2016-01-28 23:03:39

Rei Wordup! aka Darthreider! とは誰だ? pt.3 番外FUNKY編

テーマ:思索
Rei Wordupとは誰だ?

ってのも、本名が礼 和田 だから、なんですね。

で、僕の音楽的構成要素を紐解いて自分を解析しよう!とブログに書き始めたら、思い出すことが多くて補足の補足がどんどん必要になるな~なんて思いつつ。

今日は自分の構成要素の現在の大部分を占める、FUNK!
をおおっぴらにアピるラジオ番組を始めたのでその紹介。

INTER FM897で第3月曜日25時から放送のFUNKY HOTGATE!

FUNKY HOTGATE RADIO VOL.1 2016.1.18 ON AIR by Rei Wada / Darthreider on Mixcloud



はい。
こちら、去年まで放送していたBLACKSWAN RADIOSHOWの枠をいきなりFUNKY大転換して中身をFUNKで埋め尽くしてみたんですが・・・
やってる僕が楽しそうってのと、聴いた人の反応も思いのほかよく・・・
アシスタントの姫乃たまちゃんのノリもよく・・・
んで、INTER FMのSTAFFの反応も良かったというFUNKY MIRACLEな一品。

かかったFUNKはこちら。
THE FUNK WE PLAYED;
CHOCOLATE BUTTER MILK/KOOL&THE GANG
GIVE IT UP OR TURN IT LOOSE/JAMES BROWN
ONE NATION UNDER A GROOVE/FUNKADELIC
IF YOU WANT ME TO STAY/SLY&THE FAMILYSTONE
MIDNIGHT THEME/MANZEL
FREE TO BELIEVE/THE SOUL MOTIVATORS
FUNKY DUCK/VULFPECK
JEDI ROCK/MAX REBO BAND
LOOK-A-PY PY/THE METERS
FUNK FUJIYAMA/KOMEKOME CLUB
ZIGABOO/THE BASSONS
LET THE DRUM SPEAK/THE FATBACK BAND
STOP THE WAR/BLACK MERDA
MUSIC FOR MY MOTHER/FUNKADELIC
FEVER/THE BASSONS

まあ、ざくっと雑談FUNKを挟みながらなんですが。
この日は実は病院の検診日で・・・検査結果が悪かったため、テンションが非常に低い状態からスタートしてたんですよ。
でも、放送後にはかなり元気になってた!その右肩上がりの健康志向も番組から感じ取られるのでは?

なんで聴いてみてください~

なんにせよ、FUNKなんてイイ曲だらけなのでかける曲には困りませんが・・・
来月は2月15日放送なので、CHOCOLATE FLAVAな曲もかけてみようかな?

ちなみにI-DeAがエディットしてくれててタイミングとかがチリバツFUNKYなのもCHILLINでイイですね~

で。
FUNK BANDのTHE BASSONSもジャケやらなんやらが進行中でGET FUNKYしております。

むろん、9SARI GROUPとして仕掛けるKING OF KINGSやらの準備INGも順調ですが・・・

楽しんでナンボー

さて、次は中学時代を書くつもりなんですが。
つなぎとして・・・小学校時代の思い出なアニメソングをもうひとつ。



TOUGH BOY/TOM★CAT

北斗の拳2のテーマソングですね。
サントラ買っってから2番以降も存在することを知りましたね。
貼って聴いてたら80Sが90Sになってた。
で、聴いてるうちにこっちも貼っておかないとバランスが悪い気が・・・



愛をとりもどせ!!/クリスタル・キング

指先ひとつで~ダウンさ~
のフロウが最高です。

で、この時期に何気なく聴いてた曲って40近くになっても未だに覚えてるってことには驚愕します。
先日も年齢の近い、保育園の父親同士で話す機会があったんですが。
北斗の券の話題は鉄板だったという・・・アミバが~!って。
脳の容量をどれくらい使ってるのか不安になりますが・・・
三つ子の魂100まで、は言い過ぎな気がしますが。10歳くらいの記憶って永遠なのかも。



