• 31 Aug
    • 11/2に組織活性化フォーラム

      11/2(金)に行われる、 「組織活性化フォーラム2007」というイベントにて 講演をさせていただくことになりました。 http://www.businesscoach.co.jp/forum/forum071102.html つい先日、ちょうど募集を開始したとのことでした。 この講演はビジネスコーチ の泉さんから お誘いいただきました。 他の方もマクドナルドの元人材開発室長や ベリングポイントのマネージャーということで とても楽しみにしています。 こういう場の良いと思うのは、 講演の後の情報交換。 いろんな方々と少しであっても 議論ができるのでたくさんの 気づきを得ることができます。 当日お話させていただく切り口は、 「若いメンバーの活性化」です。 どういうものを喜んでくれて、 どういうものに反応が良くないのか。 私たち自身の制度もまだまだ 改善の余地がありますが、 少しでも何かのきっかけになる情報が ご提供できるようにがんばります!

      テーマ:
  • 30 Aug
    • 人生相談

      テーマ:
    • なぜ上場企業経営者になれたのか

      関東ITソフトウェア健康保険組合の議員として 新しいビルの落成式に行ってきました。 関東ITソフトウェア健康保険組合 http://www.its-kenpo.or.jp/index.htm 今回大久保にできたビルで、 健康診断の施設が会員数26万人に対して 手狭になったとのことで新築したものです。 理事長でもある会計ソフトPCA 会長、 川島さんからのご挨拶。 当社も含めた組合員一人一人にとって 使いやすい環境整備にものすごい情熱を お持ちです。 今回もそうですがこの組合の会議に 参加されている議員の方はたいていが 会長や社長などの経営者の方々。 一方で私は32歳。 30歳台が一人もいないので、 勉強になります。 昨日の食事会では ジャスダックに上場されている コムチュアの向井社長 と 東証一部上場の ワコムの山田社長 とご一緒にお食事をさせていただきました。 こういうときにいつもお伺いする素朴な疑問は、 「なぜ経営者になれたのか(なったのか)」 ということ。 偶然そうなったという方もいらっしゃいますし 狙ってやったという方もいらっしゃいますが、 現状からの視野を、 どれだけ広げる意識を持っているか という点が大事な気がします。 私も前の会社にいたときには、 「リーダー」とか「決断をすること」 などがまったくイメージできませんでした。 自分の権限や裁量を大きくしたいのであれば そういう環境に身をおくなど、 自分からの動きが必ず必要になりますね。 仮に今が「小さい」のであれば 少なくともイメージトレーニングしたり 先輩社員と相談するなりして視野を 広げることが必要かもしれません。 自分で会社を創り、 動かし、悩むということは やはり体験しないとできないこと。 そういう環境を当社でももっと多く創って、 私自身もより大きな挑戦ができるよう、 いろいろ試したいと思います。

      1
      テーマ:
  • 29 Aug
    • マネジメントの幅を広げる

      管理職になればなるほど、 トレンドにあわせて変化することが必要。 変化対応力の高さが、求められる。 先日、当社のシニアマネージャーとの 面談がありました。 「お!この人は成長しそう!!」 と感じた面談でした。 今後のキャリアや 自分の成長課題について話をしていたとき、 「マネジメントの幅を広げたい」 そう彼は話をしたのです。 「自分の強みは○○なのですが、 一方で□□な部分でメンバーに 迷惑をかけていたところもあったんです。 メンバーを成功させたいという思いがあっても うまくいくメンバーがいたり、そうでなかったり。 会社の成長と、メンバーの成長を ちゃんと結び付けたいんです。 ここ最近ちょうど気づきのイベントが多くて、 マネージャー合宿 ジギョつく(事業プランコンテスト) 組織変更 などなどがあったおかげで いろいろと考えられました。 その結果、 まずは自分を変えなくては、と気づいたのです。 なので、マネジメントの幅を広げたいんです」 しびれました。 これは簡単なようで、とても勇気のいることです。 気づきのきっかけとなる場を活かし、 (合宿研修や事業プランコンテストなど) 自分に対する「猛烈な反省」をして、 次に進むべき「ゴールを設定」する。 上に行けば行くほど、 「今のワタシ」を守りたくなってしまう。 これでは、成長が遅くなる。 むしろ、成長しようと思っている他のメンバーの 足かせになりかねない。 挑戦からしか、 成長は生まれない。 それを気づかせてくれた、 とても気分の良い面談でした。

