【The extended】

DELIC RECORDS主宰「EC」忘備録 
改めクラブ世代に送る80's 12インチシングル専科
【The extended】

 

テーマ:

FEBRUARY 7, 1987

 

This Week No.7 Brenda K. Starr/What You See Is What You Get (Remix)

 

 

ステーシー・ラティソウのバック・シンガーをしていたところを、ハリー・ヴェラフォンテにスカウトされ映画『ビート・ストリート』に出演。そのサントラを手掛けていた御大アーサー・ベイカーに見初められ彼のプロデュースで85年にシングル「ピッキンアップ・ピーシーズ」でデヴュー。当時は、アーサー・ベイカー他が生み出したエレクトロ~ラテン・フリースタイルが大人気。その人気にのりヒットを記録。同年、ファースト・アルバム『I Want Your Love』をリリースした。

 

その後、MCAヘ移籍。移籍第一弾としてリリースされたシングルがこの「What You See Is What You Get」。80年代ポップスらしいラテン・フリースタイル~ダンス・ポップ楽曲で、初出は86年だが、87年~88年にもリ・リリースされたいわゆる推し曲。

 

12インチ・シングルでは、ジェリービーンがリミックスを手掛け「Club Mix」、「Dub Mix」、「Alternate Club Mix」、そして「A Cappella」も搭載されている。原曲のアレンジとジェリービーン起用のせいでどうしてもマドンナを思い出してしまうが、「Club Mix」ではピアノ・ソロやラテン・パーカッションの連打、ラップなどハウス・ミュージックに目配せした仕上がりになっている。いわゆる80年代アイドル・ポップスのど真ん中を行く作品。87年には、同曲を収録したセカンド・アルバム『Brenda K. Starr』をリリースした。

 

 

 

 

余談だが、このMCA時代に彼女のバック・シンガーをしていたのがマライヤ・キャリーだったというのは有名な話。その後、ブレンダがソニーへ移籍する際に、当時の重役トミー・マットーラにマライヤのデモ・テープを渡したことがきっかけでマライヤはデヴューすることに。したたかな(?)マライヤはトミーと恋仲になった。そのせいか、マライヤとブレンダのアルバムは同時期に発売されたにも関わらず、前者は強力なプロモーションで大ヒットに。後者は話題にすらならかなった。その後、ブレンダは契約解除になりシンガーを辞めショッピング・モールの店員をしていた。しかし、一念発起しサルサ・シンガーとして再デヴュー、96年「Herida」でビルボード・トロピカル・チャートで1位を獲得する大ヒットを飛ばした。

 

 

Featuring:Double Trouble (Remix)/Mad Lion feat. KRS-One and Brenda K. Starr

Weeded 96

 

 

 

 

Produced:Wreckhaus/Ohh… I Like It Like That Feat. Ka-Kei 

King Street 96

 

 

 

 

Brenda K. Starr Brenda K. Starr
 
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

This Week No.6  Grace Jones/I'm Not Perfect (But I'm Perfect For You) (Remix)

 

 

85年にリリースされたアルバム『Slave To TheRhythem』で大ヒットを飛ばしたグレース・ジョーンズ。同年にリリースされたベスト・アルバム『Island Life』を挟み、86年にリリースされたのが8枚目のアルバム『Inside Story』。

 

前作では、〈ZTT〉と手を組みトレヴァー・ホーン、ブルース・ウーリーというバグルス人脈で楽曲を制作し結果大ヒットとなった。それをうけて本作は、アルバムの全曲を前作で組んだブルース・ウーリーとグレース自身が共作し、共同プロデューサーに、マドンナ、デュラン・デュラン、ミック・ジャガー他を手掛けことごとくヒットさせていたナイル・ロジャースを起用した。

 

しかも、アーティスト写真は、前衛芸術家たちのポートレートでデヴューした稀代の写真家、ロバート・メイプルソープが撮りおろすという、、、もはやアー写ではなくアート。

 

 

さらに、(僕は未見だが)同年にコメディー・ホラー映画『Vamp』に出演。キース・へリングのボディー・ペインティングを身にまとったヴァンパイヤ役を怪演した。ちなみにヴァンプとは、美しくなまめかしく男を迷わす女=妖婦のこと。

 

 

