StartPage!公認会計士試験
StartPage!公認会計士試験

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-18 10:32:11

零細会計事務所脱却の難しさ&現在の取組&大切だと思うこととか。

テーマ:アメブロお友達企画

おはようございます。

海津(かいづ)です。

 

大分、ご無沙汰してしまいましたが、皆様、お元気でしょうか?

 

はてさて

もうね、これマンネリ化してきたから、またかよって感じなんですけど

やっぱり、経営を考える上で、とてもリアルで重要な課題だと思うから

書きますね、ほんとごめんなさい(涙)。

 

初めての方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に自己紹介させていただきます。

私は、現在、公認会計士&税理士として仕事をさせていただいています。

 

んで。細かいとこ省略させていただき、ざっくり職歴を記載させていただくと

①大学卒業直前に内定の出ていた某新興レコード会社さんが倒産

②あり? ってなって、ビーイングで見つけた、某先物会社に入り営業マンとして1年半ほど

③その後、転職を試みるも会計事務所のアルバイトさえ、採用していただけず

④仕事ないから、資格でもとって・・ということで、会計士試験受験を開始し、職歴空白(汗)

⑤会計士試験合格後、大手監査法人に就職→監査法人自主解散(涙)

⑥一瞬、他の大手監査法人に移籍するも、文化になじめず、数カ月で退職

⑦独立系としては、国内でも有数の会計事務所系コンサル会社に入れていただいて、少しだけの期間会計事務所も兼務させていただき、その後退職

⑧独立開業

➈監査法人の共同出資者として、監査法人代表社員兼務(あんま、貢献できてまへんが)

うん。こんな感じです。

 

ちなみに、大学卒業直前のレコード会社さん、そりから、新卒で入った先物会社さん

さらにいうと、入所当時は、もう公務員位のレベルの安定度と思っていた大手監査法人さんですら

みなさん廃業っす(涙)。

結局ね、自分が就職した先って、時系列的には前後してますが、3つ連続でなくなってんのよ。さらにね、日本であんな大きな監査法人が廃業ってのは、我が国の歴史上、後にも先にもあれしかないのよ(涙)。

 

かわいそうでしょ? ほんと、同情してくれていいですよ?(苦笑)。

 

ちなみに、先物退職後の就職活動時、自分、会計事務所のアルバイトすら採用してもらえなかったの(涙)。正社員じゃないよ? アルバイトですよ?

だから、しょうがなく会計士受験。

だって、ほんとに就職できなかったんだもん(涙)。

 

でね、私が独立したのが2010年10月で、当時38歳

税務申告経験SPC1件だけ(汗)、年末調整経験なし(涙)、法定調書は名前聞いたことはあるくらい(驚愕)、初めて源泉の納付書つくるときにね、年末調整の還付金を控除しきれなくて、何、これマイナスになんのかよ? とか ぶっちゃけ、そういうのも分からず、独立しました。

もちろん、開業当初顧問先ゼロでございます。

多分、業界の方からすると、なにこいつあほなの? とか言われても全く反論の余地はございません(汗)。まあ、周りに優秀な方たくさんいらっしゃったので、頭下げて聞きまくってなんとかしましたが・・・・・。今思うと、無知の強さですな(苦笑)

 

時代背景的には、今と真逆で、会計士業界も税理士業界もかなり落ち込んでいる時期

その中でね、顧問先ゼロで しかも 税金の知識、素人レベル・・・というか、もう完全に素人で独立しちゃったというのは、なんていうんでしょね。

我ながら、あほですね(苦笑)

 

まあ、それでも人というのは、追い詰められればそれなりに頑張れますし

成長もするので、徐々に税務も普通にこなせるようになって

それからね、開業1年たったころには、結構頑張って営業に力を入れて

一気にお客様を増やして、これから「どこーん!」ていくよ!! てな感じで

鼻息荒かったわけですよ(苦笑)。

 

ぶっちゃけね、先物でテレアポとって、訪問して 大豆とか金とかの先物に投資していただくよりは、こっちの営業なんて、全然楽ですからね〜。

楽しくおしゃべりさせていただいていれば、ご契約いただけるわけですから、潜在的なニーズをお持ちの方と合うための仕組みがある程度できてからは、営業は楽だったですね。

※もちろん、ファーストコンタクトを取るまでは、開業当初、相当苦労してますが。

 

こんな感じですから、会計事務所なんて、すぐにでっかくできちゃうじゃん!

とか、思っていた時代が

私にもございました(涙)。

 

でもね、少なくとも私めにとっては、ここからが本当に難しいかった(というか、今も難しい)。

この業界、何故、斜陽業界と呼ばれるのか分からないくらい、仕事はたくさん世の中にあります。

 

であれば

がんがん、仕事受けて、どこーん、どこーんて売上大きくしていけば

事務所、でっかくなるじゃん! 簡単じゃん!! 

