東京都江戸川区立の小学校校長(59)が、保護者の母親と不適切な関係となり、勤務先の校長室で性的な関係を持っていたことが24日、分かった。2人の関係が卒業生や在校生の保護者らに広まったことで、江戸川区教育委員会は卒業式直前にもかかわらず、校長を更迭する異例の人事を行った。区教委から報告を受けた都教委で本格調査に乗り出しており、事実が確認され次第、厳しい懲戒処分を行うものとみられる。

 関係者らの話によると、元校長は平成20年、学校行事などで知り合った保護者の女性と親密な関係となり、勤務先の小学校の校長室で性的な関係を持ったとされる。

 元校長はその後、女性を同校の臨時職員として採用し、その後も校内で勤務時間中にキスしたり、性的な関係を続けていた。

 元校長との関係に悩んだ女性が、区教委などに相談したことで、2人の不適切な関係が発覚。区教委が調査を続けていた。

 今年に入って、在校生の保護者の間で2人の不適切な関係が広まり、特に24日に卒業式を終えたばかりの6年生の保護者からは、「元校長名による卒業証書を受け取るのは嫌だ」などの声が区教委に寄せられていたという。

 このため、区教委で協議し、3月1日付で元校長を更迭する異例の人事異動を行い、卒業生には、後任の校長名で卒業証書が授与された。

 学校関係者によると、保護者からは区教委に元校長の異動理由を問いただす電話も入ったという。

 産経新聞の取材に江戸川区教委では、「校長として非常に不適切な行為があった。非常に遺憾」と話している。

 教員のわいせつ事件について、都教委が独自に分析した結果では、児童・生徒の保護者が被害対象となる割合は、全体の約1割に上っている。

【関連記事】
「出会い系」で不適切関係 イランで男女25人拘束
米人気司会者と元校長が和解 生徒虐待めぐる名誉棄損訴訟
「小6は粗大ごみ。卒業式は大掃除の日」 福岡の教諭が暴言を謝罪
教え子の女子高生と交際の教諭を停職処分に 滋賀
教諭が授業で妻の出産シーン上映 児童「気分悪い」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「心を痛めています」 愛子さま欠席で皇太子ご夫妻(産経新聞)
長男の首絞めた母逮捕=意識不明、殺人未遂容疑で-岩手県警(時事通信)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
阿久根市側の敗訴確定=解雇職員給与未払い訴訟-鹿児島地裁(時事通信)
AD