• 31 Jul
    • ヒトコト力

      メンバー育成の話題の中で、 ホウレンソウがありますが 「ホウレンソウができる人とできない人」を 大きくわけるものに 言いたいことが、一言で言えるか という点があると思います。 「ヒトコト力」。 この力が強い人は話が早い。 上司としてもいいも悪いも 早く伝えることができるので 本人にとって軌道修正がしやすいですよね。 逆にいえない場合は、 頭の中が整理できてないことがおおいです。 一緒に仕事をしているリーダーや メンバーにこれをお願いしていますが メキメキ成長しています。 私もついつい大きな話になると 整理できなくなることもあります。そのときは A4やA3などの大きめの紙に 手書きで書くようにして整理しています。 「ヒトコトしか言わない」と決めれば、 自然とより大きなものに 集中できるはず。 どんなヒトコトで、 自分を成長させるのか。 私もヒトコト力を鍛えます!

      1
      テーマ:
  • 29 Jul
    • でっかく考えろ

      デカイ仕事を、宣言する。 先日の人事本部合宿でも メンバーに浸透すべく使った言葉。 人事マネージャーT井氏。 http://ameblo.jp/nantonaku-blog/entry-10120579247.html デカイ仕事を宣言する人というのは、 勇気ももちろん持っていると思いますが それ以上に宣言することの効果を 理解しているのだと思います。 ちょうどアメブロでブログをはじめてくれた 秦氏もそう。 ビジネスコラボ社長のブログ http://ameblo.jp/future-gate/ たまたまですが、 同じ高校の同級生。 ビジネスでまた近くで やれることはすごく刺激になります。 大富豪トランプのでっかく考えて、でっかく儲けろ/ドナルド・トランプ&ビル・ザンカー でっかく儲けろ、という言葉に いろんな反応がありそうですが、 さすがビジネスで復活までした不動産王。 でっかく考えれば でっかいことを実現できる。 考えることをやめ、行動に移すのだ。 などなど学ぶことが多いです。 思いっきり、 でっかく考えるクセづけ。 自分の行動に、意識して盛り込みます。

      テーマ:
  • 28 Jul
    • ジギョつく説明会 90名参加

      今日はジギョつく説明会第二回。今回は広告代理店部門が入っているマークシティで開催。今日は50名の参加!先週の開催分と足すと、合計90人。ほぼ過去最大の人数。社長をはじめ、役員は出してくれた人と事業に注目している。今日のセミナーに出たかどうかは問わず、当社メンバーからたくさんの応募が来るのを楽しみにしています

      テーマ:
    • マガ

      この土日に、姉や兄とランチ。 そこで姪にあたる 女子高生とネットの話をすこし。 「ブログはよく見るよ!」 「アメブロもよく見るよ!」 よく使うのが ブログ、ミクシィ、メルマガとのこと。 メルマガのことは「マガ」と呼ぶらしい。 大体50種類くらい、 「マガ」を登録しているとのこと。 そんなにとってないなぁ。 自分の知らない世界の話で、 なかなか新鮮でした。 

      1
      テーマ:
  • 26 Jul
    • 人事本部合宿2日目

      人事本部合宿2日目。 今回の合宿は、 「極めて」有意義でした。 (1)ワークリ業務の捨てる会議 他部署のチームについて、 業務整理のための会議。 プレゼンはめちゃくちゃもりあがりました。 http://ameblo.jp/muovere/entry-10120223754.html http://ameblo.jp/ergodic/entry-10119904998.html (2)人事本部の組織について。 特別ゲストとしてR社のM井さんに きていただきました。 すごい知識量。びっくりしました。 本当にいつもお世話になっています。 (3)キソテコデスマッチ 基礎力テコ入れデスマッチ。 人事本部マネージャーが必要と考える 基礎力を20項目をリストアップし、 普段のグループと違う人とチームを組んで 1ヵ月後にその得点を競い合うというもの。 普段絡まないメンバーの議論。 相当いい効果が生まれそうです。 (4)デカイ仕事宣言 ひとりひとりの所信表明演説。 「私は、これをやります!」 一人ひとりの思いを聞いていて、 正直胸が熱くなりました。 本当に良い合宿でした。 人事本部としても、 事業部サイドにも協力できるように さらにがんばっていきましょう。 進行してくれたT井マネージャー、 本当におつかれさまでした!!! http://ameblo.jp/nantonaku-blog/