 

って、思うでしょ?

うん、私もそう思っていた時期が、お恥ずかしながらございました(涙)。

 

でもね、そんな簡単じゃなかったよ? 少なくとも自分にとっては

 

経緯でいうとね、仕事凄い勢いで増やしていたの、実際

 

で、仕事増えると、すぐに自分一人のキャパ超えるでしょ?

 

で、一人ではこなし切れないから、人を採用してってなるじゃん?

 

もちろん、今まで自分一人でやっていたわけですから、自分の中に工数の見積りはあるわけです、うすぼんやりした。でも、まあまあ正確なの。

 

でもね、それ通りにいかなくなるの、人を採用すると最初は(涙)

てか、当時の売上からすると、相当、コストかけて人入れてたけど

もうね、全くもって、効率も質も、自分のうすぼんやりイメージしてた通りにいかないの(涙)

 

で、どういう事が起きるかというと

お金は、どんどん出ていきます。たくさん、お給料払うから。

でも、お給料払っても仕事がミスだらけ、更にいうと非常に効率が悪いので

結局、中途半端なごみみたいな状態で仕事が残って

それを、全部自分がやらなきゃならない(汗と涙と鼻血と若干の胃痛)。

で、こういう仕事していると、そりゃ、当然、クレームの嵐になるわけで、その対応でまたタスクが増えていく・・・・・

こうなってくると自分も今よりも更に人間として未熟だったので、相当カリカリしてしまうでしょ?

そんでもって、スタッフに厳しくなって、辞めて またゼロからの人を採用して、教育して・・・

って、こんな感じになって

 

もうね、まさに負のスパイラル、貧乏暇なしって絵にかいたような悪いモデルです。

 

この時にね、独立したままっていう前提の下で考えると

 

自分には2つの選択肢があったと思います。

 

ひとつは、もう完全なる一人事務所になって、自分一人で受けられるだけの仕事に留めるって選択肢。 ようは、人を雇わないっていう経営スタイルですな。

 

ぶっちゃけると、これだと売上の上限はおのずと出てきますけど、そうはいっても、サラリーマンの平均年収と比較すればね、3倍とか4倍はいけますから、悪くはないのかも知れません。

精神的にも、特に大きな問題なければ、ストレスは少ないんじゃないかな?

ただ、私の夢であるひきこもり生活は、実現しそうにないですし(笑)、体壊して長期離脱なんてのもできませんから、目先楽だけどリスクがないわけではないんでしょうね。

悪くはないと思いますし、実際、私の周りではこちらの方が主流な気がします。

 

でだ もう一つの選択肢

これは、めげずにそれでも事務所拡大を目指す んで、突き抜けるという選択肢。

 

もうね、どっちが正解とかなくて、これは選択する方の人生観というか、幸せ基準に照らし合わせて判断するしかないんだと思います。

 

で、私の選んだ道は

 

それでも、事務所を成長させていきたい! って方向だったわけですよ。

もうね、目先で考えたら、絶対一人でやった方が楽で稼げたわけですが

それではね、燃える男のロマンが収まらないのよ(涙) ええ、バカかも知れまへんが・・。

 

ただ、こっちの道を選択はしたわけですが

当時の私には、その頃の混沌とした脆弱な体制のまま、拡大路線をストレートに推進するほどの、強靭な心臓はさすがに持ち合わせていませんでした。

 

で、当時の私が選んだのが

「新規営業を止める」

んで

「将来の拡大に向け、それに耐えられる体制を構築する」

こっちの方向です。

 

で、かれこれ数年は、積極的な営業投資を止めて、その体制づくりに取り組んできました。

てかね、正直、こんなに時間かかるとは思ってなかったのですが

一度、業務対応処理が完全に破たんした状態を何とか通常の状態に戻しつつ

一方で、当時は人の定着率もめっちゃ悪かったので、採用なんかにも力入れつつ

更に、通常の会計入力や領収書貼るとか、そいうのもやってたので

割ける時間が少なかったてのもあるかな?

まあ、結局は、自分の頑張りが足りなかったって事に尽きるんでしょうけど・・・。

 

まあ、こんな感じで、ずーっと零細事務所の壁を越えようと、試行錯誤してきたわけです。

で、何回もこの壁にはじき返されて、今現在もこの壁を越えきれていないというのが実情です。

 

一つ分かったことは

この壁を超えるというのは、実は、相当厳しいってことですかね?

