DARTHREIDER 新生BLACKSWAN第一弾!

REIDERS EP



1;REIDERS feat.HI-BULLET pro;DJ WATARAI
2;HOOD TOOK ME UNDER feat.T.O.P, D.O(BLACKSWAN CASE #13) pro;BROTHERS MACHINEGUN FUNK
3;1234 feat.GIPPER, YOUNG HASTLE, 真田人, 三島aka潮フェッショナル(BLACKSWAN CASE #14) pro;BROTHERS MACHINEGUN FUNK
4;U GOTTS TA CHILLfeat.GOKU GREEN, 漢akaGAMI(BLACKSWAN CASE #15) pro;BROTHERS MACHINEGUN FUNK
5;死に損ないHIGH pro;soakubeats

9SARI GEARで注文すればサイン付き!
9SARI/漢akaGAMIと2枚同時購入で特典楽曲ダウンロード!
9sari Gearでの購入はこちらをクリック!!

想定外!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-28 13:50:06

久しぶりに夜でかけました。

テーマ:日常をファンクしろ!
昨夜は志賀勝&片桐竜次トークライブが素晴らしかった。
車いすで登場した志賀勝さんが本当に格好良く、ユーモアの独特の間、そして片桐竜次さんの愛情のこもった突っ込みで楽しく、気づけば涙が・・・僕はあの場にいたハードコア東映ファンの皆さんには遠く及ばないとは思いますが、お客さんもみんな素敵な気持ちになってたと思う。司会が佐藤洋笑さんと倖田李梨さん。佐藤さん、良く見るようになったな。



志賀勝氏いわく。「アクションの心得。とにかく高倉健だろうとだれだろうとどつく。するとどつき返される。3,4倍にしてどつき返す。その結果が今です。」
「加藤泰監督の現場で賭場の張手をやってた。雰囲気が悪くなり、監督が役者一人一人に「お前は今日なにをしにきたんだ!」と詰問する展開に。私は「日当貰いに来ました!」と言ったら・・・その後、加藤組には呼ばれなくなったな」
「高所から飛び込むとかの演技は危険手当が出るから率先してやったね。3000円とか貰えるんだよ。もうガンガン飛ぶ」
「同期の松方弘樹。あっちは主役、こっちは脇役。でも同期と言ってくれる。エライ人です。当時は飲み歩いてた記憶しかない。46時間くらい連続で飲んでた。途中の撮影中は飲まないけど、ずっと二日酔いが続いてたな。最後はいつも松方弘樹の部屋で、そこにまたずらっとボトルが並んでるんだよ。」

片桐さんも奮ってる。




「役が欲しいからさ、なんでもいいんだけど。時代劇の駕篭持ちになると、前のやつが「えい!」後ろのやつが「ほっ」!ってセリフがある。でも志賀さんが後ろに回ってもえい!っていうから、えい!えい!になっちゃうんだよね。志賀さんは「御用だ!御用だ!」って言わせたら日本で3本の指に入る役者だったよ!」
「子分A子分B子分Cなんて役柄になるとセリフなんかないのに、なんで俺がCでお前がAなんだ!って良く揉めてたな~」

後半の質問コーナーも楽しかった。一人の若い役者さんが「僕はフリーの役者で、ノーギャラで良いので東映の映画に出たいんです。出られますか?」と聞いたら、片桐さんが「ノーギャラはダメだ。1円でも良いから貰ってはじめて役者、俳優という職業になる。役者としての責任が持てるんだ。頑張ってください」とこの日、一番の厳しい口調で語られた。ただ、すぐ後に「俺はタダでも出るけどね」と照れ笑いしてたのが最高だった。

ピラニア軍団の名付け親が深作欣二監督で、そもそもは志賀さん中心のピラニア会だった話。そして、レコード制作秘話に関しては志賀さんは「まったくなにも覚えてない」で終わり。



