書いているのがいいのかなと思っております。

疲れているときは、無理に書かないですしね。

 

あと、ウソは嫌いなので、自分が本当だと思うことしか書いてません。

たまに、クリニックとか、自分のエステサロンとか自分の手術の宣伝入ってますが、お許しくださいませ。

たくさんの方に見ていただいてありがたいことです。皆様に感謝しております。

 

さてポケモン狩りにでも行くかな(笑)

 

一言で表すとヘンテコな作品です。

わかりやすい感動があるわけでもなく、映像が綺麗なわけでもないです。

 

体内にハチを飼っていたり、後頭部に大きな口があったりと、役に立つのかわからない能力を持つ子供たちもいれば、怪力だったり、身体が軽くて宙に浮くといった能力を持つ登場人物もいます。

そういった部分だけ見ると、面白いか面白くないかだけになってしまいますが、人と違う部分を自分なりに認めていかなきゃいけないという誰でも多少は感じたことのある心の動きには共感できるので、受け入れやすいですね。

 

ミスペレグリンがとても綺麗な女性でしたので、年上の女性と主人公の少年とのちょっと危うい恋愛っていう展開もあるのかな?とスケベなオッサンとしては期待してしまいましたが、そういう色っぽい要素はありませんでした。残念(笑)

 

成人していないがゆえに結局保護者の了承を得ないと行動できなくて、思春期に感じる世界に認められてない残念な感じとか、未熟ながら少年たちで何かを作り上げて、大人をあっといわせるワクワクする感じは、うまく表現できていて子供も大人も楽しめるなあと感じました。

 

目玉の表現は、POPでしたが、モンスターたちが、目玉を食べるシーンは表現がPOPなゆえに微妙にグロいと感じました。このシーンは、外すときっとお話が成立しなくなるので仕方ないのでしょうね。より童話チックに表現するなら、影絵で見せるとかもありだなとは思います。

むちゃくちゃ派手なシーンもないですが、なかなか楽しい作品でした。

 

さて、この映画の登場人物たちは、特殊な能力も持っていますが、皆さんはどんな能力が欲しいでしょうか?

ティム・バートン監督は、体内にハチを飼う能力だけは、全然うらやましくないとおっしゃっていた動画を見ましたが、僕も同感です。

僕は、皮膚を切らなくても、皮膚の下の筋肉や脂肪を移動できる能力があったら、いいのになあと思います。

まさに切らないフェイスリフトですもんね。

患者さんの顔をぐいっと押すだけで、20歳若返った!なんてできれば、きっとクリニックに行列できますね~!!

結局仕事から、いつでも離れられないですね~(笑)

 

 

 

 

いきなり四枚画像貼ってしまいました。

今日捕まえることができたポリゴン4匹です!!

バレンタインのイベントはじまってますね。

 

遠く長野県から来ていただいた患者さんの手術の結果で喜んでいただけたり、ポリゴン4匹捕まえたり、今日は良い一日でした(笑)

 

明日はお休みですが、することはたくさんあるので、しっかり頑張ります。

お仕事終わって「a girl like you 君になりたい」という写真集を眺めてます。

蒼井優さん、貫地谷しほりさん、上野樹里さん、宮崎あおいさん、沢尻エリカさん、上戸彩さん、相武紗季さん、長澤まさみさん、香椎由宇さん、加藤ローサさん、麻生久美子さん、石原さとみさん、などなど芸能界で活躍されている女性たちの写真集です。

佐内正史さんの撮影した写真は、どれも絶妙な空気感を切り取っていますね。

 

タイプが違う人気のある女性たちの顔を眺めることは、僕の美容外科というお仕事にも+になるに違いない、これは勉強なんだと言い聞かせながら、眺めています。

いいえ、ウソです(笑)

綺麗やなあ、と思いながら眺めて癒されています。

僕は、40越えた、ただのオッサンですから。

名前を知らなかった綺麗な方の名前もわかって、うれしかったりもしますね。

 

さて、綺麗な人間の顔でも、完全に左右対称だったり、黄金律にしたがっているわけではなくて、見せ方であったり表情の作り方でも、ずいぶん印象が変わります。

 

僕らの仕事で言うと、二重まぶたの手術をする時に、寸分のくるいなく二重はばを揃えて喜ばれることもあれば、ご本人からすると、違和感をお感じになることがあるといったこともあります。