      1
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 最近の私

      2
      テーマ:
    • 内定者研修

      本日は2008年4月に入社する 内定者の研修がありました。 同じチームのメンバーを 紹介するビデオを作りコンテストを 行うというもの。 1チーム6名前後。 顔と個性が見えるという意味で、 このコンテンツは本当によいです。 試行錯誤の中で、チームワークの 楽しさと大変さも感じていると思います。 約15チームの映像をみたことになりますが、 本当に「あっ」という間。 それくらい、面白かったし レベルも高かった。 役員の多くも参加し、 先輩社員とともに投票で優秀なチームを選出しました。 全チームに対して、 渋谷ではたらく社長から総評。 総評が終わった後の、 みんなのいい顔は見ていて とても気持ちよかったです。 来年、彼らが仲間として入ってくるのが 余計に楽しみになりました。 みなさん、期待して待ってます!!!

      テーマ:
  • 27 Aug
    • 本社機能マネージャー1日合宿

      本社機能のマネージャー合宿。 当社の本社機能のマネージャー合宿は、 担当役員でもある中山の意向もあって 「シンクロ(意思統一)」に並々ならぬパワーをかける。 渋谷ではたらく常務のアメブロ http://ameblo.jp/golfer/entry-10044746723.html 写真は人事Tさん のアメブロから。 今回のテーマは「シングル化」。 本社機能も大きくなってきて、 各部門が強くなってきました。 しかし組織は大きくなっていくと、 ある問題が出がち。 「1人1人の余幅が、 組織全体を致命的に遅らせる」 ということ。 調整に時間がかかったり、 スケジュールに「すこし」 余裕を持たせたり。 出すべき組織成果が、 いつのまにか調整ごとで もみ消されるなんてことに なりかねません。 なので一人一人が、 最大限可能性を発揮し 最大の成果を出すために 必要なことを議論しました。 このために、 私たちも変わる必要があります。 時流や状況が変わるのだから、 私たちも変わって当然。 その変化対応力の高さこそが、 成果を出し続けられるポイント。 今週も、がんばるぞ!

      テーマ:
  • 26 Aug
    • 結婚おめでとう!

      先日財務経理担当のマネージャー、 Kさんが結婚!  二次会に参加しました。 Kさんの仕事ぶりはいつも誠実。 きっと家庭でも誠実なんだろうなぁ。 本当にお二方は幸せそうでした。 末永くお幸せに!!! 