司会の佐藤さんが「役者稼業」という曲が好きだが現在は廃盤で・・・と言ってましたが、実は坂本龍一のYEARBOOKのPART2に収録されてたりもします。

志賀勝さんが道を歌うところでは、歌詞なんか覚えてないよ!と言いつつも途中から枯れたいい声で歌い、最後に車いすから立ち上がって歌われた。歓声が沸き、感動が会場を包む。



途中、和泉聖治監督が登壇、志賀さんから一言監督にコメントを、と振られたら一言。

「役をください」

素晴らしかった。


杉作J太郎監督の任侠秘録!人間狩りでご一緒した飯島洋一さんとも久しぶりに会ってお話し。めちゃくちゃ元気だった。

鑑賞後、渋谷THE ROOMでCHAMPから代官山SankeysのREBOOT 18周年。本当に久しぶりに夜でかけた。

最近の体調もあり、寝てることが多く、自分の出番がない夜は基本大人しくしてた。昨夜は気持ち良い夜で渋谷TSUTAYAでコーヒーを飲んでとことこ。
THE ROOMでカレーが出てたのでご飯抜きでディスカウントしてもらって一杯(この場合、カレーです)。
美味しい!けど、ご飯食べたいな・・・これも僕の人生。
座って楽しもうと思ったけど、DJがあまりにFUNKを連発するので思わずフロアの前で踊っていた。
途中でかかったJUMPIN'JACK FLASHのシタールとか入ったカヴァーが誰なんだろう?カッコよかった!twitterでAnanda Shankarだと教えてもらいまいた。しかも持ってるレコードだった!
なんて気持ちも夜のダンスフロアならでは、ですね。

そこから歩いてSankeysへ。元AIRの場所。
Q'HEYさんのテクノパーティー、REBOOTが18周年。
Sankeysは作りがちょっと改装されてて通路があちこちに伸びてたり、メインフロアの天井の抜け方の印象だったり、トイレだったり・・・クラブを探検する感じも久しぶり。
フロアのブースからやや下がったポイントが音が気持ちよく、連打される重いキックをひたすら浴びながら踊ってました。
すごいテンション高いインド人のお客さんが隣で楽しみ過ぎてたのでバーの方まで下がると、そこでは会話可能な音量。
ラウンジスペースの作りも変わってた。
Q’HEYさんやTAKAMI君にお祝いを言って、帰りがけに木村コウさんとハウス感とヒップホップ感のクロスオーヴァーの成功例はやっぱSOULⅡSOULだと思うなとコウさんが言うのを、そう言えばこないだキャロン・ウィーラー聴きなおしてました!なんて会話。

4時前に出て、夜風の中を始発の時間まで歩いて帰宅。
いま起きたところです。
さて、溜まった原稿を書かねば・・・
Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-01 22:11:58

アムステルダム速報第1弾!(追記あり)

テーマ:思索
アムステルダムへ行って帰ってきました。
世界28都市が集まるナイトメイヤーサミットにてZeebraがスピーチを行うお供で。

22日に出発、到着。
歓迎夕食会からのナイトクラブツアー。
23日は朝10時から夜10時までサミット。
24日は少々買い物したらクラブ周りへ。
25日の昼に帰りの飛行機へ・・・

主催はアムステルダムのナイトメイヤー、ミリク・ミラン氏。

そもそもの発端は昨年来日したミラン氏と僕、DJ AMIGAさんで対談をしたことです。
ナイトメイヤーとはなんなのか?せっかく来てるなら話に行ってみよう。
その対談が昨日アップされたので、そちらをまずは読んでください!

ミリク・ミラン氏との対談記事はここをクリック!


で、今朝、渋谷新聞の記事がアップされました。

その中で、フリースタイル・ジャーナリスト・・・だいぶアナーキーな存在感の出る名前ですが。
として、僕のアムステルダムレポートが掲載されています。

これはZeebraの渋谷のナイトアンバサダーとしての立ち位置に焦点を合わせたもので、総括的なレポートば別途発表します。

記事としてもテンション高いので是非読んでみてください!

渋谷新聞の記事はこちらをクリック!

