こんにちは、放置プレーをお許しください。


そんななか、不義理なわたくしに海さんが イメージバトンなるものを渡してくださいました。

海さん、どうもありがとう~。


ひとつの言葉からイメージする言葉をリレーしていくものみたいです。


~今までの流れ~
「至福」 → 「無駄遣い」 → 「写真」 → 「アート」 → 
「情熱」 → 「家族」 → 「好奇心」 → 「癒し」 → 
「本」 → 「父」 → 「掃除」 → 「心」 → 「春」 → 
「記憶」 → 「ドラム」 → 「憧れ」 → 「初恋」 → 「学生時代」

海さんからは、

一瞬


というイメージをいただきました。


海さんはこのバトンをeiさんにも 渡しています。

早速、eiさんのブログをチェックすると、ふむふむ。


・・・・


やばい、かぶってる・・・・(汗)。


更新前にかぶっているのを発見してしまったため、どうしようかと考えながらの更新です(苦笑)。



1.受け取ったイメージに対するわたしのイメージ

切ない。

だと思います。

一瞬と言われて、ぱっと思いつくのは、刹那という言葉。

同じような意味ですが、刹那という言葉のほうが私にはより切なく響きます。

この言葉を知ったのは中学生のころだと思います。

本を読んでいてこの言葉の意味がわからなくて、辞書を引いたような思い出があります。

その頃知った言葉がもうひとつあるんですが、それが「焦燥」。

「刹那」と「焦燥」。

私にとっては、今でもとても切なくみずみずしい言葉です。



2・渡すキーワード

永遠


かな。

って、eiさんとほぼかぶっちゃうんですが・・(汗)。

時間って、一分、一時間と単位はあれど、気持ちの中では定義したり、区切れる、計れるものではないような気がします。

退屈な一時間と、楽しい一時間では過ぎる速さが違うとみんなも感じるでしょう?

昨日の晩御飯はなかなか思い出せなくても、昨日のことのように覚えている楽しかった出来事、辛かった出来事、いろいろあるよね。

一瞬一瞬が積み重なっていくことで永遠に変わっていったり、本当に一瞬の出来事でも心囚われて永遠に忘れることのできないこともある。
永遠というのは、きちんと呼吸をしている一瞬がなければ存在しないということかな。


なんて、キ、キザ~~~(汗。


ということで、終わり。


バトンは素敵な看護師さんのセローさんにお渡しします

時間のあるときに、お願いしますね。


ではまた、しばらく放置プレーを続行します。

ただいま地味な作業に没頭しています。

いろんなことを一度に平行して出来ない性格をお許しください。



AD

新しい地図記号と裏切られる女

テーマ:

昨夜「タモリ倶楽部」を観ていたら、10月1日より「新しい地図記号」を募集しているということで、タモさん、おぎやはぎ(大好き)、堀部の3組が考えていました。

募集する地図記号は「老人ホーム」と「風力発電用風車」の2つだという。


創造力に人一倍欠けると自負するわたしですが、こういうのを考えるだけ考えてみるのは好きだ。


うーむ、うーむ。


老人ホーム

「老人ホーム」

杖とハートマーク。全然面白くない。他に浮かばなかった。

ご老体みんなが杖を使用するわけでもないし、偏見だと怒られるだろうか。。。


風力発電

「風力発電用風車」

風車(矢七のかざぐるまをイメージ)と発電所の記号を組み合わせたという、これまた平凡な記号しか思い浮かばず・・・・。

でも、気持ちの悪い虫みたいな感じになったので、まぁまぁ良し(基準がおかしい?)。


やっぱりロクなものが浮かばないわ・・・・と思っていたところ、


小、中学生しか応募できなかったっ!



な、なんだとー。大人差別だっ!


と思っていたら更に、


締め切りは10月末です。とTV画面に大きな文字が。


そしてその下に小さな文字で


この番組は関東地方で10月28日に放送されたものです。


と説明書きが・・・・・・(苦笑)。


な、なんですとー。


年齢で裏切られ、そして地域で裏切られた感が・・・・・・・・・・(汗。

なんか、くやしぃ~~~。


余談ですが、「タモリ倶楽部」のコーナー「空耳アワー」で、てぬぐいを出すタモさんがどの番組よりも一番輝いている瞬間に見えます(笑)。





AD