      テーマ:
  • 25 Jul
    • チーム横断の捨てる会議

      人事本部合宿。 この7月に情報システム部門の 一部メンバーに人事の仲間にはいってもらったこともあり 合宿をして部門全体の一体感をつくることにしました。 人事本部の新体制についてはこちら。 http://ameblo.jp/dekitan/entry-10116765954.html そのメンバーは3人です。 真ん中のA在さん。 電化製品を集めるのが趣味ということで デジタルグッズが好きな私としても いろいろ教えてもらっています。  中央がO澤さん。 以前は製薬会社で情報システムの担当。 趣味はストリートダンス。 右にいるのがK谷さん。 頼りになるお兄さんキャラで、  丁寧な仕事振りが本当に助かってます。 複数部門が一緒になって何をやっているのかというと 部署横断で、削るものを議論 しています。 現場のメンバー一人一人からすると 管理部門で問い合わせ窓口が 多すぎると、混乱が生じやすい。 人事の中でも新設された オフィス・総務・情報システムを担う 「ワークリ」 (ワークプレイス・クリエイトチーム)のために みんなでムダを捨てるための議論。 ちなみにこの部署横断の議論はなかなかよいです。 同じ利害を持ちながら、普段かかわらない人と議論すると 新しい発見もたくさんあるようです。 やりたいこと、新しいことはたくさんあるけれど 思い切って捨てないと、 思いっきり新しいことはできない。 成果を出すために、捨てる。 捨てる議論はこの午前中まで。 午後は大きな成果をどう出すかについて議論します!!

      テーマ:
  • 24 Jul
    • ジギョつく説明会

      ジギョつく。 半年に1度の、新規事業プランコンテストです。 社内のポスターが作成されました。 エニアグラムフリークが また定着しそうですね・・・ 今回はカルタ?のようなイメージで、 各役員・事業責任者で1人1枚ポスターが 作成されています。 現在社内のホームページも作成してもらっていますが 今回も目を引くものを作成してくれました。 U野さん、N垣さん、そしてN位さん。 本当にありがとうございます。 そして、今日はジギョつく勉強会。 (不参加でもジギョつくの応募はできます。) 今日は約40名が参加してくれました。 会議室がいっぱいになるほどで、 前回より倍増くらいの勢いです。 ジギョつくで勝つためのポイント。 投資育成事業部責任者のT島。 前回優勝者、Sさんからのプレゼン。 ともに説得力あり、 私自身がすごく勉強になりました。 私からも 「ジギョつく人材論」と題して 当社内の人材抜擢などについて ジギョつくを絡めて話をしました。 今回は人事のHさん、Yさんと一緒に 取り組んでいますが、前回よりも 大きく改善することを前提に取り組んでいます。 そのままでいることは、誰でもできる。 この全社のイベントを 一人でも多くのメンバーに活用してもらって 優秀な人材を抜擢するチャンスにしたい。 特に普段忙しくてしている メンバーや管理職などでも 挑戦した人が、思いっきり楽しめる。 今回は、そんなジギョつくにしたいと思います。

      テーマ:
  • 23 Jul
    • 「ジギョつく」優勝プラン開始!

      本日から、 Amebaプレゼント がスタートしました!!! http://ameblo.jp/staff/entry-10119176325.html どうやら一回はお試しで好きなユーザーに プレゼントが送れるみたい。 これは当社の新規事業プランコンテスト 「ジギョつく」 で前回優勝したアイデア。 Sさんによるものです。 ちょうど来月、 ジギョつくのタイミングということで 非常にうれしいです。 さっそくいくつかもらいました。 なぜこのプレゼントなのかは 意味不明ですが・・ >サイバーエージェント社員のみなさん、 (業務連絡です) 本日からジギョつくの説明会が始まります! 本日と月曜日に実施となりますので ぜひ参加してくださいね!