先日は渋谷駅前のシブパラの特設ステージでPlay Coolのトークセッションをしてきましたが、法改正は長年のねじれや不条理の積み重ねが解消される一歩目であり、一歩目にすぎません。
そのあと、どっちの方向に踏み出すかでこの先も全部変わっていきます。

楽しく踏み出すダンスステップ!教えておくれよステップ!

CCCC立ち上げ初期は業界団体もないクラブシーンでしたが、いまは幾つも団体が立ち上がってます。
5年前になるのかな?代官山で開かれたトークセッションで、業界団体の必要性が浮上してから気づけば・・・というところですが、海外の反応として非常にスピーディーにことが進んでるように見えるようです。

これにはダンス業界全体のエネルギーと思い、そしてユーザーたちの思いが重なってのことだと思います。

業界団体が存在する今、各団体が、そもそものスタートの風俗「営業」法としての「営業」の部分を今後の事業者たちの問題として様々な課題に、それこそ風俗という言葉の定義から、遊興という言葉の定義まで課題は依然山積みですが、向き合っていくことになると思います。

CCCCは元々DJ、ミュージシャンらの集団なので、ようやくこうした事業者が抱える問題を一緒に考える役割を解かれ、よりアート&ワークな側面を見ていくコトが出来るようになると思います。
PLAY COOLを提唱し始めてからも結構経ちますが、ようやくより広い層にコンセプトが伝わり始めた感覚もあります。
そもそも、僕たちが主戦場としているクラブやそこから生まれるクラブカルチャーがどうなっていくのか?をいい加減長いことお世話になってるんだから考えよう!という動機で集まってます。
アムステルダムでのナイトメイヤーサミットでも刺激的な議論がたくさん聴けました。
一歩目をどちらに踏み出すのか?

楽しくいきたいですね!


(ナイトメイヤーサミット歓迎会での一枚。Raymond Van Mil撮影)

で、そんないろいろ始まりの季節だな~ってのをラジオでも紹介してて。
Inter FM897で第3月曜に放送しているFUNKY HOTGATE。
Rei Wordupがメインパーソナリティー、姫乃たまがアシスタントのFUNK番組ですが・・

4月分をアップしました。
気持ちのよい季節にファンクをどうぞ!



ゴールデンウィーク!

5日はSCHOOL OF RAP@CIRCUS TOKYO
6日はTHE BASSONS LIVE@池袋鈴ん小屋
7日は蝕 X SHIBUYA THE GAME 13TH ANNIVERSARY@SHIBUYA THE GAME

どこかの現場でお会いしましょう!
Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-28 22:42:07

さよならプリンス。こんにちはプリンス。

テーマ:日常をファンクしろ!
ちょうどアムステルダムに行く準備をしている晩。
アムステルダムのナイトメイヤーのミリク・ミランに、日本の現状のブリーフィングを英語メールでせっせと作成し、送ったら気づけば夜。

出発の日の朝は早いので少しでも寝ておこうと思って寝る前にTWITTERを見ていたら・・・英語のサイトでプリンス死去のニュースが出ていた。
そんなワケはないだろう、最近はまた異様に元気でファンキーでロックで最高なアルバムを立て続けに出してるし、老いなんてものとも完全に無縁に思えたからだ。

朝起きてまたTWITTERを開くと・・・本当だった。
プリンスが死んでしまったのだ。

成田に9時に着かないといけないのでいそいで準備しなければいけない。
でも、とにかく。iPhoneにプリンスを入れるんだ。
ちょうどアムステルダムでの動画やら写真の撮影に備えて64㎇に変えていた。
だからぱーっと見つかるプリンスの音源、これブートも含めてかなり持ってるとは思うんだけど。iPhoneにぶち込んだ。

スーツケースとバッグを背負って、聴きながら渋谷駅に着いたころに。
I Would Die 4 Uがかかって。
たまらない気持ちになった・・・

朝、Zeebraさんと合流してプリンス逝去の報を伝えたらZeebraさんもびっくりしていた。
Zeebraにとって、もしかしたら世界でもっとも好きなアーティストはプリンスかもしれない、とその時言っていた。Sometimes It Snows In April。

