またご無沙汰してます。


現在、色々と僕への加害行為は色々と微妙な感じですが、

感情の操作だけは相変わらず酷いです。



さて、ちょいとここで一旦、僕が何をして生計を立てているかを

これを読んでいるウジムシ加害者を中心に公開しておきたいと思います。


もうテクノロジー被害に遭い始めてかれこれ10年目ですが、

どこに行ってもいまだに、僕が何の仕事をしているか分らないとか

怪しいとか、ネット犯罪者だとか、なんでそんなに金持ちなのかとか


もう耳にタコどころか、腐ってしまうくらい

ワンパターンな仄めかしや音声送信をしてくるので、

ここで発表しておきます。



僕は上京してきて、最初の1~2ヶ月を除いて、

現在までずーっと、アフィリエイトのみで生活しています


アフィリエイトとは、ホームページ上に企業の広告リンクを掲載し、

そのリンク経由で何かしらのアクション(資料請求とか販売とか)が発生すると

僕に報酬が発生する仕組みのネットビジネスです。


ま、言ってみればアフィリエイトの報酬とは

広告収入と言って良いわけです。



ちなみに、僕は元WEBデザイナーですので、

自分でホームページを作って、それを運営して毎日の生計を立てております。


また、敢えて付け加えておきますが、

アフィリエイトのみで月数十万円を稼いでおり、

業界ではそれなりの実績を上げているアフィリエイターということになります。



なので、イチイチ、ウジムシ加害者連中をはじめ

世間に何ら後ろ指を指される覚えは、これっぽっちもありませんので。



なんで、これを書いたかというと、

ほんの今さっき、音声送信で、おっさんが

「お前(のサイトやネットビジネス)を徹底的にマークしてやる」

と言い放ちやがったからです。



ちなみに言えば、

被害者にはパソコンの誤作動をはじめ、インターネットを妨害されることは

よく報告されてますが、


どうも加害者連中は、インターネットやらパソコンを毛嫌いしている節があって、

そこにきて、ネットだけでそこそこ良い暮らしをしている僕に至っては

もう目の敵にされてるようで、

毎日のように、ネットビジネスのことをぼろぼろにクサシてきます。



で、そんなに楽して稼いでいい思いをしていい気になるな!と

言いたいようです。



さっきの台詞に付け加えて言われたのが、

「(ネットで生活している)お前のような被害者を世間に出すと俺達が危ないんだよ」と言ってました。


はて?なんででしょう?


なんで、被害者がアフィリエイトだけで生活してるのが世間にバレると

加害者の立場があやうくなるんでしょうか?



不思議ですねー。


おそらくは、自分達が仲間にインターネットしてるとロクな人間にならないとか

インターネットには人を陥れる情報ばかりで、見ない方が身のためだとか

そんなことを教えているとしたら、


ネットビジネスだけで同世代のサラリーマンくらい稼いでいて

しかも言動が至って普通の僕が、被害者だと世間にバレたら、

詳しい被害者(僕)の情報や事情を知らずに加害行為に参加している

加害者連中にどう説明すればいいのか、

また、加害者仲間内での信念みたいなものが崩れてしまう恐れみたいなのを

感じているんでしょうか?



もしかすると、単に、音声送信したオッサンたちの

面子が立たないだけかもしれませんが。




ともかく、このブログを加害者連中が見ているのは確実だと

ほぼ確信していますので、ま、一応ここで公表しておきます。



もう一度言いますが、僕はアフィリエイトのみで生活しています


だから、一日中部屋の中で作業しているのが当たり前の仕事です。

確定申告もしていますので。




以上。



あ、もうこれで世間にバレちゃったか。残念でした~(笑)


AD

レベルが上がってる被害

テーマ:

また、しばらくぶりになりました。


ここ最近の被害は、かなり人格を無視した非常に卑劣な

やり方をされています。


以前も書きましたが、

最近のウジムシ加害者連中の加害方法のレベルが上がってるようで、


とにかく僕の繊細な心理状態を捉えて、巧みに僕の思考および行動を

コントロールしてこようとしていて、もうその僕への思考および感情への

介入の酷さは並大抵のレベルではないですね。


いまだに音声送信の声が複数あって、それぞれに役割分担がなされていて、

以前からの舌打ち一家、現住所の加害者関係、後は創価被害者関係だと名乗る

ヤツらも現れる始末。



それに、最近特に僕の被害の実態について、お前の被害の全容はどうのこうのと

色んなストーリーを作っては言ってきます。


その中でも良く言われるのが、「お前の被害は創価被害そのものだ」というもの。


おそらく、僕のブログの記事を基にしてそう言って来てるとは思いますが、

僕の身内の不幸を笑ったからだとか、お前の親父が創価のお偉いさんになって

お前を狙ってるぞとか、そんな感じ。


で、その中でも良く言ってくるのが、この筋書き。


上京してきて、僕の音声送信担当になった「舌打ち一家」をブログで散々バカにしつつ、僕が連勝してきたのがムカついていて、僕をたたきのめす前に現住所に移ったために悔しかったらしく、僕をボロボロにしたいが為に現住所の加害者と協力して、僕のあらゆる言動および思考を封じ込めるように僕に電磁波や電気信号などを送って、毎日毎日僕の精神状態から体の操作まで、操ってきます。