ペガサス幻想/MAKE-UP
聖闘士星矢のテーマ・・・ペガサス幻想、そうさ夢だけは~

ううむ、上げだすとキリがないのが怖い。小学校時代の音楽的記憶は少ない、なんて言いましたが。この時期は多分、アニメとのセットで焼き付けられてる感じはありますよね。

当時アニメを見ながら、シルバーセイントの余りの弱さに中間管理職的悲哀を知らずに感じていたのかもしれない。
でも、好きな聖闘士は黄金聖闘士のアルデバランだった。
これはスト2で言うとザンギエフ。ファイナルファイトで言うとハガー。
キン肉マンで言うとバッファローマン。ドラゴンボールで言うとナッパ。
文系で勉強してた自分のマッチョ願望なのかも・・・こういうキャラって基本、頂点を極めることは少ないんですよね。
そういう意味でマンモスマンは頑張ったな・・・ってなんの話だ。
ちなみに江田島平八塾長はこういうキャラのはずなんですが、強さが規格外過ぎて大味というんですかね・・・だから、なんの話だっつーの。

しかし。
僕が小学生のころは本当色んなアニメやってた。しかも名作ばかり・・・
ファーストガンダムも再放送で観てたような。どうだっけな?

5歳6歳の頃にガンダムプラモ作るのにはまって、接着剤ずっと嗅いでましたね。

ま、FUNKYに生きたいと思います。

中学時代は近々~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-27 00:41:36

Rei Wordup! aka Darthreider! とは誰だ? pt.2 小学校編

テーマ:思索
思い出してるうちに短めに続きも書こうかな。

10歳で日本に帰国するも、日英のカリキュラムの違いで近くの公立校に行くなら一つ下の学年に入れられることが判明。
こういうことが理由で日本人は子供を日本人学校に入れちゃうわけだが・・・
さすがに小学校で留年もだいぶ気の早いヤツなので、私立の明星学園を受験した。
多分一緒に受けたヤツ全員受かったような気もするけど・・・

ここで担任になる内藤先生、通称ガッパは僕の生涯の恩師である。
小学校教師の免許を持たない(中学の免許は持ってた)、ある意味モグリの先生でもあった内藤先生によって、僕は自分で考える、ということを学んだのは間違いない。

小学校時代は楽しかったけど、音楽的な思い出は実は少ない。

明星は高校までエレベーターで上がれるシステムなんだけど、それだと変わり映えがしないな~という思いで中学受験をしようと思い立ち、どうせやるなら一番上を目指そう、と東大受験をまずは目標にした。
小学5年の頃だと思う。

東大に行くなら、まずは都内だと開成、麻布、武蔵の御三家と呼ばれる学校に行くのが近道。
三つを見て回って武蔵が向いてそうだと思い、武蔵を目指すことになる。
確か、それぞれの運動会を見学したような記憶がある。

ただ、そこで受けた四谷大塚では準会員にすら入らない点数しか取れず、合格不可能の判定を下される。
といって、諦めるわけではなく・・・学習指導会という代々木にあった塾に通って受験勉強をした。
先生にいろいろとあだながついていて、、塾長がウマ。
ここでも一番下のクラスで、担任がエンマ先生だった。ただ、結構この一番下のクラスから受かったヤツが多かったと思う。五味とか山岡とかいたはず・・・
テストとかで点数がいいと、それぞれの先生のアダナの図柄のハンコがもらえるシステムだった。
ちなみに徳弘正也の「ふんどし刑事ケンちゃんチャコちゃん」という漫画をこのクラスで回し読みした。下ネタ、ホモネタ満載で、まあ、ある種の通過儀礼になったな~。
塾に通う途中で落ちてるデラベッピンをリュックに放り込んだのもイイ思い出である・・・
朝岡美嶺が載ってたのを今でも覚えてます。