      テーマ:
  • 24 Aug
    • 報告だけの会議

      昨日は毎週定例で行っている 人事本部のマネージャー4人での会議。 私たち人事本部の 定例マネージャー会議は、 毎週1回、2.5時間。 当社内の多くの部署が聞いている限り 30分か1時間程度の定例が多いようですが ずいぶん続けてみて、 この時間くらいが現状では適切とわかりました。 ちなみにたいてい1.5~2時間で終わります。 この余裕がゆとりあるアイデアを生み出し、 活発な議論を促進してくれます。 先日のマネージャー合宿でも 役員の西條 から 「報告会になったり当事者意識を もてない会議はダメだ。 戦略をきちんと考えられる場にすべき」 というアドバイスがありました。 しかしこの会議体も、 今の4人だからこの時間が適切である といえると思います。 人数が増えたり組織が変わったりしたときには 回数や時間も変わるはず。 戦い方をきちんと決めて、 時流にあわせて変わっていくという 柔軟性も大事だと思います。 そんな中で私が会議体を決めるときに 重要視しているのは、 (1)「単純な報告会」になってないか 「報告だけ」は何も生まない。 組織成果に対しての次のアクションを 決めることが大事ですもんね。 (2)「現場の問題」が出やすいか いいことだけではなく、 むしろ問題点や自分自身や組織に対する メンバーの意見や提言はないか。 困っているメンバーはいないかを把握して アクションを考えるというものです。 (3)「将来への議論」ができる遊びの時間があるか 何かの議論をしたときに、 ふと「役員・メンバーの発言」や 「考えるべきトレンド」などがあがったりします。 そこから少し脱線して議論を深め、 マネージャー陣の意思統一度合いを 高めることも大切です。 このようなところでしょうか。 「会議をつくる」ということは、 そこに参加するメンバーのうち、 もっとも権限の大きいメンバーの 実力が試される場だと思っています。 会議というのは他部署には なかなか見えないものですが 参加者が能動的に参加するような 会議体をつくれるかどうかこそ、 経営力の1要素が問われる部分だと思います。 私も改めて自分が参加している 会議体について、見直してみたいと思います。

      テーマ:
  • 23 Aug
    • 自分を知る方法

      自分を知る方法。 ビジネスパーソンや リーダーとして成長するには 自分を変革させなければなりません。 そのためには 「自分を知る」ということはとても 大切なことです。 みなさんはどういうツールを ご存知でしょうか? いろいろありますが、 当社内では「エニアグラム」が 比較的わかりやすい共通言語になっています。 何か研修ネタが不足すると 「そやまくんのエニアグラム講座をやれば?」と 役員からも言ってもらっています。  エニアグラム無料診断 http://shining.main.jp/eniatest.html ちなみに私は完璧主義者のタイプ1。 http://shining.main.jp/enia1.html さて先日、「EQ」を日本に導入した 「EIリサーチ 」の渡辺さんとのミーティングの 機会がありました。 私ふくめ人事マネージャー陣3人の EQ分析をしていただいたのですが、 これが面白いほどにあたる。 私については 成果を絞って仕事をしているので、 取りこぼしを拾ってくれるサポーターがいないとダメ 仕事のスタイルは変革型。 どんどん改善していきたい人。 仕事にはムラがない。 などなど。 他のメンバーだと 自己主張がはっきりしている くよくよしない 営業向き などなど、私たちが普段口にしてなかったけど そのとおりということがバシバシアドバイスで 出てきました。 これはすごいです。 この診断にセットで研修もあるとのことで また後日相談させていただくことになりました。 最後に言われたのは これはいわゆる人事の人の傾向ではないですね。 営業の傾向です。 御社の人事は、営業型人事ですね。 ということ。 どんどん情報収集して、 現場の声を拾って 経営とシンクロさせる。 営業型人事として、 全社業績に貢献していきたいと思います!!!

      2
      テーマ:
  • 22 Aug
    • 早朝出社のススメ

      ここ2日ほど、 朝6:30ごろに出社しています。 今は8時ですが、 朝食をとりながら 新聞を読んで メールを返信して 今日のTODOを確認して ということで、いつも朝やりたいと 思っていることが終了。 あと1時間で、自分でやりたいと 思っているTODOも手がつけられそうです。 いつもは7:30前後に出社しているのですが これでもずいぶん仕事がはやく進みます。 私の周りでも、早朝出社がずいぶん ふえてきました。 共通していえること。 朝早い人には、 仕事ができる人が本当に多い。 そう思いませんか? 早起きのメリットを本当に理解して 自分を動かすことができるかどうかが キモですね。 ・電車やバス交通機関がすいている  ・人より早く情報収集ができる   (新聞を読むのが人より早い) ・会社に電話がかかってこない  ・社内に人が少ないので静かで集中できる  ・他の社員から声をかけられない  ・「おはようございます」をたくさんいえる  あとは何より、私はこの最後のものが一番大切です。 ・特に晴れている日は気分がいい   (空を見上げると9時の朝より7時の朝のほうが気持ちがいい) 私も社会人1~2年目までは、 会社の集まる時間ぎりぎりに行っていましたが、 これではあせるだけ。 引越しを機会に、早く行こう!と 決めて試してみてから、すっかり早起きが クセになりました。 慣れるまでは大変ですが、 多くの方々に上記のメリットを味わってほしいと思います。 毎日味わえるこれらのメリット、 本当にオススメです。

