【踊Ⅱ】 隅地茉歩 クリエイション・ドキュメント Avecへの道 

JCDNダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト
「踊りに行くぜ!!」Ⅱ Vol.4 B/リージョナルダンス 
隅地茉歩による作品制作の様子を記録していきます。


テーマ:
関西に戻り、一週間経った。札幌で過ごしたかけがえのない時間は、興奮の坩堝からいささか様相を変えながら、身体の深くに浸潤している。まだ手触りは生々しく、それでいて、身に染みる距離の隔たり。

「Avec」のダンサーたちはどうしていることだろう。コンカリーニョはどんな様子だろう。ふとそんなことが頭をよぎる。

ダンサーたち6人は、クラシックバレエやモダンダンスやジャズダンスやお芝居、めいめいのフランチャイズで、次の舞台の準備をスタートさせていることだろう。コンカリーニョは札幌演劇シーズンの幕が開ける頃だ。

私も、セレノグラフィカの活動が本格化している。昨日舞鶴から戻り、来週は石川、三重、再来週は福島。京都で続けている学校の先生対象ワークショップも東山で開催する。春以降のシーズンの事業の準備も加速して来た。

どの仕事も全力投球は当たり前で、鼻息など荒くなくとも、いかなる熱を注ぎ込むべきかはいつも粛々と額に貼り付いている。

「踊りにいくぜ」も次なる公演地への準備がたけなわだと思う。また多くの来場者と、生の舞台ならではの高揚が共有されますように。

今回このプログラムに参加した経験は碇のように確かで重く、航海の拠り所となっている。

本番の日に足を運んでくださった皆さまと、札幌公演に関わってくださった全ての方々に心から感謝を捧げます。

改めてまして
ありがとうございました。

※京都は、町家をリノベーションした喫茶店や雑貨屋さんが多いです。中にはお医者さんも。住んでいると、ガイドブックに載っていないスボットにも出くわします。因みにけっこう案内好き。得意エリアは西陣です。

{457D0F98-B63F-4E29-AE6C-FA140EEEAFEC:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>