そんなわけで、結構遅い時間まで勉強してたので音楽を聴いてる時間があんまりなかったように思う。

この時期、家で聴いてたのは、母が持ってたのかな?井上陽水のベスト盤的テープ。
記憶に残ってるのは・・・



心もよう
動画は一応オフィシャルで上がってる2014年のライブですが。

テープでも歌詞カードがついていて、この曲はなにを歌ってるんだろう?と読んでもなかなか分からなかった。ただ日本語の響きが美しく感じられたのは確か。

あとエミリーって曲が好きだったな~。

印象深いのは、学校で隣の席に座った女の子がいて、名前が思い出せないんだけど・・・
クラスでも地味なコだったんだけど、ある日CDを学校に持って来ていた。

なに聴いてるの?と尋ねたら筋肉少女帯、と言われ、この曲面白いよ!と教えてくれたのが



日本印度化計画だった。
すごい歌詞で面白い~!と思ったね。
弟がのちに大車輪のCDを買ってきて、他の曲とかも聴くことになるんだけど。

ちなみに、子供のころからカレーは好きだったな。
ボンカレー、カレーの王子さまとかが好きで、母親が「私の作るカレーとレトルトどっちが好きなの?」と言うので「両方好き!」と答えたら「じゃあ、あんたはレトルトにしてなさい!」と怒られたのは覚えている・・・不正解出した~って感じだったね。

そして、先日のINTER FMの番組、FUNKY HOTGATEでもかけた、日本を代表するファンク楽曲がこれ。



FUNK FUJIYAMA!
これも歌詞が面白くて子供的にとにかく楽しい曲だったね。
パワフル!これは今でも全然イケルっしょ?と思います。


あとは覚えてるのはアニメの主題歌くらいかな?

当時のアニメの主題歌は好きなのが多いけど、印象深いのはこれかな?



ドラゴンボールのエンディング。

後年、PUNPEEからもらったデモにこの曲のカバーが入ってて、秀逸な出来だったんだよな。

キン肉マン、聖闘士星矢、北斗の拳、キャプテン翼、DRスランプ、ドラえもん、パーマン、プロゴルファー猿、はっとりくん、ゲゲゲの鬼太郎・・・といろいろやってたね。

小学校時代はこんなとこかな?
イギリス時代とは打って変わって洋楽的なものを全然聴いてなかった気がする。

一気に洋楽に振れるのは弟が買ってもらったJOHN LENNONのIMAGINEを聴いたとき。
そのあたりはいずれ、中学時代のことを書くときにでも!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-25 20:07:12

Rei Wordup! aka Darthreider! とは誰だ? pt.1

テーマ:思索
き、気づけば1月も終わりに近い。
新年の抱負でもブログに書くか、なんてぼーっと考えてたらもうこんな時間。
業界くんから数えて・・・はいいとして。
いい歳して。

好きな音楽を好きなように!

なんて思い立ったのもあり、僕のバンド、The Bassonsのアルバムが完成したこともあり。
Vocalistとしてはほぼ本名のRei Wordup(和田礼)という名前にしました。

Wordupってのはファンクをやるなら避けては通れない、ってワケでもないが避けない方が絶対ベターな存在、CAMEOの名曲Word Upがワーダッなのでグッドかと。
赤いファウルキャップは着用しませんが・・・



クー!カッケー!
猥雑にしてダンサブルな名曲である。
かつて大所帯ファンクバンドだったCAMEOが80年代に一気にスリム化を図り、3人になって放った大ヒットですね。
んで、THE BASSONSも3人編成、僕とBASSのノンタン、ドラムの山ちゃんです。
WE ARE THE BASSONS、マスタリングも終わり・・・
3月16日に新しいFUNK LABEL、HOT GATEから発売になります。
このHOT GATE、僕も出資してるんですけど。
アメリカのイカれたファンク親父の知人のマーシャル・チャンドラーってヤツの思いつきで。
サイケで変な音楽としてのファンクをなんとかしたいね、と六本木で話してたのがきっかけです。
んで、現在僕は鎖GROUPのメンバーなので日本での販売は鎖に手伝ってもらう形になります。







HOT GATE、LABEL LOGOはこんな感じ。
アツいですね~
GET FUNKY!

ってなわけで好きにFUNKYにやってくよ~!
なんて軽いアピールもあって、TWITTERとかINSTAのアカウント名も本名に近いRei Wordupにしたところ・・・なんと!
フォロワーが雪崩の如く去って行ったのですね。100人とかは余裕で。
これは興味深い、というか、DARTHREIDERとしての認知度なんですかね?
やってる事、やる事は変わらないんですが・・・DARKSIDE OF THE FORCE、実感!