そして、PV。前回紹介した「Slave To The Rhythem」もかなりの衝撃だったが、本作も凄い。エステし終わったグレースが、キース・へリングがペインティングした数十メートルの巨大スカートを身にまとい聴衆を吸い込んでいくというもの。子供が見たらトラウマになるレベル。さらに、カメオ出演で、ナイル・ロジャース、キース・へリング、ティモシー・リアリー(!)、アンディー・ウォーホール他が次々とカット・インしていく。グレース・ジョーンズというアーティストを取り巻くアートのカリスマ達が総出演(いわゆるニューヨークの伝説的ディスコ〈Studio 54〉コネクション)。

 

 

 

 

やっと本題。12インチ・シングルは、アルバムから先行シングルとしてこの「I'm Not Perfect (But I'm Perfect For You)」がリリースされた。しかし、前作には及ばずダンス・チャートでは4位がピークだった。ヴァージョンは、ナイル・ロジャースが手掛けた「The Perfectly Extended Remix」とラリー・レヴァンが手掛けた「The Right On Time Edit」、ラテン・ラスカルズが手掛けた「The Ultra Perfect Edit」、「The Ultra Perfect Dub」がある。ナイル・ロジャースのヴァージョンにハサミを入れ、イントロからエディット炸裂させたラテン・ラスカルズのダブ・ヴァージョンが個人的には◎ 12インチ・シングルのステッカーには「Special Club Edits」とクレジットされていた。

 

 

 

 

 

Inside Story Inside Story
 
Amazon

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

This Week No.3  Robbie Nevil/C’est La Vie (Remix)

 

 

本『ザ・エクステンデッド』でもすでに紹介済みのロビー・ネヴィル。58年、カリフォルニア州ロスアンジェルス生まれ。〈MCA RECORDS〉 の専属ギタリストとしてキャリアを積み、同時にソングライターとして活動。ポインター・シスターズ、エル・デバージ、アース・ウィンド・オブ・ファイア、シーナ・イーストンなどに楽曲提供しMCAと出版契約を結んだ。その後、自身のスタジオを開設しレコーディングやプロデューサー業もこなしていった。

 

その後、彼はソング・ライティングやプロデュース業にあきたらず、アーティスト活動に乗り出す。それが、コンパス・ポイント・スタジオで数々の名アルバムを生み出したアレックス・サドキンと共にイギリスのRAKスタジオで、約2年をかけて制作され86年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『Robbie Nevil』だ。そのアルバムからカットされたファースト・シングルがこの「セラヴィ」。

 

ソウルフルな歌声とゲート・リヴァーヴを使用したドラム・サウンドが印象的な、これぞ80’sポップスと言いたくなるような一曲。しかし、これが初出ではなく、84年にソウル・シンガーのボウ・ウィリアムスが彼のデモを気に入りレコーディングしているので、正確にはセフル・カヴァーということになる。

 

12インチ・シングルは、3種類リリースされている。マイケル・ブラウアーがリミックスを手掛けたヴァージョンと、アーサー・ベイカーがラテン・ラスカルズのエディットをフィーチャーしたヴァージョン、UK盤のみでスティーヴ・ストリートがリミックスしたヴァージョン。

 

やはり、冒頭からエディットが炸裂するアーサー・ベイカーのヴァージョンが凄い。全編に渡ってTR-808をかぶせるという仕上がりに。それよりも凄いのが「Dub Mix」。ラテン・ラスカルズがエディットを担当してるのだが、リミックス・ヴァージョンではそれほどフィーチャーされていなかったエディットをこれでもかと炸裂させている。テープ・エディットにより再構築されたと言っても過言ではないメガミックス感覚の7分にも及ぶ「Dub Mix」を聴いてほしい。

 

 

 

 

 

ちなみに彼は、ホームページによれば、プッシーキャット・ドールズ、ジョナス・ブラザーズ、デスティニー・チャイルド、ジェシー・マッカートニー、ジェシカ・シンプソン、スマッシュマウス、そして高校ミュージカルやハンナ・モンタナを含むディズニー・プロジェクトなどを手掛け、今も音楽業界の一線で活躍している。

 

 

Covered:Beau Williams Cést La Vie  Bodacious! Capitol 1984

 

 

Sampled : Blackstreet feat. Teddy Riley Baby Be Mine (Radio Edit) MCA1994

 

 

 

 

 

ロビー・ネビル ロビー・ネビル
3,154円
Amazon

 

C’est La Vie C’est La Vie
 
Amazon

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。