      テーマ:
    • 内定者研修

      昨日は内定者研修がありました。 5人くらいで1チームになって 自己紹介をするビデオを作成するというもの。 社長など役員も複数名参加しただけでなく 現場の社員にもたくさん参加してもらいました。 たとえば広告代理店部門のN氏。写真も拝借。 http://ameblo.jp/hirofumi0228/entry-10119088145.html 映像もどれもレベルが高くて、 映像以外のプレゼンテーションが 凝ったものもありました。 社長の藤田からは、 すべてのチームに対してコメント。 そのあとも懇親会では 先輩もたくさん交流しながら 内定者と話をしました。 「集まるのが大変だったけど こういう取り組みは面白かった」  「優勝できなくて悔しいのでまたやってほしい」 「2009年の内定者は 例年と比べてどうなんですか?」 「どうやったら人事本部長になれるんですか?」 (^▽^;) などなど、素朴な疑問がたくさん。 昨日話ができなかったメンバーも いたのが残念ですが、 全員と入社前に面談したいと思います。 次は10月の社員総会のときに 内定者には集まってもらう予定。 また会えるのが楽しみです。 >2009年度内定者のみなさん 自分たちの可能性に挑戦して 突き抜けてくださいね!

      テーマ:
    • ITロードマップ

      ITロードマップ。 ITロードマップ 2008年版―情報通信技術は5年後こう変わる! (2008)/野村総合研究所技術調査部 この7月から人事本部に 社内情報システムの部門が 一緒にチームとして入ってくれたことで、 今一番情報収集をしているのが この社内ネットワークに関する分野です。 メンバーから何冊も お勧めの本を教えてもらいましたが まずはこの本を読んでみました。 NGNとか シンクライアントとか SaaSとか さまざまなキーワードがありますが、 まずはメンバーのストレスをなくしたい。 さくさく動くPCとか 重くないファイルサーバーとか。 まずはそれをどこまでできるのかを 挑戦したいと思います。 メンバーも相当気合入れてくれているので これかが楽しみです!!

      テーマ:
  • 22 Jul
    • 柔和な剛腕

      強いリーダー 良品計画 松井忠三会長 V字回復へ柔和な剛腕 この記事に、勇気をもらいました。 自分が社長となったときに 徹底的に現場を回ったこと。 「ムジっぽくない」という現場の 上司の言葉を、共通言語化の マニュアル化したこと。 それまで個々人のノウハウだった バイヤーの仕組みを 共通フォーマットという 仕組みをつくって抵抗を封じたこと。 原因不明の鼻血が出続けても、 現場ではおくびにも出していなかったこと。 現実は、変えられる。 社会の矛盾だろうと、 企業に巣食う因習だろうと 変えられる。 こういう経営者のメッセージは 自分のまだまだという点を 痛感させられます。 その信念を貫いて 業績を回復させた経験は 純粋にカッコイイ。

      テーマ:
  • 21 Jul
    • タイ古式マッサージ

      肩がこったので タイ古式マッサージにいってきました。 仕事ではいつのまにか 力が入ってしまって 肩や腰が硬くなりがち。 スポーツジムに行って 体をリフレッシュさせることとセットで マッサージも週末の楽しみの一つです。 googleなどで探して 実際にいってみたのがここ。六本木でした。 http://www.chai.jp/index.html アメブロでスタッフブログもありました  http://ameblo.jp/chaiblog/ タイ古式マッサージというのは 神戸に行ったときにはじめて経験しましたが なかなか良いです。 マッサージ×ストレッチみたいな感じ。 神戸のバンクンメイ。 ここもすごくよかったです。 http://www.bankunmei.com/ 普段忙しい人ほど、 リフレッシュのテクニックを 多く持っておくことが大切ですよね。 ずいぶんリフレッシュできたので これからDVDでも見ようと思います  アース スタンダード・エディション

      テーマ:
  • 19 Jul
    • 2年目研修

      先日、2年目研修を実施しました。 私は午前中の進行役として担当。『経験サイクル会議』という新しい会議手法を取り入れました。いつもお世話になっているJフィールさんに教えてもらったのを参考に考えました。5人位で一つのチームを作り、悩みや課題を経験談をもとにヒントを見つけあうというものです。★経験のみ話す★見聞きしたものでも良い例えば、情報収集について誰かが課題を提示したら他の人が自分の情報収集術を話す。経験談なので上から目線でもなく受けとめやすいノウハウ共有会議みたいな感じです。みんなの成長のヒントが増えていればいいなあ。