先日読了した細野晴臣録音術、これは素晴らしい本だったんですが。
細野さんが泰安洋行を出した際、周りの人間がさーっといなくなったのを実感した、という件があり。
それこそ300m先まで逃げていくのが見えたよ!なんて笑いながら語っていました。
その結果、泰安洋行という自信作を完成させた満足感を完全に独り占め出来たと。
自分の好きなことをやりきれば充実出来る、というお話だと思います。

さておき。当然HIPHOPのMCとしてはDARTHREIDERなので、そこもほぼ変わらないんですが。
とにかく楽しくFUNKYにやってこうぜ!ってコトですね。

好きなことをやる時間すら足りないのに、イヤなことなどやってるヒマはあるのか?

これは先日他界したデヴィッド・ボウイの訃報を聞いたときに思ったことで。
その時は頭の中でSPACE ODDITYが鳴っていたんですが、なんせ死の直前の、自身の誕生日に、異様に充実した新作BLACKSTARを出していて。
新作を聴いて、この人は老いてますます盛んだ!なんて思った矢先の訃報・・・
本当にびっくりした、というか、生きるというコトをアートにしてしまう生き様に感動を覚えざるを得なかった。
その後、イーグルスのグレン・フライも67歳で他界。
中学、高校時代に聴きまくってた人たちが世を去る、そんな年齢になってきたわけでもある。

で、考えたのは・・・

そもRei Wordupとは何者か?

日曜日に沖縄の友人のDJトクメイが高円寺の薬酒BARでDJフクタケさんとふたり会というパーティーでひたすら80Sをかけてて。

これがかかりました。



レイ・パーカーJRのゴーストバスターズのテーマ!

僕の人生で初めて「買ってもらった」音楽がこれで。
レコード屋でテープを買ってもらった。この映画自体が大好きだったのもあり、ノリノリのタイトル曲も欲しくなったのだ。

ロンドン在住時、7歳の頃の記憶だ。

ロンドンにいた頃に「買ってもらった」記憶があるのは、あと10歳のときのマイケル・ジャクソンの「BAD」。これもテープ。
一番好きだったのはB面収録の「Dirty Diana」って曲だったなあ。

で、これはMUSIC VIDEOも大流行していて。
子供たちでみんなで真似してた。公園とかで振り付きで踊ったり、それこそ改札飛び越えるぞ!ってのりで地下鉄の駅でわーって。
80年代半ばのロンドンではMUSIC VIDEOがテレビでがんがんかかるようになっていて。
POP CULTUREが、いわゆるお茶の間にガツンと降りて来ていた。

買ってもらった記憶は上記の2本が印象深いけど、テレビで観て好きだったものもたくさんあった。

一番グッと来てたのはマドンナで・・・



このPapa don't preachは毎日のようにやってて、口ずさんでた。
いまや娘をもつ父親なわけで、聴き直すと曲の意味がまた変わって聴こえてくるな・・・

これと、同じくTrue Blue収録の・・・



La Isla Bonita!

ううん、いま観てもこの時期のマドンナは激ヤバ、激マブですな!
当時9歳だった僕もこのマドンナの可愛さに釘付けだったんですけど、同時に漂う色気をすでに意識してか?買って欲しいとは頼めなかったのです。
そう意識してたとは思わないけど、エロアイテムである、と潜在的に知っていたというか。

サマンサ・フォックスなんてのもまさにそれで・・・観てないふりをする系。

で、綺麗?なのか?え、この人ってなんなの?って思ったのが。



ボーイ・ジョージでしたね。声は綺麗な男性声。見た目は完全に女性・・・
一体これは?と当時不思議に思ったものです。
でも、このKarma Chameleonことカーマは気まぐれ(って邦題は大分後で知った)もとにかくかかりまくってたし、ボーイ・ジョージもテレビや雑誌で良く見る人だった。
で、当時の結論としては、「いろんな人がいるよな~」ってことで、こういう認識を持てたのは大事だと思う。

当時、僕が住んでたのはロンドン郊外のユダヤ人地区でシナゴーグとかもあった。
遊んでた子は大体ユダヤ人だったんだけど、実はアラブ系の家族もいて。
一緒に遊んでたんだけど、中東の状況が悪くなったタイミングでケンカとかになって・・・
気づけばアラブ系の一家は引っ越していった。
これは、DARTHREIDER/「NO拘束」収録の「A DAY OF A DREAMERS LIFE」で歌ってる出来事。
1番でこの近所のこと。2番でロンドンで組んでた地元のサッカーチームのことを歌ってる。