もうね、私の人生の中で、ここまで本気でやって、時間つかって、それでもだめってのは

他になかったんじゃないかな?

世の中には、大変優秀な方いらっしゃいますから、するーっていっちゃう方もいらっしゃるんでしょうけど、僕にとっては、本当に大きな壁です。

 

で、この壁に何回もはじき返されて、自分なりにあがきながら、つくりあげてきたのが

現在のうちの事務所独自の会計入力処理方法であり、その入力を行うためのガイドであったり、結果検証のためのチェックリストであったり、資料の統一的な保管方法であったり、お客様毎かつ資料単位の詳細な資料入手状況の管理であったりとか、そういうのです。

 

とにかく、うちの事務所では、事務所全体の中の仕事の内、作業に落とし混める業務を切り出し、属人性を極限まで排除するということを、徹底的に考えて、そして現実の運営に落とし込み、マニュアル化してきました。

 

誰がやっても公認会計士・税理士である「海津」が実際に処理した結果と一緒になる

極めて再現性の高い明確な作業手順

これが今のうちの生命線であり、コアであり、エッジの一つになりつつあります。

※もうひとつは、内緒(笑)。

 

ただね、これ大量産効かないのよ(涙)。

どうしても、個社毎に作る必要があるものも出てきますし、メンテも必要だし

だから、遅々として進まなかったのですが、ようやく全顧客様の6割位までは完全適用範囲が広がってきた・・・今、こんな感じかな?

 

効果のほどは、もう申し分ないですね。

以前、この仕組みを作り始めたとき、効率が5倍~10倍ってなことを言っていた気がしますが

ぶっちゃけるとね、仕事になるかならないか? 0か1か??

今のうちでいうと、こういうレベルで捉えています。

完全に実証検証完了したので、こっちはもう心配ないですね。

 

ただ、これね、どうしても個社毎のカスタマイズが必要なので、大量生産効かないという弱点が・・・メンテも必要やし

現在は、私のみがこの設計図をつくっているのですが、これがネック。

事務所の中で誰よりも忙しい自分にしかできない、しかもしれがないと仕事にならないってのは、非常に大きな制約になってしまいます。

 

ただね、もう仕組み自体はいくらでもナマの事例あるし、ロジックも全くぶれがないので

これ、作れる人ならパクれば作れますよ。

でもね、相当レベル高くないと、似たものはつくれても実務レベルに耐えられないのよね(涙)。

 

これもね、何度か、他の方にもお願いしてみたんだけど、今のところ全滅。

はっきりいうと、使い物になりません。

だから、それの直しも今、進めているわけですが

今後は、この設計図の作り方のマニュアル、作んないとね(汗)。

それと、同時に、そのマニュアルがあれば、私と同じ物つくれる人を育てていかないとなんないなあ・・・。

 

うん、てきとーな私のイメージからは、想像しずらいかも知れませんが

うちの事務所は、今、超マニュアル化事務所に変貌しつつあります。

なんでって、そうしないと、仕事になんないから、しょうがないのよ(涙)。

 

あとはね、マニュアルこっちで完璧! とか思っても、マニュアル無視されちゃうと意味をなさないので、運用定着のための継続的な教育も必要だねえ・・・

そうなると、教育用マニュアルも・・・

 

うーん、果てが無い(苦笑)。

 

いずれにしてもですよ、うちがずーっと、零細の壁にはじき返された

一つの大きな理由が、これなんですよね、多分。

だから、こっちは急激に進めています。

 

それと、あとはね

ここ最近、かなりこの辺のマニュアル化や仕組み化、急激に進みつつあるわけですけど

何故、急に進むようになってきたかというと

一つはね、試行錯誤の結果、独自のノウハウが蓄積してきたってのもあるんですけど

最大の原因は、私の時間をこっちに割けるようになってきた これでしょね。

これは、今一緒に仕事をしているメンバーが、他の仕事をカバーしてくれているからなんだよねえ・・・。これは、露骨に違いが出てます、はい。

えーと、ありがと。 自分、口は悪いけど、感謝はしてます(苦笑)。

やっぱりね、一人でこの壁を乗り切るってのは、相当凄い人じゃないと、無理かな?

僕には、無理でした。だから、優秀な仲間が必要なのよ。

で、私も採用活動に積極的にお金も時間もつかっていたわけですが、3月からね

新しく一人、会計士&税理士保有者さんが、仲間に加わってくれることになりました。

これで、相当落ち着くでしょうし、うちの仕組化も更に加速すると思います。

零細でのこの体制は、正直、贅沢過ぎる気もしますが、いつまでも零細のつもりじゃないからね、先行投資です。はい。

うん、今後が楽しみだ!

