秋のさし色

テーマ:
日に日に深まる秋

ランチを済ませた後は気ままに
散歩の今日この頃

{58F80954-DF48-4FA7-B98B-272F21EE59FC}


キラキラと輝く陽射しは
名残惜しげに冬を待つ
木枯らしの吹く季節
遅れてやって来た嵐の後に
小径に散らばるドングリたちの
可愛さ

{BCF9BF4D-14DB-4067-9A8A-E98C12241910}



可愛いといえば庭で寛ぐ猫たちも

{69D73757-3F10-4A32-B94F-2BEA3B894A5E}


見知らぬ人間に気を張り詰める


{C67E841D-2DCA-4E12-80D9-180408DDB3DD}


こんなに気持ちのいい陽射し
誰にも邪魔されずに浴びたいもの

{A1D09361-063A-4B11-BD57-9CE2CC87CA91}



漂う塵の無い澄んだ青空に
秋のさし色


{71914C28-4D59-44EC-8177-D2EF51790F81}



{2BE02FC5-BDD2-4D32-9ADD-E7890B48DBBF}


早口言葉でも言いながら
散歩を続けようか
AD

案ずるより産むが易し

テーマ:
先週の水曜日に意を決して
8ヶ月ぶりの自転車通勤を敢行した

カミさんの見舞いに行くだけでも
息を切らしていたので
不安でいっぱいだったが
少し早めに家を出て余裕を持って
走れる様にした

久しぶりの川沿いの
サイクリングロードには
コスモスが咲いていて
季節を感じさせてくれる
少しヒンヤリとした
空気が清々しくて
早くも満足感に包まれ
通勤の車が連なる幹線道路も
苦にならずマイペースでペダルを
漕げたのが信じられないくらい
嬉しい朝だった

ランチの後の散歩でハイビスカスに
似た花を見つけより気分が
明るくなった


{4BFAE47F-2ACD-4614-B4B9-28774B0D8D53}


植物に詳しい友人がモミジアオイだと
教えてくれたけど
花の名前より帰路のコースを
どうするか悩んでいた
海岸を回って帰りたい、久しぶりに
潮の香りも嗅ぎたい、しかし体力が
保つだろうか?老体と言っても
差し支えがないこの身体
潮騒に耳を澄ませたいのは
やまやまだけど‥‥

退社の時間が来ました

期待と不安が入り混じった
気持ちで海へ向かいました
夜の街並みは変化がわかりづらいけど
ほとんど変わっていない様な気がした

海沿いの国道を渡って
サイクリングロードでのんびりと
走って帰る事に

かつて地面に叩きつけられた
ミニ烏帽子岩も健在!

{E2947A4A-ACBB-454A-A191-42AFD2DCA4D0}

思った以上に潮騒の音は大きく
砂の浮くサイクリングロードを
気持ち良く走り
ミニ烏帽子岩と喧嘩する事もなく
無事、帰宅。

案ずるより産むが易しな夜でした


AD

解放感(其の弐)

テーマ:
8月19日の早朝に脳の左側の血管が
切れて悪夢の半身不随
かつてないパニックに襲われてから
カミさんのいない独身状態が始まった
炊事、洗濯に掃除
家計のやりくりが
そこに絡むもんだから独身時代より
シビアな毎日
仕事に行っている方が気が休まる
なんて思いもしなかった

{5929F185-0379-4678-BD6E-61B115C48759}


ホットサンドイッチのランチを
心底、堪能してから
食後の散歩に出かける

四つ葉のバターを塗ったバウルーで
うっスーいハムとチーズを挟んだ
ペッチャンコなホットサンドは
帰宅するまでの何時間を
つつがなく過ごすだけの
カロリーは与えてくれる。

{6A86E9A9-D93A-4EAE-9A77-B63552B78C04}


果たして食用なのか酒用なのか
判別し難い田んぼの畦道を
進んで行くと

{83094918-CF9A-46B7-8FF1-33055A36BBDF}

{7D308454-A715-4ADD-9C43-1483CF91532C}


突如として現れる田園風景には
あってはならない光景

{ACF079D5-D3E8-4F52-80DF-A4AD0F65CD12}


畦道を爆走するダンプカー!

時代の歪みが此処に集約されている
のでは?
と思える異次元な空間が
食後の何分かで味わえる勤労空間
それでもその刺激の濃さが
家事の煩わしさを
丹沢山系の彼方に吹っ飛ばして
く・れ・る!

{11B3A95D-1283-4C95-B904-15BBFA052DD0}


幾何学的に田んぼに広がるアート


{121FEEE0-2A30-4909-978C-3298790A4BEC}


収穫の季節を迎えた
まるで田園テーマパーク

実際、田植えの頃には何処から
ともなく保護者と幼稚園児の群れが
黄色い歓声と共に群がる田んぼ


{D765861E-B564-43AF-A34E-4BB286F4D118}


まるっきり意識を失い
おそらく生死の境を一人孤独に
彷徨ったカミさんは
リハビリテーション病院に
転院し
歩行器を使って歩き
滑舌も良くなり
ポケットに手を突っ込んだままの
某野球のスーパースターよりは
フツーな人にありがたいことに
なってきた

二月近く独身生活を送って
来たけど

週末にはライブを観に行ったり

{20D51AF6-3D3C-4451-A0AB-312705D99284}


スポーツ観戦したり

{A74EA96B-2C01-4999-813D-2CB71642EEFB}


幾らかの余裕が生まれた
今日この頃

あらゆる食べ物に賞味期限があるのを
身に染みて思い知らされ
卵も例外ではない
12個も入ったパックは
独り者には荷が重くて
少ない数の卵を購入していたけど
割高な気が独り身になって
感じていた

それなら加工して保存できれば
待った無しな家計も
少しは息する事も出来るのではないか?
そう思い立ち、ゆで卵に果敢に
挑むことになった

検索して沸騰してから投入する式で
挑戦
5分と10分のツーパターンで
作戦実行

{64B512FB-EBF7-4692-85B9-6E00E9CDB468}


これは10分パターン!

5分パターンは怖くてまだ
殻を割っていないけど
10分パターンの殻は気持ち良く
ツルッと剥けた

人生初のゆで卵


無事に殻をむき終えた
解放感に浸る今日この頃。


AD