僕の記憶では・・・アルバム、ラヴ・シンボルの先行シングル"My Name Is Prince"が初体験だったと思う。いや、自分で買おうと思ったのがこのタイミングだったかな?
映画BATMANのBATDANCEのビデオも凄い好きだったのを思い出した。映画ももちろん好きだったけど、あれをプリンスの作品としては最初は意識していなかった。
"My Name Is Prince"は、いわゆるラップ曲で・・・この時期、同アルバム収録の"Sexy M.F."もラップ的なアプローチだ。これも好きな曲なんだけど・・・
前にも書いた気がするけど。プリンスは完全無欠の天才で最高のアーティストなんだけど。
自身がオリジナルであり過ぎるがゆえに?かどうかは分からないけど。
ヒップホップとハウスだけは上手く租借出来なかったと思う。
まあ、ある意味「変」になってしまうのだ。
"My Name Is Prince"もだから「変」な曲だが・・・野太い声でシャウトするプリンスはやはりセクシーでファンキーでウィアードでビザーでロックではあった。
14歳の僕をがつんと引き込むには十分なほど。
そして、いつ聴いてもやはり変な曲ではある。

その時点ですでに多作で、どれから聴くのか?も難しかったし、リアルタイムでアルバムComeが出たときも発売日に買うんだけど、暗くてびっくりしたり。
御蔵入りしたという背景だけで燃えて、ノイズだらけのブートを買ってしまったブラック・アルバムが正式発売された日は・・・池袋のHMV、当時ここには店内ラジオがあって、リクエストした曲をかけてくれたんだけど、友人の山田と斎藤と行って。アルバムを買ってるにも関わらず、すぐに聴きた過ぎてアルバム全曲リクエストしてずっと店内で聴いてから急いで帰って家でも聴いた。

どれか1曲、とかは上げられないし、現在進行形のミュージシャンで新作がまた物凄かったり、というかここ3作は本当おいおいどうした殿下!ってくらいのハイテンション。

"Raspberry Beret"と"Pop Life"とか"Kiss"とか"When Doves Cry"とか"Head"・・・やはりキリがない。アルバムGoldもヒップホップにどハマりして他のものを全然聴かない時期だったけど聴きまくったし・・・The Rainbow Childrenは、例えばネオ・ソウルというムーヴメントがあったとして、殿下がその気になれば最高傑作を余裕で作れることをフフンと鼻を鳴らし、一発ギターをかき鳴らす代わりに優しくカッティングしたような一枚だった。

でも。
プリンスで思い出す話がひとつあるので、それを書くと。
 
 中学の頃、ロック少年だった僕はロック文脈からソウル、ファンクの世界に少しづつ歩み寄っていった。
 最初はStevie WonderのTalking Bookで、これはJeff Beck繋がりで買った。一発で気に入り、3部作を揃えてクラスで聴いてたら,森山という同級生がへ~こういうの聴くの?なんて話になり、じゃあこれも好きじゃない?と言ってOmarの1stを貸してくれた。
クラスにはロックを話せる友人が数人、斉藤やマナベってヤツがいて。森山とはブラックミュージックの話で仲良くなった。
 二人の共通の好みはPrinceだった。お互いCDを持ち寄ってはこの曲はあーだこーだと語り合ったものだ。
 
 英会話の授業を森山と並んで受けてて。
アメリカ人の先生がこの単語の意味わかる人いるか?と質問した。

Controversy

 僕の英語は10歳児レベルなので、こういう単語は知らなかったのだが、これは知ってた!森山と2人でにんまりとして、これはアレだよな!と確認。せーの、で二人で・・・・

戦慄です!

と答えたら・・・間違ってた。
え?だってControversyって言ったら、戦慄の貴公子でしょ?なんで?

