ノラリズム

ちょっぴり変態とってもスケベ“高島のら”の残念な日常を公開します。

呟き大

テーマ:

 僕のお節介でまた一人、純朴な青年をチャラ男に育ててしまった

 

昨夜は友人のライブがあって本町のハードロックカフェに行ってきた

 

友達の友達で同じテーブルに着き、初対面のお三方と知り合う事になった

 

僕の隣に座っていたのがヨウ君という見た目も性格も真面目一徹の青年だった

 

初対面なので当たり障りのない会話をして料理を突きライブを鑑賞する

 

二時間ほどの演奏が終わって僕の正面に座っていたお二人は早々に帰った

 

残されたのは僕とヨウ君の二人である、せっかくだし何かしよう、そう思った

 

 

「ちなみにヨウ君は今お付き合いしている女性はいるのかい?」

 

 

「今はいないです」出たーー、「いない」の前に「今は」を付けるカワイ子ちゃん

 

 

僕はシャイで自尊心の強い31歳のヨウ君を完全に惚れこんでしまった

 

黒縁メガネ、ファッションも無難で短髪に帽子を被ってネルシャツ、スニーカー

 

真面目で女性に縁がなさそうなヨウ君を僕のトークで意識改革させてみよう

 

 

「ヨウ君は彼女が欲しいの?」 「めっちゃ彼女募集中です!」

 

 

やった、食い付いた、時間は22時、まだまだ夜を楽しめそうだ

 

僕の趣味は真面目な青年をチャラ男に意識改革させる事、今夜の獲物はヨウ君だ

 

 

なぜ僕がこんな趣味を持ってしまったかというと、この国の未来に対する危機感だ

 

20代、30代で恋人がいない割合は70%を超えるというデータを知った

 

「草食系男子」と言われる昨今、データは恐ろしい数字を叩き出す時代になった

 

このままではこの国は亡びてしまう、そう思った僕は立ち上がったのだ

 

何かと自分に言い訳をこしらえて恋愛以外のエンタメで代理満足している男たち

 

日本の将来を担う彼らを「肉食系男子」に変えてみよう、そう決意したのだ

 

 

「ヨウ君は彼女が欲しいんだよね?」 「はい!欲しいです!」

 

 

「自分は何もしなくてもいつか女性の方から告白してくれる、そう思ってないかい?」

 

 

「うっ…、図星です」そうなのだ、草食系男子は結局のところ

 

 

自分から告白するリスクを女性側に負担させて、自分は無傷でいたいという保身がある

 

棚から牡丹餅で恋人ができるほど今の恋愛市場は甘くない

 

泥水を頭からぶっ掛かってボコボコに傷ついて、それでも砂を掴んで立ち上がる

 

そこまで自分を犠牲にして頑張った者だけが恋人と言う美酒を味わえるのだ

 

 

1時間以上かけてみっちりとヨウ君をチャラ男に洗脳した、闘志が湧いてきたようだ

 

さっきまでとは別人の様な目つきになって「僕!頑張ります!」と宣言してくれた

 

「今夜、この場でのらさんに出会えた運命に感謝します!」とまで言ってくれた

 

偶然にも二日後に日本酒の飲み会があるようなのでヨウ君に宿題を出した

 

 

「その飲み会で一番気に入った女性から連絡先を聞き出してくれ」「マジっすか!?」

 

 

「出来ななかったら、丸刈りにするで」「マジっすか!?」これくらい尻を叩かなくては

 

 

ヨウ君とさよならをして、ふと我に返る、僕の言う通りにして成功しなかったとして

 

僕に恥をかかされたと逆恨みされて、背後から100均の包丁で刺されたらどうしよう

 

純朴な青年をチャラ男にではなくモンスターに育ててしまったかもしれない…。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。