当時学校では、イスラエル出身のガビーって女の子がイスラエル万歳!みたいに言ってたのも覚えてるな。

学校にはいろんな人種のコがいて。
イギリス人、インド人、ジャマイカ人、インドネシア人、ベネズエイラ人、ケニア人、ポーランド人などと多彩だった。
子供なんでみんなと遊ぶ。
結果、いろんな文化や考え方があるのを自然に理解してたと思う。
友達の家にいくと、食事の前に祈りの時間とかあって。それも家ごとに違ってた。

で、日本人は僕だけだった。
当時のロンドンには日本人はたくさんいたし、日本人コミュニティーもあったんだけど。
ほとんどの家庭は帰国後に勉強に遅れないように・・・と子供を日本人学校に行かせてた。
日本人同士なので日本語で話し、日本語の勉強をする。
日本人学校は小学校4年からだったのか、3年までは何人か日本人もいたんだけど、途中から一人だけになったのを覚えてる。

現地校で一人だけ日本人だったので、遊ぶ、というか普通に生きていくためにも英語が必要で、そんな理由もあってあっという間に話せるようになったと思う。

後年予備校で、ニューヨークに7年住んでたけど日本人学校行ってたから一切英語は話せない、というヤツに会った。これは親の責任だろ!と思ったな~。それで受験で英語で苦労してるんだから勿体ない話。

この時期の思い出もたくさんあるけど、音楽の話に絞ろうと思う。
あ、ピアノをいつも弾いてたイラン人のネイディーンは可愛かったな~。

学校近くのスーパーにスティーヴィー・ワンダーがいた!ってクラスの女の子が興奮して言ったのを聞いて、みんなでスーパーまで走って行ったこともあった。
スーパーには当然スティーヴィーはいなくて、その女の子だけが本当にいた!って泣きながら主張してたね。

10歳まではロンドンにいた。
いまでもパッと思いつくヒット曲はもうひとつあって。
これは、サビのフレーズだけずっと覚えてたけど誰の曲か忘れてて。
30歳くらいになってから判明したんだけど・・・



PET SHOP BOYSのOPPORTUNITIES。
ギドラのスター誕生と同テーマで、漫画サンクチュアリのムードもまとってますね。
LETS MAKE LOTS OF MONEY!
ってとこだけ頭にこびりついてたんだけど、誰の曲なんだろう?って長年わからなくて。

そしたら、D.LさんがPET SHOP BOYSのサンプルを何かでトライしてて、そんな話をしたきっかけで80Sのこの辺りを聴いてたら発見!
子供の頃の記憶が甦る快感を覚えたものです。

具体的な曲名とかアーティスト名は覚えてなくても、この時期のヒット曲は普通に日常で流れてて、なんとなくは聴いていたと思う。
曲として鮮烈だったのは毎週のサッカー番組のテーマ曲とかかな?MATCH OF THE DAYだっけ?

で、ビートルズは古典としてこれまたいつでも流れてて。
僕が一番最初に記憶してるビートルズの曲はイエロー・サブマリンだったな。

こんなカラオケ用ビデオがありました。



あとはシー・ラヴズ・ユーとかの初期のものが記憶にあるけど、そんなイメージなんですごいアーティスト!ってよりは昔のひとたち、みたいに思ってましたね。

80年代のイギリス、こうしたPOP MUSICが華やかに流行ってて、あとはBMXとBREAKDANCEも流行ってた。ちょっと年上のお兄ちゃんたちはBMXで飛んだり跳ねたりして、公園でヘッドスピンしたりしてた。これがSTREET CULTUREの世界的ブームで、かかってた音楽は大抵HIPHOPだってことには全く気付いていないんだけどね、当時は。

実は2月7日にInter FMのGuest Loungeに生出演するんですが。
ここでも当時のUK話を披露する予定。

いろいろなきっかけで昔話になりましたが。
この後、日本に帰国してからの話はいずれ!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み