      4
      テーマ:
  • 21 Aug
    • 14年ぶり

      昨日は、 縁あって高校の後輩と卒業ぶりに会いました。 当社のメンバーがたまたま商談で会い、 私が共通項として話題になったとのことが きっかけです。 高校卒業が1993年なので、14年ぶりです。 神奈川県立市ヶ尾高校。 すごくのどかな高校でした。 そんな中で私がダンス(ヒップホップ)をやって いたところに、1学年下の彼らが一緒にやりたいと 声をかけてくれたところがスタートです。 証券会社ではたらくH谷川さんと 雑誌などの制作の会社ではたらくHさん。 今日のお店はそのHさんの会社の 経営するお店でした。 六本木マテリオ http://www.it-net.ne.jp/materio_honu/pongi.htm H谷川さんは今月から香港へ行くらしく、 投資マネージャーをやられるとのことですし Hさんも現在取締役。 高校時代の仲間が こうやって各業界で活躍しているのを 聞くのは本当にうれしいです。 最近ではブログやSNSなども あるので情報は増えましたが、 知人の仕事での活躍がわかるサイトが あったらいいですね。 いい刺激をもらいました。 上を向いている人と話をすると、 素直にモチベーションがあがりますね。

      1
      テーマ:
  • 20 Aug
    • 営業のコツ

      「営業のコツ」。 私のブログにきていただく 検索ワードでいつも上位にある単語です。 私も人事に異動してくる前は 営業をしていました。 しびれるほどの醍醐味も なかなか受注が取れないときの タイヘンさも味わっています。 当社メンバーからも 営業のコツや経験談を 相談されることもありますが、 いつもオススメしているのは、 聞く力を鍛えること。 特に一番理想的だと思うものは、 自分の提案を混ぜながら聞くこと。 私も営業始めたころは、 しゃべりっぱなしでした。 これは本当に敬遠されがち。 「こういう切り口はいかがですか?」 など自分の考えを織り交ぜながら 聞いてみる。あくまで判断の主導権は 相手にもっていただくのが大事です。 そんな中で 最近仕事でお打ち合わせをご一緒 させていただいた中でしびれた方々がいました。 サンプル百貨店 を運営されているルーク19の 社長渡辺さんと副社長飯島さんです。 世界No.1セールスウーマン2人が書いた 営業のバイブル/渡辺 明日香 ¥1,575 Amazon.co.jp お二方とも、 ブリタニカで世界1の 営業成績を収められたとのこと。 とにかく話に引き込まれました。 まさに聞く力とご自分の考えを あてられるバランスが絶妙です。 相手と仲良くなるためには 名前を呼ぼう 共通項を見つけて 共通の話題でもりあがろう 身につけているものは ほめやすい などなど。 営業力を鍛えたいと思っている方は ぜひ参考にしてみてください。 営業だけではなく、 対話の力を鍛えるという意味で、 私も参考になりました。