      テーマ:
  • 18 Jul
    • 15分で成功事例を共有する

      人事本部は20名以上の組織なので、 情報共有がタイヘン。 でも横の連携はとりたい。 ということで 各メンバーの良いトピックスを 共有するシートを 給与労務ディレクターの H野 に作成してもらいました。 名づけて 「ホットピシート」 人事本部の定例ミーティングで、 ホットトピックスを書いて みなで回覧することで 共有を促進するシートです。 インターンのエントリーが○○名超えた! 内定者バイトのKくんが元気でよい! 新チームがずいぶん連携とれてきた! などいろんな声が拾えています。 月に1~2回共有する予定です。 紙1枚ですが、 これはヒットツールになるかも。

      テーマ:
  • 17 Jul
    • 日本の力

      「アジアで最も豊かな国」から転落した日本 http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/140/index.html 自分の国がこう書かれるのはくやしい。 そんな中でも このインターネットという産業は 日本だけでなく世界で 成長を続けているし、 しかもまだまだ伸びる余地がある。 こういう業界で働けていること自体、 本当にありがたいと思います。 私たちの世代が世界で活路を開くためには 知恵の勝負や知識労働でこそ勝機がある と思っています。 当社のサービスも 海外から利用されるケースが 増えてきていて これからさらに海外での展開を 広げていくことは間違いない。 そのためにも、 英語力を鍛えなきゃと焦るだけでなく ビジネスの知恵と、 決断の経験値 を高めるというところに 当社の人材育成の考え方でも 集中したいと思います。

      テーマ:
  • 16 Jul
    • 人事本部の新体制

      この7月1日より、 人事本部を組織改編しました。 このたび人事本部は 「3つのグループと1つのプロジェクト」に 再編することに。 (1)新卒採用グループ (2)事業部支援グループ (3)全社人事グループ (4)育成活性化プロジェクト イメージです。 ================================================ (1)新卒採用グループ 私も責任者の一人として、2010年もよい採用が できるようにがんばります。 ================================================ (2)事業部支援グループ 「事業部内の育成」「事業部別の採用」などを担当します。 ================================================ (3)全社人事グループ 2つのチームで構成されます。 (A)給与労務チーム 給与や労務などのフォローをするチーム。 (B)ワークプレイスクリエイトチーム  (通称「ワークリ」)【新設です】  オフィス設備や総務部門だった 旧ワークスタイリング室と、 情報システム部門だった 旧コーポレートIT室のインフラチームが合併しました。 「創造的なオフィス環境(ワークプレイス)をつくろう」と、 チーム名に思いを込めています。 ================================================ (4)育成活性化プロジェクト 育成活性化施策やイベントを全社横断で舵取りします。 いろんな方々にご協力いただくため、 グループと組織を固定化するのではなく プロジェクトという名称をつけました。 新規事業プランコンテストの「ジギョつく」や 社内異動公募制度の「キャリチャレ」、 社員全員でのグループ総会などの舵取り。 ================================================ 先日ランチに行った際に撮影した、 新生・人事本部リーダー陣。 現場メンバーの生産性が少しでも改善できるよう、 私たちも精一杯がんばります!!!

      テーマ:
  • 15 Jul
    • 日経新聞

      日経新聞。 人事本部メンバーも 当たり前のように 読んでいると思いきや・・・ 実は読んでいる人が 少ないことが判明。  正直、ショックでした・・・ しかし、最近変えた 朝会コンテンツがなかなかよいです。 人事は総勢20名以上で 朝会をやっているのですが 毎朝、ランダムで指名し 指名された人が今日の記事から 気になったものと自分なりの 見解を話してもらうというもの。 いかに短い言葉で周囲に伝えるか。 プレゼン力の強化にもなります。 さらにそのメンバーに、 カベにあるホワイトボードに その記事のタイトルを書いてもらっています。 毎日書いていけば、 みんなの取り上げる記事の レベルがどんどんあがってきそう。 名前も書いているので ランダムであてても重複が少ないですし。 読むのは当たり前。 日々読んで自分なりに考えることで 確実に俯瞰力も鍛えられます。 毎日のみんなからの コメントが楽しみです。

