神無月

テーマ:
ぽっかりと空いた心の隙間を
45年ぶりや2年ぶり、はたまた二週間ぶりや一週間ぶりの高校の同級生達が埋めてくれた神の月


{F1CE2E16-818B-49A5-8E6B-EC436530FC60}


思いっきり昭和な風景が蘇る




AD

秋の心 愁い

テーマ:
過ぎ去ったものが夕暮れの空に
溶けて逝く秋

{A840C18B-BE9E-4BC9-BA8F-56D685FB337E}


終に姿を消してしまったカリン


{C2069B73-CEA8-4A14-9538-5CD060E86BBE}


カメラに収めた最後の姿と
落ち込むジジイを慰めに現われた
ミケ

{FAC64CDE-3927-4946-8FA1-5A80E7137BF4}

どうしても思い出してしまう
あの光景


{BAFE06DE-E584-4C43-87D0-693FBA2D0DF2}



ただ生命維持の食糧補給に
来てみたのだろうが
歓待を受け損ない気分を害し
再訪は当分無いものと思ってた
が、しかし
また様子見に現れたのを機に
ささやかな食事を提供させて頂く
事にした


{8D1024D3-AF1A-417B-954A-3B3FC6748F54}


ホントに形ばかりで
愛情の感じられない給餌に
不満気な表情が露わなミケ

カリンにはネコ缶やら美味しそうな
トッピングがあったのを恨めしく
記憶に刷り込んでいるのだろうか?

たいして親愛の情もみせずに
食事だけねだる野良ちゃんに
簡単に美味なる食事を差し出す
ヤワなジジイではないのだ

{64ED158E-4316-47A7-8030-526ED1F39E74}


こうしてカラダをすり寄せてくるとか


{51BB5D4E-760D-489D-8DDF-5306E454D837}


おはようのご挨拶をされると

{AC59C86C-A327-4CE3-8AFE-3D1CF40A9EE9}


そこは若いオネエちゃんと猫には
めっぽう弱いジジイの事
ありったけのゴージャスな
お食事を提供させて頂くのであります

満足気に肢体を伸ばし
至福のときを心置き無く享受して
もらいたいのだけど

{17EE029E-C9F2-4933-8998-234C67A76CD3}



そっと近づきカメラに収めようとすると
俊敏ではないものの
カラダを起こさせてしまうのに
罪悪感を感じてしまう


{C3AA113A-6B7A-4A96-9059-76238E00C1A8}

{CD725748-95D0-4709-9401-FA6C09C5D385}

寝起きの不機嫌な顔は生き物のつね

ただ、その不機嫌な表情も含め
色んなポーズを取ってくれるミケに
癒される今日この頃であるのは
間違いない

{083AF80E-F5FB-436F-BDBA-E59F2E93D728}

{D6FF97E3-CD0E-4C1D-A4CF-F08C7AF1EFE0}

{A53566F1-ED0E-4357-A216-FDEC6735C483}

もうじきやって来る
辛い冬に備えて体脂肪を蓄えて
少しでもささやかな幸せを
感じてもらいたいジジイの
愁いに満ちた願いであった

AD