幸せと感謝の循環

テーマ:

こんにちは

奄美の心理セラピストチーです。

 

 

火曜日

何年ぶり?と思うくらいに

熱が出ました。

 

 

やっばっ(@Д@;

インフルエンザかぁ

仕事場で感染させてしまっていたら

どうしよう…

 

 

とりあえず、24時間

菌が検出されやすくなるのを待ちました。

 

 

頭痛がひどく

まぎらわすために

TVをつけていましたが

すぐ意識が遠のいて

 

 

ん~~

昼間こんなに寝てしまったら

夜は寝付けないんじゃないか

という心配をよそに

夜もぐっすり。

 

 

次の日の朝

このまま病院に行くのは

臭すぎるだろうなと

お風呂に入ってみると

 

 

けだるさと頭痛は残るものの

結構動けるな…と感じつつ

病院へ。

 

 

結果は、陰性

ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー

よかったぁ~~

 

 

それさえ分かれば

診察とかどうでもよかったのですが(笑)

そうともいかず

かなりの待ち時間を経て

お医者様とお話。

 

 

色々と原因を探ろうと

してくれていたのですが

私が、もう十分だと感じたので

 

 

お薬は何もいりません。

経過をみながら

また何かあれば

お願いしに来ます。

と言うと

 

 

えっ?頭痛薬も?

うなずく私。

 

 

したらば

もう何も言うことはありません

みたいな感じで

 

 

書いていた

頭痛薬処方にボールペンで

ザーッ、ザーッと二重線をして

カルテを閉じる姿を見て

 

 

ありがとうございました。

と、診察室を出ました。

 

 

頭痛の程度が

以前発症したインフルエンザと

類似していたこと

 

 

病院で同時に疑われた

腎盂腎炎は以前経験していて

その症状ではないことが

自分で解った上での

判断でした。

 

 

 

久々の毒だし。

丸一日…たったの一日

 

 

洗濯物をたたみ

食器を洗い

サッカーの指導に出かけた旦那様。

 

 

出かける前は、娘様に

お父のチャーハンが食べたい!

と言われ返事をしていましたが

帰ってきたら

 

 

作る元気がない…と

出前を注文し

栄屋さまさまかんしゃかんしゃ

 

 

私には

夕方、大好きな友人が

私の発熱を知り

準備してくれたおじやを

温めなおして配膳。

 

 

ありがたく頂いて

しっかり歯磨きをしてから

また床に就き

3人の団欒を感じながら

うつらうつら

 

 

仕事に出かける旦那様を

私の代わりに子どもたちが

お見送り

 

 

娘様の行動。

 

 

旦那様が洗濯物をたたんで

時間がきたのでそのまま

サッカーの指導に行ったのですが

 

 

見向きもせず

ひたすらPCをのぞき込む。

 

 

奥の部屋から

その様子を見てひとこと

たたんである服、しまって

と言うと

 

 

大きなため息が聞こえる。

 

 

やらされるのは

みんな嫌だよなぁ~

 

 

しばらくたって

覗いてみると

たたまれた洗濯物の前に

ぺたりと座り込んでいる。

 

 

分かっっちゃいるけど

やりたくない

ワカルワカルε- (´ー`*)フッ

 

 

まぁまぁしかたない、と

ゆっくり重たい体を起こして

少しずつ片付け始めると

 

 

いったん間をおいてから

分かるものだけ

一緒に片付け始めてくれた。

これから先も、

あなた自身の心を開いて

感じてくれたらいいな。

そのためにも、母もまた一層、感覚を磨くよ。

 

 

 

息子様。

 

 

 

自分のことを

しっかりやり遂げてくれたのではなかろうか

多分…(笑)

 

 

次の朝、自分たちで

朝ご飯を食べ準備をして

出かけていった子ども達。

 

 

大きくなったなぁ~

 

 

病院へ行き

インフルエンザではないことが分かり

熱もすっかり下がっていたので

家のことをすませ

まだ本調子ではなかったので

ひと眠りして

 

 

子ども達を出迎え

夕飯の支度。

 

 

昨日はありがとう

そう言うと

いつもありがとう

とかえってきた。

こちらこそ

 

 

 

幸せと感謝の日々は

これからも続いていくんだな~

そう思いました。

 

 

 

自分を幸せにするのは

自分でしかないと

私は信じています。

 

 

自分の在り方が

今ココをつくっているから

今、現在起こっていることが

自分に何を教えてくれているのか

 

 

向き合って

感じてみる。

 

 

そこから、受け取れたことは

きっとここから先の人生に役立ちます。

 

 

今日も、ご訪問ありがとうございました。

 

AD