たいていの人で、目の横幅の長さも違えば、目を見開いたときの眉毛の上げ幅も違っていて、頬骨の大きさや頬骨の一番高い位置も違っております。

顔の右半分だけを左右反転してつなげた写真と左半分だけを左右反転してつなげた写真を見ると相当違って見えるというお話を聞いたことのある人も多いでしょう。

しかしながらですね、診察の時に、鏡を見せて左右の差を説明すると、驚きになる方も結構おられます。意外にも自分のお顔の左右差というのは自覚されてない方も多いのですね。

 

二重の幅だけでなく、目頭から立ち上がってくるときのカーブや、一番幅がある場所、そして目尻に流れていくカーブなど、元々の目の形とのバランス、まつ毛の向きも、綺麗な二重つくりには重要ですね。

顔のバランスを考えた手術計画が大切だなあ、と常々思うわけであります。

 

ちょっと真面目なお話で締めくくってみました。

僕がただのスケベオヤジだということを、皆さん忘れてくれたかな(笑)?

 

ドクター・ストレンジ

テーマ:

 

予告編を観てから行きたかった、「ドクター・ストレンジ」観てきました。

作品は、むっちゃ面白かったです。

オリジナルな要素は少ないですが。

 

「インセプション」のような建物が自在に変形するCGが、さらにえげつなく発展して、もう何がなんだかわからんくらいすごいことになってます。

3Dや映画館で観ることをおススメします。

ちょっと酔うような感覚があるくらいの映像ですね。

 

科学を超越した力の存在の描き方は、ややくせがありますが、「マトリックス」や「スター・ウォーズ」っぽいです。

魔術、というところがアナクロというか、懐かしい感じというか絶妙な要素ですね。

そして主人公の青メインの衣装に赤いマントというのは、やはりスーパーマンを連想させますよね。

 

要所要所に特に外人向けかなと思える笑うポイントがあって、日本人以外の観客は、もれなくそこで笑っていました。テンポよく話が進んで、時間が短く感じられます。続編あるようなので楽しみです。

 

主人公が天才外科医という設定は、新しいと思います。

びっくりするくらい広いマンションに豪華な車、高級腕時計を何台も所有しているというのは、アメリカってすごい国だなあと感心します。

以前、奈良でバスに乗っている時に、アメリカ人観光客に話しかけられて、形成外科医だと話したところ、なかなか信じてもらえなかったですもんね~。

いまだに僕は、狭い部屋に息をひそめて住んでいて、腕時計はフランク三浦のものを一点のみ所有、駐輪場代金がもったいないので、自転車も処分した貧乏美容外科医ですからね。

 

とはいえ、日々平和に暮らせることに心から感謝しなければなりませんね。

遠くから治療を受けに来てくださる患者さんたちの存在は、プライスレスですね。

秀吉を討て

テーマ:

明智光秀を倒した時の権力者、豊臣秀吉を討つように命じられた根来の若き忍者たちの話です。

 

戦いのシーンは、動きだけでなく、何故そう行動したかにいたるまで詳しく書かれていて、非常にリアルです。映像とちがって、活字の場合、想像力や思考に訴えかける要素が非常に大切なんだなと実感します。

 

後世の名前の残らない登場人物たちですが、いろんな人々がいることで世の中が成り立っていたんだなと思います。

志半ばで、命を散らす忍者たちに涙しながらも、読み進みました。

 

生生しい戦闘シーンなどを読んでいて、僕も司馬遼太郎さんの「梟の城」を思い出しました。

原作も重厚でしたが、中井貴一さん主演の映画もまた、凄惨な場面もありましたが、心に残る作品でした。

 

この作品は、現代的な味付けがされていて読みやすいです。

他の作品も読んでみようと思いました。

神様の裏の顔

テーマ:

 

今日は髪を切ってきてサッパリしました。

 

さてご紹介する本はこちらのミステリー小説です。

神様のように清廉潔白な教師がおなくなりになり、その通夜は誰もが涙したが、実は故人はとんでもない悪人だったのではないかという疑惑が生まれる、というのがあらすじです。

 

ドロドロしたお話のようですが、ユーモアあふれる語り口と、登場人物たちそれぞれの心のなかの声という構成のおかげで単調にならず、テンポよく読めます。

単純なお話に見せかけて、あっと言うどんでん返しがありました。

近年まれに見る著述トリックでしたね。

 

作者はお笑い芸人として活動されていたという経歴もあってか、軽妙な文章です。

こういうスタイルって、ミステリー小説では、あまりなかったので新鮮でした。