邦題の罪は重い・・・

 森山とはその後、Bobby BrownのBobbyを聴いて興奮したり、Jamiroquaiの1stで盛り上がったりした。
 Omarの2ndが出た時、森山が持って来て、CDを開けてみろよ!と渡されて、変形ジャケでなかなか開け方が分からなかったのも覚えてる。

 しばらく後に出たPrinceのEmancipation。僕が買って森山に貸したら、ううん、こういうノリじゃないんだよな、俺のPrinceは・・・と言ってて。実は僕もそれは同意で、あのアルバムはそれほど聴きこまなかった。でも、二人ともBetcha Golly Wow!のカバーは好きだったけど。僕はOne Of Usも実は好きだった・・・そしてこないだ聴き直してたら3枚組で大変だけど、結構良かったりした。

 森山とは10代を最後に話していない。
あいつはPrinceの訃報をどう思っているだろうか?


プリンスばっか聴き直してるうちにモーリス・デイまでたどり着いてるのは僕だけではないはずだ。
プリンスの幼馴染だがこれまたエライ伊達男で・・・最高。
ザ・タイムのパンデモニアムというアルバムはリアルタイムで買ってて、これまた変なファンクがたくさん入ってる。

ミネアポリス。
プリンス、そしてそこから派生してジャム&ルイス。
ファンクの地図の特別区だ。
レニー・クラビッツが"Rock'n'Rolls Dead\"を出したとき、プリンスはシングル"Gold"のB面で"Rock'n'Roll Is Alive(And it Lives In Minneapolis)"を歌った。
実に痛快。

殿下の話は尽きない。
アムステルダムでもみんなそうだった。
プリンスがライブしたクラブ、Paradisoにも行った。
マダム・タッソーの蝋人形館にも彼はいた。
今後も彼の曲を聴くたびに新しい発見があり、そして彼の話は続く。

英語ではただのPlayだが。
日本語では「再生」だ。

レコードをCDをテープをデータを。
再生すれば。
目の前で、耳の中で、頭の中で、身体の中で。
生き続ける。

I Only Want To See You Laughing In The Purple Rain



Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-15 17:33:22

5.5 SCHOOL OF RAP! CIRCUS TOKYO(entry追記中)

テーマ:9SARI
4月3日のSCHOOL OF RAP WESTではジョーが優勝。
見事!
全試合めっちゃ渋い試合ぶりで、しかも先攻でライムでねじ伏せる闘いが多くて圧巻。
ミステリオもかなり面白かったな。

ベスト8の途中で終電(東京行きの新幹線)だったので全試合は観れなかったんだけど、105人エントリーかな?すごい長丁場ではあった・・・

5月5日は東京編!
CIRCUS TOKYO
15時~20時
2000円+1D
前売り登録 1000円+1D(info@blackswan-inc.comに氏名、人数をメール)

前回優勝のIcerey、そしてちゃんみな、前回パフォーマンスが良かったLUIZとSONNYもライブで登場。MCも務めるCHEZもオンザマイク!
ちゃんみなは18日放送の高校生ラップ選手権で果たしてどんな戦いを見せるのか?って僕は目の前で目撃済みではあるんですが・・・
その日、放送終了直後にも?なんかお楽しみなことが?情報を見逃すな!

DJ ZAI(SIMILAB)/dj motoi/HIGH-TONE
MC DARTHREIDER/Chez

そしてU20 MC BATTLEのエントリーは現在、下記。
勝ち上がるのは一体誰だ??

9月22日 SCHOOL OF RAP GRANDCHAMPIONSHIP

ENTRY
LICK-G(2015CHAMPION)/呪外無/KissShot/Rude-α/Breaker/Icerey/烈固(第9回高校生ラップ選手権王者)/ジョー

が現状決まってます!