 

んで、結局ね

私が思うに、零細がこの壁を突破するためには

やっぱり

 

①そもそも仕事がないとお話にならないので、営業力というかマーケティング力

 

②で、仕事をこなすためには、やっぱり、業務をこなすための仕組みがいるでしょ?

 

③あとは、そもそも優秀な人材がいないと、その仕組みを作る時間をキープできないし、横展開できないので、人材マーケティング力・・・うーん、こりは運頼み的な要素もあるかな?(汗)

 

④それから・・・もうね、こういうお話したくないですけど、やっぱり、優秀な人材となると、うちが零細だから向こうもかなり遠慮してくれてますが、それでもね お給料は世間一般零細水準からみたら、相当高いです。社会保険もうちは、任意加入することになるしね。

だから、お金もそれなりにないとやっぱり、厳しいですね。

※もちろん、うちは実力主義なので、結果に対しては非常に素直に分配します。

 

⑤最後に、これが一番重要かなと思うのが

  零細から絶対に脱却してやる! という経営者としての強い覚悟

  これかな〜? と思います。

  ぶっちゃけると、私が今、選択を変えれば、私がサラリーマン会計士を継続いたら
  いただけていたであろう年収は越えられると思います。

  プレッシャーも少ないでしょうし、時間の自由もサラリーマンより効きますし

  なんか、結構、ハッピーな香りがしません?(苦笑)

  一方、こっちの道は、下手すると自分のお給料分ゼロどころか、大幅マイナスの

  時期も当然、ありうるわけで、あんまり目先楽しそうじゃないよね(笑)。

  それなのにあえて、楽で、そこそこ稼げる状態を捨ててまで、更に投資して

  いくってのは

  やっぱね、相当の覚悟がないと、選択できないんじゃないかしら?

  当然、ある程度以上の確度で、勝算あるってのは前提ですけど。

 

何度も何度も、挑む度にはじき返されてきた零細の壁

 

うん、そろそろ、決着つけようじゃないか!

体制としては、整いつつあります。

あとは、自分の覚悟・・・。

 

幸いというか、独り身になったので、もうあんまり、守るもんないですから(苦笑)

比較的、ハードルは低いかな?

7年近くこっちに向かってやってきて、負け続けてきましたけど、その度に状況は改善されてきているしね、まだまだ、いけるっしょ?(笑)。

 

てことで、自分にとっては、もうこれは選択肢ですらなくて、単に既定路線ですね(笑)。

 

まあね、他人の芝は・・って、同業の一人事務所選択の方とお話すると

ぶっちゃけ、たまには うーん、ええかも?(汗) って思っちゃう時もあるよ?

私だって、人間だもの、別に幸せになる事をあきらめたり

放棄してるわけじゃないんだからね?(苦笑)

 

でもさ、最後は結局

燃える男のロマンなわけですよ。

この人、昭和熱血アニメで人格形成されちゃってるから、もうね、しょうがないの。

ハーロックとか、009かみると、心震えてしびれちゃう人だから(笑)。

 

もちろん、選択は人それぞれ、幸せ基準も人それぞれ

 

なんかさ、こっちの方が楽しそうじゃん。

だったらね、まだまだ頑張れるってものですよ。

 

独立開業して、もう7年目 自分では、それなりに努力もしたし、我慢もしてきたつもりです。

それにも関わらず、未だ、この状態ということは・・・・・

ぶっちゃけね、私は経営者には、全く、向いていない人間なんだと思います。

 

それでもね、こうやって何とか事務所を経営して、お給料も払って

そして、自分も生活させていただけて来れた。

 

だから、私のような経営に向かない凡人であっても

そりゃ、大変かもしれないですけど、経営ってのはできなくはないと思うんですよね。

 

で、毎日毎日、大きなプレッシャーと戦いながら、それでもめげずに改善を続けていれば

そりゃね、それなりには、経営者としても成長しますし、世の中の本当の事もちょっとは見えてきますよ。

 

そしたらさ、時間はちょっとかかり過ぎたけど、こんな壁、そのうち越えれるでしょ?(笑)。

 

こんなマイナーなブログ、今、どなたが読んでくださっているのか分かりませんが

 

私と同じような零細事業経営者さんで、私と同じように日々悩みもがいている方

 

もしね、こんなんで何かしら勇気がわいてきたり

 

気持ちが楽になったりしてくれるのであれば

 

ええなあ~・・・・・。

 

ま、お互い

 

今出来ることを一つずつ、積み重ねて

 

いつか大輪の花を咲かせてやりましょう!

 

人生に無駄な努力なんて

 

無いんです!

 

海津元則公認会計士事務所

公認会計士・税理士

海津 元則

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。