      3
      テーマ:
  • 19 Aug
    • マネージャー合宿

      サイバーエージェントの 管理職全員で行うマネージャー合宿に 小田原へ行ってきました。 総勢130名。 いろいろ大変でしたが、 狙いは果たせてよかったです。 テーマは 経営陣と、マネジメントについて シンクロ(意思統一)すること。 マネージャー陣は 常に決断にせまられる。 正解があるわけではない。 むしろ、正解を創るのがマネージャーの仕事。 でもその一方で成長のきっかけを つかめば新しい自分に出会うこともできる。 役員との対話やワークショップの中で、 今回の合宿はそのようなきっかけを つかんでもらえればと思っていました。 パネルディスカッションも はじめは私の進行もなれずに カタかったのですが、初日最後の質問会では 「ビジョンに対する考え方」 「事業の再構築を見極めるためのポイント」 「デキるマネージャーの要素」 「成長が止まるマネージャーの要素」 経営の核心に迫るような質問と役員からの メッセージがあり、そのような機会自体が よかったというアンケートも多かったです。 現時点で見つけたマネージャー合宿の感想。 渋谷ではたらく社長 http://ameblo.jp/shibuya/entry-10043688845.html (申し訳ありませんでした・・・) とはいってもパネルディスカッションなどでは 「マネジメントがどうあるべきか」、 「将来のサイバーエージェントをどうしたいのか」 という考えをマネージャーにぶつけてくれました。 渋谷ではたらく専務 http://ameblo.jp/shibuya-senmu/entry-10043860427.html 渋谷ではたらく常務 http://ameblo.jp/golfer/entry-10043786327.html 渋谷ではたらく経営者 http://ameblo.jp/saijo/entry-10043690016.html ベンチャーで働く役員 http://ameblo.jp/cyber/entry-10043847045.html 男道 http://ameblo.jp/lionbaby/entry-10043804394.html 今日のハラオチ http://ameblo.jp/haraochi/entry-10043834556.html 椿ブログ http://ameblo.jp/tryal/entry-10043820824.html などなど。 あとはBuzzurl(バザール) で ブックマークしたいと思います! ECナビのBuzzurl(バザール) デキタン(私)の「マネージャー合宿」 チェック記事はこちらです。 http://buzzurl.jp/user/dekitan/keyword/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E5%90%88%E5%AE%BF うまく開けないかたはこちらから 「マネージャー合宿」という言葉を探してみてください。 http://buzzurl.jp/user/dekitan/all 協力していただいた 役員、マネージャーのみなさま、 人事のみんな、 本当にありがとうございました! 私にもいい気づきがたくさんあった 合宿でした。

      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • マネージャー合宿

      明日はサイバーエージェントの マネージャーで合宿です。 これが今回のテキスト。 サイバーエージェントの業績拡大が この合宿にあったといわれるように、 精一杯がんばりたいと思います。

      テーマ:
  • 15 Aug
    • ダメだしは誰にでもできる

      先日、アメーバ事業本部のリーダー陣で マネジメント勉強会を行いました。 大体月に1回程度開催していますが、 できるかぎり月2回ペースにしようと思っています。 時間は1時間以内。 10~15名程度での勉強会ですが 実はいつも汗をかきながら進行役をやっています。  「すごく具体的で非常に勉強になった」 「次回も必ず参加する」 というアンケートのコメントは、 私も勇気付けられます。  人事リーダー陣でも共有しているので リクエストがあるかぎり他部署にも シェアしていきたいと思います。 今回のテーマは、 「次のリーダーを育成する(メンバーを育成する)」。 やることは (1)育てたいメンバーの選出(複数可) (2)そのメンバーが「もっとも活躍したときのイメージ」をもつ (3)そのメンバーの長所と改善点をみる (4)どのように育成面談をするかを考える というステップです。 普段、考えているようで 紙に落として考えることはなかなかないものです。 この、「考えているよう」ということが 注意すべきポイント。 メンバー育成というのは 考えているように見えて、 「気にしているだけ(要は上司の自己満足)」 ということが多いのです。 だからこうやって紙に落としてもらう。 こうすることで自分の考えが 明確になってきます。 育成においてのポイントは、 ダメだしは誰にでもできるということ。 上記のとおり 「メンバーがもっとも活躍するイメージ」を持った上で その上で長所と改善点を考える。 できる限り、その活躍イメージと長所を 結びつけることがポイントです。 長所のどれを活かせば、 メンバーはもっとも活躍できるのか。 これを先にやった後で、 改善点に着手すればよい。 ついつい改善点ばかりいじると、 メンバーも「うるさい上司だなあ」と思いますしね。 こう考えると本当は「ダメ出し」は、 高度な技術や経験を要します。 ダメを出すことはできても、 改善までリードできるリーダーは なかなかいないですよね。私も課題です。 ただいずれにしても、 みなさんがリーダーだとすると、 組織の成果を出すことが仕事。 その組織成果を出すためにはまず メンバーの短所の改善にパワーを注ぐよりも メンバーの長所を伸ばして成果につなげることを まずは考えてみるといいかもしれません。 私も今後は 次は「(成長につながる)ダメ出し力」も あげていきたいと思います。 (^▽^;)