キャンセル組はキャンセルズというクルーに自動的に入れられてるんだけど、ちゃんと来て勝たないと抜けられません・・・例えばRaaaLは見事前回大会の試合っぷりで抜けてます!
いまんとこキャンセルズからのエントリー、無いみたいですが・・・

なんかエントリーしてたのに試合には出てこなくて、会場にはいた、という謎のMCもいましたが・・・キャンセルズに入れてます。

entry mc
1;Lake
2;【邪武・Darkness=Arms】
3;T-Swagg
4;ENZEL
5; 魅RIン a.k.a Mica Reel
6;nozu
7;Sco-Pion
8;Ruler
9;りょんくん
10;狂犬
11;NK-O
12;DWARF
13;KACHIMARU
14;poker face
15;Amateras
16;APELIL
17;citrus
18;neat ren
19;FACQ
20;Saiki
21;賢士郎(ケンシロウ)
22;MASH
23;₩ombad
24;yellow yeah
25;MCフクロウ
26;MCイガチ
27;Killer-B
28;DICE
29;Nico
30;楓
31;怨念JAP
32;翁
33;Cry-B
34;Gear
35;ナチュナル
36;器a.k.a Dai
37;chechen
38;RaaaL
39;SHOHEI
40;L-DALI
41;鳳丸
42;Syen X
42;J平
44;ada
45;ZEET
46;ロードスター
47;B-STRONG
48;ごみ拾い
49;BraSTA
50;raiz
51;わっちょい
52;ノーズ
53;LiAR
54;gAwn
55;black eyed kid
56;omen
57;psychedelic
58;show-T-low
60;おしぶ
61;韻shinning
62;needle
63;DEEP
64;TAMARI
65;ANAKONDA
66; DAIDOU
67;トゥエンティ
68;狼牙
69;Dry
70;Salvador
71;だいだらぼっち
72;BLUE JET
73;Spada
74;TAKAMi
75;SONNY
76;MC RYU
77;bug
78;Lusty
79;清
80;ドーザー
81;MCワイド
82;590
83;little A
84;MCガーデン
85;MC東雲
86;kate
87;PIERROT
88;コイキング
89;andα
90;Luiz
91;
92;
93;
94;
95;
96;


エントリー希望MCは

info@blackswan-inc.com
までMC名、年齢、出身地を送ってください!
PCからのメール拒否設定していると、説明メールが届かない場合があるようです。
上記のアドレスからの受信が出来るようにしておいてください。


前回のIcereyの活躍はこちら!


そして・・・
何度も言ってるんだけど、バトル動画上げてるヤツがまだいる。
で、その一人のせいで!
イベントが中止になる、バトルが途中で中止になる、携帯を取り上げられる、データを消される、人件費かかる・・・ともう考えただけで面倒くさいことが起こり得る。
撮っても友達だけで観てね、という優しさが利用されちゃうんだったら、もう禁止するしかなくなっちゃうよね。
残念すぎる!

だから、周りにいるヤツも見つけたら注意してほしい。
楽しくやろうよ!
Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-11 15:27:35

39歳になりました!決意表明、かかってこいよ!

テーマ:HOTGATE!
2016年4月11日。

39歳になりました。

前日食べた惣菜が原因か?わからないけど・・・
夜中に強烈な発作で全身の体液を絞られたような状態で一睡もできず。
胃カメラをやった時以来くらいにすっからかん・・・
フラフラで出社してミーティングと撮影をこなし。
これからもう一件ミーティング!

間は横になってるという・・・そんな誕生日。
その後帰宅、ケーキもなにも無しで寝て終わった。
(惣菜買ったところに現物を調べてもらってはいます・・・)

僕はほっておくと5年で死ぬよ?と言われてるので・・・
今日から第1ラウンドスタートだと思っています。
5年後、どんな顔で44歳の誕生日を迎えるか?
笑っていけるか?
そんな人生にしていきます。

一日一日をちゃんと楽しんでいこう!
って,今日いきなりグロッキーなんだが。

乗り切ったら延長戦突入。
この勝負、死神相手なので僕の勝ちはないんだけど。
しぶとく延長に持ち込んでいこうと思います!

そんな決意を歌ってる曲の動画がこちら!

Kakattekoiyo!



おい、仕留めそこなったようだな?
そっちがやる気ならしょうがない
I GOT THE RHYTHM, I GOT THE BASS
I GOT THE BLUES、さあ始めるGAME

音が止まったら終わりでいいけど、
まだ鳴ってるからかかってこいよ!

たくさんのお祝いありがとうございます!
ひとつひとつを励みにファンキーに乗り切ります!

よろしくお願いします。



Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み