具体的に書いておくと、簡単なもので言うと、舌打ちが今から「下げるぞ」と言った瞬間に体がずーんと重くなり気分が沈み、「上げるぞ」といった瞬間に体がすーっと軽くなって気分が明るくなるといった感じ。


あと、音声に意識を向け始めると途端に頭がぼーっとなりだし、体も少し硬直して、音声で「今捕まえた!」と言ってはそれ以降の思考や心情が操られている状態になったりします。


またある時は、舌打ちが、「オレがお前(僕)を鍛えてやる」と言い出しては、

まずやつらが言うとことの“捕まえた”状態(僕の体が重く硬直し、精神状態もややブルーになっている、感じの状態)から、舌打ちが言うフレーズに対し、僕がどう反応するかによって、「はい(縛りを)返したね」と言っては僕の心身の拘束のひとつを開放していくといった感じです。(例えば、ぼーっとしていた頭が急にすっきりクリアになるとか)



これだけでも、今まで考えられなかった被害の酷さですが、

それプラス最近では僕の体を動かすことまでやってくるようになりました。


例えば、「お前最近女っぽくなったんじゃない?」と言ってきては

なぜか僕の小指が無意識に立つようになったり、腕や足が無意識に動いたり、

指が引きつってしまうなんてことはもはや当たり前のことにもなりましたね。



あと、困るのが、急激な眠気。

もう部屋に居ると、一日に10~20回も突然眠くさせられ、

もう目を開けていられなくなります。


それで、眠ろうとすると、「眠ったらどんどん(音声とか意識とかを?)入れるぞ」

と言ってきたりもします。



で、一番困ったのは、僕の思考能力ややる気自体をボロボロにされたことですね。


パソコンを開いて何か考えようとしても、なーんにも思い浮かばず、

とにかくぼーっとなるんです。本当になーんにも考えが浮かばない。


被害の事を考えようとすると、今度は「(思考回路を?)繋いでくるか?」と言っては、強い電磁波照射で押さえつけようとします。


で、全部が全部被害のセイじゃないですが、やる気をなくさせて僕が被害のことに関して何にも調べようとする気が起こらず、何もしないでいると途端に「なんで調べようとしないんだ?」「このヘタレ加害者(被害者)!」「もう何にも出来ないならお前なんかケチョンケチョンだ」などと言ってきます。



ただですね、ここまでやられてはいますが、結局全部電磁波で作り上げられたものなんですよ。だって、「今から開放してやるよ」と言った瞬間、さっきまで心身が重苦しかった状態から一瞬で普通の健康な状態に戻るんですから。




ここまで被害がガラッと変わるとは予想だにしなかったことで、

ある意味、今が僕にとっても加害者にとっても正念場と言えなくもないわけで。



で、最後に書いておくと、

僕の被害についての筋書きについて、言ってきてるのが

音声送信がはじまった10年前と同じ加害者かとか、その依頼を受けたプロだとか、また、上京して僕の担当になった舌打ち一家の誰かが僕を気に入ってどうのこうのとか、現住所の加害者の娘にも気に入られてどうのこうのとか、そんなストーリーを毎日のように聴かされています。


結局ですね、今加害者が僕に対して要求してきていることは

もう「結婚」の1点だけのような気がします。


僕は結婚すれば被害がなくなるとは全然思っていませんが、

なんだかんだ言ってですね、いまだに加害者の要求することで一貫して

変わっていないのは、やっぱり僕が誰かと結婚しろということのような気がします。



あ、最後に、一応加害者が言ってきたことで気になったので書いておいてやろうと思うことがあります。


それは、加害者もこの嫌がらせシステムに組み込まれた被害者であって、

嫌がらせをやりたくてやってるわけじゃないヤツもいるんだと。

そして、加害者の中にも早くこのテクノロジー犯罪が解決して、嫌がらせ

システムが崩壊して、自分達もその中から開放されたいんだと。



ま、特に注釈はつけたくないので、書くだけ書いておきます。

AD

前回の記事の補足

テーマ:

前回の記事の補足を。



ベッドに電気が流れていると書きましたが、

後日、ビル管理者の電気設備担当者の方に来てもらい

部屋の漏電などを調べてもらいました。


で、やっぱり、部屋の漏電などは発見できず、

ベッドにも電気反応はないとのことでした。


で、問題の電圧チェッカーの反応ですが、

どうやら僕が使用したANEX製のものは

上部に金属部分があり、それを手で握って検査するのと

握らないで検査するのとでは意味が違うとのことでした。


僕がベッドを検査した時、確か金属部分を握って検査したので、

おそらくは即電気反応ということではないようです。



ということでしたが、全身への痒みは感じたので、

別の何かが影響してるのかもしれません。


では。

AD