      1
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 「最高の瞬間」を引きだす組織開発とは

      先日読んだ本 に記述があった、 AI(Appreiative Inquiry)。 その関連書籍を読んでみました。 AI「最高の瞬間」を引きだす組織開発―未来志向の“問いかけ”が会社を救う/松瀬 理保 簡単に言うと、 強い組織作りをする際に ○ 強みを活かして、理想から逆算する × 課題を列挙して解決しようとするのではなく というものです。 この本自体は考え方がメインですが、 ついつい組織作り、戦略作りでは 課題列挙が先にきてその議論で 終わってしまうということを痛感しました。 いい切り口を得たので、 いろいろ試してみたいと思います。

      テーマ:
  • 13 Aug
    • 育児座談会

      当社も結婚や育児をしている 社員が増えてきた。 そんなこともあり 育児をしている社員を集めて 座談会をすることに。 何回かに分けて実施していますが、 いろんな課題を聞くことができました。 改善すべきところはたくさんありますが、 まずはその現場の声をきちんと 経営陣に伝えます。 課題には時間・お金など いろんな切り口がありますが、 効果が高そうなものが 「周囲の育児に関する理解向上」 というものです。 周囲の理解が進めば休みも現場に より迷惑をかけない形で取得できる。 いろんなヒントがありそうです。 この週末、今回のこの座談会でも 協力してくれている 当社の女性活性化プロジェクト 「l-cafe(エルカフェ)」の参考になればと思い、 読んでみた本。 「女性を活かす」会社の法則/植田 寿乃 この中ではメンターやロールモデルに関する 考え方がのっていて参考になったのですが、 女性社員を活かせる管理職は 必然的に男性社員も活かせる という言葉が印象的でした。 たしかに、その切り口は面白いです。 当社も外部の人事の方から 男女比率も半々ですし 女性の管理職比率も高いのですが、 まだまだ世界レベルでは満足できるものでは ありません。 引き続き、一人一人を活かせる 会社づくりをがんばります。

      テーマ:
  • 12 Aug
    • 予想GUY

      ソフトバンクの予想GUY、渋谷109前に登場です(^.^)!かっこいいですね!

      テーマ:
    • 東京湾花火大会

      今日は東京湾花火大会でしたね。 昼過ぎに地下鉄に乗って 髪を切りに行ったのですが、 浴衣姿の女性が多い、多い  最近は男性の浴衣も少し増えてきましたね。 今日はその花火大会を 堪能できたのですが幸運にも、 友人の家から花火が見えるということで 行ってきました。 先週も花火大会に行ってきましたが、 やっぱり花火はいい!! 先週見た花火はこちら。 http://ameblo.jp/dekitan/entry-10042212909.html 何度見てもいいものですね。

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
48343 位
総合月間
19082 位
起業・ベンチャー
384 位
IT業界
46 位

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。