      テーマ:
  • 14 Jul
    • 人材育成

      先日、渋谷で働く浪速の ベンチャーキャピタリストのブログを 書いている当社投資育成部門のT島とランチ。 http://ameblo.jp/sousan-no1/ 軽い打ち合わせをかねて ランチに行くつもりが、 ついつい熱い話に。 T島とはいつもそうです。 これがなかなか面白い。 今回は人材育成に関する議論。 そこでT島から上がった書籍。 企業参謀 (講談社文庫)/大前 研一 地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」/細谷 功 物事を俯瞰した上で、 仮説を立てて考える力。 T島も、よりメンバーを育成するには どうすればよいかを日々考えています。 同世代ということもあり、 刺激をもらっています。 この本も、これから読んでみます!

      テーマ:
  • 09 Jul
    • 棚おろし会議効果!?

      棚おろし会議。 成果を出しながら、 効果の高い仕事スタイルを確立して ムダや時間を圧縮する会議。 どんどんバージョンアップしています。 昨日は代理店部門の営業チームの第二回目。 この営業部門の統括D達さんもブログを書いてくれました。 http://ameblo.jp/shibuya-home/entry-10114167085.html この会議の効果か、 ★3ヶ月連続達成 ★帰宅時間圧縮 が共に成功しています! すばらしい! 施策をいくつか共有です。 ・MTG30分ルール ・MTG事前共有シートでアジェンダを事前準備 ・メディアプランの統一 ・PCスキル(ショートカットキー)の共有 ・がんばるタイム ・NO残業デー ・局内担当責任制(情報提供・勉強会など) ・情報システムのスーパー便利帳 ・メールテンプレート機能の浸透 ・依頼のデッドライン付け ・18時になったらTODO整理 ・CAON承認の目標設定 ・ネットトレンド共有の新聞 このチームがすごいのは自主的に施策を実施していること。 引き続き、がんばりましょう!!!

      テーマ:
  • 08 Jul
    • 組織感情を調査する

      先日、インターネット広告事業本部の 営業部門の朝会に参加し、 ひとつお願いをしてきました。 「組織感情調査」への協力のお願い です。 これは最近、私が注目しているもののひとつです。 現在組織が拡大している中で 私も含めてリーダーやマネージャー陣の 成長をバックアップすることはとても 重要だと考えています。 特に、 成長への気づき を提供すること。 こちらから一方的に何かを教えるのではなく、 「気づき」の場を提供し変化をバックアップする。 その気づきを提供するひとつのサービスとして、 この「組織感情調査」を実施しています。 もともと360度評価なども検討し 以前も実施したことがありますが どうしても人によってちゃんと受け止める人と そうでない人の差がはげしい。 なんとか、自分の強みと課題を うけとめやすい調査はないものだろうか? ということで 「Jフィール 」の高橋さんに相談したのがきっかけです。 この組織感情調査は下記のような特徴があります。 ひとことで言うと、 上司の「マネジメントスキル」の360度評価です。 もう少し詳細は下記のとおり。 ・「人間性」ではなく「マネジメントスキル」の評価  →上司が狙っている「組織感情」が出ているかどうかのチェック ・「仕事が楽しい」「組織で成果を出せている」などの感覚・感情の質問 ・組織を4つの感情で区分し実態を把握する   →イキイキ・ゆったり・ギスギス・ひえひえ ・自分と組織の観点で4つの回答から選ぶ  「自分もそう思うし周囲もそう思う」  「自分はそう思うけど周囲はそう思わない」  「自分はそう思わないけど周囲はそう思っていない」  「自分はそう思わないし周囲もそう思っている」 ・1人5~10分程度 アメーバ事業本部で、先行して実施しました。 事業部全体については下記のような感じです。 アメーバは「イキイキ・あたたか型」 (いい感じ) 組織感情としては、理想的な状態に近い。 チーム力が強み。 主体性を発揮できる環境をつくるとさらに強くなれる。 これを、ディビジョン(局)別にもデータが出ましたので それぞれのゼネラルマネージャーにお渡ししました。 部署と連携しながら定期的に取得し、 改善していきたいと思います。 広告代理店部門では現在このアンケートの 回答を募っています。 広告代理店部門のみなさん、 回答よろしくお願いします!!

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。